ソファなしリビングのメリット――おすすめのおしゃれなインテリア実例を紹介

ソファなしリビングのメリット――おすすめのおしゃれなインテリア実例を紹介

ソファは存在感のあるアイテムなので、ソファを置くことでリビングが窮屈で狭く感じることがあります。リビングにソファを置かないことで、部屋の使い勝手や印象が変わります。今回は、部屋全体の印象の変化や実用的な面など、「ソファなし」のメリットや参考になる実例インテリアを紹介します。

ソファなしリビングがおすすめ。3つのメリットとは?

「ソファはリビングの定番家具」と考える人は多いのでは。ちょっと休憩したいときや一旦物を置く場所としてソファはちょうどいいアイテムです。

便利な面も多いソファを手放すなら、ソファなしのメリットも知りたいところ。ソファなしリビングをおすすめしたい理由は次の3つです。

メリット1:スペースができて圧迫感のない広々空間に

リビングはくつろぎの空間。少しでも広く使いたいと考える方は多いでしょう。ソファがあると便利な反面、その存在で部屋がいっぱいになり、狭く感じることもあります。部屋の面積のほとんどがソファで占められているのであれば、なおさらです。

ソファを置いていたスペースが空けば、圧迫感からも開放され、広々と部屋を使えます。リビングダイニングとしてお部屋を使っているなら、ソファではなくダイニングテーブルを置いたほうが部屋をスッキリかつ効率的に使うことができます。ダイニングテーブルのチェアをソファとして活用してもいいでしょう。ソファとして使えるようなリラックスタイプのチェアも多数販売されています。またダイニングテーブルの代わりにローテーブルを置く方法もあります。レトロなちゃぶ台に近いイメージですが、家族で広々とくつろげそうです。

メリット2:掃除が楽々快適に

ソファーがなければ掃除機をかけるのも簡単に
ソファーがなければ掃除機をかけるのも簡単に

リビングはごみやほこりがたまりやすい場所。物をおいていると、その下にごみやほこりが積もってしまい掃除もしにくいものです。ソファの下は高さがないため、掃除機を入れるのもひと苦労です。また素材によっては、表面にダニやカビが発生するなど、不衛生になりがちです。ソファを置かなければ、そもそもごみやほこりもたまりにくいですし、掃除も簡単になります。

メリット3:小さい子どもがいても安全

小さなお子さんがいるご家庭であれば、なおのことソファは必要ないと言えます。赤ちゃんがいるならベビーベッドをはじめ、安全を確保したうえで遊べるプレイスペースを設ける必要があります。ある程度お子さんが大きくなったら、部屋中を走り回るのは日常茶飯事。大きな存在感のあるソファは子どもたちの遊びを妨げたり、飛び降りてケガをする原因になりかねません。お子さんを広いスペースでのびのびと遊ばせたいのなら、リビングにソファはあえて置かないのも良い手段かもしれません。

ソファなしのリビングにするにはどんな家具が必要?

確かに場所は取りますが、ソファは便利な家具でもあります。来客時のゲストスペースとしての役割を果たし、家事の合間などちょっと少し休憩したいときにも重宝します。さらに、床に直に置くのがはばかられる洋服を一旦置いておいたり、テレビのリモコン等の仮置き場にソファを使ったりすることもあるでしょう。

またソファを置くと、インテリアに統一感が生まれます。部屋の雰囲気やテイストの決め手、メインのアイテムでもあるからです。このように便利なソファを置かず、スペースを有効活用するためにはどうすればいいのでしょうか。ソファなしでも素敵なリビングを作るアイテムやアイデアを紹介します。

ビーズクッションを置いて背もたれ代わりに

ソファ代わりの一番のおすすめはビーズクッションです。ビーズクッションを有名にしたのが「人をダメにする」というコピーで知られるアメリカ生まれのYogibo(ヨギボー)。無印良品やニトリからも同様のビーズクッションが販売されています。

ビーズクッションはその名の通り、クッションの中にビーズが入っています。そのビーズが体の形や動きに合わせて動き、ぴったりフィットしてくれるため、リラックスした体勢でくつろげるのです。大きな商品から小さな商品まで様々な種類があり、比較的リーズナブルに入手できるのも魅力です。

触り心地も良く、姿勢に合わせて形を変えるビーズクッションは、ちょうどいい背もたれにでき、長時間無理なく座ることも可能。きっとソファ代わりのリラックスアイテムとなってくれるはずです。

ラグマットを敷いてくつろぎ空間を演出

 空間のアクセントになり、フローリングの上に座るよりも快適に過ごせるラグマット
空間のアクセントになり、フローリングの上に座るよりも快適に過ごせるラグマット

ソファの代わりに、何もおかないと広くスペースを使えるメリットがあります。ただ、あまりに何もないと、味気なく寂しい印象に感じられることも。そこで、広く空いたスペースに、ラグマットを敷くのもインテリアのアクセントになり素敵です。ラグマットやカーペットが敷いてあると、フローリングの上に直に座るよりも快適に過ごせます。季節に合わせてラグの素材を変える、洗濯や掃除のしやすいラグを選ぶのもポイントです。

おしゃれなチェアを置けばアクセントに

ソファではなく、おしゃれなチェアを置くのもおすすめです。ソファのような2~3人がけのチェアだと、どうしても存在感が出てしまうので、ひとりがけのチェアを選ぶといいでしょう。座り心地やリクライニングにこだわったリッチなチェアを選べば長時間座っていても疲れません。折りたたみができてすぐに片付けられるチェアなら、使わないときには部屋の隅等にしまっておけるので便利です。

床座りにはローテーブル

ソファがないと、何となく家族で集まりづらい……という場合、ローテーブルを置くのも素敵です。床に座るため、ラグや座布団も用意しましょう。四角いテーブルはシンプルでどんなテイストにも合わせやすくておすすめ。また小さなお子さんがいるお家の場合は、ぶつかると危ないので角が丸い円形タイプや楕円形のローテーブルをチョイスすると安心です。

ソファなしリビングの参考実例を紹介

「“ソファなし”はメリットが多いけど、どんな部屋にすればいいのか想像できない」という方も多いと思います。そこで、お部屋づくりの参考になるような素敵なインスタの写真を実例としてピックアップしてみました。ソファなしお部屋づくりの見本として紹介します。

ホワイト一面でより開放感のあるお部屋

ホワイト一面でより開放感のあるお部屋
sacchan00homeさんのインスタグラムより

家具を含めたすべてのアイテムが白で統一されたお部屋。すごく広々と感じられますね。

何かひとつ置くとしたら大型ビーズクッション

一つ何かを置くとしたら大型ビーズクッションが人気
____.osmさんのインスタグラムより

大人気のビーズクッション。「もはやこれなしでは過ごせない」という声も多数聞かれました。こちらのお部屋では大型のyogiboが置かれています。ひとつ置くだけでソファ代わりになるすぐれものです。

大人はやっぱりモノトーンでキリっと

大人はやっぱりモノトーンでキリっと
sachi_roooomさんのインスタグラムより

大人っぽさの代表といえば、モノトーン。床から壁、窓辺まですべてホワイトで統一しながら、チェアやアート作品のフレームは黒で統一。こちらのお家は赤ちゃんがいらっしゃるようですが、とてもお子さんのいるお部屋とは思えないほどとてもシンプルにまとまっています。

ソファなしにするだけの簡単な模様替えで自由空間を満喫しよう

ソファをなくすだけで、手軽に部屋の印象やテイストを変えることができます。また自由な空間が増えるため、これまでとは違ったインテリアを簡単に実現可能です。まずはソファを取り払い、どのくらいのスペースができるのかを想像してみましょう。その上でインテリア雑誌やSNSからおしゃれなソファなし画像を検索し、理想のお部屋づくりにチャレンジ。自分好みのリラックス空間を満喫しましょう。

◆こちらもおすすめ◆

ハンモックの選び方と屋内・屋外設置方法|マンション内でロープを使用した設置も

北欧インテリアに囲まれて温かみのある住まいを実現。おすすめのコーディネート術を紹介

狭いリビングを広く見せるポイントとは?縦長・横長リビングの特徴と、狭いリビングの賢くおしゃれなレイアウト実例を紹介

リビングリフォームの工事内容別の費用相場、失敗しないための注意ポイントを紹介

カフェ風リノベーション。自宅のキッチンやリビングをお気に入りカフェの雰囲気に

公開日 2020年9月8日
更新日 2021年11月29日

販売中のおすすめリノベ物件