間接照明を取り入れて、部屋をおしゃれな癒しの空間に。間接照明の選び方、便利な機能付き照明のインテリア例を紹介

間接照明を取り入れて、部屋をおしゃれな癒しの空間に。間接照明の選び方、便利な機能付き照明のインテリア例を紹介

自宅にいながらもゆったりとした雰囲気に浸りたいなら、インテリアに間接照明を取り入れるのがおすすめです。間接照明を取り入れれば、ラグジュアリーなホテルや高級感のあるバーのような雰囲気を演出できます。

間接照明は雰囲気だけではなく、照明としての機能性も期待できる便利なアイテム。今回は間接照明の選び方、使うポイントと、一人暮らしにおすすめの間接照明を紹介します。

「間接照明」の特徴

間接照明とは、光源から直接光を照らさずに、天井や壁に反射した光で周囲を照らす照明のことです。天井のライトのように直接光が当たらないため、やわらかな印象を与え、間接照明ならではの陰影を楽しめます。ぼんやりとした明かりではありますが、それを利用することによって、リラックスできる雰囲気を演出してくれます。

「直接照明」と「間接照明」の違い

直接照明と間接照明の違いは、空間の照らし方にあります。職場や学校に設置されている照明は、天井にある光源から直接部屋を照らしているので、直接照明に分類されます。

間接照明は、文字を見やすくしたり作業をするための光ではなく、ぼんやりとした光に包まれた空間を楽しむ、就寝前に心を落ち着けるなど、インテリアとしての要素が強いといえるでしょう。足元を照らすフットライトとしての役割もあります。

間接照明の利点と欠点

間接照明には、いくつかのメリットとデメリットがあります。リフォームで設置する場合には、設置する場所や目的を明確にしたうえで工事依頼をしましょう。

間接照明のメリット

間接照明のメリットは、以下のようなものがあります。

・まぶしさがなく、目にやさしい
・心身をリラックスさせる
・就寝前の照明に最適である
・おしゃれな空間を演出する
・雰囲気や気分を盛り上げる効果がある

まぶしさがなく目に優しい、心身をリラックスさせる効果は間接照明ならではです。たとえば、夜中にお手洗いに行く際、照明がまぶしくて目がチカチカした経験がある人は多いと思います

そんなときに間接照明があれば、足元を照らしつつもまぶしさを感じないため、目が冴えることもなく、お手洗いのあとも落ち着いて就寝できるでしょう。そして、雰囲気のよさやおしゃれな空間にしてくれるのも、間接照明のメリットです。

スタイリッシュなバーや高級感のあるバーは、間接照明をうまく使い、お酒の席ならではの、ドラマティックな空間を演出しています。間接照明のふわっとした温かみのある光は、人の心を落ち着けてくれる効果があるため、ゆっくりと飲食できる気持ちにさせてくれるのです。

間接照明のデメリット

間接照明のデメリットは、以下のようなものがあります。

・部屋全体を明るくするのには不十分(読書、作業には不向き)
・複数個ある時は点灯が面倒に感じる
・清掃の手間がかかる

間接照明は直接照明の役割を持たないため、就寝前に間接照明だけで読書をしたり、手元で細かな作業をするには不向きです。また、光源が隠れている間接照明を設置している場合は、掃除がしにくく面倒に感じてしまうことがあります。間接照明を設置する際には、清掃の作業性も考慮したうえで検討してみてください。

間接照明の基本的な活用法3パターン

ここからは、間接照明の使い方・活用法について紹介します。ただ置きたい場所に設置するのではなく、ほんの少しだけ工夫することによって、よりシックで幻想的な雰囲気に仕上げることができます。

インテリアや植物などの対象物に光を当てる

壁をスクリーンに見立ててインテリアの影を照らす手法。間接的なやさしいライティングがリラックス効果を高める
壁をスクリーンに見立ててインテリアの影を照らす手法。間接的なやさしいライティングがリラックス効果を高める

観葉植物、絵画・写真などのパネル、インテリアにマッチする雑貨を照らせば、そのアイテムを強調しつつ部屋の一角に明かりを灯せます。小さな光でも、ぼんやりとした光が大きく広がり陰影を作り出すため、インテリア雑貨をよりおしゃれに魅せることができるでしょう。

天井に光を照らして奥行きを出す

光源から出る光を下に照らすのではなく、シェードを利用して上向きに光を放つといった活用方法もあります。この方法は、天井から吊り下げられたペンダントライト、シェードの付いたスタンドライトのどちらでも可能ですが、簡単なのはスタンドライトを使用した方法です。

天井を照らす目的のスタンドライトも多く発売されています。電源を差し替えて自宅の好きなスペースに移動させて、ベストな場所を見つけてみましょう。

壁に光を照らして立体感を出す

フローリングやチェスト、玄関などに置いて壁を照らす間接照明は、空間を明るく見せつつ、室内を広く見せ、立体感を出す効果があります。

高級感を与え、垢抜けた印象にしてくれるため、スタイリッシュなホテルのようなインテリアを目指す方にもおすすめ。小さなライトで一部をライトアップするのも、大きめライトで壁一面を明るく見せるのも、どちらにも向いているのが壁に光を照らす方法です。

間接照明を使う時のポイント

間接照明は、使用する場所や使用方法を少し改善するだけで、より垢抜けた印象にできます。以下で紹介するポイントを押さえて、違和感のない空間を作り上げましょう。

暗くしすぎても不便

間接照明は、明るさの調整が重要です。明るすぎてもほどよい雰囲気は出ず、暗すぎても違和感や不快感を感じてしまいます。間接照明として利用するのであれば、電球色のオレンジ色の温かみのあるカラーがおすすめです。

色味・明るさは事前に自室に合うものを確認をして、光源をうまく隠しながら明るさを調整してみてください。

間接照明を組み合わせてお部屋にレイアウト

複数の間接照明で、広範囲を照らすアイデア。明かりの位置を全体的に低くすることで、リラックスできる空間に
複数の間接照明で、広範囲を照らすアイデア。明かりの位置を全体的に低くすることで、リラックスできる空間に

1種類・1箇所の間接照明でもおしゃれな雰囲気を出せますが、使用環境や状況に合わせた「一室多灯」にするのもよいでしょう。メインで使用する間接照明に加えて、ナイトテーブルやチェストに置くサブの間接照明を組み合わせれば、よりスマートな空間になります。

複数の間接照明を設置する際には、置く場所やサイズ感が部屋の印象を左右する重要な要素になるので、いろいろな場所に置いて試してみてください。

熱による発熱・火災に要注意

電球には、白熱電球とLED電球がありますが、最近では長寿命で熱くなりにくいLED電球が主流になっています。以前の主流であった白熱電球は、高温になる特徴を持ち、悪条件が重なると最悪の場合、火災となるケースがあるため、LED電球を使用するのがおすすめです。

・電球に直接ものが触れる、接近するように設置しない
・安定した場所に照明器具を置く(転倒して火災になる可能性がある)
・指定の電球を取り付ける
・ほこりをこまめに拭き取る
・アロマキャンドルやろうそくタイプのライトは取り扱いに注意する

LED電球は熱くならないわけではないので、過度な発熱・火災を防止するために、上記のポイントに注意して使用しましょう。

【参考】便利なLED対応の間接照明の特徴

照明器具によって、白熱電球しか使用できないものもありますが、ここではLED電球に対応している照明の特徴について紹介します。照明器具本体を選ぶ際の参考にしてみてください。

電気代を節約できる

LED電球は、電気代が白熱電球の約1/8と言われています。LED電球の「100W(ワット)相当」という表記は、100Wの消費電力を使わず、白熱電球の100W分と同じほどの明るさになることを意味します。

また、間接照明を使用しない時はスイッチをこまめに消すことを心がけるのも、節約のコツといえます。リモコンと連動したタイプの器具を購入すれば、手間なくこまめに消灯できて節約にもつながるでしょう。

電球の寿命が長い

LED電球の寿命は、白熱電球の約20倍(40,000時間)と言われています。電球の価格は10倍以上となる商品がほとんどですが、毎月の電気代を節約できること、寿命が長いことを踏まえれば、それほどの出費は気にならないかもしれません。

階段や天井などの高所にLED電球をつけておけば、しばらくの間は交換する手間が省けるといったメリットもあります。

ほとんど発熱せず、虫も寄せ付けにくい

LED電球は発熱しにくいため、白熱電球よりも火災の可能性を軽減できるでしょう。さらに、LED電球は虫を寄せ付けにくいといった特徴もあります。白熱電球にはわずかな紫外線が含まれており、これに向かって虫が寄りついてしまいますが、LED電球は特殊な用途のものを除き、紫外線がほぼ含まれていないため、虫を寄せ付けにくいのです。

間接照明を選ぶポイント

間接照明のメリット、デメリットと活用方法を確認して「ぜひ自宅に間接照明を取り入れたい」と思った方は、器具の選ぶ際のポイントを見ていきましょう。選ぶポイントをきちんと押さえておけば、ミスマッチすることのない、素敵なお部屋になります。

ライトの色は2種類から選ぶ

まずはライト(電球)の色味から決めていきましょう。ライトの色味は部屋全体の印象を決めるポイントになります。

電球色

電球色(でんきゅうしょく)とは、白熱灯のような温かみがある暖色系の照明です。明るさを抑えているため、目が疲れにくく心身を癒してくれる色味が特徴的。間接照明で使用するとぼんやりとした光になるため、読書をしたり手元で作業する空間には少々不向きですが、寝室や夜中のリビングにおすすめです。就寝前や雰囲気のある空間にしたい時は、電球色を使うとよいでしょう。

昼白色

昼白色(ちゅうはくしょく)は、白くはっきりとした色味が特徴的です。脱衣所や洗面所、リビングや勉強部屋の天井部分の間接照明として使われることが多いものの、温かみがほしい寝室には不向きと感じる方もいるかもしれません。

電球色と比較すると白さ・明るさがあるため、インテリアに合う明るさや色味を熟考して決めるのがよいでしょう。

間接照明に使えるライトの種類は?

次に、間接照明として使用できる照明器具本体の種類を紹介します。使う場所や用途に合う器具を選んでみてください。

テーブルライト

テーブルライトは、テーブルの上に置いて使用する照明器具です。テーブルライトは、机で読書をしたり文字を書いたりする時にも使用できますが、間接照明としても活躍する便利なタイプ。

各メーカー、ブランドから多くのバリエーションの商品が発売されており、使用目的やインテリアのイメージに合わせたものを選びやすいでしょう。

スポットライト

天井から吊るすタイプの3連スポットライト。それぞれ別方向に向ければ、お部屋全体を明るく照らすことも可能
天井から吊るすタイプの3連スポットライト。それぞれ別方向に向ければ、お部屋全体を明るく照らすことも可能

スポットライトは、特定の部分を明るく照らすタイプの照明器具です。移動可能な卓上型、壁に設置するタイプ、天井から吊るすタイプなど、設置するバリエーションが豊富でさまざまな間接照明が楽しめます。

フロアライト

フロアライトは、器具本体を床に置いて使用する照明器具です。リビングの端、ベッドやソファの側、サイドテーブルの横に置いて使用することが多く、間接照明やスポット的に照らすのに適しています。

背の高い商品が多く、座ると頭の高さよりも高い位置を照らしてくれるため、部屋全体に光が行き届きながらも、手元もそれなりの明るさになります。比較的大きな器具となることから、アクセントの効いた個性的なデザインのものを選ぶと、ハイセンスな空間にできるでしょう。

【便利アイテム】テープライト

テープライトは、細い帯状のLED照明器具で自宅のあらゆる場所に貼れる手軽なアイテムです。テープライトは普通のハサミでもカットできるため、好きな長さに調整できるのもポイント。

間接照明をリフォームで設置するとそれなりの費用がかかりますが、テープライトなら、電源さえ確保しておけば自宅の好きな場所に照明を設置できます。テープライトを使用する場所としては、以下のような場所がおすすめです。

・玄関の足元
・階段の足元や手すり付近
・ベッドの足元
・リビングの天井
・クローゼットの内部

玄関や階段などは、人感センサー付きのLEDライトを使用すれば、使いたい時に決まった時間だけ点灯するので利便性の高さを実感できます。

電源の種類は?

照明器具の電源をどこから取るかは、利便性を左右する要素でもあります。ここでは一般的な照明器具の電源について見ていきましょう。

コンセント式

コンセント式の照明器具は、フロアライトや大きめのテーブルライトに使用されていることがほとんどです。照明器具から出ている電源コードを壁コンセントに使用するタイプですが、おしゃれなインテリアにするのであれば、きちんとコードを束ねておく、束ねたコードは見せないといった配慮が重要。

コードが見えていると一気に生活感が出てしまうので、ケーブルカバーを設置して目隠しをしておくのがおすすめです。

電池式

電池式の照明器具は、単三電池や単四電池を使用して明かりと照らす照明器具です。卓上のスポットライトや小さなテーブルライトなど、簡易的な照明器具に使用されていることが多いです。コードレスであるため、自宅内で気兼ねなく持ち運びできるというメリットがあります。電池が切れたら取り替えればよいだけなので、とても簡単なライトですが、

・照明器具そのものの電球が切れたら使えない
・電池を買い忘れてしまった時に使えない

といったこともあるので、照明器具選びの際には気を付けておくとよいでしょう。

充電式

充電式の照明器具は、家庭用の照明器具としては少ないものの、アウトドア用ライトやハンディライトとして多く発売されています。車のシガーソケットからUSB充電ができるお手軽タイプから、電動工具のバッテリーを使用した本格的なバッテリー投光器など種類が豊富ですが、間接照明として使うのは不向きといえるでしょう。

充電式を自宅で使う時は、直接照明としてパソコンやコンセントからUSBコードで充電をしながら使うのがおすすめです。

調光機能が付いているとなお便利

光の明るさを調整できる機能があれば、読書したい時、睡眠前に暗くしたい時など、シーンに合わせられます。ON・OFFのみであれば、もっと明るくしたい時は天井の直接照明をつけなければならず、手間がかかってしまいます。

さらに、リモコンで光の明るさを調節できるものであれば、その場から動かなくてもよいので、睡眠の妨げにもなりません。間接照明に機能性を持たせたいのであれば、調光機能が付いた照明器具を選びましょう。

一人暮らしやワンルームにもおすすめの間接照明

ここからは、コンパクトな間取りの部屋にもぴったりな間接照明を紹介します。ワンルームだからこそ、照明器具のデザインを活かして、おしゃれな空間に仕上げましょう。

シンプルでコンパクトなスポットライトの間接照明

卓上型のスポットライトは、シンプルでコンパクトなデザインのものがおすすめです。壁側に照明を当てて、周囲にインテリア雑貨を置けばそれだけでおしゃれな空間のできあがりです。テーブルやチェストなどの上におくと、ほどよい陰影で部屋全体のおしゃれ感がアップします。

カフェ風テラリウムモチーフの間接照明

テラリウムとは、ガラス容器のなかに植物を入れて育てる技術のことです。テラリウムのように飾ったガラスケースのなかにライトを入れて吊すだけで、スタイリッシュなカフェのようなランプのできあがります。

最近では、おしゃれなアイテムとしてさまざまな種類のテラリウムランプが発売されています。電球をモチーフとしたガラスケースは、口金がついているものならレトロ感がアップします。電球となかに入っている飾りが近すぎると、火事になってしまう可能性があるので、DIYをする際には十分注意してください。

北欧モダンなスタンドタイプの間接照明

北欧風のインテリア雑貨は、とてもシンプルですっきりとしたデザインのものが多いため、ワンルーム物件でも合わせやすいです。背の高いスタンドタイプの照明でも、他の家具、家電を邪魔することなく、お部屋のアクセントになります。デザインや色味で迷った時は、北欧・モダンスタイルな照明器具を選んでみてください。

間接照明を100均アイテム簡単手作りDIY

ここからは、セリア、ダイソー、キャンドゥなどの100均で購入できるアイテムを使った、簡単な間接照明のDIY方法を紹介します。コストをかけずに可愛いくてオリジナリティあふれるアイテムが作れるので、SNS映えも期待できます。

バケツとLEDライトだけで、自作のミニチュアテーブルライトの完成

インテリアとして飾るミニチュアバケツと、コンパクトなLEDライトを組み合わせると、レトロチックなテーブルライトが作れます。ミニチュアバケツの底に穴を開けて、ライトの電球部分を入れると、バケツがシェードのように大変身。ライトを分解して組み直す必要があるため、破損しないように丁寧に取り扱ってください。

ダイソーのポイントライトリメイク詳細
その① ダイソーのポイントブックライト② セリアのミニチュアバケツ③ 道具類
848bashiyan さんのインスタグラムより

ガラスジャーにLEDライトとグリーンを入れて、おしゃれなインテリアに

調味料などを保存しておくガラスジャーをガラス球代わりにした、おしゃれな間接照明も簡単なDIYで作れます。テラリウム照明のように、植物や雑貨などを入れて、オリジナリティーのあるアレンジも可能です。ガラス特有のキラキラ感が広がるため、チェストなどに置いたり、フタに穴を開けて天井から吊るしたり、幅広いアレンジが楽しめます。

和室に合うシックなランプシェードも100均アイテムで

高級な料亭や旅館にありそうな球体のランプシェードは、実は100均で購入できるものだけで作れます。必要なのは、風船・麻ひも・木工用ボンド・刷毛のみなので、500円ほどあれば材料は揃います。作り方の手順はこちら。

1.風船を20cm~30cmほどに膨らませる(好みのサイズでOK)
2.風船に麻ひもを巻き付ける
3.巻き付けた麻ひもに、ボンドと水を混ぜた液体を刷毛で塗る
4.半日~1日程度乾かす
5.完全に乾いたら風船を割る

球体のランプシェードができたら、電球にかぶせて完成!間接照明だけではなく、ペンダントライトのシェードとしても利用できるので、リビングや和室などあらゆる場所で活躍するアイテムになるでしょう。巻き付け方は少々コツがいるかもしれませんが、ボンドで固める前であれば何度でも紐を解けるので挑戦してみてください。

買うより安く、理想の大きさの物が出来ました。
naaaancy8 さんのインスタグラムより

◆こちらもおすすめ◆

ダクトレールで照明リノベーション!取り付け方法、費用や注意点は?

北欧インテリアに囲まれて温かみのある住まいを実現。おすすめのコーディネート術を紹介

公開日 2020年8月20日
更新日 2020年10月22日

#照明, #DIY

LogRenoveをフォローする

関連記事