リノベーションは設計事務所?リノベーション会社?費用や注意点とは

リノベーションは設計事務所?リノベーション会社?費用や注意点とは

マンションや戸建てのリノベーションを行うためには、リノベーション会社か設計事務所に設計を依頼することになります。

それぞれにメリットがあるため、希望通りのリノベーションを実現するためには、特徴について知っておく必要があるでしょう。また、費用の面でも両者は異なります。

こちらでは、リノベーション会社・設計事務所の特徴や費用についてお話しします。

リノベーションの設計はどこに頼むべき?

リノベーションの代表的な依頼先として、リノベーション会社と設計事務所が挙げられます。それぞれにメリットがあるため、希望や重視する点に応じて選びましょう。

まずはリノベーション会社・設計事務所、それぞれのメリットを紹介します。

リノベーション会社のメリット

リノベーション会社のメリット

リノベーション会社は、設計だけではなく施工をあわせて請け負うことで利益を得ています。

そのため、設計のラフプランだけであれば無料で提供している事業者が大半です。リノベーション会社なら、設計・施工を含めた全体的な費用が安く収まるケースがあります。

多くの場合、パターン化されたリノベーションプランのなかから理想に近いものが提案されます。スピーディーに設計を確認できるため、急ぎで新しい住まいが欲しい場合には適しています。

また、提案されるリノベーションプランはオーソドックスなものが中心です。すでに多くの施工例があるプランを提案してくれるため、安心感があります。リノベーションに強いこだわりがない場合は、リノベーション会社に依頼するのがベターかもしれません。

総じて、コストやスピード、設計プランの安心感などがリノベーション会社のメリットとして挙げられます。予算が限られている、こだわりを実現するよりも失敗しないことが重要、といった方は、リノベーション会社への依頼を優先的に検討すべきでしょう。

詳しくはこちら。
リノベーション会社の失敗しない選び方と、今人気のワンストップリノベーションを紹介

LogRenoveのリノベーションサービスは物件購入、設計、施工、アフターサービスをすべて自社でまかなうワンストップリノベーションです。

LogRenoveのリノベーションサービスについてはこちら

設計事務所のメリット

設計から施工までを請け負うリノベーション会社に対し、設計事務所は設計のみを行っています。

そのため、設計のクオリティに関しては一定の信頼がおけるといえるでしょう。どの依頼者に対しても、専属のデザイナーがオーダーメイドの設計を提供しています。

業界で話題のデザイナーが在籍している事務所もあり、他とはひと味違うデザインが期待できます。オリジナリティにあふれるリノベーションを行いたい場合は設計事務所に相談してみましょう。

また、事務所ごとにデザインのコンセプトが明確に異なるため、依頼先を選びやすいのもメリットです。相談した際は、過去の設計実績や資料をもらいましょう。その事務所がどんな方向性でデザインを行っているのかがわかります。

設計料として割高な料金を請求する分、依頼者に長い時間をかけて対応してくれるのもメリットです。間取りの希望などがあれば、積極的に伝えてください。打ち合わせを繰り返すことで、限りなく理想に近い設計に仕上がるはずです。

リノベーションにかかる設計料の相場

リノベーションにかかる設計料の相場

理想のリノベーションを実現するために設計は不可欠ですが、気になるのは費用です。希望を詰め込むのは重要ですが、予算とのバランスを考えなければなりません。こだわりが多いほど、設計料が高くなってしまうでしょう。

また、上述した通り、リノベーション会社に依頼した場合と設計事務所に依頼した場合では、設計に発生する費用が異なる点に注意が必要です。

通常は、設計事務所に依頼したほうが費用が高くなります。細かな料金設定は、各リノベーション会社・設計事務所によって異なります。

リノベーション会社の設計料

リノベーション会社の設計料

リノベーション会社に依頼した場合、総工事費の5~15%の設計料が発生します。中には設計を無料で行っているリノベーション会社も。

サービス内容については確認しておく必要があります。パターン化された設計プランしか選べない場合もあり、こだわりが強い方にとっては満足できない場合もあります。

リノベーション会社が公開している施工事例などを見て、どんなリノベーションが得意なのか見てみるといいでしょう。

リノベーションの設計は、未来の生活の快適さを左右します。料金だけではなく、「わくわくするような設計を提供してくれるかどうか」を重視してください。

LogRenoveの施工事例はこちら

設計事務所の設計料

設計事務所の設計料は、依頼先によって大きな開きがあります。総工事費の10~20%が目安です。このように、リノベーション会社の設計料と比較すると倍ほど高くなっています。

また、総工事費が低くなるほど、設計料の割合が高くなっていきます。これは、設計の図面を作成する工数の関係によるものです。採算の問題から、一定額以上のリノベーションしか受託していない設計事務所もあります。

設計事務所は設計に特化しているだけに、設計のクオリティ、自由度、対応力に優れています。価格の安さよりも個性的なオリジナリティあふれるデザインを求める場合は、設計事務所への依頼を検討してみては。

設計料がかかるのはどこから?

設計料がかかるのはどこから?

リノベーションにあたり、まずはリノベーション会社か設計事務所に相談してみたいという方も多いでしょう。設計料がどこから発生するのは気になるところです。

設計事務所は契約しなくても設計料を請求されることも

設計の依頼先を決めるのは簡単ではありません。依頼先が希望に対してどんなプランを提案してくるのか確認するため、通常はラフプランを提供してもらいます。ラフプランとは、本格的に確定する前の簡単な設計プランです。

リノベーション会社の場合、ラフプランは無料で提供していることが多いです。これは、リノベーション会社はデザインの先の、リノベーションを施工することが目的のサービスだからです。

対して、設計事務所の場合は、契約前のラフプランの段階から設計料を請求されることがあります。設計事務所で請求されるラフプランの料金相場は10~30万円が目安です。

ラフとはいえ工数がかかるため安くはありません。このことから、複数の設計事務所にラフプランを提供してもらうのは、料金面の問題から困難といえます。

リノベーションに関するあらゆるお悩みを無料で相談してみませんか?

設計料を安くしてもらうことはできない

基本的に、設計料のディスカウントは難しいと考えましょう。多くの工数がかかる点から、設計料は簡単に下げられるものではありません。

一方で、予算について相談すること自体は問題ありません。依頼先によっては、既存のプランを流用することでコストダウンしてくれる可能性があります。

リノベーション設計依頼をするときのポイント

リノベーションを成功させるためには、依頼側の取り組みや心がけも大切です。リノベーション設計を依頼する際のポイントを紹介します。

予算や希望を事前に伝える

リノベーションの設計費用は希望の内容に応じて高くなります。希望を設計に詰め込みすぎると、予算の問題から妥協しなければならない点が多くなるでしょう。

希望にあわせて予算を事前に伝えておくと、双方のバランスをとりながら設計を行ってくれるはずです。

業者によっては、希望するリノベーション内容の優先順位をヒアリングしながら、可能な限り予算内で希望を実現できるように配慮してくれるでしょう。

また、設計料が高くなりすぎるのを防ぐために、坪単価の料金設定を適応してくれるケースもあります。

見積もりの段階で料金を確認する

設計の料金設定やどの段階で料金が発生するかは、依頼する事業者によって異なります。上述したように、設計事務所では契約前のラフプランから料金を請求される例が一般的です。

事前に料金発生について確認しておかないと、「無料だと思っていたのに高額の設計料を請求された」というトラブルも考えられます。見積もりを依頼する段階で、料金設定や何に料金がかかるのかを詳細に確認しておきましょう。

設計の考え方やデザイン能力をチェック

設計の考え方やデザイン能力をチェック

リノベーション会社や設計事務所は、それぞれ独自の設計コンセプトを持っています。なるべく好みに近いデザインを提供してくれる事業者を選びましょう。

設計の考え方が自分の好みに合っていないと、打ち合わせのために何度もコミュニケーションをとる手間が生じます。

また、デザイン能力についてもチェックが必要です。とくに、実績が少ないリノベーション会社や設計事務所の場合、不満が残る結果になってしまうこともあります。

各事業者のホームページやパンフレットなどには、過去のデザイン実績が掲載されています。そうした資料を見ながら、自分の好みに合った、信頼できる事業者を見つけましょう。

担当者との相性も大切

リノベーションが完了するまでは、リノベーション会社・設計事務所の担当者と頻繁にやり取りをすることになります。希望のリノベーション内容や細かな要求をヒアリングするのも、この担当者です。

担当者とのコミュニケーションがうまくとれなければ、ストレスが溜まってしまうだけではなく、理想のリノベーションに仕上がらないでしょう。

そのため、担当者との相性はとても大切です。相性が悪いと感じた場合は、他のスタッフや他の業者に任せることも検討してみましょう。

リノベーションに関するあらゆるお悩みを無料で相談してみませんか?

◆こちらもおすすめ◆

スケルトンリフォームとは?メリット・デメリットから費用や注意点など徹底解説

リノベーション事例特集|フルリノベーションの費用相場、注意点も併せて解説

ワンストップリノベーションとは?メリット・デメリット、上手な活用法を解説

リノベーションの見積もりの取り方とは?見積書の見方やポイント、相見積もりを取る際の注意を解説

リノベーションの工事期間は?スケジュールや仮住まいについて解説

公開日 2020年12月15日
更新日 2020年12月21日

この記事をシェアする

Share on Twitter リノベーションは設計事務所?リノベーション会社?費用や注意点とは リノベーションは設計事務所?リノベーション会社?費用や注意点とは

LogRenoveをフォローする

関連記事