ロフトスペースを有効活用。賢い収納術とおしゃれに使うためのアイデア術

ロフトスペースを有効活用。賢い収納術とおしゃれに使うためのアイデア術

賃貸物件のワンルームにあるイメージのロフト。はしごを使って昇り降りする遊び心のある空間でもあり、小部屋スペースとして収納や寝室など、多目的に使えます。おしゃれ感もあるロフト付き物件は、高い人気があります。

ただ、実際にロフト付き物件に住んでみると、ロフトを物置代わりにしてしまい、上手に活用できないということも。そこで今回は、おしゃれなロフトスペースを最大限に有効活用するための収納アイデアを紹介します。

そもそも「ロフト」とは何か

ロフトとは元々、馬小屋や納屋にある狭いスペースを指す言葉でした。屋根の真下にあり、農具や家畜に与える干し草などを保管する場所のことを「ロフト」と呼びました。

住宅における「ロフトスペース」はバブル時代に誕生。デザイン性を高め、物件の付加価値を上げるために設置されました。デザイナーズ物件のはしり、ともいわれています。

ロフトは屋根裏部屋とも呼べますが、マンションやアパートの専有面積や戸建ての床面積には含まれません。生活に必須となる居住スペースには含まないプラスα的な空間です。ただ、有効活用することで生活を豊かにできます。

この記事は会員限定です。

会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

新規登録の方はこちら

今すぐ登録

会員の方はこちら

ログイン

公開日 2020年9月30日
更新日 2021年1月14日

#収納

LogRenoveをフォローする

関連記事