ソファダイニングとは? 選び方、レイアウトのコツまで詳しく解説

ソファダイニングとは? 選び方、レイアウトのコツまで詳しく解説

ソファダイニングは、ダイニングテーブルにソファを合わせることでリビングのくつろぎ空間も楽しめるスタイルです。ソファとテーブルの選び方やレイアウトには、コツがあります。そこで今回は、ソファダイニングの特徴をふまえ、商品選びのポイントやおすすめのレイアウト方法をご紹介します。

ソファダイニングの特徴

ソファダイニングの大きな特徴は、ソファとテーブルの高さが低い点です。いつでも足を伸ばして、くつろぎながら食事をできます。

ソファダイニングのテーブル・ソファは低いのが特徴

ソファダイニングの場合、テーブルとソファは通常のダイニングテーブルより低い設計です。ソファの座面高はたいてい通常のソファと変わらず、38cm前後にデザインされています。一方、セットとなるテーブルは一般的なダイニングテーブルに比べると低くなる傾向にあり、多くの場合に約67~70cmの高さです。

基本的にダイニングテーブル上面と椅子の座面との差尺(※)は、25~30cmほどなら違和感がないといわれています。そのためソファダイニングの場合には、テーブル上面の高さをソファに合わせて低くすることでバランスを取っています。自分好みのソファとダイニングテーブルを別々に探して組み合わせる際には、差尺を考慮してコーディネートするとよいでしょう。

※差尺…テーブルの天板の高さと、椅子の座面の高さの差をあらわす用語。

ソファダイニングはゆったりと食事をしたい人に最適

ソファダイニングは、ソファにゆったり腰かけながら食事したいときに最適と考えられるアイテムです。ソファは、通常タイプかダイニングソファか問わず、座った方がくつろげるようにデザインされています。通常タイプは、深く座ると体全体が座面や背もたれに沈み込む特徴をもっています。その姿勢では、テーブルの上の食事を取るたびに体を起こす必要があるため不便に感じてしまうでしょう。

ダイニングソファは、奥行き部分に通常のソファとの違いが見られます。基本的には50cm未満のサイズが多く、腰を下ろしたとき体全体が通常タイプほど埋もれないようなデザインです。深く座っても比較的に上体は起きているため、ゆったりした姿勢のまま食事できます。

また、テーブルの高さを工夫すると、テレビや読書もリラックスして楽しめるといわれています。ダイニングソファに腰かけながらカフェにいる気分で食後の一服をゆったりと味わえば、家族とのコミュニケーションが弾むかもしれません。

ソファダイニングのメリット

ソファダイニングがもたらす大きなメリットは、高齢者や子供にとっての使い勝手のよさです。ソファダイニングは通常ほど高くなく、体の不自由な高齢者や小さな子供でもソファであれば座りやすいといわれています。普通の椅子と異なり腰かけられる部分が広いため、育児中の子供と食事するときには近くに寄り添いながら料理を口に運べます。

リビングと兼用のソファダイニングは一人暮らしにピッタリ

ソファダイニングは、上手なレイアウトによりフリースペースを増やせるところもメリットとして挙げられます。一人暮らしの場合、部屋が十分に広くないことはよくあると考えられます。無理に通常サイズのテーブルや椅子を置けば、自由に使えるスペースは狭まるでしょう。

ソファダイニングはくつろぎやすい設計のため、ダイニングとリビングを兼用できるといわれるアイテムです。部屋が広くなくても、有効活用すればリラックス空間を手に入れられるでしょう。

ソファダイニングのデメリット

ソファダイニングでよく指摘される問題は、掃除やレイアウト変更にかかる手間の大きさです。ダイニングソファは食事用の椅子とソファを兼ねる家具であり、利用時間は長くなる傾向にあります。長時間にわたり座っていれば、それだけ汚れは増えるでしょう。汚れがつきやすいだけでなくテーブルが低いこともあり、掃除は面倒になると考えられます。

また、たいていのソファは普通のダイニングチェアよりサイズが大きく重さもあります。少しだけ位置を変えたいと思っても、レイアウトを変更する作業は簡単ではありません。一度セッティングすると、その後で動かしにくいところもソファダイニングが抱える難点です。部屋にソファダイニングを置こうと検討している場合、デザインばかりでなく使い勝手やサイズ、さらにレイアウトも考えて選んだほうがよいでしょう。

後悔しない、ソファダイニングを選ぶポイントとは

ソファダイニングは、ソファとテーブルのバランスと、ソファの使い勝手・お手入れのしやすさが大切。セットで購入すれば失敗なし
ソファダイニングは、ソファとテーブルのバランス、ソファの使い勝手・お手入れのしやすさが大切。セットで購入すれば失敗なし

ソファダイニングは、ソファとダイニングテーブルのそれぞれに選ぶポイントがあります。また個別で見ていくより、セットで選んだほうが失敗しないでしょう。

ダイニングソファを選ぶポイント

ダイニングソファを選ぶとき、注目したいポイントは使い心地です。とくにソファの高さ・奥行き、テーブルとのバランス、お手入れのしやすさが大切といわれています。

ソファの高さ・奥行き

ダイニングの椅子としてソファを置くなら、食事からテレビ鑑賞や読書までリラックスしながら楽しむのが目的と考えられます。この場合、快適に座れるといわれるソファの高さは約40cmです。これくらい低いと、足が床について着席時に体が安定しやすく疲れたときには簡単に寝転がれます。ただし座面がふっくらしていると腰かけた際に体が沈み込んで使いにくくなるため注意が必要です。

ソファ座面の奥行きは、50cm前後が妥当と見られるサイズです。一般的な椅子の奥行きは40~45cmであり、それに近いほうが正しい姿勢を保ちながら座れるといわれます。横になることも考えると、少し余裕をもって50cmくらいあると快適に使えるでしょう。通常のソファと同じく60cm以上では深すぎて、食事や読書のとき正しい姿勢を保ちにくくなりがちです。いろいろ作業するときの使い勝手を考えるなら、奥行きは50cmくらいがおすすめといえます。

テーブルとのバランス

ソファダイニングの場合、ソファとテーブルをセットで利用する使い方が基本です。テーブルとのバランスが大切であり、ソファの選択時にはとくに差尺を意識する必要があります。

差尺は、上述の通り椅子の座面高からテーブル上面までの距離です。使い心地の観点からは、25~30cmほどが望ましいといわれます。この範囲であれば、正しい姿勢で腰かけやすいためです。

たいていのダイニングテーブルは、上面まで約70cmはあります。そのため座面高40cmほどのソファに組み合わせると、やや高く感じられるケースがよく見られます。

ダイニングソファと組み合わせるなら、ダイニングテーブル上面の高さは65~69cmを目安に探すとよいでしょう。差尺をこの範囲にとどめれば、いろいろな作業で使い勝手が良くなると期待できます。

素材のお手入れのしやすさ

ソファを食事や休憩時に使うと、食べこぼしを含めて多くの汚れがつきます。清潔に保つには、日頃のメンテナンスが欠かせません。ソファの素材としては、本革やファブリック(布)、合成皮革が挙げられます。いろいろなタイプを選べますが、掃除の手間を考えると素材のお手入れのしやすさは重要なポイントです。

本革は他の素材より汚れやすく、お手入れは面倒かもしれません。ファブリックも合皮に近い特徴をもっていますが、カバーリングタイプであれば家庭でも簡単に洗えるため本革ほど手間をかけずに済みます。

メンテナンスの手軽さを優先すると、おすすめは合成皮革です。布地に合成樹脂や塩化ビニルを加工したタイプであり、汚れにくい傾向にあります。少しでも掃除の負担を軽くしたいなら、ソファの素材は合皮タイプを選んでおくと無難でしょう。

ダイニングテーブルを選ぶポイント

ダイニングテーブルを選ぶときに注目したいポイントは、天板の形状・大きさ、脚部の形状、テーブル下の構造です。

天板の形状・大きさが部屋の広さに合っているか

ダイニングテーブルの天板の形状は多種多様ですが、大まかには四角形と丸型に分けられます。四角形タイプには長方形や正方形、丸型には円形や楕円形が多く見られます。円形の天板を選んだ場合、よくソファの配置に苦労するといわれています。ただソファはサイズが大きく重いため、使い勝手が悪くても簡単には移動できません。ソファとの組み合わせやすさをふまえれば、天板の形状は長方形が適していると考えられます。

部屋をできるだけ広く使うには、天板の大きさにも配慮が必要です。どんな部屋も、室内のスペースには限りがあります。テーブルにたくさん食事を並べたいとしても大きすぎるサイズを選ぶと、室内を移動しにくくなるでしょう。

部屋の移動ルートを確保するには、室内の広さに見合ったサイズを選ぶことが求められます。素材にこだわるなら、触り心地がよく耐久性にも優れたウォールナットを選ぶとよいかもしれません。

テーブルの脚は「T字」がおすすめ

ダイニングテーブルの脚部も、1本脚から4本脚やT字まで形状は多彩です。ソファとの相性を考えた場合、おすすめはT字です。ソファダイニングでくつろぎたいとき、1本脚ならカフェ気分を味わえるといわれます。ただ、このタイプはあまり安定感がなく手をついて体重をかけにくいところが難点です。

テーブルの安定性に関して定評のある形状は、4本脚のタイプです。こちらの場合、ソファと組み合わせる際にはテーブルの脚の位置とソファとのバランスに問題がないか確認しておく必要があります。

T字タイプは、簡単に動かせない椅子と合わせるため脚部がテーブルの中央に設置されているデザインです。ダイニングソファと一緒に使った場合も、出し入れしやすいとの評価を得る傾向にあります。サイズも重さもあるソファをテーブルから出し入れする場合、T字脚のテーブルであれば他のタイプより苦労しないでしょう。

テーブル下の収納は散らかり防止に

ソファダイニングで広々とした空間を演出しても、テーブルにテレビのリモコンや雑誌が散乱していると雰囲気は壊れるかもしれません。そんな場合、テーブルに収納できる仕組みがあると散らかり防止に効果的です。よく見られる構造としては、天板の下に棚板や引き出しを備えたタイプが挙げられます。

ソファダイニングで日常的にパソコン作業を進めるときなどは、これらが備わっているとノートパソコンやタブレット端末を手早く片付けられるでしょう。テーブル選びでの注意点は、収納スペースの高さと奥行きです。たくさん収納したいとしても、棚や引き出しの位置によっては邪魔になる可能性があります。

テーブル下に収納スペースのあるタイプを探すなら、ソファを出し入れしたとき、あるいはソファに座ったとき棚板や引き出しがぶつからないかチェックしておきましょう。

ソファ&テーブルをセットで選ぶと失敗しない

ソファダイニングを購入する際には、ソファとテーブルをセットで選べば失敗しにくいといわれています。テーブルと椅子は、組み合わせて使うことを前提に設計されている場合が一般的です。別々に購入すれば、サイズや色調の合うデザインを見つけるのに手間がかかるでしょう。気に入ったソファとテーブルでも、組み合わせたときに使い勝手が良いとは限りません。

セットで選べば、サイズだけでなくデザイン面に関してもバランスが取れるかどうか心配せずに済みます。個別に選ぶ場合と違い、ソファの座面高からテーブル上面までの差尺やテーブル脚部の形状についての細かいチェックもほとんど必要ありません。

またセットのソファダイニングなら、ソファとテーブルの使い心地を同時に確かめられます。お互いのフィット感を調べたいときも、単品よりセット品を選ぶほうが適切と考えられます。

おしゃれなソファダイニングのおすすめショップ

おしゃれなソファダイニングを扱うおすすめショップには、無印、ニトリ、フランフラン、アクタス、unico、IKEA、カリモクやモモナチュラルがあります。こちらでは、それぞれのショップの特徴や価格帯を簡単にご紹介します。

無印良品

リビングでもダイニングでもつかえるシリーズ 無印良品公式ネットストアより
リビングでもダイニングでもつかえるシリーズ 無印良品公式ネットストアより

無印良品の商品には、リビングでもダイニングでも使えるシリーズがあります。価格帯を見ると、ソファチェアやベンチは約1万~2万7000円ほど、テーブルは約2万7000~4万5000円です。

ニトリ

リビングダイニングセット ニトリ公式通販 より
リビングダイニングセット ニトリ公式通販 より

ニトリは、多彩なインテリア商品を扱っています。ソファは3人掛けのファブリックで4万8000円ほど、ダイニングテーブルはW120サイズで約1万3000円と比較的に安い価格帯です。

フランフラン

フランフランは、20代女性をターゲット層の中心に定めるショップとして知られます。ソファは商品全体の3割強を占める主力アイテムであり、価格は約15万~20万円です。

アクタス

オウン エフ フラットソファ ACTUSオンラインショップより
オウン エフ フラットソファ ACTUSオンラインショップより

アクタスは、ヨーロッパ家具をいち早く日本に紹介したショップです。リビング・ダイニング兼用の商品にOWN-Fシリーズがあり、ソファは5万6000円から、テーブルは11万円ほどに価格設定されています。

unico

unicoは、こだわり派に向いている北欧テイストのショップといわれています。平均価格は、ファブリックのソファ(3人掛け)が約11万円、ダイニングテーブル(W140サイズ)で約6万2000円です。

IKEA

IKEAは北欧のスウェーデンで発祥し、いまは世界各地に店舗展開しています。ソファはデザイン豊富で、人気商品は約3万5000~11万2000円の価格帯です。

カリモク

CD59モデル(オーダー対応)カリモク家具オンラインショップより
CD59モデル(オーダー対応)カリモク家具オンラインショップより

カリモクは、ソファやチェアの商品開発で座り心地の追求に力を入れているショップです。リビングダイニングソファでは10万円前後の商品などが見られます。

モモナチュラル

モモナチュラルは、文字通りナチュラルテイストの家具が集まるショップです。ダイニング関連の価格は、ソファ類で5万~25万円ほど、テーブル類で5万5000~15万円ほどに設定されています。楽天やAmazonなどの通販を利用すれば、いろいろなショップのソファダイニングを購入できるでしょう。

ソファダイニングの3大配置パターン

ソファダイニングの配置には大きく分けて3パターン。お部屋の間取りやキッチン・家具などに合わせたコーディネートを楽しんで
ソファダイニングの配置には大きく分けて3パターン。お部屋の間取りやキッチン・家具などに合わせたコーディネートを楽しんで

ソファダイニングの代表的な配置パターンは、ソファを壁付け、部屋の中央に配置、対面式キッチンに合わせて配置の3つです。

ソファを壁付けする

ソファダイニングのレイアウトでは、部屋の壁に沿わせる配置方法がよく見られます。ソファは、L字型に並べると室内を広く見せるのに効果的です。この置き方であれば、ダイニングスペースで十分なくつろぎ空間も確保できるでしょう。

部屋の中央に配置する

大勢の方で利用するなら、テーブルを部屋の中央に配置してソファで囲む配置がおすすめです。ソファを個々に分ければ、壁沿いに並べた場合と異なり奥の方が出入りしにくい事態は避けられるでしょう。多人数でも、ゆったり利用できると考えられます。

対面式キッチンに合わせて配置する

ソファダイニングは高さがないため、対面式キッチンに合わせて配置してもあまり圧迫感はありません。例えば、キッチンで親御さんが食事を準備しているとき、子供がソファで遊んでいれば、お互いに近くで顔を見ながらコミュニケーションを取れます。調理中も子供に目が届き、親子の会話も楽しめるおすすめのレイアウトです。

他にも、ソファダイニングの配置にはいろいろなパターンがあります。ぜひ自分好みの配置を探してみてください。

公開日 2020年8月2日
更新日 2020年10月22日

#リビング

この記事をシェアする

Share on Twitter ソファダイニングとは? 選び方、レイアウトのコツまで詳しく解説 ソファダイニングとは? 選び方、レイアウトのコツまで詳しく解説

LogRenoveをフォローする

関連記事