【洗濯パンの悩み】サイズの選び方、掃除の仕方まで――そもそも洗濯パンは必要?

【洗濯パンの悩み】サイズの選び方、掃除の仕方まで――そもそも洗濯パンは必要?

洗濯機の下に設置する洗濯パン。直置きと比べて、洗濯パンを使うとどのようなメリットがあるのでしょうか。洗濯パンの必要性やサイズの選び方、そして掃除の仕方の基本を紹介していきます。

洗濯パンの必要性

洗濯パン(防水パン)とは、洗濯機の下に設置する、トレーのような形状の製品です。防水性の高い素材で作られていて、洗濯機からの水漏れが発生した場合に、水を受け止めて被害を最小限にとどめる役割があります。まずは、マンション・アパート・戸建住宅・賃貸における洗濯パンの必要性について、それぞれ解説していきます。

メリット:漏水を防ぐ、振動を防ぐ

冒頭でお伝えしたように、洗濯パンを設置すると洗濯機からの水漏れを防ぎやすくなります。漏水のトラブルが発生すると、修理が必要となり、大きな損害となるおそれがあるため注意が必要です。

特にドラム式洗濯機をお使いの場合には、洗濯パンが運転中の振動を抑えたり、結露を防いだりすることにつながります。洗濯機を床に直接置いた場合は、音が響いたり、湿気がたまって結露で床が濡れたりする場合があります。洗濯パンの設置がおすすめです。

デメリット:掃除がしにくい、見栄えが悪い、スペースを取る

洗濯パンを設置せずに直置きすると、見栄えが良く掃除がしやすいが、漏水の危険がある
洗濯パンを設置せずに直置きすると、見栄えが良く掃除がしやすいが、漏水の危険がある

多くのメリットが期待できる洗濯パンですが、少なからずデメリットがあります。まず、洗濯機の下が掃除しにくくなることです。置いてある洗濯機を移動させなければ、洗濯パンを隅々まで掃除するのは難しいでしょう。

人によっては、洗濯パンはインテリアとしての見栄えが悪いと感じることもあるようです。設置するとある程度のスペースを取るのもデメリットといえます。

一方で、洗濯パンには水漏れ予防の大切な役割があります。ご自宅の条件やニーズに合わせて設置するかどうかを検討してみましょう。

マンションやアパートの場合

マンションやアパートなどの集合住宅で、かつ2階以上にお住まいの方は、基本的に洗濯パンを設置する必要があります。万が一漏水が発生した場合に、階下へ損害を与えるリスクがあるためです。

洗濯機は故障や部品の劣化などが原因で、水漏れを起こすことが珍しくありません。もしも床が水浸しになれば、自宅の範囲を超えた大きな被害が想定されます。階下の設備に影響が出て、損害賠償で大変な高額を請求されることも……。このようなリスクがあるため、集合住宅では洗濯パンを設置するように心がけましょう。

戸建の場合

自分で所有する戸建住宅にお住まいの方は、洗濯パンを設置するかどうかを自由に決められます。その際は、洗面所の床に防水性の高い素材を採用するなど、環境が整っていれば直に設置しても問題ないという考え方もあるようです。

自宅が戸建の場合には、集合住宅のように近隣の方へ迷惑をかける心配がありません。洗濯機の機種によっては、洗濯パンのサイズと合わずに設置できない場合があるため、必要に応じて検討しましょう。ただし、設置しない選択をするのであれば、水漏れが発生したときの被害について考慮しておくことが大切です。

賃貸の場合

賃貸住宅は、必ずしも洗濯パンが設置されているとは限りません。物件によっては元々設置されていないケースもあります。そのため、洗濯パンの有無については、内見の際にあらかじめ確認しておくと安心です。

集合住宅の場合と同様に、賃貸で2階以上にお住まいの方は、階下へ水漏れの損害を与えるリスクがあります。賃貸で1階にお住まいの方も、水漏れの被害に対して責任を負う可能性があります。このような事情から、賃貸住宅にお住いの場合は事前に洗濯パンが設置されているかを確認しておきましょう。

洗濯パンの種類

洗濯パンには、いくつかのタイプがあります。洗濯パンの形状により、設置できる洗濯機の種類やサイズ、掃除のしやすさなどが異なります。お使いの洗濯機は縦型とドラム式のどちらか、どのような見た目や使い勝手を好むかに応じて、洗濯パンの種類を選びましょう。

種類

洗濯パンの種類には、フラットなタイプ、四隅がかさ上げされたタイプ、四隅がかさ上げされた枠のないタイプがあります。メーカーによっても素材やデザインが少しずつ異なるため、比較検討してみましょう。

フラット

シンプルなトレーのように平坦な形状をした、フラットなタイプの洗濯パンです。枠に入るサイズであれば、どのような洗濯機でも設置しやすいといえます。その一方で、洗濯機を設置したときに底面との隙間が少ないため、掃除がしにくいのがデメリットです。

かさ上げ(枠あり)

洗濯機の足を置く四隅がかさ上げされ、かつ枠のあるタイプの洗濯パンです。もっとも普及しているタイプとなっています。四隅がかさ上げされていると、底面と洗濯機の隙間が大きくなり、掃除しやすいのが特徴です。また、枠があるため水漏れを防ぐ役割もあります。

かさ上げ(枠なし)

枠なしのかさ上げタイプは、洗濯機と床の隙間を掃除しやすいメリットがある
枠なしのかさ上げタイプは、洗濯機と床の隙間を掃除しやすいメリットがある

上記と同様に洗濯機の足を置く四隅がかさ上げされていますが、枠がないタイプの洗濯パンです。底面と洗濯機の隙間が大きく、さらには枠がないため掃除もしやすくなっています。一方で、枠ありと比べて水漏れを防ぎにくいため、目的に応じて選びましょう。

洗濯パンのサイズ

洗濯パンのサイズは、洗濯機のサイズと寸法を合わせる必要があります。よくあるサイズは下記の通りです。

・640×640mm
・740×640mm
・800×640mm

640×640mmのサイズは正方形の形状で、もっとも普及しているタイプです。多くの縦型洗濯機を設置しやすいサイズですが、ドラム式洗濯機の場合はあらかじめ寸法を確認しましょう。特に、集合住宅や賃貸物件で元から洗濯パンが設置されている場合は、採用されている洗濯パンのサイズに合わせて洗濯機を購入する必要があります。

洗濯パンを新たに設置する場合は、洗濯パンの枠のもっとも外側の長さ(外寸)を測り、洗面所のスペースに収まることを確認しましょう。洗濯パンに設置できる洗濯機は、洗濯パンの枠の内側の長さ(内寸)を測り、これよりも小さなサイズを選びます。このとき、排水口を除いた長さも含めて測ることが大切です。排水口の位置によっては、接続するときに別途部品が必要な場合があります。

選ぶときのポイント

洗濯パンを選ぶときは、耐荷重をチェックしましょう。耐荷重とは、洗濯パンがどれくらいの重さに耐えられるかを表しています。洗濯パンの耐荷重を超える重さの洗濯機は、安全面を考え無理な設置を避けてください。特に、ドラム式は縦型より重量が大きい傾向にあります。耐荷重が十分で、安全に設置可能な洗濯パンを選ぶことが大切です。

また、洗面所の収納を充実させるために、洗濯パンにランドリーラックを設置する場合があります。洗面所の広さが限られているなかで、洗濯機の上部にあるスペースを有効活用しやすくなるためおすすめです。この場合、ランドリーラックの設置に十分なスペースを確保できるサイズの洗濯パンを選びましょう。

おすすめは掃除がしやすい「かさ上げ」タイプ

洗濯パンの種類のなかでもっともスタンダードなのは、四隅がかさ上げされた枠のあるタイプです。このタイプは底面を簡単に掃除しやすく、かつ発生した湿気を逃しやすいのが特徴です。幅広いご家庭で便利に使える定番のタイプであるため、迷ったときはこのタイプがおすすめです。

かさ上げタイプの洗濯パンにする場合は止水栓の位置に注意

かさ上げタイプの洗濯パンを設置する場合は、洗濯機と止水栓の位置関係に注意が必要
かさ上げタイプの洗濯パンを設置する場合は、洗濯機と止水栓の位置関係に注意が必要

便利なかさ上げタイプの洗濯パンですが、一点気をつけておきたいことがあります。それは、洗濯機と止水栓の位置関係です。洗濯機のかさ上げをすると、必然的に直置きよりも洗濯機に高さが出ます。これにより、止水栓と洗濯機がぶつかるおそれがあるため注意しましょう。

止水栓と洗濯機の間の隙間が不足し、ぶつかってしまう場合には、部品の交換が必要となります。かさ上げタイプの洗濯パンを設置するときは、洗濯機の高さと止水栓の位置もあわせて確認してください。

洗濯パンの見た目が嫌だという方におすすめのアイテム

洗濯パンは設置したほうがいいものの、インテリアとしての見た目が気になる方もいるとと思います。そんなときは、きちんと洗濯パンを設置しつつも、おしゃれな洗面所に仕上げるために工夫しましょう。ここでは、洗濯パンの見た目を変えて、ホコリの侵入も防ぐことができる、洗濯パンカバーについて紹介していきます。

洗濯パンカバー

洗濯パンの見た目が気になるときは、洗濯パンカバーを使用しましょう。洗濯パンカバーは市販の商品を使うほか、DIYする方法もあります。手作りするなら、洗濯機の下部分や排水口を隠すように、木材などをカットして配置しましょう。材料は100均で購入でき、見た目をカバーするだけでなく汚れ防止になるのがメリットです。ご自宅のインテリアに合わせたカラーで作れば、おしゃれな洗面所に仕上がります。

洗濯パンの掃除の仕方

洗濯機の下に設置する洗濯パンは、ホコリ・ゴミ・汚れがたまりやすい場所です。しかし、直置きよりもお掃除をしにくいのが難点です。掃除をせずに放置すると臭いの原因にもなるため、定期的なお掃除を心がけてください。少し大変ですが、洗濯機をどけて念入りにお手入れをする機会も作りましょう。こちらでは、基本の掃除の仕方をお伝えします。

排水トラップの掃除方法

洗濯パンの掃除をする手順を紹介します。排水口の周辺は仕組みが複雑そうに見えますが、意外と簡単にお手入れできます。排水ホースや配線の外し方、洗濯機の移動の仕方、髪の毛やゴミの取り除き方を紹介します。

蛇口を止めて、ホースや配線をすべて外す

まずは、洗濯機とつながっている水道の蛇口を回して締めてから、コンセントを抜きます。蛇口が開いた状態や、電源が入った状態で作業をすると、水漏れや漏電のリスクがあるため気を付けてください。

作業の準備ができたら、洗濯機のホースや配線をすべて取り外していきます。排水口周りには汚れが多い部分もあるため、掃除用のゴム手袋や使い捨ての手袋を装着しておくと安心です。汚れを洗浄するには市販のパイプクリーナーか、重曹+クエン酸を使えます。一般的な水回りのお掃除に使う洗剤を用意してください。

排水ホースを取り外すときは、内部に残った水が漏れる場合があるため、バケツなどの容器で水を受ける用意をしながら作業しましょう。

洗濯機をどける

洗濯機のホースや配線をすべて外したら、次に洗濯パンから洗濯機をどける作業に入ります。重量がある洗濯機の移動は、1人での作業が難しい場合があります。移動できないときは無理をせず、できる範囲で清掃を行いましょう。たとえば、日頃からこまめにホコリや汚れを取り除いたり、洗濯機内部の糸くずフィルターのゴミを取り除いたりするだけでも、排水口の付近が汚れにくくなります。

洗濯機を移動させる場合には、左右に少しずつずらすイメージで動かしていきます。持ち上げて一気に移動させるのではなく、少しずつ動かしていくのがポイントです。手足を挟まないよう気をつけながら作業しましょう。洗濯機を無理に移動させると、手足をケガするおそれがあるほか、住宅や本体を傷つけるリスクもあります。洗濯機をどける作業が完了したら、洗濯パンを軽く拭き掃除してください。

パーツを取り外して髪の毛などのゴミを取る

洗濯パンの排水口は、蓋を取り外した後、排水トラップのパーツまで取り外します。排水トラップは排水管とつながっていて、常に水がたまる構造となっています。この水が下水からの悪臭や害虫の逆流を防ぐ役割を果たしているのが特徴です。一方で、排水トラップは汚れがたまりやすい部分でもあるため、念入りに掃除を行いましょう。

排水トラップのパーツを取り外したら、周辺にある髪の毛やホコリなどのゴミを取り除きます。手が届かない部分には、不要な歯ブラシなどを使う方法もあるため試してみてください。洗濯機を元の場所へ戻す前に、洗濯パンの内部や周辺の汚れをすべて取り除いておきましょう。

洗剤や重曹で汚れ・ぬめりを落とす

排水トラップのパーツは、一つひとつ洗浄していきます。細かい凹凸が多いパーツであるため、不要な歯ブラシなどを使って、付着した汚れやぬめりをこすって落とします。排水口にはパイプクリーナーを流し込み、指定された時間だけ放置してから、水を流します。または、自宅に重曹とクエン酸がある方は、市販の洗剤の代用が可能です。排水口に重曹の粉末をふりかけ、お湯に溶かしたクエン酸を流し込むと、泡立ちが始まり汚れやぬめりを洗浄できます。いずれかの方法でお手入れしましょう。

排水ホースの内部にも、汚れやぬめりが生じる場合があります。ほかの部品と併せて洗浄してください。排水ホースの一方にラップと輪ゴムで蓋をしてから、内部に水と洗剤を流し込み、もう一方にも同様に蓋をします。この状態で、排水ホースの内部に水が行き渡るよう、軽く振ってください。最後に蓋を外して、内部の水を捨てたら完了です。

すべてのパーツを元に戻す

排水口のすべてのパーツを元に戻したら、初めと同じように洗濯機を洗濯パンへ移動させます。ホースや配線を接続したら、お手入れ完了です。取り外した部分がきちんと元通りであり、水漏れがないか確認しましょう。紹介した方法でのお手入れを定期的に行うと、洗濯パンを清潔な状態で使い続けられます。

洗濯パンの交換

古い洗濯パンの取り替えや、さらに性能の高い洗濯パンへの買い替えは、基本的に業者へ依頼するのが好ましいです。専門業者やメーカーに問い合わせを行ってください。一方で、洗濯パンの交換はDIYで行う方法もあります。自宅に専用の工具があり、作業に慣れている方は検討してみましょう。

破損したら早めに交換を

多くの洗濯パンは強化プラスチック製であり、水に強く丈夫なのが特徴です。しかし、誤って重たい物を落としたり衝撃を与えたりして、洗濯パンが破損することも。安全に使用するためにも、一部が割れたり欠けたりした洗濯パンは、早めに交換を検討しましょう。

新しい洗濯パンは、専門業者やメーカーから購入するほか、通販やホームセンターでも入手可能です。通販は価格を抑えやすい一方で、洗濯パンのサイズや種類を誤って購入しないよう、注意してください。

業者依頼が基本

洗濯パンの交換は、基本的に専門業者へ依頼します。専門業者に依頼すれば、洗濯機の移動から洗濯パンの取り付けまで、すべての作業を専門のスタッフに依頼できるため安心です。

工事には費用がかかりますが、安全かつ速やかに交換を済ませるためには、プロに任せたほうがいいです。DIYで取り付ける場合には、洗濯機を問題なく設置できる位置を測り、専用の工具を使用して作業します。部品が外れたり緩んだりすると水漏れにつながるため、慎重に作業しましょう。

◆こちらもおすすめ◆

浴室乾燥機って必要?上手な使い方や電気代の目安、掃除方法を紹介

水回りのリフォーム、リノベーションの注意点、費用相場は?

お風呂・ユニットバスのリフォーム、リノベーション。いくらかかる? どこまでできる?

公開日 2020年8月28日
更新日 2020年10月22日

#洗面

この記事をシェアする

Share on Twitter 【洗濯パンの悩み】サイズの選び方、掃除の仕方まで――そもそも洗濯パンは必要? 【洗濯パンの悩み】サイズの選び方、掃除の仕方まで――そもそも洗濯パンは必要?

LogRenoveをフォローする

関連記事