新築マンションのモデルルームで見るべきは「完成模型」? 後悔しないためのモデルルーム攻略法とは

新築マンションのモデルルームで見るべきは「完成模型」?  後悔しないためのモデルルーム攻略法とは

新築マンションの購入を検討する際、多くの人がモデルルームに足を運び、じっくりと見学すると思います。その際、漠然と見ているだけでは、そのマンションのよさや問題点に気づくことはできません。どうすれば、“いい買い物”ができるのでしょうか? モデルルーム見学時の注意点を専門家に聞いてみました。

マンション選びに欠かせないモデルルーム見学。モデルルームにはその名の通り、購入を検討している人に向けた“モデル”で、室内には家具や照明器具、カーテンといったインテリア小物が設置されており、マンションでの暮らしがイメージしやすいよう工夫されています。ただし、これらは購買意欲を高めるためのアイテムであるという点は念頭に置く必要があります。

モデルルームですっかり気分が盛り上がり、購入を即断即決したけれど、いざ出来上がってみるとイメージが違ったという失敗談も“マンション購入あるある”のひとつです。

では、モデルルームを見学するときはどのような点に気を付ければいいのでしょうか?これまで首都圏を中心に多くのモデルルームや現場を見てきたという、不動産コンサルタントの岡本郁雄さんに聞きました。

「完成模型」を見ながらチェックするポイントとは

この記事は会員限定です。

会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

新規登録の方はこちら

今すぐ登録

会員の方はこちら

ログイン

公開日 2020年12月25日
更新日 2020年12月25日

LogRenoveをフォローする

リノベ済みおすすめ物件