ヴィンテージインテリアでおしゃれな部屋に――コーディネートのポイントやDIY実例を紹介

ヴィンテージインテリアでおしゃれな部屋に――コーディネートのポイントやDIY実例を紹介

年代を感じさせるキャビネットや重厚な質感のソファなどが、クラシカルで独特な空間を作り出すヴィンテージインテリア。コーディネート次第では、男前にもカジュアルにも演出でき、インテリアにこだわる人たちからの高い支持を得ています。これから部屋をリノベーションし、ヴィンテージインテリアで揃えたいと考えている方もいるでしょう。

この記事では、アメリカンや北欧風などヴィンテージインテリアの種類、コーディネートのコツを部屋ごとに紹介します。ぜひ素敵な部屋作りの参考にしてください。

ヴィンテージインテリアの特徴

古材やアイアン、年代を感じさせる風合いのレザーを使用した家具などを取り入れたヴィンテージインテリア。時代を重ねた深い味わいを感じさせるアイテムでコーディネートされた部屋は、いつの時代も人気です。

「ヴィンテージ(Vintage)」はもともと当たり年のワインを指す言葉ですが、インテリアにおいては「古くて価値があるもの」「年代もの」といった意味があります。製造後100年経っても価値のあるものはアンティークとされますが、100年が経過していなくても古い味わいが出ていて質のいいものはヴィンテージインテリアと呼ばれます。

ヴィンテージインテリアは、年代を感じさせるクラシカルな重厚感が独特の落ち着いた雰囲気を作り出し、それなのにどこか懐かしい温かみを感じさせることが特徴です。そんなヴィンテージスタイルは、使う家具やテイストによってさまざまなカテゴリーに分けられます。

この記事は会員限定です。

会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

新規登録の方はこちら

今すぐ登録

会員の方はこちら

ログイン

公開日 2020年9月2日
更新日 2021年1月14日

#インテリア

LogRenoveをフォローする

関連記事