ホームシアターの費用相場はいくら?自宅で映像や音楽を楽しむための準備や注意点を解説

ホームシアターの費用相場はいくら?自宅で映像や音楽を楽しむための準備や注意点を解説

自宅で映像や音楽を楽しむ手段として、ホームシアターの設置を検討している方が増えています。ただ、必要機材が多く費用もかかるため、導入をためらってしまうことも。こちらでは、ホームシアターを設置するメリットや必要機材、費用相場、注意点などの情報を紹介します。

ホームシアターを設置するメリットとは?

ホームシアターとは、自宅で本格的な映像や音楽を楽しむための設備で、昨今では定額の動画配信サービスなどとあわせて普及が進んでいます。こちらでは、ホームシアターを設置するメリットを紹介します。

大きなスクリーンで映画館のような迫力ある映像を自宅で楽しめる

自宅にはない大きなスクリーンで大迫力の映像を楽しめるのが、映画館に通う醍醐味のひとつです。普段の生活では味わえない非日常感を体験できます。ホームシアターを設置すれば、映画館のような大きなスクリーンで大迫力の映像を自宅で楽しめます。壁一面に映像を映し出すこともでき、臨場感を味わえるでしょう。

上映時間に合わせて映画館に行く必要がない

映画館に行く際にネックとなるのが上映時間です。観たい映画の上映時間と自分のスケジュールが合わず、結局見逃してしまった、という経験をしたことのある方も多いでしょう。ホームシアターを設置すれば、上映時間を気にしながら映画館に行く必要はありません。観たい映画を観たいタイミングで楽しむことができます。朝早い時間や深夜、平日、休日を問わず、待ち時間も必要なくなります。

リラックスした状態で視聴を楽しめる

多かれ少なかれ、人が周りにいる状況ではリラックスして映画を楽しめない、という方もいるでしょう。ポップコーンやジュースを自由に飲んだり食べたりしたくても、周りの人の目が気になってしまうことも。そんな方にもホームシアターはおすすめです。

ソファーで寝ころびながら、家族とワイワイしながら、お酒を飲みながらなど、思い思いの方法で映画を楽しむことができます。窮屈な気分を味わいながら映画を観る必要がないのは、大きなメリットでしょう。

家族で一緒に映画を観る機会が増える

ホームシアターであれば、家族全員で気兼ねなく映画を楽しめ、家族のコミュニケーションのひとつとして活用できるでしょう。映画館では子どもがお手洗いに行きたくなった際に途中退席をしなければならないところ、自宅で観る場合は自由なのがメリットです。

映画以外に音楽ライブやスポーツ観戦も楽しめる

ホームシアターで楽しめるのは映画だけではありません。前述の通り、定額の動画配信サービスや音楽配信サービスなどが合わせて普及しており、音楽ライブやスポーツ観戦も楽しめます。大画面で観る音楽ライブやスポーツ中継は迫力があり、より楽しめるでしょう。

また、プロジェクターのなかにはテレビの視聴が可能な製品もあります。普段はテレビとして使用し、定期的に映画を観るために使用するという方もいるです。ホームシアターは、テレビ好きの方も検討する価値のあるアイテムといえます。

ホームシアター導入に必要な設置機材

ホームシアターには必要な機材が多いイメージがありますが、すでに自宅にある機材を活用できることもあります。こちらでは、ホームシアターの導入に必要な機材を紹介します。

映像を投影するプロジェクター

スクリーンに映像を投影するプロジェクター。現在では高画質化も進み、 フルハイビジョン(HD) や4K対応のものも増えている
スクリーンに映像を投影するプロジェクター。現在では高画質化も進み、 フルハイビジョン(HD) や4K対応のものも増えている

スクリーンに映画やライブなどの映像を投影する機材がプロジェクターです。プロジェクターが登場したばかりのころは、スクリーンや壁に映像を映し出せるだけでしたが、今では高画質化が進んでいます。フルハイビジョン(フルHD)や4K対応のプロジェクターなどの高性能な商品も登場しています。プロジェクターを選ぶ際は、以下の4つのポイントを意識しましょう。

・明るさ(ルーメン)
・解像度
・投影距離
・接続方法

自宅の環境によって、どのプロジェクターが適しているかは異なります。初めて購入する場合は、家電量販店などで一度実物を確認するのがおすすめです。

映像を映し出すスクリーンまたは大画面テレビ

プロジェクターから投影された映像を実際に映し出すのがスクリーンです。天井から垂れ下がったスクリーンを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、電動か手動か、画面比率はどうするか、マスクの有無、サイズなどに応じてさまざまな種類があります。

大迫力の映像を楽しめるホームシアターの魅力を存分に味わうのであれば、100インチ以上のスクリーンがおすすめです。予算が許すのであれば、一度検討してみてください。予算に余裕がなければ40~50インチの大画面テレビで代用することもできます。その場合は、HDMI出力などに対応したプロジェクターを購入しましょう。

また、凹凸が少ないのであれば、プロジェクターは壁に映像を投影することもできます。壁に広いスペースがある場合はスクリーンを購入する必要はありません。

臨場感のあるサラウンドシステム

ホームシアターを構成する重要な要素の2つが「映像」と「音」です。そのため、ホームシアターを導入する場合はスピーカーなどの音響設備にもこだわりたいところ。プロジェクターのなかにはスピーカーを内蔵した製品も販売されていますが、臨場感のある音を楽しむにはサラウンドシステムを導入しましょう。

左右のフロントスピーカー、センタースピーカー、サブウーファーアンプ、後方の左右のリヤスピーカーの6種類を設置する「5.1chサラウンドシステム」が、もっとも臨場感のある音を演出できるとして人気を集めています。

その他にも、後方にスピーカーを2つ追加した「7.1ch」や前方の左右にスピーカーを2つ設置した「2.1ch」などさまざまなバリエーションがあります。音の感じ方は人それぞれ異なるため、一度試してみるのがおすすめです。

映像ソフトで再生するためのメディアプレイヤー

NetflixやHulu、YouTubeなどの動画サービスを楽しむのであれば問題ありませんが、DVDやブルーレイなどを再生する場合はメディアプレイヤーが必要です。ただ、ブルーレイレコーダーでも再生できるため、すでにお持ちの方は新しいものを購入する必要はありません。

配信動画を鑑賞するためのWi-Fi環境

インターネットを経由した動画サービスを活用するのであれば、Wi-Fi環境を整えることも大切です。Wi-Fiに対応したプロジェクターを選ぶと、複雑な配線が不要、動画サービスをすぐに見られる、スマートフォンやパソコンと連動できるといったメリットにつながります。また、スピーカーもWi-Fi対応のアイテムを選ぶと、すべての機器をワイヤレスでつなぐことができるため、スッキリとしたホームシアターを実現できます。

ホームシアターを設置する前に準備すべきこと

ホームシアターの普及が進むにつれて、さまざまな製品が登場しています。ここでは、ホームシアターを設置する前に準備すべきことを紹介します。ホームシアターの導入を検討している場合は、事前に理解しておきましょう。

ホームシアターを設置する場所を決める

ホームシアターは、家のどこに設置するかに応じて、導入する設備の規模や配線を考えなければなりません。各設備を購入する前にホームシアターの設置場所を決めましょう。リビングや寝室に設置するのか、ホームシアター専用の部屋を設けるのか、どのような配線でどのコンセントを使用するのかなど、なるべく具体的にイメージすることが大切です。また、マンションやアパートなどの集合住宅に設置する場合は、近隣への騒音対策も欠かせません。隣のお部屋に面した部屋には設置しない、防音シートや吸音材を導入するといった工夫が大切です。

プロジェクタースクリーンのタイプを決める

スクリーンにはそれぞれタイプ、サイズ、素材があり、用途や自宅の環境で適したものを選ぼう
スクリーンにはそれぞれタイプ、サイズ、素材があり、用途や自宅の環境で適したものを選ぼう

設置場所が決まり、スペースを確保したら、スクリーンのタイプを決めましょう。目安ではあるものの、100インチのスクリーンを設置するには3m幅の壁、120インチのスクリーンであれば4m幅の壁が必要です。また、スクリーンのタイプは形状に応じて以下の4つに大別されます。

壁掛けタイプ

壁掛けタイプのスクリーンは、壁や天井に取り付けたフックに引っ掛けます。比較的価格が安く、軽量な製品が多いのが魅力です。

天吊りタイプ

天井から吊り下げられたタイプのスクリーンで、使用していないときは天井に配置された機構に巻き上げて収納します。場所を取らない点に加えて、収納できる分、スクリーンが汚れにくいというメリットもあります。

フロアタイプ

三脚などを活用して床置きするのがフロアタイプのスクリーンです。高さの調節が容易で、三脚があればどこにでも設置できます。

テーブルタイプ

三脚などが必要なく、自立するのがテーブルタイプのスクリーンです。携帯性に優れており、「モバイルタイプ」と表現されるのも同様のタイプです。

プロジェクタースクリーンの素材を決める

スクリーンには、さまざまな素材があります。それぞれ異なる特徴をもっているため、部屋の環境に応じて選択しましょう。

マット系

光沢がなく、自然でなめらかな映像を映し出せるのがマット系のスクリーンの特徴です。どの角度から見ても均一の映像を楽しめるため、家族の多い家庭でも安心です。ただ、外からの光に弱いというデメリットもあります。

ビーズ系

表明に光学レンズ球を散りばめたのがビーズ系のスクリーンです。マット系とは異なり、外からの光に強いというメリットがあります。4Kやハイビジョンなど、高画質な映像の視聴に適しています。ただし、表面の光学レンズ球が損傷しないようにお手入れしなければなりません。

フィルム系

スクリーンのなかには、フィルムを素材に使用したタイプもあります。表面に凹凸がない分、他の素材で発生しやすいモアレ(干渉縞)が生じない点がメリットです。

本格的なホームシアターの設置にかかる費用目安と内訳

本格的なホームシアターを設置する場合、費用が気になるところです。こちらでは、内訳に応じた設置費用の大まかな目安を紹介します。

専門業者が設置を手伝う場合にかかるインストール費

ホームシアターの導入をサポートする専門業者に支払う費用をインストール費と呼びます。導入のプランニングや機材の選択、工務店の選定、工事の立ち合いなど、設置に関する作業を幅広く手伝ってくれます。初めてホームシアターを導入する方にとっては、強い味方となるでしょう。インストール費は新築か既存住宅かによって変化しますが、10万円前後が目安です。

プロジェクターやスクリーン、スピーカーなどの機材費

前述の通り、ホームシアターの導入には最低でもスクリーンやプロジェクター、スピーカーなどが必要です。プロジェクターは安価なものであれば5万円前後から、高画質モデルや4K対応のものを選ぶと15万~20万円ほどかかります。スクリーンは、安いもので1万円前後から販売されていますが、こちらも大型のものとなると20万~30万円必要です。

また、こだわると際限なくコストがかかるのがスピーカーをはじめとしたサラウンドシステムです。安価なものであれば2万~3万円で販売されていますが、好みの音質を追及すると40万~50万円以上かかるケースも珍しくありません。

機材の取り付けをする【設置工事費】

機器の設置工事にかかる費用は、設置方法や作業内容に応じて変化します。一般的な5.1chスクリーンシアターであれば15万~20万円が目安です。天井に埋め込むタイプのスクリーンや7.1chサラウンドを採用すると、25万~30万円の費用がかかります。

防音工事を業者にお願いする場合には防音施工費

ホームシアターを導入するにあたって、防音工事を依頼する場合は防音施工費用も必要です。1坪あたり30万~50万円が相場です。より防音性能の高い工事を行うと、その分コストもアップします。

簡単設置でお手軽にはじめられる方法もある

上記のように、本格的なホームシアターを導入する場合は、少なくとも100万円以上の費用がかかります。ただ、よく使うかどうかわからない段階でまとまったお金を使用するのは、抵抗のある方も多いでしょう。こちらでは、お手軽にはじめられてホームシアターの魅力を十分感じられる方法を紹介します。

ホームシアタースピーカーを導入して臨場感をアップ

ホームシアターを構成する重要な要素は「映像」と「音」。より臨場感のある音を演出するために音響設備にもこだわりたいところ
ホームシアターを構成する重要な要素は「映像」と「音」。より臨場感のある音を演出するために音響設備にもこだわりたいところ

現在使用しているテレビをスクリーンに見立てるのであれば、ホームシアタースピーカーを導入するだけでも臨場感が格段にアップします。ホームシアタースピーカーとは、映画館の音響を家庭で再現するシステムのことで、設置するだけでテレビや映画をより迫力のある音で楽しめます。

手軽に試すのであれば、サウンドバータイプを導入し、臨場感の違いを味わってみるのが良いでしょう。そして、より本格的な音を味わいたいと思ったときにスピーカーやサブウーファーアンプを追加するのがおすすめです。ホームシアタースピーカーだけの導入なら、10万円以下で楽しむことができます。

遮光タイプのロールスクリーンで費用削減

家のテレビが小さい、十分な広さの壁がないという場合は、やはりスクリーンを設置するのがおすすめです。リーズナブルなものをお求めの方に人気なのが、コードを使用して布を上げ下げするロールスクリーンです。壁はもちろん、窓にも設置できます。

価格は幅180cm、長さ220cmのもので1万円以下と、初めてでも導入しやすいのが特徴です。映像を投影するプロジェクターやスピーカーを購入しても、10万円以下でホームシアターを実現できます。窓にロールスクリーンを設置する場合は、外の光に影響されないよう遮光タイプのものを選びましょう。

ホームシアターの設置で注意すべき防音・遮音の対策

機材をそろえても、まだ理想のホームシアター環境が整ったとはいえません。機材の性能を最大限発揮するためには、防音性や遮音性にもこだわる必要があります。また、防音性や遮音性は、周囲への騒音を抑えるという意味でも重要です。

対策を怠ると、近隣住民との騒音トラブルに発展する可能性もあります。ホームシアターを設置する場合は、必ず防音や遮音対策についても考えておきましょう。こちらでは、ホームセンターを設置する際、あわせて行うべき防音、遮音対策を紹介します。

窓やドアに防音性の高いカーテンを採用する

ホームシアターを設置する部屋の窓やドアには、防音カーテンを取り付けるのがおすすめです。防音カーテンとは、遮音性や吸音性に優れたカーテンで、音が通過しにくい素材で作られています。とくに、映画の音のような中高音域に効果があるといわれているため、ホームシアターには最適です。防音カーテンは、重量のあるものほど糸の密度が高く、防音効果も高い傾向にあります。設置する場合は、普段は選ばない重量のものを選ぶと高い効果が期待できます。

防音シート、防音材を壁面に設置する

本格的な防音工事は、賃貸物件にお住まいの場合、行うのが難しいでしょう。そこで、簡単に防音効果をアップできるのが、防音シートや防音材、吸音材を設置する方法です。壁に防音シートを貼り、その上に吸音材を設置してください。賃貸物件でも手軽に試せます。防音シートは音を跳ね返す効果があるため、そのままだと反響音が大きくなってしまいます。防音材や吸音材を設置することで効果を最大化できます。

スピーカーを床に直置きしない

騒音問題を発生させないためには、スピーカーを床に直接置かないことも大切です。スピーカーから生じる音は、振動をともなって階下へ伝わります。とくに、マンションやアパートにお住まいの場合は注意が必要です。床に直接置かない、置く場合は吸音材の上に設置することを徹底しましょう。

ホームシアターの導入はただの夢ではない

ホームシアターといえば、マイホームをもった人しか設置できず、設置にも費用がかかる「夢の設備」であると感じている方も多いでしょう。ただ、コストを抑えて導入する方法もあり、防音対策を行えば賃貸物件にお住まいでも実現可能です。映画や音楽好きの方は一度検討する価値があるでしょう。また、一戸建て、マンションを問わず設置できます。

◆こちらもおすすめ◆
✔︎一人暮らしの狭い部屋でもホームシアターは作れる!? 機材の選び方や注意点を紹介
✔︎防音リフォームの費用や方法、手軽にできる防音対策について解説
✔︎防音室のリフォーム、かかる費用と防音・遮音機能について紹介。防音工事の際に失敗しないための注意点も

公開日 2020年9月8日
更新日 2020年10月22日

#費用

この記事をシェアする

Share on Twitter ホームシアターの費用相場はいくら?自宅で映像や音楽を楽しむための準備や注意点を解説 ホームシアターの費用相場はいくら?自宅で映像や音楽を楽しむための準備や注意点を解説

LogRenoveをフォローする

関連記事