【お風呂の排水口】つまりを解消、汚れを綺麗に掃除する方法を紹介

【お風呂の排水口】つまりを解消、汚れを綺麗に掃除する方法を紹介

1日の疲れを癒してくれるお風呂は、いつも清潔な状態を保ちたいものです。今回は、お風呂の汚れが気になる場所の一つ、排水口について考えていきます。常時、髪の毛や石鹼カス、皮脂が流れて負担がかかる場所だからこそ、ヌメリが出たり、悪臭が漂ったり、流れが詰まったりなどの繰り返しで、誰もが悩む問題が発生します。そこで、排水口の悩みを解消し、キレイに保つ方法を紹介しましょう。

排水口に溜まる汚れの原因とは?

これほどひどく排水口に汚れが溜まる原因はどこにあるのでしょうか。まず、洗い場で使った石鹸やシャンプーとともに、落とした汚れや髪の毛が排水口に流れます。浴槽からもアカや髪の毛の汚れ、水アカが流れ出し、ここで風呂中の汚れを一気に引き受けます。さらに、掃除をサボったりすれば汚れはどんどん溜まっていき、カビも生えてくるわけです。

髪の毛

1回のシャンプーで何十本も抜ける髪の毛。思ったより髪の毛の抜ける量は多いのです。排水口に溜まった髪の毛にも、どんどん流れてくる汚れがつくことになります。

洗剤・石鹸カス

石鹸で体を洗うと、泡と一緒に石鹸カスが流れます。お風呂場でちょっとした洗濯をしても、使用した洗剤がカスとなって排水口を汚します。

水アカ・皮脂汚れ

白く残る水アカも汚れの一つです。蛇口から出る水やお湯がキレイだと思っていても、汚れているのです。体を洗って落ちる皮脂も当然、ヌルヌルした汚れとなります。

カビ

湿度の高いお風呂場は、カビの生えやすい条件が揃っています。カビ落としをすれば、流れたカビも汚れとなって、排水口に付着していきます。

ホコリやゴミなどの付着物

頭や体に付いたホコリやゴミなどの付着物を、石鹸やシャンプーで落とすと、付着物そのものが汚れとなって排水口に溜まります。

排水口の掃除を怠ると……?

たとえ、排水口の掃除を怠っていないとしても、その都度、しっかり掃除をしておかなければ、お風呂の排水口は汚れやすく、つまりやすくなります。どうしても落ちにくい汚れが積み重なっていくと、掃除に時間がかかり、面倒になるもの。

途中で掃除をあきらめてしまえば、ますます汚れやすく、つまりやすい排水口になっていき、汚れ・つまりのエンドレス状態を生んでしまいます。こうなると、排水口の掃除を怠っているのと同じ状態。ましてや、本当に排水口の掃除を怠っているとすれば、トラブルの起きやすい大変な状態になっているでしょう。

水の流れが悪くなり、つまりやすくなる

明らかに髪の毛や石鹸カスなどを放置し、排水口の掃除を怠っている状態では、水の流れが悪くなり、つまりやすくなるのは目に見えています。

雑菌が繁殖することで発生する悪臭

排水口の掃除を怠り、髪の毛や石鹸カスなどを長期間そのままにしていると、ジメジメした中でカビや雑菌が繁殖しやすくなり、悪臭も発生するという悪循環になります。

排水口の種類と構造の説明

お風呂場からスムーズにお湯や水を排水管に流してくれる、通り道の始まりが排水口です。排水口があるおかげで、お風呂場から流れる髪の毛や石鹸カスなどの汚れが、排水管に直に流れることを防ぎ、つまりにくくなっています。ただし、いくら汚れがつまりにくいといっても、掃除をしなければつまってしまいます。いうまでもなく、排水口の掃除は大事になるでしょう。

そこで、まずは排水口の構造を知ることが重要になります。排水口の掃除をするためには、フタをはじめとするいくつかのパーツを分解し、丁寧に掃除をしていく必要があるからです。今から、掃除をする時に知っておきたい確認事項として、排水口の種類2つと構造を説明していきましょう。

封水筒タイプ

種類の一つは、封水筒タイプです。一番上にフタがあり、次にヘアキャッチャー、封水筒、ゴムパッキンの順番で排水管につながっています。ユニットバスの排水口は、ほとんど封水筒タイプで、時代と共に主流のタイプとなっています。

排水トラップタイプ

もう一つの種類は、排水トラップタイプです。一番上にフタがあり、次に網目がある目皿、受け皿、排水トラップという順番で排水管につながっています。以前に比べて、排水トラップタイプは少なくなってきています。

排水口の掃除グッズと、タイプ別おすすめの掃除術

基本的なことですが、排水口に限らず、掃除に必要なグッズや作業の手順などを、思い込みで揃えていることがあります。もし、基本が間違っていると手間もかかり、作業が進まず、掃除が面倒になってしまいがちです。

これから、排水口にはどんな掃除グッズが向いているのか、どんな手順で作業をすると効率が良いのかを紹介していきましょう。

掃除グッズの紹介

排水口の掃除に必要になるグッズを市販のもので用意するとなると、多くの方が思いつくのは、スポンジ、ゴム手袋、洗剤(カビ取り剤も含む)などでしょう。ただ、何となく使用していると掃除が行き届かないこともあり得ます。意識をして掃除グッズを扱わなければならない点がありますので、もう少し詳しく説明していきます。

何となく使用せず、効率良く掃除術をマスターしていくためには、まず、主に洗剤の特徴を知り、長所を最大限に活かす使い方をしっかり覚えることです。安全に使用し、キレイにしていくためにも、正しく覚えましょう。

他の必須アイテムとして用意しておきたいのは、細かい箇所を洗う時に使える、使い古しの歯ブラシで、あると便利です。あとはマスクやメガネも必要です。塩素系の洗剤を使用する時には、成分が体に付着しないよう、着用がベストでしょう。また、できれば、ワイヤー式パイプクリーナーという長いブラシがあれば、排水口の掃除ついでに排水管までキレイにすることが可能です。

泡タイプの塩素系漂白剤

強い漂白力と殺菌力でカビ取り効果が期待できる塩素系漂白剤。広く使われる泡タイプは液体タイプよりも掃除時間の短縮も可能になる
強い漂白力と殺菌力でカビ取り効果が期待できる塩素系漂白剤。広く使われる泡タイプは液体タイプよりも掃除時間の短縮も可能になる

塩素系漂白剤の主成分は、次亜塩素酸ナトリウムで、強い漂白力と殺菌力がカビ取り効果に威力を発揮します。もちろん、汚れ全般にもおすすめです。特に泡タイプの塩素系漂白剤の特徴は、泡がパーツの形を選ばず密着するため、液体タイプよりも掃除時間の短縮が可能になることです。ぜひ、特徴を活用したいですね。

①排水口のフタ部分を外して、髪の毛やゴミを取る

まずは、排水口のフタ部分を外して、ヘアキャッチャーや目皿に溜まった髪の毛やゴミをティッシュなどで取り除きます。ネットなどをかぶせていると、取り除く時には便利です。ビニール袋を手にして取り除けば、そのまま裏返して捨てられるため、便利で衛生的でもあります。

②取り外せるパーツに泡タイプの塩素系漂白剤をかける

手で取れる汚れを取り除いたら、泡タイプの塩素系漂白剤を排水口にかけていきます。
フタをはじめ、パーツを外してまんべんなくかけるようにしましょう。フタの裏側にもかけると、いっそうキレイになります。

③15~30分放置

汚れを取るには、時間を置くことが大事です。放置時間は15~30分で、汚れの度合いによって違ってきます。泡タイプでは、放置時間が短くても汚れが落とせる特徴がありますから、忙しければ15分程度でも良いでしょう。ただ、1回でしっかり汚れを落としたいのであれば、長めにすることをおすすめします。

④シャワーで洗剤を洗い流す

しっかり放置時間を取ってから、最後はシャワーで洗剤を洗い流します。洗い流しながら、残っている汚れはないかをチェックし、気になれば古い歯ブラシで落とすようにしましょう。

液体タイプの塩素系漂白剤

泡タイプの塩素系漂白剤に対して、液体タイプの塩素系漂白剤もあります。市販の代表的な商品名にパイプユニッシュが挙げられます。髪の毛などの汚れを溶かし、ニオイまで取るような強い効果が期待できる洗剤です。泡タイプに比べると放置時間は長めになりますので、30分ほど置くことがベターですが、その分より効果は期待できるでしょう。

①排水口のフタ部分を外して、髪の毛やゴミを取る

まずは、排水口のフタ部分を外して、ヘアキャッチャーや目皿に溜まった髪の毛やゴミをティッシュなどで取り除きます。ネットなどをかぶせていると、取り除く時には便利です。ビニール袋を手にして取り除けば、そのまま裏返して捨てられるため、便利で衛生的でもあります。

②排水口に液体タイプの塩素系漂白剤を流し込む

手で取れる汚れを取り除いたら、原液で使用するタイプなら、液体タイプの塩素系漂白剤を排水口に流し込みます。薄めて使用できるタイプなら、つけおきもおすすめで、大きめの袋にフタをはじめ、パーツをすべて入れ、約40℃のお湯と液体タイプの塩素系漂白剤を混ぜてつけておき、袋の口を結んでおく方法もあります。取り扱い説明をよく読み、適した方法に従ってください。

③15~30分放置

放置時間は15~30分です。これ以上長く放置すると、かえって排水管のダメージになることもありますので、注意しましょう。つけおきの場合は、つけおき中に古い歯ブラシで汚れをこすっておくことがおすすめで、さらに汚れ落としの効果がアップするでしょう。

④シャワーで洗剤を洗い流す

流し込み、つけおき共、最後はシャワーで洗剤を洗い流します。つけおきの場合は、袋からパーツをすべて出してから洗い流すようにしてください。どちらの場合も洗い流しながら気になる汚れがあれば、古い歯ブラシで落とすようにしましょう。

重曹とクエン酸

排水口の汚れは複数の汚れが混ざりあって溜まっていることが多い。そのため、「重曹」と「クエン酸」という性質の違うものを併用することで効果的に汚れを落とす方法がある
排水口の汚れは複数の汚れが混ざりあって溜まっていることが多い。そのため、「重曹」と「クエン酸」という性質の違うものを併用することで効果的に汚れを落とす方法がある

塩素系漂白剤はよく汚れを落としますが、あの独特なニオイが苦手という方もいるでしょう。小さな子どもがいて取り扱いが不安だから、使いたくないという方もいるでしょう。そういう方に、ぜひ、おすすめしたいのが重曹とクエン酸を使った掃除方法になります。

なぜ2種類を使用するかというと、お風呂の汚れは、複数の汚れが混ざりあって溜まっていることが多く、汚れによるつまりを解消する場合、性質の違う汚れを同時に落とす必要があります。そのため、重曹とクエン酸という性質の違うものを一緒に使うことで、効果的につまりを解消することが可能になるからです。

重曹は弱アルカリ性で、酸性の汚れとなる皮脂や雑菌を落とすことに向いています。逆にクエン酸は酸性で、アルカリ性の汚れとなる石鹸・シャンプーのカスや洗剤、水アカ・湯アカを落とすことに向いています。だから、これらの汚れが同時に流れるお風呂の排水口に、重曹とクエン酸は効果的だというわけです。クエン酸の代用として、酢も使えます。掃除手順として、30分ほど放置したり、細かい部分をスポンジや古い歯ブラシでこすり洗いをしたりする点は、塩素系漂白剤と同じです。

重曹とクエン酸が塩素系漂白剤と違う点は、「無臭」「単独の使用はもちろん、混ぜても安心・安全」「お湯や酢を使用」という点と、塩素系漂白剤が溶かして汚れを取る性質に対し、発泡パワーではがして取るというところにあります。どちらも100均で購入できるため、コスパが良く、リピーターが多いのも納得ですね。下記で掃除手順をご紹介します。

①排水口のフタ部分を外して、髪の毛やゴミを取る

排水口の掃除の基本として、排水口のフタ部分を外して、まず、ヘアキャッチャーや目皿に溜まった髪の毛やゴミをティッシュなどで取り除くことです。ネットなどをかぶせていると、取り除きやすくなります。ビニール袋を手にして取り除けば、そのまま裏返して捨てられるため、便利で衛生的でもあります。

②排水口に重曹を振りかける

順番は重曹から。パーツを外して、各パーツにまんべんなく重曹をそのまま振りかけ、最後に排水口からも重曹を振りかけます。重曹とクエン酸の割合は1:2です。きっちり何gと決めなくても大丈夫ですが、汚れの度合いで分量を決めてください。重曹をそのまま振りかけるのは、重曹の性質を最大限に活かすためです。

③クエン酸水を作る

重曹とクエン酸を混ぜた発泡パワーを利用するため、ぬるま湯にクエン酸を溶かしたクエン酸水を作ります。やり方として、重曹、クエン酸(あるいは酢)、ぬるま湯という順番で振りかける方法もありますが、手軽・時短・まんべんなく行き渡らせるという効率の良さを考えて、今回はぬるま湯にクエン酸を溶かしておく方法の提案です。熱湯ではなく、ぬるま湯にするのは、排水管を傷めないことや火傷を防ぐことにあります。

④クエン酸水をかけて約30分放置

先に振りかけた重曹にクエン酸水をゆっくりかけます。ゆっくりかけるのは、一気に重曹を流してしまわないためです。すると、炭酸が発生して発泡するため、約30分そのまま放置します。発泡パワーで汚れがはがれていきます。

⑤シャワーで泡を洗い流す

シャワーで勢いよく洗い流します。古い歯ブラシで、細かい部分まで汚れをこすり洗いすることがおすすめです。

塩素系の洗剤を取り扱う時の注意点

お風呂の壁やゴムパッキン、排水口などのしつこいカビやヌメリに対し、高い効果を発揮するのが塩素系の洗剤です。お風呂のカビ取り剤として一般に市販され、いつも使用している方も多いでしょう。それほど、強い除菌効果が期待できて人気のある塩素系の洗剤ですが、取り扱う時には主な注意点があります。

・体を保護するための掃除用手袋、マスク、メガネは必須アイテム
・必ず換気をすること
・塩素系の洗剤と酸性系の洗剤は、有害な塩素ガスが発生するため、混ぜないこと

これに関する注意点を見ていきます。守って使用するようにしましょう。

「掃除用手袋」「マスク」「メガネ」を着用しよう

漂白や除菌の効果が高い塩素系の洗剤。強力なパワーと引き換えに、体への負担や危険性も高まります。漂白剤は、独特のツーンする臭いやヌメリが特徴ですが、特に塩素系はその傾向が強まります。

そのため、掃除で塩素系の洗剤を取り扱う時は体を守るためにも「掃除用手袋」「マスク」「メガネ」を着用しましょう。できれば「メガネ」は、ゴーグルタイプをおすすめします。もし、直接肌についてしまったら、皮膚が炎症を起こさないためにもすぐに水洗いをしてください。皮膚が弱い方は、皮膚科への受診をおすすめします。

必ず浴室内の換気扇を回して換気をしよう

事前に、必ず浴室内の換気扇を回して喚起をし、空気を循環させるようにしておきます。長時間の使用や大量の使用は避けましょう。喚起を怠っていると、ニオイが強烈で、粘膜に刺激が来るため、のどや目が痛くなったりします。

目に入らないように注意しよう

目に入らないように、目より上でスプレーをしないようにしましょう。もし、少しの噴霧でも目に入った場合は、失明の恐れもありますから、すぐに流水で15分以上、まばたきをしながら洗ってください。すぐ、眼科医を受診しましょう。

洗剤を併用して使用しないこと

アルカリ性である塩素系の洗剤をよく見ると、「混ぜるな危険!」と表示があります。何と混ぜると危険なのかといえば、酸性の製品が混ざった場合、有害な塩素ガスが発生するため、大変危険だということです。命を落とした事例もあります。あえて混ぜないとしても、容器を併用しただけでも同じことになります。絶対に洗剤を併用して使用しないようにしてください。

【トラブル別】排水口がつまった時と異臭の対処法

排水口がつまるトラブルが発生すると、排水管にお湯や水が流れなくなり、逆流することもあります。流れが悪くなれば、異臭がすることにもつながります。つまりや異臭の原因はいろいろですが、主に髪の毛や水アカ・皮脂に汚れ、石鹸カスやシャンプーの泡などが集まることにあります。

掃除の度にしっかり取り除かないと、些細な取り残しが積もり積もって、排水口をふさいでしまうことになります。詰まる原因によっても対処の方法が若干違いますので、それぞれを見ていきましょう。もちろん、手袋やマスク、メガネなどの準備をしてから掃除を始めます。

髪の毛汚れ

目に見える形で溜まっている主な汚れは、髪の毛です。まず、フタを外し、フタやヘアキャッチャー、目皿に溜まった髪の毛を取り除くことがすぐの対処法です。できれば毎日の入浴後にすることをおすすめします。

掃除の際には、液体パイプクリーナーの使用が最も有力でしょう。主成分の次亜塩素酸ナトリウムがタンパク質を分解する能力に優れているからです。15~30分放置し、古い歯ブラシやスポンジでこすり洗いをしながら、シャワーで流します。

水アカ・皮脂汚れ

キッチンで出る油や食べカスほどではありませんが、目には見えにくい水アカ・皮脂汚れも、石鹸やシャンプーの泡と一緒に流されて、排水口の詰まりや異臭の原因となります。ヘドロと呼ぶほどでないとしても、溜まることには違いありません。

水アカと皮脂汚れは性質が対照的なため、一緒に汚れを除去するなら、重曹+クエン酸(または酢)+お湯がおすすめです。30分ほど放置し、古い歯ブラシやスポンジでこすり洗いをしながら、シャワーで流します。

石鹸・シャンプーカスやホコリやゴミなどの付着物のつまり

石鹸・シャンプーカスやホコリやゴミなどの付着物のつまりを解消したいというのであれば、とりあえず、古い歯ブラシでヘアキャッチャー、目皿の網目をつついて、ティッシュで取ることがすぐの救急処置になります。掃除の時には、重曹をパーツにたっぷり振りかけ、ぬるま湯か酢をかけて15~30分放置し、古い歯ブラシやスポンジでこすり洗いをしながら、シャワーで流します。

発生したニオイを取り除く方法

排水口が臭うということは、相当汚れていることになります。発生したニオイを取り除く方法として、重曹とクエン酸を使用することがおすすめです。フタ、ヘアキャッチャー、目皿に付いた髪の毛などの目に見える汚れを取り除いた後、重曹1、クエン酸2の割合で、まず、重曹を各パーツから排水管にまでまんべんなくたっぷりと振りかけます。

クエン酸をぬるま湯に溶かすか、酢をかけて発泡させ、約30分放置し、古い歯ブラシやスポンジでこすり洗いをしながら、シャワーで流します。それでもまだ臭うようなら、排水トラップの不具合かもしれません。

排水口の掃除頻度を減らしたい、簡単に出来る予防術

すぐに汚れるお風呂の排水口。本当は毎日掃除をして、キレイな状態をキープするのが理想的ですが、「仕事が忙しくてなかなか掃除の時間が取れない」「掃除が苦手」など、掃除を煩わしく思う方にとっては、理想と現実はうまくいかないものでしょう。

何とか排水口の掃除頻度を減らす方法はないのでしょうか。しかも、簡単に済む方法はないのでしょうか。一石二鳥ともいえる願いを叶てくれる、予防術といえるような方法を探っていきます。

排水口カバーネットを取り付ける

排水口のフタの下に、いくらヘアキャッチャーや目皿が付いていたとしても、髪の毛をはじめとするさまざまな汚れをキャッチすることは難しくなります。そこでおすすめするのは、「排水口カバーネットを取り付ける」ことです。ポイっと捨てるだけで済み、ネットの網目も細かいことから、汚れ取りをカバーしてくれる貢献度は大です。100均でも手軽に入手できるため、コスパも抜群です。

ヘアーキャッチャーや目皿に汚れをキャッチするシールを貼る

排水口カバーネットと同じ役割ですが、「ヘアキャッチャーや目皿に汚れをキャッチするシールを貼る」こともおすすめです。不織布などのシールでできているため、取り外しはカバーネットよりもっと簡単ですが、カバーネットよりは目が粗くなります。フタのない排水口やフタを外してもシールが使える状態の、ユニットバスの排水口などがより適しているかもしれません。

ゴミ受けに丸めたアルミホイルを入れておく

掃除の場合、キッチンの排水口でもよく使う方法ですが、お風呂の排水口でも「ゴミ受けに丸めたアルミホイルを入れておく」ことはおすすめです。ゴミ受けの上にアルミホイルを丸めたものを入れておくと、金属イオンの殺菌作用でヌメリやニオイ予防になります。代わりに10円玉数枚を入れても、銅の殺菌作用で同じ予防になります。10円玉は、黒く変色したら替え時です。

こまめに掃除をすることでぬめり汚れなどを予防できる

排水口のつまりや悪臭などの問題が発生してから一気に掃除をするより、普段からこまめに掃除をすることで清潔な状態を保っておくことが大事
排水口のつまりや悪臭などの問題が発生してから一気に掃除をするより、普段からこまめに掃除をすることで清潔な状態を保っておくことが大事

どこの掃除でもいえることですが、一気にまとめてしようとすると、とても大変です。疲労の原因が、準備に手間取ったり、なかなか落ちない汚れに手こずったりなど、結局は時間がかかってしまうことにあるからです。元々、掃除嫌いであれば苦痛かもしれませんが、最終的な解決策は、こまめに掃除をすることに尽きるでしょう。

お風呂の排水口であれば、お風呂上りに毎日、ヘアキャッチャーや目皿の髪の毛を取り除くことを1回しておくだけでも、ヌメリや汚れの度合いは違ってきます。予防につながるということです。習慣づければ、1~2分で済むことですから、後々のことを考えれば、ぜひ、実行することをおすすめします。

深刻な場合は専門業者に掃除依頼してみよう

何をしてもダメな時もあるでしょう。一生懸命、ブラシのパイプクリーナーを使って掃除をしているのに「排水口の流れが悪い」とか、塩素系の洗剤や重曹、クエン酸でも「全然汚れが落ちない」とか……。それなら、深刻な場合は専門業者に掃除依頼してみましょう。問題を見つけてくれ、自分で頑張るより、全体をアッという間にキレイにしてくれます。

公開日 2020年8月1日
更新日 2020年10月22日

#お風呂

LogRenoveをフォローする

リノベ済みおすすめ物件