マイホームを和モダンにリノベーション。場所別のアイデア&ポイントを徹底解説

マイホームを和モダンにリノベーション。場所別のアイデア&ポイントを徹底解説

そもそも「和モダン」とはどんなもの?

和モダンとは、「和(日本的)」+「モダン(近代的)」のことで、最近インテリアのトレンドとなっているスタイル。日本の伝統的な和風デザインと現代風のモダンなデザインそれぞれの特徴を融合させたテイストで、京都のおしゃれな旅館でもよく見ることができます。

理想の和モダン空間に!オンライン個別相談会はこちら

伝統的な和の要素と機能的な現代的な特徴が融合したテイスト

和モダンのスタイルでは、家の外装や内装には瓦や白壁、無垢材、珪藻土などが用いられ、縁側や土間といった伝統的な空間を、現代の暮らしに上手く溶け込ませるものが多く登場しています。畳に座る文化を意識して、背が低めのテーブルやソファ、座布団などを取り入れたり、カーペットやカーテンの代わりに畳や障子、襖などを用いるパターンも。

自然と融合してきた和の伝統的スタイルも取り入れ、自然を連想させるようなアースカラーなどの自然色や天然色などを使ったデザインも多く見られます。和モダンというと、単純な和洋折衷として、洋風リビングにどうやって和室を取り入れるかということを考えがちですが、実は意外に幅広い意味を持っています。

和とモダンのバランス次第でさまざまなテイストを演出できるのも和モダンの特徴。伝統的な和風デザインとモダンなデザイン、どちらを強調するか、あるいはその中間にするかで、雰囲気を自由にコントロールできます。現代風デザインにアレンジされているとはいえ、和の雰囲気を十分に味わえるので、どこか懐かしくぬくもりを感じられ、日本人にとっては馴染みやすいがメリット。

伝統的でありながら古さを感じさせず、むしろ斬新でおしゃれな住空間というイメージです。純和風の家具やデザインを洋風の家に取り入れることは難しく、新しい家はどうしても洋風になりがちでしたが、和モダンの登場によって和テイストのものをうまく取り入れるケースが増えています。

リビングを和モダンにリノベーション

リノベーションで和モダンを取り入れる際に、最初に検討したいのがリビング。家の中でも長い時間を過ごす場所だからこそ、心地よい和のテイストを適度に盛り込むことでほっと落ち着ける空間に仕上げましょう。

カーテンから障子にするだけで、部屋が和風に変わる

ふすまや障子があることで、部屋は一気に和風テイストになります。当然、和風の部屋には合うのですが、反対側が洋室だった場合、昔ながらの障子やふすまでは、部屋の一部分だけ浮いて見えてしまうというデメリットも。

和室と洋室を仕切るときに採用したいのが、和モダンデザインの障子。和室・洋室どちらの空間のイメージも合う和洋折衷デザインが多く登場しています。格子デザインや木目調のパネル、中にはシルバーカラーなどの現代的なデザインも。和室と洋室の空間をやわらかく仕切るのに最適です。

リビングに畳を取り入れて、リラックス空間をつくる

和モダンリビングには、縁のないシンプルな正方形の琉球畳が相性抜群。カラーを組み合わせてデザインを楽しんで
和モダンリビングには、縁のないシンプルな正方形の琉球畳が相性抜群。カラーを組み合わせてデザインを楽しんで

旅館などで畳に座ったり時には寝転んだりして、どこかホッとしたという経験はありませんか。和室はもともと、日本人の生活とは切り離せない存在。家族がくつろぐリビングだからこそ畳を取り入れるのがおすすめです。リビングに畳を取り入れるリノベーションなら和モダンインテリアと相性のいい琉球畳などが人気。

縁(へり)の部分がなくすっきりとしたデザインが特徴で、ソファなど洋風家具を置いても違和感がなく、カジュアルな和室に仕上がります。色もいわゆるオーソドックスな畳に近いイメージの色から、濃いめ・薄めなどさまざまな中から選べ、2色を交互に配置して床をオシャレに演出することも可能です。

段差をつけた、おしゃれな小上がりの畳スペース

リビングの一角に和室を作るリノベーションの場合、和室としてひと部屋を作ってしまうのではなく、「小上がり」スタイルが和モダンインテリアの主流となっています。リビング・ダイニング・キッチンと仕切りのない間取りも多いですが、そこに小上がり畳スペースがあることでほどよいアクセントに。

小上がり畳なら、段差があるぶん、ちょっと腰かけることができますし、「テーブル&チェアのダイニングに座る人と目線を合わせられるのもメリット。段差部分に収納を組み合わせれば床下収納も可能です。

ときにはリラックスタイムにごろんと横になってくつろいだり、小さい子どもが遊べるスペースになったり、冬にはこたつを楽しめたり……。掘りごたつを組み合わせるのもおすすめです。閉めれば独立した空間になるような間仕切りをつけて置けば、来客時にはゲストルームとしても使用できるのでフレキシブルな空間として活躍することでしょう。

「梁」で天井を古民家風に演出

和風の雰囲気を出すのに「梁」はとても有効です。天井に木の梁や柱があることで、古民家風を演出できます。古民家の雰囲気を再現するには、直線的なデザインよりは、伐りだしたままのようなナチュラルな曲線的デザインの方がおすすめ。もともとの木の形を生かした重厚な梁は、懐かしさやくつろぎを与えてくれるはず。

色も味わいのあるダークブラウンを選ぶのがよいでしょう。実際の古民家の梁や柱は、囲炉裏の煙に燻されたりすることで濃いダークブラウンになります。古民家っぽいダークブラウンの梁や柱に白い漆喰の壁などを合わせると、コントラストが洗練された印象の強い和モダンインテリアになります。

むき出しの梁があることで、空間にほどよいアクセントになるだけでなく、天井の空間が広く感じられるというメリットもあります。実際にある古民家カフェのインテリアを参考にしてみるのもいいかもしれません。

「和モダン的リビング」インテリアの選び方

和モダンなインテリアには、明確なルールや定義はなくイメージも幅広いのが特徴ですが、目線を低く、床に近い暮らしを意識するというのはひとつの考え方です。ソファなどを置く際も、背の低い家具を選ぶと、くつろぎを感じられるほか、天井が高く見えて開放的な空間になります。

和モダンスタイルでは、背の低い家具を意識して選ぶことで、現代的なソファ・ベッド等をインテリアに取り入れながらも、寛ぎ感のある床に近い生活を叶えられるということが大きな魅力です。

床や壁は面積が広いので、部屋全体の印象を左右します。床を張り替えるが難しければ、和モダンテイストのラグを敷くと簡単にイメージチェンジできておすすめ。い草や籐素材であれば一気に和風テイストになるでしょう。

家具の色彩統一をすることも大切です。針葉樹であれば杉、ヒノキ、松、広葉樹であればナラやブナなどがおすすめ。雑貨は厳選して飾ることで、生活感を抑えたおしゃれな空間になります。空間に余白を作れば、高級感ある和モダンインテリアになるでしょう。

色を詰め込みすぎると、テイストがぼやけてしまうので要注意

和モダンインテリアにおすすめの色としてダークブラウンとホワイトの配色をご紹介しました。ベースカラーとして取り入れたいのは、畳や漆喰、和紙などの自然素材の色。茶色やベージュ、黒やグリーン系も似合います。

ただし、家具やラグなどの色の数はできれば3色までに抑えること。色を多用してしまうと統一感がなく全体的にぼんやりした印象になってしまいます。アクセントカラーとして取り入れたいのは日本の伝統色である藍色やえんじなど落ち着いた色味。赤茶・濃茶系の色味の木はアジアンスタイルのイメージを与えやすいので避けたほうが無難です。

「和モダン的リビング」照明選びのコツ

和モダンの照明は「低い位置」がコツ。メイン照明プラス、スタンドで和紙などを通した優しい灯りで空間を演出しても◎
和モダンの照明は「低い位置」がコツ。メイン照明プラス、スタンドで和紙などを通した優しい灯りで空間を演出しても◎

照明は和モダンインテリアの中でも取り入れやすいアイテムで、空間演出の要にもなるのでぜひ意識して選びたいところです。照明を利用して部屋をおしゃれに見せるコツは、天井にひとつだけ蛍光灯を設置するのではなく、間接照明をうまく使うこと。そして和モダンインテリアの場合は、照明の高さがポイントになります。低い位置に灯りを設置すると、より和の雰囲気が出すことができます。

ペンダントライトを低めの位置に吊り下げたり、床の低い位置を照らすタイプのフロアランプもおすすめ。間接照明だけで明るさが足りないときは、天井に直接埋め込むダウンライトを採用するといいでしょう。さまざまなタイプの照明を比較して、部屋に合うイメージのものを探してください。

照明器具の素材として選びたいのは木や和紙などのナチュラル素材。明るい和モダンなら白木、落ち着いた雰囲気の和モダンにはダークブラウンを選ぶとイメージ通りの空間に仕上がるでしょう。

キッチンを和モダンにリノベーション

最近では、キッチンを古民家のような和モダンにリフォームするのも人気です。近代的で機能的なだけではない、あたたかな雰囲気になるのが和モダンキッチンの特徴。木を多く取り入れたキッチンがリビングやダイニングとの相性もよく、部屋全体の雰囲気を格上げてしてくれます。

木の素材で統一して、懐かしい古民家カフェをイメージ

和モダンキッチンにリノベーションする際に参考になるのが古民家カフェのイメージ。より和のイメージを強調するには、木のぬくもりを感じられるようなキッチン。無垢材や木目調デザインなどのシステムキッチンもおすすめです。

シンクの素材にも木のもののほか、人工大理石などもありますが、ステンレスのシンクは和モダンとの相性抜群。耐久性がありプロっぽい仕上がりにもなるのでおすすめです。木との相性もとてもいいので、シンクをリノベーションする際はステンレス製のものを採用してはいかがでしょうか。低い位置にペンダントライトを吊るしたり、天井に高さがあればシーリングファンをつけるのもおすすめ。より古民家カフェらしく、ぐっとおしゃれな空間になります。

キッチンの照明は、和紙などを通した優しい光に

和モダンスタイルのキッチンにも、リビングと同様、日本の伝統的素材を使った照明器具を取り入れるのがおすすめ。麻や竹などの自然素材のライトがぐっと雰囲気を和に近づけてくれます。また明るすぎる光よりも柔らかい明かりのほうがあたたかくやさしい空気感に。特に和紙を通した光は優しく照らしてくれるのでおすすめです。

キッチンの和モダンは、小物で魅せるのがコツ

キッチンを和モダンテイストに仕上げるには小物をうまく取り入れるのもポイント。土鍋や鉄鍋など日本の伝統的な調理器具は見た目だけでなく機能的な面でも優れています。土鍋で炊くご飯や鉄器での調理を見直す機会にも。木製のお櫃などもおすすめです。

和テイストの調理器具や食器などの小物を目立つ場所に収納。オープン棚に飾るのもいいでしょう。洋風のフライパンや食器、プラスチック製品は、扉のある収納場所にしまって隠すことで和風の統一感が出ます。

和テイストの花瓶に生けた花や、和柄や和素材の布小物も、簡単に和風のキッチンにできるアイテム。特に手ぬぐいは、速乾性や吸湿性に優れているので、キッチンでは便利に使えます。

和室を和モダンにリノベーション

もともと和室がある間取りなら、和室に手を加えて和モダンにリノベーションしてしまうのが正解。窓や壁などにちょっとした工夫をほどこして、なんとなく暗い印象の和室をモダンに生まれ変わらせましょう。

「障子の撤去」は手軽な和モダンリノベーション

たとえば客間として使われるような和室は日当たりがいい場所に設置されているケースが多いかもしれません。そして、ほとんどの和室には障子があることと思います。この障子の和紙をとおして部屋に差し込む光はとてもやさしく落ち着きがあるのですが、逆に暗い印象にもつながります。

せっかく窓際にある部屋なら、もう少し明るくしたいところ。障子の存在感はとても大きいので、まずは障子を撤去するリノベーションで、和室を大きくイメージチェンジしましょう。障子があったスペースに洋風のカーテンではちぐはぐになってしまうので、ロールスクリーンやすだれなど和の雰囲気をまとったアイテムがおすすめ。

また、和紙のような風合いのプリーツスクリーンも相性抜群。上下に開閉するタイプなら、光をうまくコントロールできるでしょう。サイズを測ってセミオーダーすれば美しくおさまります。

和モダン風「縁側」を作れば、さらに趣のある空間へ

一階の和室から庭へと続く縁側。伝統的な日本家屋にしかないイメージですが、実は現代的な建造物にも多く取り入れられ、モダンなデザインのものも多く登場しています。日当たりのいい屋根付きの縁側の長所は、夏は適度に日差しを遮り、冬はぽかぽかとあたたかい光をとりこむことができるという点。

洋風の要素が強めならウッドデッキスタイル、洗濯もの干しにも便利なサンルームというチョイスもあります。たとえば、低めのソファとローテーブルを置けば、洋風とほどよく融合したまさに和モダンスタイル。家族がくつろげる憩いの場となることでしょう。

和モダンにリノベーションする際の工期・見積もりは?

気になるのは、実際に和モダンにリノベーションする際にどの程度の施工費用がかかるかということ。これまでご紹介してきたように、和モダンへのリノベーションといっても内容も規模もさまざま。たとえば8畳の和室の畳の張替え、クロスの交換など、洋室に合わせてモダンにリノベーションするとして、おおよそ100万円程度~といわれています。

畳や壁にもそれぞれグレードがさまざまありますし、室内の何をどう改装するかで工事費用は変わります。床や天井の構造などによっても、かかる手間や費用には幅があります。リノベーションをする際にはいくつかの業者から見積もりを取ることをおすすめします。

リフォーム・リノベーションにかかる「お金」の基礎知識セミナーをオンラインで開催中!

リフォームする場所や範囲によって工期も値段も幅広い

工期にはゆとりを。リビングなどの生活空間のリノベーションは仮住まいを探す

費用と同様、工間もリノベーションの内容や範囲によって変わってきます。8畳の部屋の例では、床や壁など内装一式を変更するのにかかるのは平均で1~2週間程度と考えておくとよさそうです。和室とリビングを一体化させるなど間取りの変更が必要となる場合は、数か月~半年単位を覚悟しておいたほうがいいでしょう。

特に生活の中心となるリビングやダイニングなどを改修する場合は、マンスリーアパートなど、仮住まいできる場所を探しておく必要があります。

中古物件を購入してフルリフォームするという選択肢も

これまではマンションや戸建ての部分的なリノベーションをご紹介してきましたが、中古物件を購入してまるごとリフォームしてしまうという選択肢もあります。中古物件をフルリフォームするのであれば、間取りの変更や、床・天井・壁の張替えなども、好みのイメージに自由に変更できるのがメリット。

たとえば最近では、築100年近い古民家を購入してフルリフォームするという例もあります。古民家ならではの梁や柱の趣を生かしつつ、LDK部分は現代風にアレンジ。元古民家ならではの重厚な空気感が和モダンに深みを添えてくれるでしょう。

フルリフォームする際に、部屋ひとつひとつのデザインを考えていくのは大変なこと。そんなときは施工会社が用意しているパッケージ型のリノベーションを利用するという方法も。天井や床、建具など、ある程度決められた仕様の中からアイテムを選ぶことができます。

プロがあらかじめ選んだ設備の中から選ぶことでスムーズに安心してイメージ通りの空間づくりを楽しむことができます。古きよき和の魅力に洗練された現代的デザインを取り入れた和モダンインテリア。計算しつくされた空間だからこそ心やすらぐスローライフが叶うかもしれません。

家族全員が笑顔になる住まいに!ファミリーのためのリノベーション講座はこちら

◆こちらもおすすめ◆

和室収納のコツ。和室をすっきりモダンな雰囲気にする収納棚選びと押入れ収納アイデアを実例付きで紹介

和モダンインテリアで部屋をスタイリッシュなくつろぎ空間に――家具・雑貨選びのコツやコーディネート方法を解説

床の間とは?有効活用できるリフォーム方法や和風モダンなリノベを紹介

和室リフォームの費用相場は?畳や壁を張り替えて和モダンな空間にリノベーション

自宅を和風の玄関にリノベーションするには?ドア・照明・アプローチのポイントを解説

公開日 2020年8月2日
更新日 2020年11月30日

販売中のおすすめリノベ物件