リフォームの流れ|契約から施工、引き渡しまで

リフォームの流れ|契約から施工、引き渡しまで

新築ではなく、あえて中古住宅や中古マンションを購入してリフォームを行う方が増えています。高額な費用をかけて行うリフォームは、全体の流れを把握していないと、無用なトラブルが発生する可能性があります。

理想のリフォームを実現するためには、プラン決めから契約、施工、引き渡しまでの一連の流れを把握することが大切です。今回は、一般的なリフォームの流れと、シーンに応じたポイントを解説します。

リフォームの流れ

リフォームの内容は会社の選定やプランに応じて変化しますが、全体の流れは基本的に同じです。

リフォームは完了までの工程が多いため、ステップごとに意識するべきポイントを押さえておくことが重要です。以下では、ステップ別にどんなことを行うのか、何を意識するべきかなどを解説します。

【STEP1】リフォームの目的や希望を整理する

【STEP1】リフォームの目的や希望を整理する

最初にリフォームの目的や希望を整理しましょう。「どの部分をどう変えたいのか」「なぜリフォームをするのか」について明確にしておくと、その後のリフォームがスムーズに進みます。まずは、具体的な予算などは設けずに家族で意見を出し合いましょう。

現状の住まいの問題点を確認する

リフォームの目的や希望を整理する際に重要なのが、現状の住まいの問題点を確認することです。「お風呂が狭い」「すきま風が気になる」など、問題点が明確であれば、リフォームの目的や希望も整理しやすくなります。

また、要望を出し合う際は将来のライフスタイルの変化も考慮しましょう。子どもが増えることや二世帯住宅、バリアフリー化など、あらゆる可能性を見越して計画を立てる必要があります。

具体化するために情報収集する

リフォームのイメージがある程度決まったら、それを具体化するために情報収集を開始します。インテリア雑誌やリフォーム書籍を読んだり、インターネットでリフォーム会社の施工事例を確認したりしてイメージを膨らませましょう。

具体的な設備や部屋の雰囲気を確認する際は、住宅メーカーやリフォーム会社のショールームを訪れるのがおすすめです。情報収集の段階になったら、大まかな予算や期限についても話し合っておきましょう。

【STEP2】リフォーム会社を探す

【STEP2】リフォーム会社を探す

イメージがある程度具体化できたら、リフォーム会社を探しましょう。選択肢としては、専門業者、近隣の工務店、住宅設備会社などがあります。なかには資料請求を行える会社もあるため、少しでも気になったら積極的に資料を取り寄せましょう。

リフォーム会社を探す際、「一度声をかけると断りづらくなるのでは」と考えている方も多いですが、問い合わせから現地調査、見積もりまでは無料の会社がほとんどです。気軽に相談しましょう。

3社以上比較する

資料請求やホームページに記載されている施工事例などを確認したら、見積もりを依頼するリフォーム会社を選定します。ここで重要なのが、最低でも3社以上を比較することです。

得意な工事や提案できるリフォーム内容は会社ごとに異なるため、複数社を比較することで理想のリフォームを実現してくれる会社を選びやすくなります。

リフォーム会社を比較する際に重要なのは、すべての会社に同じ条件を伝えることです。条件が異なるとリフォームの内容や費用も変わるため、正確に各社を比較できません。

また、リフォーム会社の比較は最低3社、多くても5社程度にとどめておきましょう。リフォーム会社に見積もりを依頼する際は、後述する現地調査やヒアリングなどを経る必要があります。あまり多くの会社に依頼してしまうと、打ち合わせに時間がかかるだけでなく、依頼内容にばらつきが生じる可能性もあります。しっかりと比較検討できる3~5社がベストです。

LogRenoveの無垢材リノベーション事例はこちら

【STEP3】現地調査

【STEP3】現地調査

前述の通り、見積もりを依頼する場合は現地調査を行うのが一般的です。概算で見積もりを出してもらうこともできますが、正確な見積もりにするためには、現地調査が欠かせません。

現地調査では、リフォーム会社の担当者が自宅を訪れ、部屋の大きさや設備のサイズなどの採寸を行います。希望する設備や備品が通路の幅や天井の高さによって運び込めない可能性があるためです。その他にも、水回りや給排水管、電源の位置、天井裏の状況確認なども行います。

現地調査が完了した後は、希望するリフォーム内容や設備のすり合わせを行うためにヒアリングを行います。具体的なイメージや要望を伝えられるように、リフォーム事例などを用意しておくのがおすすめです。自宅の図面やマンションの管理規約などが準備できていると、話をよりスムーズに進められます。

【STEP4】プラン・見積もりの検討

【STEP4】プラン・見積もりの検討

現地調査やヒアリングで伝えた要望をもとに、大まかなプランや見積もりを各リフォーム会社に出してもらいます。リフォームの見積もりは、現地調査から1~3週間ほどかかります。職人さんの日程調整や工程などを考慮して作成する必要があり、どうしても時間がかかってしまうためです。

また、建物全体に手を加えるリフォームや増築リフォームとなると、建築確認申請が必要になることもあり、見積もりの作成まで1カ月程度かかることもあります。現地調査の際、担当者にどのくらい時間がかかるか確認しておくと安心です。

リフォームを依頼したにもかかわらず、1カ月以上連絡がない場合は、まずは催促の連絡をしましょう。家に手を加えるリフォームは、安心して任せられる会社を選ぶことが大切です。催促しても見積もりを出してもらえないなど、対応が悪いと感じたら、思い切って別の会社に切り替えるのもひとつの方法です。

【STEP5】契約

【STEP5】契約

リフォーム会社からのプランや見積もりが揃ったら、それぞれを比較検討して1社と契約を行います。各社を比較する際は、プランの内容が要望を叶えるものになっているか、無駄なリフォームが含まれていないか、予算内に収まっているかなどを十分に検討しましょう。

不明な点がある場合は、納得のいくまで説明してもらうことが大切です。また、製品の情報が不足している場合は、ショールームを訪れて使い勝手や色・グレードなどを確認したうえで決定しましょう。

契約内容・見積書を確認する

リフォーム会社を決める際は、提示された見積費用だけで決めないことが大切です。契約内容や担当者の対応の誠実さなどを総合的に考慮して、安心して任せられる会社を選びましょう。とくに確認しておきたいのが、以下の3つのポイントです。

  • 費用の支払い方法や時期
  • トラブルが発生したときの保証
  • 工事終了後のメンテナンスの有無

高額な費用がかかるリフォームは、何度も行えるものではありません。後々トラブルになることなく、理想のリフォームを実現できるよう、契約前に確認しましょう。

【STEP6】詳細打ち合わせ

【STEP6】詳細打ち合わせ

リフォーム会社を決めて契約した後は、より詳細な内容について打ち合わせを行います。使用部材や設備のグレードやカラーなど、実際のリフォーム内容や工程を完成させる作業です。

決めかねている設備がある場合は、担当者に伝えるとメーカーのショールームや住宅展示場などを案内してもらえることがあります。

【STEP7】工事開始

【STEP7】工事開始

リフォーム内容や工程が確定し、着工前の現場確認を終えると、工事が開始されます。

基本的には工務担当者や職人さんに任せることになりますが、施主として予定通りに工事が進んでいるか、指定した材料や機器が使用されているかなど定期的にチェックすることが大切です。事前に担当者に連絡をしておけば、工事中の様子を見学できます。

大規模なリフォームになる場合は、工事開始前に転居や荷物の運び出しが必要になることも。仮住まいの費用や引っ越し費用がかかるため、事前に調べておきましょう。

工事前に近隣住民への挨拶をする

工事前には、近隣住民へ迷惑をかける旨の挨拶をすることが大切です。

リフォーム会社のなかには近隣住民への挨拶もサービスとしているケースがありますが、大掛かりな工事になると騒音やほこりなども生じるため、工事のスケジュールとあわせて挨拶しておきましょう。

【STEP8】工事完了

【STEP8】工事完了

工事が完了しても、リフォームがすべて終了するわけではありません。施工会社の工事責任者と施主が立ち会って施工状態を確認する、竣工検査を行うのが一般的です。仕上がりの状態を目で見るだけでなく、実際に触れて不具合がないか確認します。

リフォームが一度完了した後に不具合が生じた場合、必ず直してもらえるとは限りません。場合によっては追加で費用がかかるケースもあるため、竣工検査の段階でチェックすることが大切です。

不具合がないか確認する

竣工検査で確認すべきポイントを紹介します。

  • 指定した素材、カラー、デザイン、サイズのものが使用されているか
  • 床や壁などに目立つ汚れ、傷がないか
  • 建具がしっかりと取り付けられているか
  • 給水や排水は問題ないか
  • 水漏れはないか
  • 屋根材や外壁材にはがれやひび割れはないか
  • ゴミの処理や掃除がなされているか
  • 設備の保証書や取り扱い説明を受け取ったか

竣工検査で不具合が見つかった場合は、修理計画について担当者と協議を行います。修理の程度が大きい場合は、入居後に作業を行うケースもあるため、タイミングや方法については書面で取り交わしましょう。

【STEP9】引き渡し

竣工検査でとくに不具合がなかった場合は、工事完了確認書に署名捺印をして引き渡しが行われます。工事完了確認書に署名捺印をした段階で「契約通りに工事が完了した」ことになってしまうため、竣工検査が完了してから行いましょう。

また、竣工検査後に不具合が発覚する可能性があるため、担当者の連絡先や工事の保証書、設備の取り扱い説明書などについて改めて確認することも大切です。

初心者向け!中古物件購入+リノベーション講座をオンラインで実施中

◆こちらもおすすめ◆

中古マンションのリフォーム費用相場を部位別・築年数別に解説

和室から洋室にリフォーム。期間や費用相場を紹介

キッチンリフォームは10万円前後で可能なのか? 場所ごとの工事費用相場を解説

トイレリフォームの事例ごとの費用相場――安く抑えるコツや補助金、失敗しないための注意点を解説

お風呂、浴室、ユニットバスのリフォーム費用相場と値段を安く抑えるコツ、注意点を解説

公開日 2020年12月11日
更新日 2021年8月27日

#リフォーム

LogRenoveをフォローする

販売中のおすすめリノベ物件