ローンを払い続けたのに家を追い出された? ホントにあった「共有名義の怖い話」

ローンを払い続けたのに家を追い出された? ホントにあった「共有名義の怖い話」

人生で最も高い買い物と言われる「マイホーム」。共働き夫婦が増えている今、「夫婦でそれぞれが住宅ローンを組み、家の名義は共有名義」というスタイルが一般的になりつつあります。夫ひとりの収入でローンを組むよりも購入予算にゆとりがうまれるし、妻側とすれば自分も権利を持てるほうが何かと安心と人気です。

中には、住宅ローンは夫の名義で組んだけれど、頭金を妻の預貯金から捻出するなどして、「あえて共有名義にした」という人も。しかし、女性から高い支持を得ているこの夫婦共有名義にも、思わぬ落とし穴がありました。

夫の浪費癖にウンザリ! 離婚したいけれど、共有名義のマンションが足かせに

夫の浪費癖に嫌気がさし、離婚を真剣に考えているというカオリさん(仮名・35歳・メーカー勤務)。しかし、今住んでいるマンションは新婚当時、夫が3000万円、カオリさんが1000万円の住宅ローン(35年返済)を組んで購入したもの。まだ住宅ローンの返済が残っています。

カオリさんはコツコツ貯めてきた預貯金をすべて返済にあてれば、自分の分の住宅ローンの返済は可能。一方、カオリさんの夫は貯金ゼロ。それどころか、「金欠なので住宅ローンが払えない。なんとか貸してもらえないか」と、これまでに何度も頼まれてきました。そして、夫は一度もお金を返していません。

カオリさんの希望としては「離婚を機にマンションを処分したい」。住宅ローンも夫との関係も、この機会に精算したいと思っています。しかし、カオリさんの夫は「離婚はしない」「マンションも売らない」の一点張りです。話が平行線のまま、家庭内別居を続けていますが、これっていつになったら解決するの? と戸惑うカオリさん。いっそのこと、マンションを売るのは諦めて、別居だけでもしようかと悩んでいるそうです。

離婚時に夫婦共有でもめるのは日常茶飯事

マンション購入時には想像もしていなかったトラブルに直面してしまったカオリさん。しかし、こうしたもめごとは決して珍しくないそうです。司法書士の西沢優美さんは次のように解説します。

この記事は会員限定です。

会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

新規登録の方はこちら

今すぐ登録

会員の方はこちら

ログイン

公開日 2020年8月4日
更新日 2020年12月28日

LogRenoveをフォローする

リノベ済みおすすめ物件