「新型コロナウイルス×地震・水害」の複合災害がヤバい! よくある防災グッズ・避難グッズのカン違い

「新型コロナウイルス×地震・水害」の複合災害がヤバい! よくある防災グッズ・避難グッズのカン違い

新型コロナウイルスの再燃と、地震や水害など自然災害が重なる「複合災害」が起きると、どうなる!? という不安が高まっています。各自治体では避難所に収容できる人数を減らしたり、災害用テントを導入したり……と、なんとか感染拡大を防ごうと対策をたてていると報じられていますが、いざ災害が起これば、混乱必至! 国内外のさまざまな被災地で救助活動を行ってきた、国際災害レスキューナースであり、『プチプラ防災』の著者である、辻直美さんは「災害や防災に対する勘違いが、助かる・助からないの明暗を分けます」と指摘します。ウィズコロナ時代だからこそ、すみやかに改めたい4つの勘違いをさっそく見ていきましょう!

【カン違い:その1】新型コロナウイルス流行時でも避難所に行くべき

この記事は会員限定です。

会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

新規登録の方はこちら

今すぐ登録

会員の方はこちら

ログイン

公開日 2020年6月19日
更新日 2020年12月25日

#地震, #新型コロナウイルス, #COVID-19

この記事をシェアする

Share on Twitter 「新型コロナウイルス×地震・水害」の複合災害がヤバい! よくある防災グッズ・避難グッズのカン違い 「新型コロナウイルス×地震・水害」の複合災害がヤバい! よくある防災グッズ・避難グッズのカン違い

LogRenoveをフォローする

関連記事