その天井、デッドスペースになってない?天井収納でスペースを有効活用するアイデア

その天井、デッドスペースになってない?天井収納でスペースを有効活用するアイデア

コンパクトな物件にお住まいの方は、収納スペースが足りなくて困った経験があるかもしれません。これから収納スペースを増やすのであれば、デッドスペースになっている天井に注目してみましょう。

ちょっとした空きスペースであっても、便利な収納グッズを使うだけで、意外な収納スペースが生まれます。デッドスペースになりがちな天井を有効活用するメリットとアイデアを紹介します。

収納スペースを天井に作るというアイデア

収納スペースを増やすとき、一般的な方法としてはカラーボックスやチェストなどの家具を購入して収納する……といった方が多いのでは。しかし、これらの収納アイテムを置く場所がないときは、無理矢理詰め込んだりモノを捨てたりして、できる範囲で収納をすることになります。

そんなときは、天井に設置できる収納グッズを使用して、「天井収納」を増やすのがおすすめ。

トイレの天井付近にトイレットペーパーを置くことはよくある例ですが、トイレ以外にも自宅内のさまざまな場所の天井を活用できます。普段注目しないデッドスペースに収納スペースを作って快適な生活にしてみませんか?

この記事は会員限定です。

会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

新規登録の方はこちら

今すぐ登録

会員の方はこちら

ログイン

公開日 2020年10月13日
更新日 2021年1月14日

販売中のおすすめリノベ物件