Tシャツ収納のコツ。きれいでコンパクトなたたみ方から、見やすく取り出しやすい収納方法まで紹介

Tシャツ収納のコツ。きれいでコンパクトなたたみ方から、見やすく取り出しやすい収納方法まで紹介

使い勝手のいいTシャツ。夏はとくに大活躍するので出し入れの頻度も高く、新しく購入する機会も多くなります。他の洋服に比べると枚数が多くなりがちで、「あれ?着たいTシャツが見つからない」「いざ着ようと思ったらシワだらけ」といったことになりがち。

そんな悩みを解消できる、Tシャツのおしゃれで便利な収納方法を紹介します。Tシャツ収納は、コツさえ押さえてしまえば、目当てのTシャツをパリッとした状態ですぐに着られるようになり、結果的に多くのTシャツをしまえるようになります。

収納する前に、Tシャツのたたみ方から

Tシャツのたたみ方のコツをおさえれば、コンパクトに収納できます。Tシャツのたたみ方は人それぞれ違いがあり、きれいにたためないという人も多いでしょう。

少しの工夫とコツで驚くほど簡単かつコンパクトにたためる方法があるので、まずはその方法からお伝えします。収納場所や好みに応じて、次の2パターンから選択してください。

①『立てて収納する』たたみ方

Tシャツを立てて収納することで、どこにどのTシャツを収納したかが分かりやすくなります。さらにTシャツが自立するため、取り出す際に他のシャツをまきこまずに取り出せるというメリットも。引き出しや収納ケースにTシャツを収納する際にぴったりのたたみ方です。

Tシャツを立てて収納する時のたたみ方

①3つ折りにする
Tシャツの裏面を上にして、襟~肩の中央地点を折り目の目安に、左右それぞれ端から内側に折ります。
収納したいTシャツの横幅に応じて折り目を調整してください。

②縦2つ折りに
両裾を肩のところまで持っていき、縦に2つ折りにします。

③さらに縦3つ折りに
さらに縦の1/3を、さらにもう1/3折りたたんで完成です。
収納するケースの高さに合わせて、最後の3つ折り時にTシャツの縦幅を調整してください。

②『丸めて収納する』たたみ方

Tシャツを丸めるたたみ方は、収納しやすいだけでなく持ち運びにも便利。旅行のときにもおすすめのアイデア
Tシャツを丸めるたたみ方は、収納しやすいだけでなく持ち運びにも便利。旅行のときにもおすすめのアイデア

Tシャツをロール状にするたたみ方をマスターすれば、持ち運びに便利なので旅行の際にも便利です。重ねる収納のように、取り出す際に雪崩のようになる心配もなく、収納量のアップも目指せます。

Tシャツを丸めて収納するたたみ方

①裾を5cmほど折り返し、三つ折りに
Tシャツ表を上にして、まずは裾を5cmほど折り返します。そして「重ねて収納」の時と同じように、襟から肩にかけてのライン中央辺り目安に、左右それぞれ端から内側に折って三つ折りにします。

②襟口の方からくるくる巻く
襟口の方から両手で巻いていきます。この時にシワにならないよう手アイロンをかけつつ丸めていきましょう。

③折り返した裾を、ひっくり返して包み込む
1で折り返した裾部分まで到達したら、折り返した裾部分をひっくり返し、まるめた部分を包み込みこんで固定させれば完成です。

次に、Tシャツをしまう場所に合わせたおすすめの収納方法を、引き出し編、棚・クローゼット編、ラック編の3カテゴリーに分けて、実例とともに紹介します。

Tシャツ収納アイデア【引き出し編】

引き出しのTシャツを取り出す際に隣のTシャツまで一緒に抜けてしまった、あるいは隙間があって倒れてしまい、見栄えが悪くなる……という経験もあるでしょう。そんな問題を解消するには、仕切りを使った収納がおすすめです。

仕切りを入れて取り出しやすく

100均やニトリ・IKEA・無印良品ではお手頃価格で購入できて、仕切りとして活用できるアイテムがたくさん販売されています。仕切りを使ったTシャツ収納の実例を見ていきましょう。

100均や無印の収納ケースを仕切り代わりに

100均のプラスチック製のバスケットや仕切りボックス、ニトリの不織布整理ボックスなど、市販品を活用すると取り出しや収納はもちろん、見やすくなるので管理しやすくなります。ブックスタンドも高さのサイズが合えば仕切りとして使えます。

また、男性用・女性用などサイズ違いのTシャツを一緒に収納したい時には、無印良品の「高さが変えられる不織布仕切ケース」を使用すると、洋服や引き出しの高さに合わせてケースの高さを変えられて便利です。

つっぱり棒で引き出しを縦に仕切っても◎

つっぱり棒は、100均で手軽に購入できて、さまざまな収納方法が可能なアイテムです。つっぱり棒を引き出しに入れ、縦に仕切ることでTシャツの横幅に合わせて自在に設置幅を変更できるので、統一感のあるTシャツ収納ができます。

【おすすめ】パスタケースにTシャツを丸めて収納する

コンパクトに丸めて収納をする方法は収納容量アップにおすすめのアイデアですが、積み重ねると下に埋まったTシャツが取りにくいことも。また、長期保存をするとほこりやシワも気になるところです。そんな時には、ダイソーのパスタケースが活躍します。

ケースの中身が外からひと目で分かり、他の丸めたTシャツを崩すことなく取り出せるます。出張や旅行などの際は、ケースごと収納できるのもメリットです。持ち運び中のシワ防止になります。

ジップ付きケースに入れてコンパクトに

よいん。
creamboyさんのインスタグラムより

Tシャツをひと目で分かりやすく、ほこりや湿気から守りながら収納をしたいのであれば、ジップ付き袋に入れるアイデアがおすすめです。1枚ずつたたんで空気を抜くと、圧縮されて省スペースで収納できます。キャンドゥやセリアで購入できる、インデックス付きのジップ付き袋を使えば、着たいTシャツを探す際にもラベルを見れば一目瞭然です。

Tシャツ収納アイデア【クローゼット編】

洋服などがたくさん収納できるクローゼットは、何かと物で溢れがちで、着たいTシャツが見つからないということもあるでしょう。各種ボックス、ハンガー、吊り下げ式ボックスなどを活用し、Tシャツをすっきりキレイに整理収納しましょう。

クローゼットにTシャツを収納するメリット

「Tシャツはたたむ」という概念は一度無くして、 クローゼットでは 「掛ける収納」を。シワや洋服選びの煩わしさからも解消
「Tシャツはたたむ」という概念を捨てて、 クローゼットでは 「掛ける収納」を。シワや洋服選びの煩わしさからも解消

クローゼットはそもそも、洋服収納をメインとしたつくりになっています。Tシャツなど使用頻度の高い洋服もそのままハンガーに掛けておけば、シワになりにくく選ぶのも簡単です。子供でもハンガーをスライドさせるだけで、簡単に洋服選びができます。

クローゼットは奥行きと高さのある作りになっているので、デッドスペースを有効に活用するのがコツ。次に、クローゼットへTシャツをきれいに収納するポイントを紹介します。

Tシャツをハンガーに掛ける時のポイント

まず、使用するハンガーのデザインや色を揃えましょう。すべて同じデザインのハンガーを使用すると統一感が出ます。さらに、Tシャツの色を同じような色に分けて並べると見た目もぐっと良くなり、探す際にも楽になります。

スリムで型崩れしない&ずり落ちないハンガーを選ぶ

幅のスリムなハンガーであれば、より多くのTシャツを収納できます。滑りやすい素材や首元が広いタイプのTシャツには、襟元の伸び防止のため滑り止めがついているハンガーが便利です。100均のハンガーの中にも、滑りにくく肩紐掛けまでついている細めハンガーがあります。

スタイリッシュかつスリムなハンガーをお求めであれば、「型崩れしない」と絶大な人気を誇るドイツ製のMAWAハンガーが人気です。ハンガーを統一することで、よりまとまりのある収納となります。

Tシャツの高さを揃えて、下のスペースを有効活用する

子供用のTシャツなどの着丈が短いTシャツは、高さを揃えて収納することで、下の空いたスペースに収納ケースを設置することができます。クローゼット内のデッドスペースを無駄なく埋めていきましょう。使用する収納ケースは型と色合いを統一すると、スッキリとした見た目に仕上がります。

吊り下げ式の収納ボックスで、狭いスペースに大量収納

収納ケースが置けない場所やハンガー収納もできない場合は、吊り下げ収納ができるアイテムを活用しましょう。特にニトリやIKEAのアイテムが人気です。高さや幅が違うタイプなど種類が豊富なので、クローゼットのサイズやデッドスペースに合うものを選択してください。価格も1000円前後とお手頃です。無印良品では「吊るせる収納・シャツポケット」があります。

Tシャツ収納アイデア【棚・ラック編】

クローゼットに入りきらない場合は、棚やラックにTシャツを収納しましょう。あえて「見せる収納」をすることで、ショップ空間のような雰囲気を演出できます。ここでは、棚やラックにTシャツを収納するおすすめアイデアを紹介します。

棚にカゴを置いて、外側から見てもおしゃれな収納

棚に置いた編みカゴや布カゴのなかにTシャツを収納するのもいいでしょう。見せる収納として、インテリアの一部になります。棚の上に引き出しのようにして並べて置いてもいいですし、床に無造作に置いてもおしゃれです。

カゴにすることで種類別に分別できますし、ボックスごと持って移動させることも可能です。もしカゴの中身が見えてしまうのが気になるようであれば、お気に入りの布をさっとかけておけば解決します。

中にはTシャツを丸めて入れて取り出しも便利に

昨日、家事ヤロウ!!!でやってたTシャツの畳み方〈ミリタリーロール〉軍隊の方々の畳み方だそうです♪早速、旦那のTシャツを丸めてみたよ。タンクトップでも出来た( ゚∀゚)目安は1000円札の幅。とのことでしたが、少し小さめにしてみました♪♪いい感じです(* ´ ▽ ` *)
strawberry.201805 さんのインスタグラムより

先に紹介した丸めるTシャツのたたみ方を参考に収納すると、すっきり収まります。

オープンラックはショップを意識したゆとりのある「見せる収納」を

ショップのようにディスプレイしたい方へおすすめなのがオープンラックを使ったTシャツ収納法です。ハンガーに掛ける収納、たたむ収納、かける収納の全部を取り入れて、ショップのような空間を演出できます。

棚にはたたんだTシャツをディスプレイしてもいいですが、小さなアイテムはボックスを使用して収納できるので使い勝手がアップします。洋服と一緒にバッグや靴などをディスプレイすれば、セレクトショップの一角のようになります。

壁を使った見せる収納もおしゃれ

お気に入りのデザインのTシャツを、壁にバーを取り付けてハンガーで吊るしたり、はしごを使って、Tシャツや小物をディスプレイするという「見せる収納」アイデアもあります。たたむ手間も必要ありませんし、おしゃれな部屋のインテリアにできるのが魅力です。

便利グッズを使用したTシャツ収納テクニック

Tシャツの種類がひと目で分かり、取り出しやすくしまいやすい、さらに型崩れの心配も不要な、Tシャツ収納に活躍するおすすめアイテムをピックアップしました。収納スペースや予算に応じて活用できるものをセレクトしてください。

「TATEMU」は Tシャツ収納専用に開発された人気アイデア商品

立てても重ねても、Tシャツをまるでレコードや本のように高さや横幅を揃えて収納できる「TATEMU」という商品をご存知でしょうか?人気番組「家事ヤロウ」で紹介されたこともあり、今話題の商品です。コレクション感覚で「見せる」収納をしてみたい方にもおすすめです。

横にも縦にも収納可能できる、優れモノ

Tシャツを立てて収納できるケース《TATEMU》夫くんはスーツ着ない仕事なので毎日色んなTシャツ着るんです。引き出しに入れてると着たいTシャツ取り出す時にグッチャグチャにしてしまうので引き出しの中はいつも団子🍡状態😓TATEMUを使って本棚に立てて収納するようになってからは、選びやすいしスッキリしてます!畳むのも慣れたらササッと素早くできるようなったし、何より綺麗に並んだスッキリした状態が嬉しい!Tシャツをケースから取り出すのも引っ張るだけで簡単です☆
bonitalife_styleさんのインスタグラムより

「TATEMU」のすぐれたポイントは、縦・横・重ねるなど、どんな収納も可能ということ。そのため、収納場所に合わせて配置や置き方を変えることができるのでパズル感覚で簡単に美しい収納が叶います。

コクヨのフォルダーを代用して整理できる収納術

コクヨのフォルダーは書類や取り扱い説明書の収納に便利なアイテムですが、中にTシャツを挟んで収納することで、Tシャツが取り出しやすく整理整頓できます。無印良品のポリプロピレンファイルボックス・ワイド活用すると、見せる収納にも役立ちます。

収納トレーでも簡単にたためて、まとめやすくなる

楽天などで販売されている収納専用のトレーを使用すれば、たたんだままのきれいな状態をずっとキープして収納できます。どんどん増えてしまうTシャツの収納に困っている方も多いかと思いますが、今回紹介したアイデアを参考に、キレイで見せたくなるようなTシャツ収納をかなえてください。

◆こちらもおすすめ◆

【洋服のおすすめ収納方法】ケース・ボックスを使ったアイデア術

簡単便利な下着収納アイデアを、場所・アイテム別に解説

【クローゼット収納術大全】上段や押入れもしっかり活用する方法とは?

衣替えはクローゼットの衣類を整理する絶好のタイミング。収納のコツ・おすすめアイテムを徹底紹介

 

公開日 2020年10月1日
更新日 2020年10月22日

#収納

LogRenoveをフォローする

関連記事