【カウンターキッチン】収納アイデアからリフォーム、DIYまで解説

【カウンターキッチン】収納アイデアからリフォーム、DIYまで解説

家事から雑用まで、さまざまな場面で重宝するキッチンカウンター。ただ、便利なスペースだからこそ、ついつい物を置きがちなのがネックです。中には、「カウンターが物置化している…」という方もいらっしゃるかもしれません。一度キッチン周りの収納を見直し、もっと便利でおしゃれなスペースに変身させましょう。今回は、カウンターキッチンに関するさまざまな収納アイデアをご紹介します。今流行のDIYテクニックにも触れるので、ぜひお役立てください。

キッチンカウンターは家事が「見える」スペース。収納も「見せる」収納でレイアウト

カウンターキッチンの収納で大切なのは、「見せる収納」か「隠す収納」かを決めることです。「見せる収納」は、いわゆるディスプレイ収納であり、小物を収納しながらおしゃれな雰囲気を演出できるのが魅力です。一方の「隠す収納」は、カーテンなどでキッチンとリビングをさえぎるため、手軽にすっきりとした印象を与えられます。ここではカウンターキッチンにおける「見せる収納アイデア」を上部・下部・サイドの3点からご紹介します。

カウンターキッチン「上部」の収納アイデア

まずは、カウンターキッチンの上部に関する収納アイデアをみていきます。カウンターに余計な物は置かず、さまざまな収納グッズや小物を活用して「見せる収納」に挑戦しましょう。

細かい物はボックスに収納して置きっぱなし防止

カウンター上は、つい物を置いてしまうスペースのひとつです。気が付いたら、物を長く置いたままになっていることもあります。収納を考える前に、まずはキッチン周りに置く物と、リビングのテーブルや収納棚に置く・入れる物を整理整頓しておきましょう。特に本・観葉植物・小物・食器はついついカウンターに置きがちのため、あらかじめ整理することをおすすめします。

収納の際は、「無印良品」などの雑貨店で手に入る収納ボックスを使いましょう。とりわけ調味料などの小物は、ボックスにまとめて収納するのがおすすめです。頻繁に使う調味料はキッチンキャビネットの収納スペースに、あまり使わないものはボックスにと、使用頻度に合わせて収納場所を変えると良いでしょう。

賃貸物件にもおすすめの壁面収納棚は、取り出しやすいメリットも

近年は、ディアウォールを使った壁面収納も人気です。ディアウォールとは、床と天井に木材を突っ張らせることで柱が作れるアイテムのことです。ラブリコやピラーブラケットなど、同じように壁面収納がつくれるアイテムは多数販売されています。こういったグッズを使えば壁に穴を開けなくても収納棚を設置できます。そのため、アパートやマンションなど、賃貸物件の収納に活用する方が増えています。

ディアウォールをカウンター上から天井にかけて設置すれば、インテリア風の飾り棚が簡単に作れます。床のスペースを取らないため、狭いワンルームアパートやマンションなどでも重宝するでしょう。また、収納した小物が取り出しやすく、使い勝手に優れる点も魅力です。

カウンターキッチン周りの油はね対策は重要ポイント

カウンターキッチンはリビングから丸見え。最も汚れがちなコンロ周りは、100均シートで油はね対策を
カウンターキッチンはリビングから丸見え。最も汚れがちなコンロ周りは、100均シートで油はね対策を

カウンターキッチンは、油はね対策が必須です。コンロ周りにレンジガードを設置しなければ、カウンター側に油が飛び散る恐れがあります。手軽に対策したいなら、100均で手に入る油はね防止シートをコンロ周りにつけておくと良いでしょう。レンジガードは、さまざまなサイズ・形状・デザインの物が販売されています。お部屋の雰囲気に合わせて好みの商品をチョイスしてみてください。

カウンターキッチン「下部」収納アイデア

続いて、カウンターキッチンの下部を使った収納アイデアをみていきます。ポイントは、カウンターキッチンのデッドスペースを活用すること。棚をうまく活用し、「見せる収納」に挑戦してみましょう。

高さ・幅・奥行きに合わせて棚を配置

カウンターキッチンの下部は、デッドスペースになりやすい部分です。カウンター下部の高さ・幅・奥行きに合わせて棚を設置し、スペースを有効活用してみましょう。考えられる収納パターンは、以下の通りです。

1.食器棚として使う
2.本棚として使う
3.小物を収納し、飾り棚として使う

定番は食器の収納ですが、サイズ的に本も収納可能です。リビングに大きな本棚を設置するよりも、カウンターキッチンの下部にコンパクトな本棚をまとめた方が、開放感ある空間になります。

また、小物をディスプレイ収納し、飾り棚として使うこともできます。いずれも“映える”収納物さえ用意できれば、おしゃれなディスプレイ収納に仕上がるでしょう。一方、見せたくない部分は、突っ張り棒と目隠し用のカーテンを組み合わせて隠してしまうのも手です。

カウンターキッチン「サイド」収納アイデア

カウンターキッチンの横面は、意外と見落としがちなデッドスペースです。収納ボックスなどを置くと歩行時の邪魔になってしまうため、カウンターキッチンのサイドを使った壁面収納を検討してみましょう。

例えば、「無印良品」や「IKEA」で販売されている壁掛けを取り付けてみましょう。S字フックを活用すれば、使用頻度の高いタオルやマグカップなどを吊す形で収納できます。ウォールラックの取り付けも有効ですが、物を「置く」よりも「吊るす」方がたくさんのアイテムを収納可能です。

また、サイドのスペースに余裕がある場合は、ダボレールを取り付けて可動式の棚を作るのもおすすめです。棚板の奥行きが狭ければ、移動時の邪魔にもなりにくいでしょう。飾り棚としてディスプレイ用の小物を置くのも楽しそうです。

リビングからキッチンを見せたくないなら、カーテン設置のリフォームを

リビングからキッチンを見せたくない場合、カウンターに目隠し用のカーテンがあると大変便利です。簡単にキッチンとリビングとの間を遮ることができ、生活感も隠せます。ここでは、カーテンを有効活用する「隠す収納」のテクニックをご紹介します。

キッチンが散らかっているときの急な来客には、サッと目隠し

急な来客でもサッと引くだけで目隠しに。散らばりがちなカウンターキッチンにはロールスクリーンを設置
急な来客でもサッと引くだけで目隠しに。散らばりがちなカウンターキッチンにはロールスクリーンを設置

急な来客があると、キッチン周りがゴチャゴチャしていたり、洗い物が溜まっていたりする場合があります。片付ける時間がないときは、カウンターに設置したカーテンやロールスクリーンで隠してしまいましょう。

カーテンの場合、竿や突っ張り棒を利用すれば、吊り下げるだけで設置可能です。簡単にDIYできるため、設置費用も数百~数千円に収まります。最近は100均グッズを活用したDIY収納も人気のため、気軽に挑戦できるでしょう。

「カーテンはチープ過ぎる…」と感じたなら、ロールスクリーンの設置を検討するのがおすすめです。ロールスクリーンとは、専用の紐を使ってロール畳に巻かれた布を上げ下げするカーテンの一種です。一般的なカーテンとは違い、上下に布が移動するため、採光量を調節できるメリットがあります。おしゃれな見た目から、近年人気が高まっているアイテムです。

ロールスクリーンは、突っ張り棒を使えばDIYでも設置可能です。ただ、作業難易度が高いため、慣れない方にはおすすめしません。きれいな仕上がりを求めるなら、プロに設置を依頼するのが無難です。

カウンターキッチンのDIYアイデア

近年、カウンターキッチンのDIY収納が人気を博しています。DIYのメリットは、既製品の収納グッズを購入するよりも、設置費用を安く抑えられること。材料はホームセンターや100円ショップでそろうため、ぜひ挑戦してみてましょう。ここでは、カウンターキッチンにおけるDIY収納アイデアをご紹介します。

カウンターにオリジナルのミニ戸棚を設置

カウンター上にあると便利な、ミニサイズの戸棚。瓶詰めのスパイスを並べたり、おしゃれなマグカップを収納したりと、ミニ戸棚は“見せながら収納できる”のが最大の魅力です。ミニ戸棚はホームセンターや100円ショップで手に入る材料でDIYできます。基本的な材料は以下の通りです。

・木板:5~6枚
・フォトフレーム:2~6枚
・ネジ:固定に必要な数
・蝶番(ちょうつがい):2~6個

※塗装する場合、水性塗料や色付きニスが必要
※サイズによって必要な材料は変動します

まずは、ホームセンターでカットしてもらった木板を仮組みし、棚の形を作ります。2段の棚にする場合は木板が5枚、3段なら6枚必要です。各箇所をネジ止めした後、棚部分にフォトフレームを合わせ、蝶番で固定します。これでフレーム部分が戸棚の扉代わりになります。お好みに合わせて水性塗料や色付きニスで塗装しましょう。

ミニ戸棚はカウンター上に設置できるほか、調味料や小物の収納に重宝します。あまり大きすぎると設置できなかったり、使い勝手が悪くなったりするため、サイズには注意しましょう。

簡単|L字カウンターキッチン作り方

憧れのL字カウンターキッチンも、カラーボックスをリメイクしてDIYできます。基本的な材料は以下の通りです。

・カラーボックス
・フォトフレーム
・ネジ
・蝶番
・高さ調節用の台

※塗装する場合、水性塗料や色付きニスが必要
※サイズによって必要な材料の数は変動します

L字カウンターを簡単にDIYするには、カラーボックスをそのまま流用するのがポイントです。扉部分はフォトフレームを使い、蝶番で固定します。フレーム内におしゃれなガラスを入れると見栄えする仕上がりになるでしょう。また、カラーボックスの背面は、あえて開けておくのがおすすめです。カウンター内にいながら収納物を取り出せるため、使い勝手が良くなるでしょう。

キッチンによっては、カラーボックスをそのまま設置すると高さが不足します。そのため、カラーボックスの下に台を設置し、カウンターと同じ高さになるよう調整してください。本格的なL字カウンターキッチンも、DIYアイデア次第で手軽に作れます。扉付きのカラーボックスをリメイクすれば、より簡単に同様のものが作れるでしょう。

【応用編】狭いワンルームでもキッチンカウンターは作れる

キッチンカウンターを設置するには、それなりのスペースが必要です。そのため、「うちは狭いからカウンターなんて作れない…」とお悩みの方も多いのではないでしょうか?最後にご紹介するのは、限られたスペースでキッチンカウンターを作れる方法です。狭いワンルームでも立派なカウンターを作りたい方は、ぜひお試しください。

カウンター下にそのまま長テーブルを置くだけ

方法は簡単で、リビング側のカウンター下に長テーブルをそのまま設置するだけです。さらに椅子を設置すれば、おしゃれなカフェ風・バー風カウンターの完成です。長テーブルの幅・高さはさまざまなため、キッチンの高さを考慮しつつ選びましょう。

設置したカウンターは、家族と食事を楽しんだり、子ども達が勉強したりと、幅広い用途に使えます。また、リビング側のスペースを確保したい場合は、背もたれなしのスツールを設置しましょう。背もたれのついた椅子よりもコンパクトなため、余計なスペースを取りません。名がテーブルの高さに合わせ、座りやすいものを選びましょう。

公開日 2020年7月31日
更新日 2020年10月22日

#リフォーム, #DIY

この記事をシェアする

Share on Twitter 【カウンターキッチン】収納アイデアからリフォーム、DIYまで解説 【カウンターキッチン】収納アイデアからリフォーム、DIYまで解説

LogRenoveをフォローする

関連記事