収納したいアイテムで考える玄関の収納アイデア。スペースを活用して使いやすい玄関に

収納したいアイテムで考える玄関の収納アイデア。スペースを活用して使いやすい玄関に

玄関は、アイデアや工夫次第でより快適な空間に演出できます。出かけるとき、帰宅したときのことを考えると、玄関にこそ置いておきたいアイテムも多いと思います。この記事では、玄関の収納アイデアの他、基本的なスペースの活用方法や玄関リフォームのポイントを紹介します。

毎日使う玄関をより快適でおしゃれな空間に

家から出るとき、戻ってくるときには必ず玄関をとおります。それだけに、玄関を快適でおしゃれな空間に保っておきたいと考える方は多いのでは。まずは、家の印象を大きく左右する玄関の快適さを保つための基本的なポイントについて紹介します。

玄関の広さに対して最適なサイズの収納やインテリアを選ぶ

収納のサイズは大きいほうが好ましい一方、玄関の広さに対して大きな収納家具を置くと圧迫感が生まれてしまいます。インテリアに関しても、あまり大きいものを置いてしまうと窮屈です。高さ、奥行きともに玄関の広さにあったサイズのものを選びましょう。

主に靴だけを入れておくのであれば、薄型の収納でも問題ありません。そのほかにも収納したいアイテムが多い場合は、壁面収納のように薄型かつ収納力が高いものを導入してみましょう。

玄関に置くものと置かないものをあらかじめ決める

そもそも、玄関に何を置くのかをあらかじめ考えておくのが大切です。置くものが増えるほど、必要な収納のサイズも大きくなってしまいます。出かけるタイミングで何が必要になるのか、あるいは帰宅してきたときに何を置いておきたいのかを中心に、玄関に置くものを考えてみましょう。

置くものと置かないものを曖昧にしていると、いつの間にか玄関にものが増えてしまいます。家の入り口である玄関にものがあふれていると、快適性が損なわれてしまいます。意識せずにものが増えていってしまう問題を防ぐためにも、あらかじめ玄関に置くものと置かないものを決めておきましょう。

間取りに左右されない収納術

家や部屋の間取りによって求められる収納の位置は変わってきます。間取りに応じた玄関の収納術をワンルーム、一戸建てに分けて紹介します。

ワンルーム

一人暮らし用のワンルームでは、玄関からキッチンや部屋が丸見えになってしまうこともあります。来客時に備えて、部屋を隠しておきたいという方も多いでしょう。防犯の観点からも、玄関から部屋が見えないことは重要です。また、部屋から玄関が見えると落ち着かないという方が多いかもしれません。

そのため、玄関にはカーテンなどで目隠しをしておくのがおすすめです。玄関に続く廊下に突っ張り棒などを設置すればカーテンを取り付けることができます。収納棚などもカーテンで隠しておくと、少しすっきりとした印象になります。

カーテンがあると邪魔になる、もしくは重苦しい印象になる場合は、レースのように透け感のある軽い布地を選ぶのがおすすめです。ふんわりとしたカーテンならインテリアの印象を損ねず、出入りの妨げになりにくいでしょう。

一戸建て

一戸建てで意識したいのが、収納と玄関の広さの兼ね合いです。賃貸に対して自由度が高いため、つい大きな収納を設置したくなりますが、「何を」「どれくらい」入れるのかを考え、玄関のスペースを圧迫しないサイズの収納を選びましょう。

また、出かける際や帰宅した際にカウンターとして使えるオープンなスペースが収納にあるととても便利です。例えば、出かける前に荷物を準備してまとめて置いておくと、忘れ物を防ぐことができます。前日までに準備を済ませておくことで、お出かけ前に慌てて必要なものを探すこともなくなるでしょう。

帰宅時には荷物の一時置き場として活躍します。身軽になってから帰宅後の作業に移れるのが魅力です。スーパーマーケットで買い物した食材を床に置いて、玄関の鍵を閉めたり靴を脱いだりするのに抵抗がある方にもおすすめです。

【しまいたいもの別でみる収納術】工夫して収納力をアップさせよう

人や生活スタイルによって玄関に収納したいものは変わってきます。それぞれの使用頻度に応じて、出し入れしやすい定位置を決めるのが基本です。玄関に収納する代表的なものと、それぞれに応じた収納術を紹介します。

【小物】傘・鍵・印鑑

玄関に置いておく代表的なものとして傘が挙げられます。ドアや壁に立てかけておくこともできますが、バランスが悪いためすぐに倒れてしまうことが多いのではないでしょうか。一方で、傘が1本しかない場合は大きな傘立てを置きたくないと思う方も多いでしょう。そうした場合は、壁にフックなどを取り付け、吊り下げておくのがおすすめです。

また、鍵や郵送物受け取りのための印鑑を玄関に置いておけば、必要なときにすぐに取り出せます。こうした小物を収納するためには、サイズに応じたかごやバスケットを使用すると便利です。玄関の壁や扉にとりつけて、鍵や印鑑を収納しましょう。

扉が金属製の場合は、マグネット式のかごも取り付けられます。より省スペースにこだわる方は、鍵や印鑑に直接マグネットを取り付けて、扉に貼り付けておくのがおすすめです。玄関扉についている郵便受けを収納として使用する方もいますが、防犯上は少々問題があります。大事なものを入れておくのは避けたほうが無難です。

【靴】ヒール、長靴

【靴】ヒール、長靴
mk_040308さんのインスタグラムより

ハイヒールや長靴など、一般的なものよりも高さがある靴は、収納場所に困ってしまうことも少なくありません。玄関に下駄箱がついていても、大きさによっては収まりきらないこともあります。そんな時はラックやカラーボックスを使って、専用の収納スペースを作ってみましょう。

床にスペースが作れない場合は、突っ張り棒などを利用すると天井近くの空間を有効活用することができます。玄関の扉の上に余裕があれば突っ張り棒で棚を設置し、靴置き場にしてみましょう。

【服】コート、上着、手袋、服、帽子

コート、上着やその他の服などを玄関に収納しておきたいという人もいるでしょう。手袋や帽子などはもちろん、バイクや自転車に乗る方であればヘルメットを玄関に収納しておくことも。

ハンガーラックやコの字ラックを使用すると、簡易的なクローゼットを作ることができます。来客時には人目に触れるため、「見せる収納」を意識して作りましょう。ただ、大きめの収納をつくると、玄関のスペースが圧迫されて見えてしまいます。できるだけすっきりとした玄関に見せたい場合は、スマートなハンガーラックを活用しましょう。

【鞄】バッグ、ランドセル

複数のバッグを玄関に収納しておいて、出かける際の気分で選びたいという声も少なくありません。お子さんがいる家庭では、ランドセルを玄関先に置きたいというケースも多いようです。

ほとんどのバッグには肩掛けやベルトがあるため、フックを利用して掛けておくことができます。スペースをとらないポールハンガーラックやハンギングウォール、ウォールラックなどを活用し、バッグを掛けておきましょう。

【掃除用品】ほうきやモップ

ほうきやモップなど長物の掃除用品を玄関に置いておくと、必要なときにすぐ使えて便利です。立てかけておくこともできますが、掃除用品向けの収納庫を設置すると、外から見えずにすっきりします。玄関の隙間スペースを利用できるように、スリムなタイプの収納庫が好ましいでしょう。

【スポーツ用品】野球道具、ボール、スキー用品

【スポーツ用品】野球道具、ボール、スキー用品
yuko1009さんのインスタグラムより

日常的にスポーツをする方であれば、スポーツ用品を玄関に置いておくこともあります。例えば、お子さんが野球部に入っている場合はバットやボールなどを玄関に置いておければ便利ですが、意外と収納には困るものです。

そんなときは、壁に取り付けるバット用のハンガーを活用しましょう。もしくは、野球道具をまとめて収納できる専用のラックをDIYする方もいるようです。必要に応じて収納スペースを拡張しましょう。

また、冬のシーズンにはスキー用品を玄関に置いておきたいというニーズもあります。スキー用品向けの収納器具も選択肢が豊富です。スキー板は縦置きできるスタンドであれば場所をとりません。あまり大がかりではないものが欲しい場合は、こちらも自作する方が多いようです。

【少しの隙間も有効活用】玄関のスペースの活かし方

玄関のスペースは限られています。必要なものを無理なく収納するためには、ちょっとした隙間も有効活用することが大切です。玄関のスペースを適切に活かせれば、帰宅時の圧迫感もなくなるでしょう。以下では、玄関のスペースの活かし方の例を紹介します。

スペース自体をあけておく

お子さんがいる家庭の場合、ベビーカーやストライダーを玄関に置くのが一般的です。ほかにも、自転車や趣味の道具などを玄関に置く方は少なくありません。

一方で、置くものが多すぎる場合は、そもそも有効活用するためのスペースがなくなってしまいます。現実的に、玄関を物置のような収納スペースとして利用することは困難です。家の中に収納スペースを作れる場合はそちらに、屋外に置いても問題ないものに関しては屋外に移動するなどして、玄関のスペース自体をなるべくあけておくように意識しましょう。

鏡を置いて空間を広く見せる

姿見を置くと空間を広く見せることができ、装いのチェックもできる

「収納には不自由していないが、玄関に圧迫感がある」という場合は、あえて鏡を置いてみてはいかがでしょうか。鏡の映り込みにより玄関の空間を広く演出することができます。

壁掛けの姿見であれば玄関を広く見せる効果だけでなく、お出かけ前の装いも確認できてとても便利です。姿見を設置する場合は、玄関のインテリアと馴染みの良いものをチョイスしましょう。

外に置ける収納を活用する

住宅によっては玄関以外にも収納スペースを確保することができます。例えば、ベランダやエントランスなどが代表的です。雨風や防犯に注意する必要はありますが、玄関のスペースを少しでもあけたい場合は、こうした外に置ける収納を活用してみましょう。

ほうきやちりとりなどの掃除用品はベランダに保管している方も多いです。また、防災リュックのように緊急時に持って出る必要のあるものは、玄関ではなく寝室の枕元に置いておくのがおすすめです。

翌朝にゴミを出すため、玄関に一時保管することもありますが、ニオイや見た目が気になります。ベランダやエントランスにスペースがあれば、ゴミの一時保管ができるボックスを置き、そちらに入れておきましょう。

収納椅子なら身支度も楽々

おすすめしたい玄関インテリアのひとつが収納椅子です。収納ボックスがベンチのように座れる構造になっていて、出かける前の身支度が楽になります。収納として使える一方、座る場所も確保できる一石二鳥のアイテムです。

収納椅子は大型のものから小型のものまでさまざまなタイプが販売されています。小物を中心に収納したい方は、引き出しが付いているタイプのものが便利です。鍵や印鑑など、小さなものを収納しておけます。

玄関のリフォームは可能?後付けできる?

玄関に十分な収納場所がない場合は、リフォームで後付けすることも可能です。リフォームというと持ち家のことだけに思われがちですが、賃貸でも工夫次第で収納を増やすことはできます。多くの方が、アイデアを駆使したDIYなどでスペースを有効活用しているようです。

以下では、収納を増やすためのリフォームのアイデアを賃貸、持ち家に分けて紹介します。現状の玄関の収納にを変えたいとお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

賃貸の場合

賃貸の場合は狭い玄関をいかに有効活用するか、広く感じさせるかが大切です。多くの方は、DIYした収納家具などを設置して、収納スペースを増やしています。例えば、壁に固定するタイプの家具であれば、床の面積を占有しないため便利です。使いたいときだけ出せる可動式の収納やカウンターなどもおすすめ。床にアレンジを加えたい場合は、クッションフロアを敷いてみましょう。デザインによっては玄関を広く見せることもできるほか、玄関のイメージチェンジにもなります。

持ち家の場合

持ち家であれば業者にリフォーム工事を依頼することができるため、収納の選択肢の幅は広がります。ドア付きの収納や大型の下駄箱・靴箱を追加するリフォームが多いようです。その他、玄関までの廊下を収納棚にするリフォームや下駄箱の横に簡易的なクローゼットを作るリフォームなど、アイデア次第で大規模なリフォームも実現できます。出かけるタイミングや帰宅したタイミングを具体的にイメージしながら、必要なリフォームを検討しましょう。リフォーム業者にイメージを伝えれば、現実的な工事プランと費用が提示されるはずです。

◆こちらもおすすめ◆

玄関のリフォーム・リノベーションの費用相場は?事例も紹介

下駄箱のリフォームにかかる費用相場はいくら?事例とともにポイントを解説

上がり框(あがりかまち)とは?リフォームで玄関の使い勝手を向上させる方法

スリッパ収納を100均、DIYで簡単に。玄関先からおしゃれに見せる、おすすめ収納方法を紹介

公開日 2020年8月24日
更新日 2020年10月22日

#玄関, #収納, #室内

LogRenoveをフォローする

販売中のおすすめリノベ物件