【洋服のおすすめ収納方法】ケース・ボックスを使ったアイデア術

【洋服のおすすめ収納方法】ケース・ボックスを使ったアイデア術

「洋服の整理整頓したいけど、なかなかうまくいかない…」とお悩みの方も少なくないと思います。Tシャツを着たくて引き出しを開けても、どこにあるのかよくわからない。いくつか服を取り出してようやく目当ての服を見つける、なんてこともあるのではないでしょうか?

そんなお悩みを抱える方に向けて、今回の記事では洋服の収納方法について紹介しています。洋服のたたみ方のコツから収納スペースについて、収納スペースが足りない方にも向けて収納スペースの作り方についても紹介しています。100円均で手に入る手頃で使えるおすすめの収納アイテムについても記載しているので、ぜひ参考にしてください。

洋服はたたみ方1つで見た目が変わる

洋服を収納するのにも、たたみ方は大切な要素のひとつだといえるでしょう。キレイにたたまれた洋服と、適当にたたまれた洋服を比べると、キレイにたたまれた洋服のほうがすっきりと収納されてどこになにがあるか見やすくなるだけでなく、引き出しを開けたときの気分も良くなります。

「でも…洋服っていろいろな種類があるから、どれをどうやってたためばいいの…?」とお悩みの方もいるでしょう。洋服の収納だけでも実はかなりのスペースが取られるので、できるものなら小さく見やすくまとめたい、とも思うもの。では、これからソックス・ボトムスの服の種類ごとにコンパクトにたたむのに大切なポイントについて紹介します。形崩れないようなたたみ方のコツも詳しく記載しています。

トップス・ボトムスをコンパクトにたたむコツ

トップス・ボトムスに共通するコンパクトにたたむコツは、「収納場所と洋服の幅が合うようにすること」「縦にしてたたむこと」です。たとえば引き出しにしまうときは、幅を見てちょうどいいくらいに幅を合わせるようにしましょう。

そして並べるときは。できれば同じ種類の洋服を、同じ幅にして揃えて並べるようにするのがおすすめです。同じ列で並べる洋服は同じような幅にすることで、収納スペースのムダな空間をなくし、つめることができます。そしてさらに、ひと目ですっきりした印象を与えられるのも嬉しいポイントです。

次に「縦にしてたたむこと」です。これを行うことでコンパクトにたたみ、なおかつ収納した洋服を取り出しやすくなります。縦にして並べえることにより、引き出しや収納ボックスから取り出すときに、全体を眺めることができます。

どこにどの服があるか、ひと目でわかれば、着たい服をすぐに取り出せるので便利です。これらを念頭において、トップス・ボトムスをたたみましょう。では次に、細かい服ごとのたたみ方を紹介していきます。

Tシャツ、パーカー、ニット類をキレイにたたむポイント

ではトップスのTシャツ・パーカー・ニット類をキレイにたたむポイントを紹介します。
どの洋服でもそうですが、たたむポイントで大切なことは、完成した形をイメージすることです。収納スペースに収まる形をイメージをしてからたたみましょう。

Tシャツをキレイにたたむためには、まずは縫い目を揃えることが大切です。次は、襟首にあわせて左右を内側に折り込んでいきましょう。そして縦に2つ、3つ折ったら、基本形の完成です。引き出しの高さにぴったり合う形で、縦にたたんでいきましょう。

フードがあるので、「ちょっとだけたたみにくい」と思われがちのパーカーですが、基本的なたたみ方はTシャツと変わりません。少し違う部分で言えば、パーカーの場合は服の厚みがあるので、Tシャツと違い縦に2つ折りにすると形がキレイになることが多いでしょう。縦に折ったあとは、フードの形を整え、そのまま裏側に回せばキレイにたためます。

最後に紹介するニットは形崩れがしやすいアイテムです。こちらのたたみ方もTシャツ・パーカーとほぼ同じです。長い袖の場合だと左右の袖同士が重ならないようにたたむとよりコンパクトにできるでしょう。収納する場所をイメージして、完成型を理解しながらキレイにたたんでいきましょう。

ズボン、パンツをたたむときの工夫

ズボン・パンツのたたみかたも大切なことはトップスと変わりません。収納場所にぴったりと収納できるように考えてたたみましょう。だいたいのズボンは3、4つ折りにすると引き出しにちょうどいいサイズになり、ショートパンツであれば2つ折りだとちょうどいいと言われています。

もちろんズボン・パンツの大きさや厚みによって変わるので、収納場所に合わせて調整しましょう。引き出しを開けたときに、ひと目でわかるような収納をイメージしてたたむことをおすすめします。

クローゼットのスペースと収納ケースのサイズを測る

収納ケースのデザインだけでなく、大きさも確認しないと失敗してしまうので注意が必要
収納ケースのデザインだけでなく、大きさも確認しないと失敗してしまうので注意が必要

洋服をしまう場所といえば、クローゼットというご家庭が多いと思います。そんなクローゼットを活用してさらに収納を便利・キレイにしたいと考えている人もいるでしょう。収納ケースやラックを入れれば、整理整頓されキレイな洋服の収納スペースになることも。

収納ケースやラックを購入する前に。忘れちゃいけないのが、スペースと収納のアイテムのサイズを測ることです。「ケースのデザインがかわいいから買ったけど、入らない…」なんてことが起きてしまいます。

サイズを調べるのであれば、最初にクローゼットから測ることをおすすめします。しかし。単純に「端から端まで隅々調べる」ような測り方をすると、失敗してしまうかもしれません。

では失敗しないために、壁の大きさを測るポイントを記載します。大切なことは「クローゼットの扉を開けたときの入り口の幅」「奥行きはクローゼットの扉の内側までの長さで調べること」です。

「クローゼットの扉を開けたときの入り口の幅」を調べる理由は、収納アイテムをいれるときにクローゼットの広さだけで選んでしまうと、商品が入らないことがあるからです。クローゼットの扉は厚みがあるので、その分幅が狭くなります。必ずクローゼットの扉を開けて、幅を調べるようにしましょう。

「奥行きはクローゼットの扉の内側までの長さで調べること」は、もし扉の外側まで測ったら、収納アイテムが飛び出してしまい扉を閉めることができなくなるからです。奥行きは内側まで測るようにしましょう。

収納ケースにはさまざまなタイプがありますが、大切なのがもちろん自宅のクローゼットに入ることです。商品に記載されているサイズを確認して、入るかどうか考えて購入しましょう。

メタルラックと組み合わせて引き出し収納へ

jk___decorさんのインスタグラムより

収納ケースとメタルラックを組み合わせることで、ケースを引き出しのようにつかうことができます。この方法で収納する1番のメリットは、ムダなスペースを減らせることです。収納ケースをそのまま置くだけだと、何個重ねてもどうしてもクローゼット内の上部にデッドスペースが生まれることもあります。

そして床の方にケースが集中するので、洋服を取り出すのもしゃがまないといけないので、苦労することも。メタルラックを使うことで、自分に合わせた高さに収納ボックスを置くことができ、引き出しのようにスッと洋服を取り出せます。

ちなみにメタルラックとは、その名前の通りに金属でできた棚です。見た目がシンプルでスタイリッシュなモノが多いため、おしゃれな収納をしたいと考える人向きのアイテムでもあります。

ハンガーポールとカゴを使った”見せる収納”

クローゼットにある服が一目瞭然でわかる方法といえば、ハンガーポール とカゴを利用した収納もおすすめです。クローゼットとハンガーポール を組み合わせることで、ハンガーを掛ける収納ができます。

下の部分はデッドスペースになりがちですが、ここにセンスの良いデザインのカゴをおくことで、おしゃれな雰囲気にできます。コートやジャケットだけでなく、たたむとシワのつきやすいYシャツなどもかける収納ができるのでおすすめです。

また洋服だけでなく、S字フックを活用することでリュック・シューズなども掛けられます。洋服をかけるときは服の種類ごとにわけることで、統一感のある空間をつくりだせます。Tシャツ・靴下などはカゴに仕舞っていきましょう。

洋服を衣装ケースに入れてキレイに並べるコツ

いざ衣装ケースに洋服をキレイに入れようとしても、なかなかうまくいかないことも。その問題はちょっとした収納のコツを押さえれば解決しますよ。大切なのは「ケースのサイズに合わせてたたみ、服を入れる方向を統一させること」です。入れる方向を揃えることで、すっきりとした印象を与えます。

また肌着のようにやわらかい素材のモノは、たたんでも崩れやすくなるので、小さくコンパクトにまとめましょう。服の色ごとに合わせるのもおすすめです。グレー・青・赤など服ごとに色分けされていると、それだけで一目でキレイな印象を与えます。

スタンドを活用すれば便利な縦置き収納へ早変わり

a.ayako0205さんのインスタグラムより

これまでずっと「縦にしまうこと」が収納のコツだとお伝えしていますが、大きい収納ケースだとケースの側面ではしっかりたっているのに、中央部分だと洋服がいびつな形になることもあります。その場合、見た目が悪くなるだけではなく、洋服を取り出しにくくなってしまいます。

そんなときに便利なのが、スタンドです。収納ケースのちょうどいい具合の場所に、スタンドを入れることで、洋服を立てたまま収納することができます。おすすめのスタンドを入れる場所は、洋服の種類の境目です。スタンドに洋服の種類の名前を書き入れれば、上からみたときに、どこにどの洋服が入っているかひと目でわかるようになるでしょう。

新しい収納スペースをDIYで作り出す

ぴったりサイズの収納スペースを作るために、DIYでおすすめの収納方法を紹介します
ぴったりサイズの収納スペースを作るために、DIYでおすすめの収納方法を紹介します

「収納スペースが足りない…」「そもそも家にクローゼットもタンスもない」という方におすすめなのがDIYで収納空間をつくることです。リビング・寝室など、自分が服を起きたいと思っている場所に収納スペースをつくれるので、うまくいけば使い勝手のいいモノになるでしょう。

自分たちの好みで棚をつくれるのでデザインにこだわりを利かせたり、「お下がり」をあげたりもらうことが多いお子さまの洋服をまとめて収納できるスペースをつくることができます。

見やすく、取り出しやすくする収納方法

部屋に服を収納するための棚をつくり出すことで、なにがあるかわかりやすくなるだけでなく、部屋をおしゃれな雰囲気に変えてくれます。たとえばリビングや寝室に棚をつくることで、洋服をインテリアのように飾ることができるので、ファッションを愛している方にはぴったりの収納方法でしょう。棚に洋服を平積みにすることで、お店のような雰囲気にしてくれます。部屋の雰囲気に合わせた棚をつくり上げて、洋服の収納をしてみてはいかがでしょうか。

子供服をまとめて取り出しやすい位置に収納する

akyatannnさんのインスタグラムより

お下がりをもらったりあげたりすることの多い子供服は、クローゼットに溢れてしまうことも。お子さまの成長に合わせて洋服がどんどん増えていくので、収納に悩むご家族も少なくないでしょう。そんなときは、箱を利用して、お子さまの洋服のサイズ毎にまとめて収納することをおすすめします。

いつも使っている服を入れた箱は取りやすい場所に置き、誰かにあげるかもしれない子供服や赤ちゃんの服などは奥の方にしまっておきましょう。子供服といってすべてまとめずに必要なモノをわけることで、洋服を取り出す手間がすこし楽になるはず。

100均のグッズで収納アイテムを購入

ここまで収納について紹介をしてきました。「キレイに収納したいけど、収納アイテムってどこで売っているの?」と思いの方、もちろんインテリアショップにもたくさん扱っていますが、おすすめは100均の収納グッズです。

100均にはさまざまな収納グッズがあるのはご存知でしたか?つっぱり棒・箱・棚板などなど、部屋や収納場所に合わせて活用できるアイテムが揃っています。プラスチックや木材のような素材のグッズもあるので、工夫次第で部屋のインテリアに統一感を持たせることができます。

押入れ収納なら箱、つっぱり棒が便利

mio.kajiさんのインスタグラムより

なんといっても押入れ収納で便利なのが箱・つっぱり棒です。100均の箱は大きさ・デザイン・素材などさまざまな種類のモノが揃えられてるので、自分の好みや部屋の収納場所のサイズに合わせて選べます。またつっぱり棒を活用するだけでハンガーで掛ける収納ができるので、シワのつきやすいシャツもそのまま仕舞えます。

フックをかければベルトやリュックなども押し入れに収納できるのも嬉しいポイント。しかし、つっぱり棒のすごいところは、それだけではありません。たとえば箱だけを押し入れにしまうのでしたら、タンスの上部にデッドスペースが生まれることも。

そこでつっぱり棒を2、3本平行に並べて入れると、簡易的な棚が簡単にできます。この箱とつっぱり棒を組み合わせるとムダなスペースを無くし、より多くのモノを収納できるわけです。

棚板を使えば湿気も気にせず置ける

収納に大切なグッズとして、棚板を活用した「すのこ」作成をおすすめします。この「すのこ」はタンスの湿気対策の力強い味方になるでしょう。水分は下の方に溜まりやすく、タンスの下の段に洋服を収納するとカビが生えてしまうことも。

「すのこ」をタンスの一番下に置くことで風通しがよくなり、湿気が溜まりにくくなるため、カビの予防で置いている人も少なくありません。100均ではすのこが販売されているところもありますが、もしなければ棚板をDIYして「すのこ」をつくってみましょう。

カラーボックスの収納はお店のようなおしゃれな雰囲気に

おしゃれな収納をしたいと考えている人におすすめなのが、カラーボックスでを活用した収納です。カラーボックスはさまざまな素材・カラーバリュエーションがあり、自分の好みに合わせたり部屋とのコーディネートを楽しむことができますよ。

木目調のモノであればナチュラルな雰囲気、ピンクであればカラーボックスがあるだけで部屋のアクセントにもなります。100均の箱・カゴなどのグッズと合わせて、さらに収納を楽しんでいきましょう。

靴下や季節ごとの洋服は収納袋に入れると収納時に役立つ

靴下やシーズンオフの洋服は、収納袋に入れてしまいましょう。散らばりやすい靴下を袋にまとめていれることで整理整頓が簡単にでき、取り出しやすくなります。100均では小さいサイズの収納袋も揃えられているので、収納ケース・ボックスにも入れることができます。

また普通の収納袋の他にも、セーター・トレーナーに合わせた収納袋を販売している100均もあり、衣類に合わせた収納ができます。用途に合わせて収納袋はつかえるので、一家にひとつは欲しいグッズです。

◆こちらもおすすめ◆

簡単便利な下着収納アイデアを、場所・アイテム別に解説

公開日 2020年8月14日
更新日 2020年12月10日

#DIY

LogRenoveをフォローする

関連記事