【場所別】冷蔵庫を広々使える収納術|簡単なのにおしゃれに見えるコツとは?

【場所別】冷蔵庫を広々使える収納術|簡単なのにおしゃれに見えるコツとは?

「冷蔵庫がすぐいっぱいになってしまう」「使いかけの調味料の存在を忘れて、何度も新しいのを買ってしまう」など、冷蔵庫の収納に悩む方は多いもの。毎日次々と食品を収納する冷蔵庫は管理が大変と思いがちですが、ちょっとしたコツで簡単に、そしておしゃれに見やすい収納ができます。「整理整頓が苦手!」という方でもすぐにはじめられる、簡単でおしゃれな冷蔵庫の収納術をご紹介します。

①「野菜室」の収納アイディア

買ってきた野菜などを「ポイッ」と放り込んでしまう野菜室は、気を抜くとすぐごちゃごちゃになりがち。形や大きさがバラバラな野菜を収納する場所だからこそ、収納しやすい仕組みを作っておくことで使いやすくなります。

野菜は紙袋に入れる

大きさも形もバラバラな野菜は、冷蔵庫の中でも一番かさばるもの。そんな野菜は紙袋を使って簡単に仕切り、野菜室を分類することで収納力がアップします。野菜を収納するコツは、なるべく「立てて」保存すること。

たとえばカフェの紙袋を使うと見た目もおしゃれになりますし、仕切りがあることで立てる収納もできます。また、汚れたら気軽に交換もできるのもメリット。おしゃれに見せるコツは紙袋の種類を揃えることです。紙袋の数が足りないときは、ホームセンターや100均で揃えるのもおすすめです。

プラスチック製のものより安いので、汚れたらいつでも気軽に交換できます。また、カットした野菜や傷んだ野菜は汁気があって野菜室を汚してしまうことがあります。しかし、紙袋ならある程度水分を吸収してくれるので、野菜室があまり汚れないというメリットもあります。

大きいボトル調味料も野菜室にスッキリ収納

よく使う調味料は、1L程度の大容量タイプを購入しているという方も多いのではないでしょうか。一般的なサイズのソースやケチャップといった調味料は、冷蔵庫のドアポケットに収納したほうが使いやすいですが、詰め替え向けの大きいボトルは引き出しの深い野菜室を使うのがおすすめです。

「調味料は全て常温で置いている」という方も多いですが、実は調味料はその種類によって冷蔵庫で保存したほうがいいものもありますので、必要に応じて野菜室に入れてください。例えばお醤油は開封すると酸化が進みやすくなるので冷蔵庫保存がおすすめですし、めんつゆも開封後は要冷蔵としているものがほとんどです。

また「アルコールを含でいるから大丈夫」と思われがちなみりんも、「みりん風調味料」の場合はアルコールがほとんど含まれないので開封後は冷蔵庫での保存が必要です。

②「冷蔵棚」の収納アイデア

毎日頻繁に使う冷蔵棚は、食材や調味料、お菓子や保存食などたくさんの食品を保存しています。「整理しなきゃ…」と思いながら適当に食品を保存してしまい、いつも棚をゴソゴソと探している方も多いと思います。冷蔵棚の収納のポイントは3つ。これさえ押さえれば、スムーズに収納ができるようになるはずです。

「どこに何があるか」パッと見てわかるようにする

こまごました食品を冷蔵棚に収納するときは、かごにラベルを貼って、どこに何があるか一目でわかるようにすると、見やすいですし、散らかりにくくなります。保存場所をきちんと作ることで食材を見つけやすくなり、出し入れも時間がかかりません。プラスチックケースだと汚れたときに掃除しやすく、木製のかごならナチュラルでおしゃれな雰囲気になります。

紙袋と同じく色やデザインを揃えて統一性を出すことで、よりスッキリとした見た目になります。またチルドルームは蓋がついているので、収納している食品を忘れてしまうことも珍しくありません。そんな時はチルドルームの上蓋部分にマグネットシートを貼って、マグネットを取り付ける方法がおすすめです。

「魚」「ウインナー」などとチルドルームに保存する食品を書いたマグネットを用意しておき、マグネットシートに貼れば、簡単に食材の「見える収納」を実現できます。

容器は「浅い」ものを選ぶのがポイント

冷蔵棚の収納に使う容器は、浅いものがおすすめです。浅い容器のほうが食材を見やすく出し入れしやすいですし、残量がすぐ確認できるので買い忘れを防ぐこともできます。例えばヨーグルトやお豆腐といった頻繁に使う食材は減るのも早いので、冷蔵庫を開けてパッと確認できるような収納方法にすると快適になりますよ。

また、冷蔵棚の高さは変えられるものがほとんどです。あえて高さの低い冷蔵棚を作って浅い収納容器を活用すると、冷蔵庫の収納力がさらにアップします。

冷蔵庫整理✨
(しばらく続きます^ ^)
まちこ🌸 さんのインスタグラムより

「ドアポケット」の収納術

チューブの香辛料や細長いドレッシングなど、小さなものを収納するのに便利なドアポケット。しかしアレコレと放り込んでいる間に、賞味期限がすっかり切れていたり、存在を忘れて、新しく買ってしまったりすることもあります。

ドアポケットを使いやすくするためには、「吊るす」保管方法がおすすめです。例えばチューブの香辛料は上部分をクリップで挟み、S字フックでドアポケットの手前に引っ掛けます。こうすると冷蔵庫を開けたときに見やすく、「どこに行っただろう」と探す必要もありません。

また、最上段にあるドアポケットの奥側は取り出しにくいので、無理に食品を保管する必要はありません。保存期間が長い食品や冷蔵が必要なお薬など、普段使わないけれど冷蔵庫に収納しておきたいものを入れておくといいでしょう。

③「冷凍室」の収納アイディア

冷凍食品などでかさばりがちな冷凍室。「見やすく・バラバラにならないように」がスッキリ収納のコツ
冷凍食品などでかさばりがちな冷凍室。「見やすく、バラバラにならないように」がスッキリ収納のコツ

長期間食品を保存する冷凍室はとにかくもので溢れがちです。「冷凍庫はいつも無理やり閉めている」という方もいるのではないでしょうか。冷凍庫収納のコツは、いかに見やすく、そして小さなものがバラバラにならないかです。その点をおさえて、次のヒントを役立ててください。

小さなものはまとめるクセを

冷凍ご飯や保冷剤といった小さいものは、「まとめる」という習慣を付けましょう。炊きたてのご飯をラップに包んで冷凍する家庭は多いと思いますが、その時もちょっとしたコツで収納力がアップします。冷凍庫に冷凍ご飯専用のケースを準備して、そのケースに収まるようにラップで形を整えれば、冷凍庫の中でバラバラになりません。

また、洋菓子を購入したときによくもらう保冷剤は、洗濯で使うネットに入れるのがおすすめです。メッシュ素材のネットならチャックを開けなくても何が入っているかわかるので、見える収納となり、管理も楽にできます。

保冷剤は夏場のお弁当の保冷剤などで活用できるので、「とりあえず冷凍庫に入れている」という方も多いもの。しかし大きさも形も不揃いで収納が難しいので、まとめることでバラバラにならずにすみます。

事務用クリップで、わかりやすくラベリング

お肉は安いときにまとめ買いして冷凍保存する、という方も多いのではないでしょうか。そんな時はお肉の種類ごとにチャック式の袋入れて、「豚肉」や「牛肉」と名前を書いた事務用クリップで挟む方法がおすすめです。文字で書いておけば冷凍庫の中でも見やすく、間違えることはありません。

特にお肉は冷凍保存すると色や質感がわかりにくくなるので、牛肉や豚肉といった見分けがつきません。解凍してみて「思っていたお肉と違った!」というケースも。事務用クリップでわかりやすくラベリングすれば、そんな失敗もなくなります。

事務用クリップでラベリングする方法は、もちろん他の食材でも使えます。例えば冷凍フルーツや作り置きのおかずなど、冷凍すると見分けがつきにくいものに活用できる方法です。

意外とかさばるアイスの箱は保存袋に

箱入りでアイスを買ったときは箱のまま保存せず、ジップロックなどのチャック式袋に入れてから冷凍庫に入れるようにしましょう。箱のままだと立てて収納することもできますので、食べ終わるまで捨てないという方も多いと思います。

しかし箱ごと収納すると、中身が減っても収納スペースはそのままですので、どんどん冷凍庫のスペースが圧迫されてしまいます。チャック式の袋なら中身がしっかり見えるので、アイスの種類が複数あっても見分けることができます。「夏場はアイスを箱買いするからかさばって困る」という方は、ぜひ試してみてください。

【一人暮らし】小さな冷蔵庫を上手に収納するポイント

一人暮らしの方は、小型タイプの冷蔵庫を使っているケースが多く、「なかなか買いだめできない」と悩むことも多いでしょう。小さな冷蔵庫こそ、収納方法を見直してしっかりスペースを確保しなくてはいけません。小さな冷蔵庫の収納では、まずパッケージのまま収納するクセを見直しましょう。

お肉やお魚を買ったときはすぐにトレイから出し、ラップに包んで冷凍(または冷蔵)します。大容量の食品を買ったときも、パッケージがかさばるときは取り出してタッパーなどのプラスチック製保存容器に詰め替えます。これだけでも食品のかさが減るので、収納スペースが広く使えます。

大きな野菜は使いやすいサイズにカットしておく

大根やカボチャ、キャベツなどのかさばる野菜はそのまま冷蔵庫に入れるのではなく、あらかじめカットしてから収納するようにしましょう。先にカットしておくことで料理の下ごしらえにもなるので、時短にもつながります。「今日はご飯を作るのが面倒」という日でも、カット済の野菜があれば気持ちも楽になるものです。

また、大きな野菜は丸ごと買ったほうが安くなりますが、1人ではなかなか食べきれません。冷蔵庫のことも考えると、1/2サイズなど数日で食べきれる量を買う方がおすすめです。

「詰め込みすぎ」に注意

一人暮らしだとスピーディに食材を消費できず、気を抜くとすぐに冷蔵庫がいっぱいになってしまいます。冷蔵庫内にものを詰め込みすぎると探し出すのに時間がかかり、開閉時間が長くなります。

夏の暑い季節だと、30秒ほどドアを開けているだけで庫内は約10℃も温度上昇してしまうのです。その結果、賞味期限がまだ先の食品が傷むことにもなるので、食品はしっかり分類し、「見える収納」を心がけましょう。冷蔵庫内の冷蔵効率をあげるためにも、ムリに詰め込まず、なるべくスペースに余裕を持たせることがポイントです。

食材はすべて冷蔵庫に入れるのではなく、保存方法をチェックします。常温で保存できるものは冷蔵庫から出して、収納スペースを確保しましょう。薬類も、開封後に冷蔵保存を指定しているもの以外は常温保存で問題ありません。

冷蔵庫を無駄なく美しく収納して、料理上手に

冷蔵庫では大小さまざまな食品を保存します。収納する食品が毎日変わるので「収納方法がわからない!」と悩む方も多いのですが、今回ご紹介したようなコツを取り入れることで、冷蔵庫の使いやすさがかなり変わります。

最近ではセリアなどの100円ショップでも、モノトーンやカラフルなものなどおしゃれな収納アイテムがたくさん販売されています。また、ニトリや無印といったお店でも安くておしゃれなグッズが豊富にありますので、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

食材を無駄なく使いきるためには、収納方法の工夫も必要です。余った食材もわかりやすく収納できれば忘れず使いきることができ、節約にもつながります。ぜひ自分に合った冷蔵庫の収納方法を見つけて、快適なキッチンライフを送ってください。

【番外編】冷蔵庫を清潔に保つ掃除方法

最後に番外編として、冷蔵庫の簡単なお掃除方法をご紹介します。食品を保存する冷蔵庫は、なるべく清潔に保っていたいものです。しかし冷蔵庫はドアの開け閉めで温度と湿度が上がり、汚れやカビが発生しやすくなります。念入りに掃除するときは、一旦食品を大きなクーラーボックスや発泡スチロールに退避させておくと良いでしょう。

重曹で気になるニオイもすっきり消臭

「冷蔵庫の中が何となく臭い」というときは、重曹を使ったお掃除がおすすめです。重曹は消臭効果がありますし、さらに菌の繁殖力を弱めたり油を分解したりする効果もあります。ですが、口に入っても大きな問題を起こさないとされています。そのため、洗剤を使いたくない冷蔵庫の掃除に最適なのです。

冷蔵庫の掃除で使うときは、重曹を水に溶かした「重曹水」を作ってみましょう。作り方は以下の通りです。①重曹と空のスプレーボトルを用意する②水100mlに対して重曹小さじ1をスプレーボトルに入れ、よく混ぜる冷蔵庫の臭いや汚れが気になる部分に重曹水をスプレーして、キッチンペーパーでふき取れば完了です。割りばしにキッチンペーパーを巻けば、パッキンや棚の奥など細かい部分までしっかり掃除できます。

エタノールスプレーでカビを撃退

食品を保存する冷蔵庫だからこそ、カビ対策は念入りにしたいもの。消毒用エタノールで定期的に拭き掃除を
食品を保存する冷蔵庫だからこそ、カビ対策は念入りにしたいもの。消毒用エタノールで定期的に拭き掃除を

冷蔵庫内にカビが発生してしまったときは、エタノールを使った掃除がおすすめです。除菌効果が高いのは、ドラッグストアなどで販売している「消毒用エタノール」ですが、引火しやすいので使うときは火の元に注意してください。

清潔な乾いたタオルにエタノールを適量垂らし、カビが気になる部分を拭きあげましょう。野菜の泥はカビや微生物が付着していることが多いので、野菜室も拭いておくことをおすすめします。

製氷フィルターも定期的に掃除しよう

今の冷蔵庫は、自動製氷機が搭載されているタイプがほとんどです。しかし、自動製氷機のパーツは滅多に洗わず放置しているという方も多いのでは。製氷フィルターや給水タンクには手あかや水あか汚れが付きますし、ひどいときはカビが繁殖してヌメリが出ることもあります。

「週1回程度」の掃除を推奨するメーカーもありますから、夏場はこまめに掃除したい場所です。また、氷を使わないシーズンオフには、次のシーズンのため特に念入りに掃除をしてください。製氷フィルターの掃除方法は難しくありません。

フィルターを外して給水タンクなど取り外せるものを外し、食器用洗剤とスポンジで掃除すれば完了です。汚れが気にならないときは、水洗いでも構いません。しかし、目に見えないチューブ部分にカビが発生していることもあり得ますので、専用洗浄剤を使うか、氷を作って何度も捨てるといったケアを夏前に行っておくと安心です。

◆こちらもおすすめ◆

【キッチンの地震対策】冷蔵庫×突っ張り棒では不十分!? キッチンで死なないための7つのルール

公開日 2020年7月31日
更新日 2020年10月22日

#キッチン

LogRenoveをフォローする

関連記事