モノトーンインテリアでスタイリッシュな部屋に。コーディネート術を紹介

モノトーンインテリアでスタイリッシュな部屋に。コーディネート術を紹介

モノトーンインテリアは、黒や白、グレーなどのシンプルな色合わせで大人っぽくスタイリッシュな空間になります。とはいえ、配色や色のバランスを誤ると、「単純に暗い部屋」「明るすぎて落ち着かない」などの問題も。この記事では、モノトーンインテリアをコーディネートするコツやインテリア例を紹介します。

モノトーンインテリアとは

モノトーンインテリアとは、白と黒以外にもグレーやシルバーなどの色を使ったものもあります。差し色として観葉植物を置いたり、グレーのアイテムを飾るなどすると、完成度が高いものとなります。モノトーンは、白と黒だけではなく、落ち着いたトーンのカラーもコーディネートに組み込みますので、黒白のみのインテリアと比べると、スタイリッシュでありながら、少しやわらかいモダンな印象を感じます。

人気の理由は?

モノトーンインテリアが人気の理由は何でしょうか。ここからは、インテリアにモノトーンを取り入れたいと考えている方が多い理由について紹介します。

シンプルで洗練されたイメージ

モノトーンインテリアが人気の理由は、シンプルでありながら洗練された空間になることが挙げられます。取り入れる色は限られていますが、黒の高級感が都会的な印象を与え、白の清潔感が上品な雰囲気を感じさせます。さらに、同系色を加えたり、小物でアクセントを取り入れることによって、シンプルすぎず単調にならない、洗練された印象を感じられます。

コーディネートが簡単

モノトーンインテリアは、コーディネートが簡単というメリットがあることから、人気を集めています。もともと白と黒は組み合わせやすい色ですが、グレーやシルバーなどを足しても、調和しやすく、失敗しにくいのです。赤や黄色、緑など鮮やかな色を使うインテリアよりも、モノトーンインテリアのほうがカラーコーディネートが簡単で、チャレンジしやすいでしょう。

上手にコーディネートするコツ

バランス良く白と黒を組み合わせて、適度にグリーンを配置することでよりリラックスできる空間に
バランス良く白と黒を組み合わせて、適度にグリーンを配置することでよりリラックスできる空間に

モノトーンインテリアを取り入れるにあたっては、上手にコーディネートするコツがあります。より大人っぽく、スタイリッシュな空間作りをするためにも、上手なコーディネートのコツをチェックしてみてください。

配色のバランスを考える

モノトーンインテリアを上手にコーディネートするには、配色のバランスを考えることが大切です。モノトーンインテリアは「黒」「白」が主な配色であり、必要に応じてグレーやシルバーなどを足していくだけなので、コーディネートが簡単です。

しかし、配色のバランスを誤ると、せっかくのモノトーンインテリアが希望通りに仕上がらない可能性があります。モノトーンインテリアをコーディネートするなら、以下を参考にしながら配色のバランスを考えてみてください。

白ベース・黒ベースを意識する

モノトーンインテリアで配色を考えるときには「白ベースにするのか」「黒ベースにするのか」を考えましょう。白ベースの場合は、部屋を広く見せることができ、さらに全体的にやさしく明るい雰囲気を感じさせます。黒ベースの場合は、部屋がシックで落ち着いた雰囲気になり、重厚感を感じさせます。まずは、自分好みのベース色は、白と黒のどちらなのかを考えてみてください。

白と黒だけでなく中間色なども加える

モノトーンインテリアの配色を考えるときには、白と黒の2色以外にもグレーやベージュなども加えましょう。白と黒だけでコーディネートするよりも、中間色をプラスすることでやわらかい雰囲気の空間になります。

白と黒だけでコーディネートしてしまうと、メリハリが効きすぎてしまい、かえって派手な部屋になりやすいものです。モノトーンインテリアの配色を考えるときには、家具や雑貨などで中間色を取り入れてみてください。

アクセントカラーをプラスしてもっとおしゃれに

モノトーンインテリアを取り入れるときには、アクセントカラーをプラスすることがおすすめです。白や黒に調和するアクセントカラーをプラスすれば、全体的にまとまりますので、じっくり考えてください。モノトーンインテリアを取り入れるときには、白と黒の他に、パープルやブルーなどを差し色のように使ってみると良いでしょう。

植物や天然素材で居心地の良いリラックス空間に

モノトーンインテリアなら、植物や天然素材を取り入れることで、居心地の良いリラックス空間にできます。モノトーンインテリア特有のスタイリッシュな雰囲気はとても魅力的です。ただ、「なんだか落ち着かない……」とソワソワしてしまうような事態は避けたいところです。

部屋の中に観葉植物を置けば、グリーンが映えてリラックスできる環境を作れるはずです。また、木材の温かみを感じるような天然素材、例えば木目のわかる床材などを使えば、柔らかな雰囲気の部屋になります。

異なる素材や模様を組み合わせる

モノトーンインテリアを上手にコーディネートしたいなら、異なる素材・模様を組み合わせてみてください。例えば、素材であれば、「エナメル素材」「毛皮」「レザー」などを組み合わせると、より洗練された印象になります。

また、模様は「無地」「ダイヤ柄」「チェック柄」などを組み合わせるのがおすすめです。複数の素材・模様を組み合わせて、色味を統一すれば、おしゃれ感もよりアップします。

床色だけ浮かないように

モノトーンインテリアをコーディネートしても、床色が浮いてしまうことがあります。その場合は、モノトーンな雰囲気のラグを敷いて、フローリングなどの床色を隠しましょう。部屋の広さに合わせて、大きめのラグを敷くと、よりモノトーンな空間作りをしやすくなります。

ただし、ラグを選ぶ際「とりあえずモノトーン風なら何でも良い」というわけではありません。黒ベースにするのか、白ベースにするのかを考えながら、ラグを選ぶことが大切です。ちなみに、床に敷くラグは、アクセントとして個性的な柄・色のものを選ぶのも良いでしょう。

【部屋別】モノトーンのインテリアコーディネート例

モノトーンのインテリアコーディネート例について紹介しましょう。リビングやダイニング、キッチンなど、部屋別で触れていきますので、コーディネートの参考にしてみてください。

リビング

まずは、モノトーンのインテリアコーディネート例として、リビングについて紹介します。リビングは、1日の中でも過ごす時間が長い場所なので、落ち着ける空間作りを目指しましょう。

グリーンでアクセントを効かせる

a27h14さんのインスタグラムより

リビングをモノトーンインテリアにするなら、観葉植物を置いてグリーンをアクセントとして効かせてみましょう。小さなサイズの観葉植物をテーブルや棚に並べたり、比較的背の高い植物を部屋の隅に置いてシンボルツリーとして飾るなど、取り入れ方は自由です。

モノトーン柄やロゴのクッションを並べる

リビングにモノトーンインテリアを取り入れるなら、モノトーン柄やロゴのクッションをソファに並べましょう。モノトーン柄のクッション、モノトーンのロゴのクッションを選ぶことで、リビングが洗練された雰囲気になります。また、クッションはそれぞれ別の柄・ロゴにすれば、アクセントにもなります。

カーテンと壁をグレーで統一して大人な印象に

リビングをモノトーンインテリアで揃えるなら、カーテンと壁をグレーで統一しましょう。大人な印象になるだけでなく、統一感が生まれて、まとまりのあるコーディネートになります。カーテンと壁をグレーで統一すれば、モノトーンコーディネートの失敗にありがちな、メリハリが効きすぎるということもありません。全体的に、大人っぽさがありながら、柔らかな雰囲気のリビングになります。

ダイニング

ダイニングにモノトーンインテリアを取り入れる場合は、どのようなポイントに注意すればいいのでしょうか。おしゃれで洗練されたダイニングを目指すためにも、以下からのコーディネート例を参考にしてみてください。

壁紙で遊ぶ

ダイニングにモノトーンを取り入れるなら、壁紙にアクセントを入れて遊ぶというアイデアがあります。例えば、ダイニングの壁の一部を、モノトーンカラーの柄物に変更するのも良いでしょう。壁紙が悪目立ちしてしまうことがなく、アクセントとしてダイニングをクールにしてくれます。

黒のダイニングチェアで空間を引き締める

monosisさんのインスタグラムより

ダイニングのモノトーンインテリアのアイデアとして、黒のダイニングチェアを取り入れるのもおすすめです。ダイニングに黒のダイニングチェアを取り入れることで、空間を引き締めることができます。落ち着いた雰囲気になるだけでなく、上品さも漂うダイニングへと導けるでしょう。

すべてのダイニングチェアを黒で統一するのも良いですが、白のダイニングチェアふたつ、黒のダイニングチェアふたつのように、2色で揃えるのもテクニックのひとつです。

丸いダイニングテーブルでやわらかい雰囲気に

モノトーンのダイニングには、丸いダイニングテーブルを取り入れることで、やわらかい雰囲気になります。モノトーンの配色は、冷たい印象になってしまうことがありますが、丸みのあるフォルムのアイテムを設置することでやわらかいイメージを生み出せます。

キッチン

キッチンにモノトーンインテリアを取り入れる場合、どのようなコーディネート方法があるのでしょうか。具体的なコーディネートアイデアについて見ていきましょう。

サブウェイタイル風壁紙で海外キッチンのように

キッチンをモノトーンインテリアにコーディネートしたいなら、サブウェイタイル風の壁紙にするというアイデアがあります。サブウェイタイルとは、ニューヨークの地下鉄で使われていたような光沢のあるタイルのことで、長方形のものを互い違いに組み合わせたり、正方形のものを整然と並べたりしたもののことを指します。キッチンの壁紙がサブウェイタイル風になるだけで、海外キッチンのようなおしゃれな雰囲気になります。リフォームやリノベーションをしなくても、貼り付けるタイプの壁紙を活用すれば、手軽にサブウェイタイルの雰囲気を取り入れられます。

家電をモノトーンにするとコーディネートしやすい

meg_isma12さんのインスタグラムより

キッチンをモノトーンインテリアにしたい、とこだわるなら家電もモノトーンで揃えましょう。電子レンジや炊飯器、トースターなど、キッチンには様々な家電があります。家電は生活感が表れやすいアイテムですが、白や黒、グレーなどのモノトーンで揃えればおしゃれなキッチンにできるでしょう。

寝室

寝室にモノトーンインテリアを取り入れるにあたり、どのようなコーディネートがあるのか気になる方も多いのでは。ここからは、寝室のコーディネート事例を紹介します。

モノトーンのポスターやパネルを飾る

寝室をモノトーンインテリアにしたいなら、モノトーンのポスターやパネルを飾りましょう。モノトーンのポスターやパネルを飾るだけで、一気に洗練された寝室になります。大人っぽく、おしゃれなホテルのようにコーディネートできます。ちなみに、差し色になりそうなポスターやパネルを選べば、モノトーンな寝室のアクセントにもなります。

トイレ

生活感が出やすいトイレでも、上手にモノトーンインテリアを取り入れることができます。どのようにコーディネートするのか、チェックしていきましょう。

トイレマットをアクセントに

トイレをモノトーンインテリアにコーディネートしたいなら、トイレマットの活用がおすすめです。トイレは壁や天井が白いことが多いので、アクセントとして黒やグレーなどのトイレマットを選べば、モノトーンなアクセントになります。

ワイヤーバスケットで洗練された雰囲気に

lakole_mensさんlakole_officialさんのインスタグラムより

トイレットペーパーの収納を、ワイヤーバスケットにすれば、トイレが洗練された雰囲気になります。ブラックのワイヤーバスケットであれば、モノトーンらしいスタイリッシュな印象を感じるでしょう。

洗面所・風呂

洗面所や風呂などをモノトーンで統一したい場合、どのようなアイデアがあるのでしょうか。洗面所・風呂のコーディネート事例を紹介します。

棚収納の小物もホワイトを基調に

洗面所や風呂の棚収納に入れる小物は、ホワイトを基調に揃えましょう。洗面所や風呂は、白で統一することで、清潔感のある空間になります。また、洗面所や風呂の棚収納はものが増えやすい場所ですが、ホワイトで統一すれば、すっきりとして見えるのでおすすめです。

バスマットやタオルの柄でアクセントを

洗面所や風呂をモノトーンインテリアにしたい場合は、バスマットやタオルの柄でアクセントを取り入れることがおすすめです。例えば、柄入りのバスマットを置いたり、黒・グレー・ホワイトのバスタオルをグラデーションになるように収納すれば、洗面所のアクセントになります。

玄関

玄関をモノトーンにすると、来客者がひと目でおしゃれな雰囲気を感じるものです。もし、玄関をモノトーンインテリアにするとしたら、どのようなコーディネートが適しているのでしょうか。

シンプルな大きめポスターでお出迎え

玄関をモノトーンインテリアにしたいなら、シンプルな大きめのモノトーン風ポスターを設置してみましょう。玄関に入ってすぐ目につく場所に、モノトーンなポスターがあれば、玄関全体の雰囲気が一気に引き締まります。ポスターは、黒やグレー、シルバーなどのインパクトあるものを選びましょう。

デスク

仕事や勉強、読書などで活用するデスクにも、モノトーンを取り入れておしゃれにしてみませんか?デスク周りをモノトーンインテリアにするための、具体的なコーディネート事例を紹介します。

有孔ボードのDIYで収納スペース作り

yuka_mammothさんのインスタグラムより

デスクを壁に向かって配置している場合、DIYした有孔ボードを設置するのがおすすめです。有孔ボードを置くことで、文房具をひっかけて収納できるようになり、収納スペースを増やせます。ホワイトやブラックなどのカラーを選べばモノトーンインテリアになります。

ナイフラックにくっつけて見せる収納

デスクをモノトーンインテリアにしたいなら、ナイフラックを活用してみましょう。ナイフラックは、キッチンで包丁を収納するときに使うアイテムですが、デスク周りの収納にも活用できます。

シルバーのマグネットナイフラックなら、モノトーンな雰囲気を保ちつつ、はさみや金属製の定規などをくっつけて「見せる収納」もできます。デスク周りの収納スペースの少なさに悩んでいる方は、ナイフラックを活用してみてはいかがでしょうか。ちなみに、マグネットナイフラックは、IKEAなど大手家具量販店で手に入れることができます。

部屋の印象に大きく関わる壁は、コーディネートを意識することで、素敵なモノトーンインテリアにできます。どのようにコーディネートすれば、モノトーンな雰囲気になるのでしょうか。

黒のフォトフレームでクールに

壁をモノトーンインテリアにしたいなら、黒のフォトフレームを飾ってクールにコーディネートしましょう。特に、黒のフォトフレームは白い壁によく映えます。様々なサイズのフォトフレームを飾ったり、フォトフレームの中に白黒写真を飾ったりすれば、よりスタイリッシュな雰囲気になるでしょう。

収納

洗面所やクローゼットなど、家のなかで収納場所は多いものです。しかし、モノトーンインテリアのように、美しく収納するには工夫が必要です。どのようなモノトーン風の収納があるのかチェックしてみましょう。

ラベリングをした白ケースで統一感アップ

_si.room_さんのインスタグラムより
_si.room_さんのインスタグラムより

洗面所は、様々なものをストックしなければなりませんが、白ケースを使って収納すれば統一感が出ます。さらに、使用する白ケースの表にラベリングをしておけば、何がどこにあるのかがすぐわかります。洗面所はごちゃつきやすいので、白ケースを複数個並べて、ジャンルや種類別に分けて収納してみましょう。

ハンガーを白で統一する

クローゼットの中のハンガーは、白で統一するとスッキリとした印象になります。ハンガーの色を白で揃えれば、クローゼットの中がごちゃごちゃとうるさい感じにならず、さわやかに見えます。クローゼットの中がおしゃれになれば、毎日の服選びが楽しくなるでしょう。

ブック型ボックスでインテリアを楽しむ

生活感が表れやすい日用品や消耗品は、ブック型ボックスに入れ、まるで本を並べるように立てて収納するのがおすすめです。ブック型ボックスは一見分厚い本のように見えますので、中に日用品や消耗品が入っていることはわかりません。白や黒、グレーのブック型ボックスを選べば、モノトーンインテリアとして活躍してくれますので、目につきやすい場所にも置きやすいでしょう。

◆こちらもおすすめ◆

北欧インテリアに囲まれて温かみのある住まいを実現。おすすめのコーディネート術を紹介

シックな部屋にするには?インテリアスタイルやおすすめコーディネートを紹介

公開日 2020年8月25日
更新日 2020年10月22日

#インテリア

LogRenoveをフォローする

販売中のおすすめリノベ物件