6畳リビングのレイアウト例。部屋を広く見せるコツやおしゃれなインテリア実例を紹介

6畳リビングのレイアウト例。部屋を広く見せるコツやおしゃれなインテリア実例を紹介

一軒家、マンション、アパートなど住居の種類を問わず、自宅に6畳のリビングルームがある方は多いでしょう。

6畳という空間は広すぎず狭すぎない間取りですが、家具の置き方で広さの印象は大きく変わります。

今回は、日本でおなじみの間取りである6畳のリビングルームをおしゃれに広く見せるコツを紹介します。

6畳の部屋の広さ

日本の住宅はワンルーム、1K、LD、LDKなど、どんな間取りでも6畳の部屋があるケースが多いです。6畳という畳数の具体的な寸法は1畳約1.6㎡(180×90cm)で、6畳約10㎡(270×360cm)です。

ただし、1畳の寸法は地域や住宅の形態によって微妙に異なります。京間、中京間、江戸間、団地間の4種類の規格が有名です。

規格にバリエーションがある理由は、江戸時代以前は、畳を並べてから部屋の大きさを決めていましたが、江戸時代から柱を立ててから畳を敷くようになったからです。

加えて、団地やマンションといった集合住宅は柱が太いため、畳の寸法が小さいという特徴があります。時代の変遷や地域、住宅の形態などによって規格にバリエーションがあるのです。

6畳の間取りはシングルベッド、テレビ台、本棚、1~2人用のテーブル、ひとり掛けの椅子などさまざまな家具が収まる広さです。

ダブルベッドや4人掛けのダイニングテーブルといった大型家具を置くことも十分可能ですが、大型家具をいくつか置くとすぐに狭くなってしまいます。

この記事は会員限定です。

会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

新規登録の方はこちら

今すぐ登録

会員の方はこちら

ログイン

公開日 2020年11月10日
更新日 2020年12月18日

#間取り

この記事をシェアする

Share on Twitter 6畳リビングのレイアウト例。部屋を広く見せるコツやおしゃれなインテリア実例を紹介 6畳リビングのレイアウト例。部屋を広く見せるコツやおしゃれなインテリア実例を紹介

LogRenoveをフォローする

関連記事