ニューヨークスタイルの部屋にするためのインテリアのコツ

ニューヨークスタイルの部屋にするためのインテリアのコツ

ニューヨークスタイルの都会的で洗練されたおしゃれな部屋にしたい方へ、ニューヨークスタイルの部屋にするコツや、映えるアイテム、コーディネート実例を紹介します。

ニューヨークといえば高層ビルが建ち並ぶコンクリートとガラスの街というイメージもあるかもしれませんが、実際には、石や木材などのぬくもりある建物も多く、不思議な温かさを持っている街でもあります。

日本とは思えないおしゃれなニューヨークスタイルの部屋にコーディネートして、おうち時間を楽しみましょう!

ニューヨークスタイルのインテリアとは

映画やドラマで見られるようなエネルギッシュでスマートなニューヨークの文化。そこに住む人々のライフスタイルを象徴するようなインテリアがニューヨークスタイルです。

コンクリートとガラスのオフィスビルが建ち並ぶ無機質な大都会というよりも、むしろ現代的な都市に自然素材を多用した歴史的な建物が溶け込み、たくさんの人々が暮らす生活感あふれる街。

外観だけでなくインテリアもそんなモダンとレトロの絶妙な組み合わせがNYらしいといえるでしょう。

モダンよりの「マンハッタンスタイル」

モダンよりの「マンハッタンスタイル」

いわゆるニューヨークをイメージするときに意味する場所がマンハッタン。タイムズスクエアやウォール街といったビジネスと観光の街で、摩天楼がそれを象徴しているかもしれません。

そんなマンハッタンらしさをインテリアで表現したのが、ホワイトとブラックをベースにしたシンプルなモノトーンスタイル。

色味をおさえつつもウッド調家具をほどよく取り入れたモダンな印象が強く、個性的なデザインやモチーフなどをアクセントにした大人っぽいインテリアスタイルです。

レトロよりの「ブルックリンスタイル」

レトロよりの「ブルックリンスタイル」

マンハッタンの東側に広がるブルックリン地区は、近年開発が進み、おしゃれなカフェやレストラン、アートの街としていま大人気のエリア。

レンガ壁の古い建物はリノベーションされてお洒落な住宅に生まれ変わり、多くのアーティストたちが住む場所としても注目されています。

落ち着いた街並み、マンハッタンとは違った独特の文化の発信地であるブルックリンを象徴しているのが、シンプルでありながら居心地のいいレトロな雰囲気のインテリア。

機能的でありながらこだわりやセンスが光ります。古きよきアンティーク調の家具を大切にしながら現代的なライフスタイルを楽しむのがブルックリン流です。

ブルックリンスタイルの部屋にするコツを紹介!

ニューヨークスタイルの部屋にするポイント

モダンとレトロが融合したシンプルなインテリアが特徴的なニューヨークスタイルのインテリア。取り入れたいアイテムや色、デザインなど、マンハッタン流インテリアに仕上げるポイントについてご紹介します。

ニューヨーカーが住む部屋をイメージする

ニューヨーカーが住む部屋をイメージする

まるで高級ホテルのようなラグジュアリー感、あるいはおしゃれなカフェのような洗練された雰囲気。海外ドラマやハリウッド映画に出てくるニューヨーカーのお部屋は都会的でセンスのいいインテリアでまとめられています。

ニューヨークスタイルのインテリアに迷ったらまずはおしゃれなニューヨーカーたちがどんな部屋に住んでいるかイメージしてみましょう。上質な家具やインテリア小物に囲まれたライフスタイルが理想的です。

ベースカラー、メインカラー、アクセントカラーを決める

ホワイトをベースにしたモノトーンインテリアがニューヨークスタイルの特徴。ブラックやグレーをプラスしたシンプルな色味が中心です。カラフルなアイテムなど、色を取り入れるときはポップになりすぎないよう慎重に。

インテリアのベースカラー、メインカラー、アクセントカラーをそれぞれ決め、好きな柄や小物を少しずつ取り入れていきましょう。

都会的でスタイリッシュなモダンスタイルをベースにする

都会的でスタイリッシュなモダンスタイルをベースにする

ニューヨークらしいと快適でスタイリッシュなイメージにはモダンテイストがぴったり。シンプルで品があり、ホテルのように清潔感がある空間、知的でシャープな印象も兼ね備えたインテリアが理想的です。

シルバーやゴールドの小物も適度に取り入れた演出でモダンスタイルが光ります。

シンプルな直線が美しい「モダンインテリア」の特徴とは

家具は直線的なデザインを選ぶとコーディネートしやすい

テーブルやチェア、チェストなどの収納家具には、装飾性が少なくシンプルなフォルムのものを採用するのがおすすめ。デコラティブなデザインや花柄のカーテンなどガーリーすぎるものはニューヨークインテリアには合いません。

直線的でシンプルなデザインの家具を選ぶと、空間がすっきりとまとまります。

ガラスやメタルなどの光沢感のある素材の雑貨を取り入れる

ガラスやメタルなどの光沢感のある素材の雑貨を取り入れる

ガラスやメタルといった光沢感のある家具は、モダンでスタイリッシュな雰囲気を演出するのに効果的なアイテム。日当たりがよくない部屋でも家具や雑貨のつや感が、空間を明るい印象にしてくれます。

高さのある棚や、サイズが大きいテーブルなどボリュームのある家具でもガラス製であれば圧迫感が少ないので取り入れやすく、メリハリのあるインテリアを作れます。

幾何学模様やカラーなどでアクセントをつける

三角や四角など多角形を組み合わせた幾何学模様、いわゆるジオメトリック柄はモダンなニューヨークインテリアスタイルと相性抜群。ストライプやレンガ柄などのラグや小物をお部屋のアクセントにするといいでしょう。シンプルなインテリアにこそ柄物がよく映えます。

ブルックリンスタイルのレトロ感と組み合わせる

シンプルで万人に好まれる都会的なニューヨークインテリアですが、アンティーク家具などレトロな雰囲気が特徴的なブルックリンスタイルと組み合わせるのもおすすめ。レトロ調の家具を取り入れれば落ち着いたアメリカンラグジュアリーな空間に。

木製の家具の素材感がお部屋にあたたかみを演出してくれます。

ニューヨークスタイルに映える家具、内装、アイテム

大きなソファやシンプルな収納家具、テーブルやチェア……ニューヨークインテリアに合うカーペットやクロスなど、何を選べばマンハッタンを感じる空間になるでしょうか。ニューヨークスタイルに映える家具や内装などのおすすめアイテムをご紹介します。

アクセントクロス

アクセントクロス

色の取り入れ方はバランスが重要。色をうまくコントロールできると、インテリアは格段にセンスアップします。基本になるのが天井や床、壁の色であるベースカラー。

これが部屋のイメージの大半を決めているといっても過言ではありません。ホワイトがベースのインテリアに、たとえば壁をダークトーンにするといったアクセントクロスは、使い方次第でおしゃれな印象に。

個性的な柄のカーペット

モノトーンですっきりとまとめたリビングは素敵ですが、あえて個性的な柄のカーペットと合わせることで、ぐっと洗練された雰囲気に。

シンプルなインテリアにこそ、大胆な柄や模様が映えます。モノトーンのボーダー柄や格子柄など、思い切った柄物使いがインテリアのメリハリとなります。

大きなソファ

大きなソファ

ニューヨークインテリアのリビングには、大きなソファがおすすめです。家族や友達をたくさん招いてもゆっくりとくつろげるソファは、お部屋の主役になる圧倒的な存在感。

控えめな色、ロータイプのデザインなどを選ぶと、サイズが大きくてもインテリアと馴染みがよく、空間を広々とみせてくれるでしょう。

ガラステーブル

ラグジュアリーで洗練されたニューヨークインテリアには、すっきりとしたガラステーブルが似合います。ガラスが持つクリアな質感は色の主張がないので、どんなインテリアとも相性抜群。余計な装飾のないシンプルなデザインのテーブルなら食器やカトラリーも選びません。

カフェテーブル&チェア

カフェテーブル&チェア

ひとり暮らしなど限られたスペースのお部屋におすすめなのがカフェテーブルとチェア。食事スペースとくつろぎスペースが同時にできるので、空間を効率的に使うことができます。

まるでマンハッタンのカフェのような気分でちょっとコーヒーブレイクするといった理想のインテリアが叶います。

シンプルなフォルムの収納

収納家具を選ぶ際も、装飾が少ないシンプルなフォルムのものを。空間を無駄にしないシンプルな造作家具もおすすめです。

壁に備え付けつけたオープンシェルフをスタイリッシュにディスプレイすれば、おしゃれなショップのような雰囲気に。見た目もすっきりとしているので、都会的なニューヨークインテリアにぴったりです。

スタンドライト

スタンドライト

照明器具は部屋の印象を左右する重要なアイテムのひとつ。大きなフロアライトなどの間接照明をうまく使うと、空間にぐっと奥行きがうまれます。モノトーンでまとめた直線的なインテリアにあえて、丸みのある照明がいいアクセントに。

ぱっと目をひくデコラティブなスタンドライトをインテリアのポイントにしてもいいでしょう。まるでマンハッタンにある最先端のレストランのような雰囲気に。

ニューヨークの風景写真や絵画などのアート作品

ニューヨークの風景写真や絵画などのアート作品

壁にアートを飾ることで、ギャラリーのようなラグジュアリー感ある空間になります。1枚のインパクトあるデザインアートを飾ったり、ニューヨークの風景をうつした写真をいくつか組み合わせて飾っても。

「NEW YORK」という文字の入ったポスターなどもインパクトのある空間を作るのにおすすめです。シンプルなインテリアだからこそ個性的なアートがよく映えます。

キッチンや洗面所の水回りには「サブウェイタイル」を

キッチンや洗面所の水回りには「サブウェイタイル」を

1900年代のニューヨークやパリの地下鉄で使われはじめたというサブウェイタイル。ニューヨークではキッチンやバスルームなどの水回りでよくみられるスタイルで、白いタイルを使った壁が代表的です。

タイルの色や風合いでさまざまな雰囲気に演出でき、インテリアに幅を持たせてくれるアイテムは、デザイン性の高さが魅力的。ニューヨークスタイルに欠かせないおしゃれなアイテムです。

ニューヨークスタイルのインテリアコーディネート実例

大人っぽく洗練された憧れのニューヨークインテリア。なんとなくイメージできても、実際の取り入れ方は難しいかもしれません。うまくニューヨークスタイルを再現しているコーディネートの実例を参考にしてみましょう。

アクセントクロスと壁にかけられた絵がカフェのよう

アクセントクロスと壁にかけられた絵がカフェのよう

椅子やソファの背面は、アートを飾るのに絶好のスペース。インパクトのある写真やイラスト、絵画やポスターなどを飾れば壁が一気にセンスアップします。アクセントクロスとあえてコントラストをつけることで絵を引き立たせればリビングの主役に。おしゃれなカフェのような一角が完成です。

バランスよく取り入れられた幾何学模様

バランスよく取り入れられた幾何学模様

直線や曲線、円や三角形などの図形を組み合わせて並べた幾何学模様のデザインは、モダンでスタイリッシュなイメージにぴったりです。特にモノトーンのジオメトリックデザインはシンプルインテリアと相性抜群。使用する面積を限定することで存在感がより引き立ちます。

インテリアの一部に木材を取り入れれば温もりのある空間に

インテリアの一部に木材を取り入れれば温もりのある空間に

シャープでモダンなニューヨークインテリアに少しさびしさを感じるようなら空間に木を取り入れてみましょう。壁は、部屋の印象を左右する大切な部分。一部だけでも壁板を取り入れると雰囲気がナチュラルに。あえて節のある部分や古材を使うことでレトロ感を出せば、ブルックリンスタイルに近づきます。

温かみのある照明がムードを引き立てる

温かみのある照明がムードを引き立てる

暗い場所を明るく照らすことが目的の照明ですが、明るいだけでは心地よさやおしゃれさは作れません。光は、ミックスすることで光同士が混じり合ってやわらかく奥行のある雰囲気に。部屋に複数の照明を組み合わせることで、あたたかみとムードをもたらしてくれます。

ほかにも、グリーンを随所に配置することで、高層階でも自然を感じるインテリアを作ることが可能。ゴールドを中心としたメタリックな小物もモダンで都会的な雰囲気です。ニューヨークのアパルトマンをイメージしたおしゃれなニューヨークスタイルのインテリア、まずは小物から少しずつ取り入れてみてはいかがでしょうか。

家の内装にこだわるならリノベーションがおすすめ

マイホーム購入を検討している方、自分好みに内装をカスタマイズできる、「中古物件購入+リノベーション」はいかがですか?

リノベーションなら、壁・床・水回りの設備や間取りまでも、内装を一新できるから「ニューヨークスタイルの部屋」を存分に作りこめます!

リノベーションが気になったら、「リノベーションとは?」という基礎知識から、予算のことまでわかる初心者向けセミナーがおすすめ!

◆こちらもおすすめ◆

【アメリカンインテリア】おすすめテイストと部屋作りのポイントを紹介

内装デザインにこだわって家をおしゃれに。新築やリフォーム、リノベーションに失敗しないコツ

西海岸風インテリアをつくるポイントは?コーディネート実例とともに紹介

インダストリアルインテリアとは|おしゃれな実例9選と失敗しない家具の選び方

ミッドセンチュリーの特徴とは? インテリアで1950年代のような世界観を取り入れよう

公開日 2021年1月13日
更新日 2021年1月13日

LogRenoveをフォローする

販売中のおすすめリノベ物件