造作家具(オーダーメイド家具)とは?メリット・デメリット、価格や事例を紹介

造作家具(オーダーメイド家具)とは?メリット・デメリット、価格や事例を紹介

新築や、一軒家・マンションのリノベーションの際に検討される、造作家具。造作は既製品と比べデザインの自由度が高く、こだわりが出やすい収納やキッチンなどが施工箇所として人気。一方で特注のオーダー家具は価格が高すぎるのでは、と敬遠される方もいるのでは。

造作家具はデザイン、家具や空間のサイズだけでなく、工事方法などでも費用は変わってきます。それぞれの方法のメリット・デメリットや、造作の費用や押さえておきたいポイントについて解説します。事例とともに造作の魅力についても紹介します。

造作家具とは、オーダーメイドで造作する家具のこと

無垢の木材など素材にこだわれるのも魅力
無垢の木材など素材にこだわれるのも魅力

造作家具は、オーダー家具、造り付けの家具ともいわれ、部屋に合わせてオリジナルで造ってもらう家具です。既製品の家具では、配置したい場所にぴったり合わず微妙なデッドスペースができてしまうこともあります。部屋のテイストによっては、雰囲気に合う既製品を探しにくいケースも。部屋のサイズや目的にぴったり合う造作家具であれば家具探しのコストもなく、空間に一体感を出せます。

専門家と理想の住まいを考える!リノベーション個別相談会はこちら

造作家具のメリット

リビングの造作デスクで、上には収納空間。壁付にすると、リビングに対し背中を向けることになるので、視野も制限され、作業に集中しやすい
上に収納空間を設けたリビングの造作デスク。壁付にすることで視野が制限され集中しやすい

好みの家具を作ってもらうことができる造作家具にはメリットがたくさんあります。サイズやデザイン性に加え、安全性などの面でも利点がある造作家具、ポイントに絞って解説します。

サイズ・高さの調整がしやすいため、空間の有効活用が可能に

キッチンの収納棚。狭いスペースも調味料向けの収納場所なら広さとしては十分
キッチンの収納棚。狭いスペースも調味料向けの収納場所なら広さとしては十分

収納したい物の量や設置スペースに合わせてサイズを調整できるのが造作家具を選ぶ最大のメリット。ミリ単位で寸法を決めることができるので、スペースを無駄にすることなく最大限に活用でき、微妙なデッドスペースに悩むこともありません。

天井の高さに合わせて壁いっぱいの収納を造ったり、梁や柱などの出っ張りに合わせた形にするなど、それぞれの場所に合ったジャストサイズの家具が設置できます。既製品の家具を置くときにできてしまうスキマも防ぐことで、ほこりがたまりにくく掃除がしやすいという特徴もあります。

壁面収納も可能。好みのデザインでおしゃれでオリジナルなインテリアに

自分好みのデザインを選べるためおしゃれでオリジナルなインテリアに
_eco_hさんのインスタグラムより

部屋全体のコーディネートを考えて家具のテイストを統一させたいときに造作家具は有効。素材や色、デザインなど、細部まで理想の形を追求できます。リビングの主役になるような大型の壁面収納を既製品では取り扱いが少ないもの。既製品の家具の中から自分好みのものを探す時間や手間のコストは大きいです。部屋全体のインテリアを考えるうえで、以下の記事をチェックしてイメージを膨らませてみるのもおすすめです。

「ヘリンボーン」柄の上級コーディネート――インテリア実例を紹介

ミッドセンチュリーの特徴とは? インテリアで1950年代のような世界観を取り入れよう

子どもやペットのいる住まいづくりにおすすめ

キャットウォークだけではなくキャットドームというアイデアも

小さい子どもやペットがいる家庭でも造作家具は大活躍。侵入されて困る場所に安全柵を設ける際もジャストサイズで設計でき、隙間に挟まってしまうリスクなども防げます。家具の角を丸くするデザインにしておけば、当たってケガをする可能性も低くなります。

アレルギーなどを考慮し、自然素材を使用したいときも、素材選びから吟味できると安心です。最近では猫を飼っている人がキャットウォークを設置するといったリノベーションも人気。収納を兼ねた猫用階段などを造るなんてこともできます。ペットも含め、家族全員が安全で快適に住める環境が整います。ペットとの住まいづくりについて検討されている方は以下の記事もチェックしてみてください。

爪とぎ対策だけじゃない! ペットと暮らすためのリフォーム・リノベーションは何をするべき?

あなたは犬派? 猫派? ウィズコロナ時代の理想的なペットとは

愛するペットのため、自分の好きなことのため――リフォーム、リノベの傾向が変わってきている?

地震対策になる

天井と高さが合わせられて安心

地震対策として、家具に転倒防止の突っ張り棒を設置している人も多いかもしれません。壁や床と一体化させたり、固定するデザインをオーダーすれば、家具の転倒を気にする必要がなくなるうえに見栄えもいいです。特に寝室に棚を造り付けるときは固定できるデザインにする方が安心です。

造作家具のデメリット

造作家具のデメリット

既製品と比べて費用や時間など手間がかかることなどデメリットもあります。それぞれについて詳しくみていきましょう。

既製品と比べると費用がかさむ

既製品と比べると費用が高額になってしまうのがデメリット。造作家具はこの世にひとつしかないオリジナル家具であるため、相場価格を把握しにくいという面もあります。依頼する業者によって費用が大きく異なるケースもあります。仕上がってみたら想定以上の費用がかったなどのトラブルを避けるため事前に複数の業者に相談するのがポイントです。

打ち合わせの手間がかかる、納期までに時間を要する

既製品はデザインの種類が限られ、見本品でイメージが湧きます。一方、造作家具は完成してからでないと実物を確認できないため、実際に部屋で使用するイメージがしにくいことも。参考になる品が身近にない分、色やデザインなど、自分好みのイメージを業者と共有するのに入念な打ち合わせが必要です。打ち合わせの時間や手間などに負担を感じる可能性も。

手に入りにくい素材や複雑なデザインの場合は工期が長くなることもあり、納期まで時間がかかる場合もあるので要注意。希望する造作家具に対応できる業者も限られていることもあります。業者探しの段階から含めると相応の時間や手間がかかることを想定し、スケジュールには余裕をもっておきましょう。

撤去工事が大掛かりになる

撤去工事が大掛かりになる

壁や天井・床に固定されることが多い造作家具は、撤去時に手間がかかることも。壁を壊すなど大掛かりな工事が発生するケースもあります。家族構成やライフステージによって住まい方が変わり、撤去する可能性がありそうな場合は、撤去するときの作業内容・費用などについても事前に相談しておくのがおすすめです。

造作家具の種類は大工工事と家具工事の2種類

造作家具を作る方法は大きく分けて「大工工事」と「家具工事」の2種類。大工工事と家具工事では、扱う材料や精度、仕上がりなどが異なります。それぞれのメリット・デメリット、コストなどを把握し、工事方法を選択する必要があります。

大工工事|リノベーションの現場で施工

大工工事|リノベーションの現場で施工

リノベーションの現場で、直接製作してもらうのが「大工工事」。板やパーツの状態の材料を現場に運びこみ、大工さんがその場でつくる形式のことをいいます。

メリット|空間の統一感を生みやすい。運搬・搬入の費用も抑えられる

現場で直接製作する大工工事は、誤差を生みにくく、壁や天井・床などにぴったり合わせたサイズで作れるという利点があります。塗装も現場で行うので、家具以外の場所との色味もぴったりと合わせることができ、部屋全体の統一感が出しやすいといえます。

材料の状態で運び込むため運搬コストが安いのもメリット。部屋のリノベーション工事の一環として作業費が割安になることもあり、比較的コストが低く抑えられるのがポイントです。

デメリット|工場で作るのに比べ、精度が劣る

工場に比べ現場では使える道具や機械、素材が限られます。そのため家具工事に比べるとやや精度が劣ることが多いのがデメリット。凝ったデザインや複雑な加工が必要な家具には不向きといえます。現場の状況に左右されるので、塗装などのクオリティも大工さんの力量に左右される可能性もあります。

家具工事|工場で作ったものを設置

家具工事|工場で作ったものを設置

家具工事は、家具工場や木工所で家具を造ってから完成品を現場へ搬入して設置する、という流れで行われます。工場でパーツまでを製作し現場で組み立てる場合もあります。

メリット|デザインや素材が豊富で、作りの精度も高くなる

工場は専門の設備が整っているため、現場では難しい精巧な家具をつくることが可能です。塗装などの仕上がりも、工場での作業となるので美しく均一に。素材の種類が豊富な中から選ぶことができるのもメリットです。現場ではしにくい複雑な加工ができるのでデザイン面でも希望をかなえてもらいやすいです。

デメリット|サイズ・色味の違いが生じる可能性。運搬などのコスト

特にサイズの大きい家具の場合、コストは大工工事に比べると高めになります。工場で製作した完成品の家具を搬入するため、現場への配送費や据え付け費などが発生する分、高くなりやすいです。微妙に色やサイズが違うという問題が起きる可能性もデメリットとして挙げられます。そのため設置スペースよりも少し小さめに設計し、現場で設置する際に微調整することもあります。

造作家具・インテリアの魅力的なアイデアや事例

造作家具をどう取り入れたらいいかイメージするには、おしゃれな事例は参考になります。キッチン、リビング、書斎・ワークスペース、洗面所、玄関、それぞれのリノベーション実例をみていきましょう。

造作家具の事例|キッチン

キッチン
omaisan_houseさんのインスタグラムより

料理グッズや食器、家電など、収納すべきものの量も種類も多いキッチン。毎日のことなので使い勝手の良さも求められます。必要な場所にぴったりとおさまった造作家具なら、調理の動線もスムーズで家事効率もアップさせます。

キッチンの造作、リノベーションの費用相場や施工事例についてもっと知りたい方は以下の記事もチェックしてみてください。

キッチンリノベーションのおしゃれなレイアウトとは?費用相場や施工事例を紹介

造作家具の事例|カップボード

カップボード
m_kfhomeさんのインスタグラムより

食器や家電など収納するものが多いキッチン。すっきり収納できるカップボードがあれば便利で安心。キッチンの棚はぴったりと合う既製品を探すのに苦労する方も多いです。造作家具なら収納の量や必要な作業スペースに合わせて作ることができます。カップボードは既製品でも高価なものが多く、シンプルな造作なら既製品とそれほど変わらない価格で設置できることも。

素材やデザインにこだわり、サイズも大きくすると値段は上がりますが、お気に入りの空間で作業をすれば毎日の食事の支度も豊かな時間になるでしょう。カフェ風やサブウェイスタイル、北欧風など、いろいろなインテリアがあります。

造作家具の事例|カウンター

ダイニングテーブルとカウンターを組み合わせたタイプ。作業動線を考えると、調理台としても使いやすい
ダイニングテーブルとカウンターを組み合わせたタイプ。作業動線を考えると、調理台としても使いやすい

配膳やキッチン道具の一時置き場などとして活躍するキッチンカウンター。造作家具なら形もサイズも自由自在です。朝食やお茶タイムにぴったりなコンパクトサイズから、パーティもできる広々サイズまで自由にデザインできるのがメリット。しっかりと食事ができるサイズのカウンターを設置し、ダイニングテーブルを置く必要がなくなれば、部屋を広々と使うことができます。

造作家具の事例|リビング(リビングダイニング)

飾り棚を取り入れたデザインにすれば、客間とLDKをゆるかに間仕切りできる

収納スペースはもちろん、インテリア小物をディスプレイしておける飾り棚などもほしいリビングダイニング。家具を置きすぎると空間に圧迫感が出てしまうので、壁面を有効活用したいリビングダイニングでも造作家具は大活躍。壁面収納などの大胆なデザインも叶います。

造作家具の事例|ダイニングテーブル・テーブルセット

素材・デザインを自分で選べるので、椅子のデザインがみんな違うという遊びを加えても、統一感のあるテーブルセットに
椅子のデザインをそれぞれ変えるという遊びを加えても、統一感のあるテーブルセットに

ダイニングスペースで大きな存在感を放つのがダイニングテーブルとテーブルセットです。食事で毎日使う場所だからこそお気に入りを選びたいものです。空間に合わせて2人暮らしのコンパクトサイズ、ホームパーティができる大型サイズなど、自由に選びやすいのが造作の魅力。

デザインや素材選びも大切なポイントで、特にリビングダイニングの場合、ダイニングテーブルの存在がインテリアの雰囲気を大きく左右します。木材の素材にこだわって床とテーブルの素材を合わせれば、装飾品がなくても洗練された落ち着きのあるリビングが手に入ります。

床・フローリングの模様替えについても詳しく知りたい方は以下の記事をチェックしてみてください。

無垢材フローリングの床にリノベーション。費用・価格の相場を解説

ダイニングテーブル・テーブルセット
atelier.itagakiさんのインスタグラムより

掘り炬燵風のダイニングテーブルが手に入るのも造作ならでは。畳みは和モダンなテイストや癒し空間を演出するのにぴったりで、このデザインなら正座が苦手な方がいても安心です。

造作家具の事例|デスク(リビングの壁面)

デスク
pumi0108さんのインスタグラムより

リビングダイニングにデスクがあれば、料理の合間にちょっとした作業ができたり、子どもが勉強するスペースなどにもなります。限られたスペースにジャストサイズな机は見つかりらなくても、造作なら、壁に机を造り付けることもでき省スペースのデスクが完成します。

また在宅で仕事をする時間が多い人にとって、快適なワークスペースがあるかどうかは仕事効率を左右する重要なポイント。書斎として広い一部屋が確保できなくても、部屋の一角にあるスペースを最大限に活用できる造作家具が、仕事環境を整えてくれるかもしれません。

造作家具の事例|TVボード(TV台)・壁掛けテレビ

TV台・壁掛けテレビ
_k3k1k5k_さんのインスタグラムより

TV台を選ぶときに考慮したいポイントは、テレビ周りをすっきりさせる収納力や、インテリアに調和するデザインや高さなど、多くあります。特に高さに関しては、ソファから見るのかテーブルからなのかでも必要な高さが変わってきて、既製品からしっくりくるものを探し出すのが難しいことも。壁掛けテレビも高さを選べてインテリアにもなじむ造作を選ぶ方も多いです。

造作家具の事例|書斎・ワークスペース

造作デスクにすると椅子の高さも自分に合わせやすいのもメリット。右下の空間はオーダーならではの猫用の寝室
造作デスクにすると椅子の高さも自分に合わせやすいのもメリット。右下の空間はオーダーならではの猫用の寝室

自分の趣味や仕事・作業のための空間である書斎やワークスペース。豊かな暮らしには欠かせないものです。自分の部屋を確保できるのなら、造作家具でとことんこだわるのもいいですし、個室を用意しなくても、スキップフロアや踊り場、通路などのスペースに造作で部屋っぽい空間づくりをするのもおすすめです。

造作家具の事例|本棚

本棚
unon.__さんのインスタグラムより

本が多い家庭にぜひ検討してほしいのが造り付けの本棚。背の高い本棚は、どうしても空間を圧迫してしまいがちですが、壁と一体化した造作家具なら自然にインテリアになじみます。家族の本を一か所にまとめて収納しておくことができる大容量の本棚も造作家具なら叶います。

造作家具の事例|デスク(スキップフロアなど)

デスク
nozo_no_ieさんのインスタグラムより

デスクはワークスペースの中心。造作家具なら限られた空間を最大限に生かせるようにジャストサイズなデスクが作れます。空間の効率化だけでなく、自分の身体のサイズに合わせたりして高さを調整すると作業中のストレスが減る効果も。

造作家具の事例|クローゼット

造作なら床や壁などと素材を合わせて統一感のある雰囲気に

大量の服を収納するために衣装ケースや仕切り棚を使って、クローゼットを隅々まで活用するのは大変です。服だけでなくバッグや小物類も一緒の空間に収納したいならなおのこと。クローゼットスペースに不満を感じているなら思い切って造作家具を検討してみては。ウォークインクローゼットやウォークスルークローゼットなど、大容量の収納を確保できるデザインで、まるでお店のように服をディスプレイすることも可能になります。

造作家具の事例|洗面所

洗面台横の壁になってしまう部分も収納スペースにすればすっきりした洗面所に

小物類も多く生活感が出やすい洗面所。身だしなみを整えるためのさまざまなグッズや洗濯用品、タオル類など毎日出し入れが必要なので片付きすぎていると不便なことも。家族全員が使いやすいスペースにするためには、収納スペースを確保しつつ清潔感を保てる空間が求められます。

造作家具の事例|洗面台

nanachaaoさんのインスタグラムより

洗面台は、既製品では一般的にそれほど多くのバリエーションがありません。造作家具なら、デザインのこだわりだけでなくライフスタイルに合わせて自由な場所に設置できるのもメリット。玄関に洗面台を設置すれば、帰宅してすぐに手洗いができる、なんてことも。洗面台自体の素材やデザイン以外にも、タイルや蛇口のデザイン・数などこだわれるポイントは意外にも多くあります。

造作家具の事例|玄関

玄関ベンチも人気な造作。サイズやでサインも豊富で、下の空間を収納スペースとして利用する方も
玄関ベンチも人気な造作。サイズやでサインも豊富で、下の空間を収納スペースとして利用する方も

住む人のライフスタイルや、センスがにじみ出る玄関。お客様が最初に目にする部分で、家の顔ともいえる重要な場所です。快適な生活環境づくりのためにも、整然と収納できるのが理想的。玄関の造作、リノベーションの費用相場や施工事例についてもっと知りたい方は以下の記事をチェックしてみてください。

玄関リノベーションアイデア集。費用や施工事例を紹介

造作家具の事例|収納棚・靴箱

見せる収納と割り切れば、むしろおしゃれな収納に。扉で締め切らないので出し入れしやすく通気性もいい
見せる収納と割り切れば、むしろおしゃれな収納に。扉で締め切らないので出し入れしやすく通気性もいい

下駄箱に靴が入りきらず、出しっぱなしになってしまうというのが玄関でありがちな悩み。所有している靴の数に対して収納が足りないケースも多いですが、造作家具で大容量の下駄箱を造り付けるという方法も。大容量なら靴だけでなく、カバンや帽子なども一緒に収納でき、出かける前の準備もスムーズです。

造作家具の価格|費用目安や工期・予算の把握方法

造作家具の価格|費用目安や工期・予算の把握方法

こだわりが詰まったオーダー家具は価格が高くなるイメージ。費用がかさみそう、と想像だけで敬遠するのはもったいないです。造作家具を費用の目安、工期や予算について紹介します。

リノベ初心者向け!中古物件購入+リノベーション講座をオンラインで実施中

造り付け家具の費用目安や工期|大きめの収納は15万~30万円が目安

造作家具の種類はさまざま。新築やリノベーションと合わせて靴箱・カウンター収納・本棚など大きめの収納を設ける場合、費用はそれぞれ15万~30万円ほどが目安。家具工事になるともう少し高くなるでしょう。小さめの棚なら10万円以下でつくれるケースも。

価格は家具の大きさ・素材・デザイン・工事の仕方で上下

大きな家具や複雑なデザインのものは価格は高くなる傾向に。素材にこだわって無垢材や大理石などを選ぶと予算を超える可能性も。予算に合わせて使用する材料を選べるという造作家具の利点を生かし、安い素材や工事で余った材料を使ってコストダウンするというアイデアもあるので最初に予算は伝えましょう。

工期はシンプルな収納棚などは一般的に2日ほどで終わり、相談しながら素材やデザインにこだわって製作すると、ダイニングテーブルでも1か月ほどかかることも。壁面を使用したロフトベッドなど部屋全体のインテリアに関わる工事などは1か月以上を覚悟しましょう。

デザインやサイズの希望を伝え、複数の業者に予算を提案してもらう

具体的に造作したい家具があるなら、複数の業者にサイズやイメージなどを伝えて相見積もりを比較することで相場をつかみましょう。造作費用は、受注の仕方や現場での作業の仕方などで変わってくるので、内訳も一緒に比べると、自身が求めるサービスに近づきやすくなります。

家具・インテリアの種類やこだわりに合わせて相談する業者を選ぶ

予算オーバーの際は、業者に相談してみると、素人が知らないコスパの良い素材やアイデアをもらえる可能性も。扉や引き出しの有無で値段を調整する方法もいい例です。人目に付きやすい場所と見えない場所などで優先順位決めながら扉をつけることで費用を節約できます。デザイン性のあるインテリアにしたいなら造作家具専門店、リノベーションと同時に造り付け家具を作りたいなら工務店やリフォーム専門店、といった候補が。費用以外に自身のこだわりも考慮しながら相談先を選ぶといいです。

家族全員が笑顔になる住まいに!ファミリーのためのリノベーション講座はこちら

リノベーションについても一緒に知りたい方は以下の記事をチェックしてみてください。

リノベーションの意味とは?リフォームとの違いを解説。おしゃれな施工事例を紹介

はじめてのリフォーム・リノベーション、どこから手をつけ始めるのが正解?

リノベーションの流れ。中古住宅のリノベーションで依頼主がすべきこと

リノベーションの無料セミナー【ショールーム&オンラインで開催】

公開日 2020年11月11日
更新日 2020年11月30日

販売中のおすすめリノベ物件