リビングはテレビとソファの配置場所が大事。おすすめのレイアウトを紹介

リビングはテレビとソファの配置場所が大事。おすすめのレイアウトを紹介

お気に入りの映画やドラマを長時間見ることも多いリビング。長く快適にそして居心地良くテレビを見るには、テレビとソファとの距離や配置がとても重要です。こちらでは、テレビとソファの配置やテレビを置く位置などについてまとめています。

テレビをリビングで快適に見やすくするポイントとは?

テレビを快適に視聴するためには、まずはリビングに家族の人数に合わせたソファや動線を確保することが大切です。ひとり暮らしならソファの数は自分+お客様用を考えればいいのですが、家族がいる、またゲストの出入りが多いなら家族の人数+お客様のためのソファスペースも考えておかなければなりません。

また住んでいる家族がスムーズに動けるだけの動線スペースも確保する必要があります。リビングの前を人がすれ違うための約60~120cmの空間を確保しましょう。家族がストレスなく移動できるだけのスペースを確保したうえで、ソファやテレビを設置するのが基本です。

テレビとソファの配置は「距離」が大事

ソファとテレビとの配置には距離がとても大切です。一般的には「テレビ画面の高さ×約3倍」が見やすい距離になります。テレビ画面の高さが1mあればソファまでの距離は約3mが最適です。狭いリビングに無理に大画面テレビを置くと画面全体が見にくくなり、目や首筋などに負担をかけることになります。こうなるとリラックスしてテレビを見ることができません。

ソファ背面からテレビボード背面までの最適な距離から考えることもでき、この場合、32~50インチのテレビであればソファ背面からテレビボード背面までの距離は約2.5~3mが最適です。

ソファは圧迫感のないものを選ぶのがポイント

背の高いソファは圧迫感があり、部屋が狭く感じられてしまいます。部屋を広々と見せるためにローソファや淡いカラーリング(オフホワイトなど)のソファがおすすめ。テレビ台を調整しテレビを低めに設置すれば画面も見やすくなり、部屋も広く感じられます。「リビングがやや狭い」という方は圧迫感の少ないソファを設置してみましょう。

テレビの「中心」が目線より下になるように配置

テレビの中心が目線より下にくるように配置すると、自然と顎が下がり、楽な姿勢で画面を見ることができます。逆にテレビの中心が目線より上にくる設置をしてしまうと、常に顎を引いて首をあげなければなりません。目線をあげる姿勢は首や背筋に負担を与え、長時間続けるうちに肩こりなどの原因になることも。

リクライニング付きのソファの場合は背面が下がるため、テレビ画面をやや上に持ってくると見やすくなります。リラックスしながらテレビ鑑賞するためにはソファの使い方や形状も配慮するとよさそうです。

テレビスタンドで見た目もスマートな設置に

テレビスタンドを使うと据え置き型のテレビ台を使う必要がなく、部屋がスッキリします。壁際にスタンドを置けばテレビが壁掛け型のように見えておしゃれ。スタンドそのものを移動させれば部屋の模様替えも楽々です。テレビ台は意外に場所をとるため、部屋全体をスマートに使いたい、スペース効率を考えたいならテレビスタンドを使うのがおすすめです。

リビングダイニングキッチン(LDK)を意識した配置を検討する

リビングダイニングは家族が集まる大切な場所。そのため家族の動線が遮られないように家具のコーディネートが重要になります。

・収納場所をできるだけテレビ台周辺に集める
・家族がスムーズに移動できる動線を意識する
・圧迫感のあるソファや大きすぎるローテーブルは置かない

リビングダイニングは収納スペースが限られるため、テレビ台はキャビネット型を選択しテレビ周辺に小物やDVD、プレーヤーなどをしっかり収納できるスペースを確保するのがおすすめ。収納スペースを集約することで余計な収納家具を設置することなく、スマートにLDKを使うことができます。

また、実際の生活シーンではテレビの前で周辺機器の操作・設置などの作業をしなければなりませんので、最低でもテレビの前に60cm以上の空間は確保したいところです。家族で住むのであれば、ソファとダイニングチェアとの間に1m前後の動線スペースを確保しないと住みにくくなってしまいます。大きなソファやダイニングテーブル、ローテーブルは場所をとり生活動線を圧迫するため、部屋の広さに応じた家具を選ぶのがベストです。

テレビのおすすめレイアウト実例

リビングの間取りに対してどのようにテレビを設置すればいいのか。窓から差し込む光の対策や、よりスペースを確保できるレイアウトを考えたい
リビングの間取りに対してどのようにテレビを設置すればいいのか。窓から差し込む光の対策や、よりスペースを確保できるレイアウトを考えたい

リビングにテレビを設置する場合、どのようなレイアウト実例があるのでしょうか。リビングに窓はつきものなので、窓とテレビとのレイアウト例やパターンを中心に紹介します。

窓に対してテレビを直角にレイアウト

窓に対してテレビを直角にレイアウトするパターンはかなり一般的で、多くみられるケースです。カーテンから入ってくる日差しが柔らかく、逆光にもならないため画面が見やすくリラックスできます。ただし光の入り方によっては画面が見にくくなるので適宜カーテンを閉めなければなりません。

テレビの正面側にソファを置けば、ソファに座ったまま視線を他に向けることなく真っすぐ画面が見えるので姿勢も楽。窓ガラスは結露することもありますが、窓ガラスの前にテレビボードを置かないのでガラスの結露ケアも簡単です。

窓の反対側にテレビをレイアウト

窓と並行してテレビを配置した場合、テレビ画面の正面に窓からの光が映り込むためカーテンを閉めるなどして対応しなければなりません。窓にブラインドを設置すると光の入れ方をかなり自由に調整できるので、カーテンよりも使い勝手がよいと感じる方も。時間帯によってはずっとブラインドや窓を閉めなければならない時間帯があるかもしれませんが、北側の窓であれば自然光が比較的一定で見やすい傾向にあります。

窓の手前にテレビをレイアウト

窓の手前にテレビを設置する場合、テレビ画面と窓の外の景色を一度に楽しむことができるメリットがあります。それと同時に窓から自然光が差しこんでくるため逆光になり、テレビ画面が見にくくなるデメリットになります。

窓には光を遮る遮光カーテンを取りつけ、テレビを視聴するときは窓を閉めるなど対策が必要です。とくに窓の対面にソファを設置する場合かなり画面が見にくくなるため遮光カーテンやブラインドは必須です。

部屋のコーナー部分を利用してテレビを斜めにレイアウト

部屋のコーナー部分を活かしてテレビを斜めにレイアウトすると、部屋の角というデッドスペースを有効活用でき、部屋全体に広がりをもたせることができます。ソファをどの位置に置いてもテレビが見やすく、ソファのレイアウトも自由自在。

窓の前にテレビを置くと窓ガラスの結露ケアがしにくくなりますが、壁際を活かしたレイアウトなら結露にもスムーズに対処できるメリットも。収納力のあるテレビキャビネットは設置できませんが、デッドスペース活用には最適です。

リビングにテレビを設置するときに注意すべき点

テレビを快適に視聴するためテレビや家具のレイアウトを考えるとき、避けて通れないのがテレビジャックや電源コンセントなどの位置です。テレビを希望する位置に設置したくても、電源やテレビジャックが遠いと自由にレイアウトできません。ここではリビングにテレビを設置するときの注意点をチェックしていきましょう。

テレビジャックや電源コンセントの位置を確認する

テレビを希望の場所に設置する場合、電源コンセントやテレビジャックの位置を確認することが重要
テレビを希望の場所に設置する場合、電源コンセントやテレビジャックの位置を確認することが重要

新居のリビングでまずチェックするのが電源やテレビジャックの位置。希望する位置に電源がない場合、延長コードなどを購入しなければなりません。コードが長くなると邪魔になり場合によっては転倒の原因にも。テレビを設置するときはまずテレビジャックや電源の位置を確認し、その位置をベースにして配置を考えるのが無難です。ケーブルを延長するときは床ではなく壁を伝わせるなどして歩行の邪魔にならないよう配慮するのが安全です。とくに高齢のご家族がいる場合、床のコードは注意しましょう。

ある程度のスペースを確保しておく

テレビを設置すると同時に、生活動線もしっかり確保することが大切です。テレビ台を設置し周辺機器を収納すると、機器の設定や操作、DVDやゲームの取りだしのためにテレビの前にはある程度のスペースが必要になります。

また、ダイニングとリビングの間に通路がないと過ごしにくく、家族が多ければ多いほど窮屈です。リビングダイニングが狭い場合はダイニングテーブルを小さくする、奥行きの狭いソファを設置する、テレビ台は使わずテレビを壁掛けにする、テレビスタンドを利用するなどの対策が必要です。

窓側に配置すると逆光になってしまうので注意

テレビを窓際に設置すると窓から入りこむ自然光が逆光となり、テレビ視聴に影響を与えます。とくに昼間、天気の良い時期は自然光の影響を受けやすいため、窓には遮光カーテンが必須です。

冬場になると窓ガラスは結露しやすいため、窓の水分をそのまま放置すると窓枠部分を傷める可能性がありとても危険です。窓側にテレビを配置するときは結露の有無をチェックしケアしやすいよう、窓とテレビとの間に一定のスペースを空けておくのがおすすめです。

テレビ周辺をおしゃれにする、インテリア選びのポイントは?

テレビはリビングの大切なアイテムのひとつ。来客者にとっても注目するポイントなので、できればテレビ周辺をおしゃれに演出したいもの。そこでテレビ周辺を演出してくれるテレビボードや照明、インテリア小物についてチェックしてみましょう。

テレビボードは「収納力」と「デザイン」にこだわる

テレビボードは大型家具、そのため部屋の印象を大きく左右します。木製素材のテレビボードであったとしても、ナチュラルブラウン、ダークブラウン、ブラック、グレーとカラーリングが変化するだけで空間の雰囲気が一変。素材はもちろん、色もインテリアに合った商品を選びましょう。

収納力は背の高いテレビボードほど高くなり、収納部に扉のついたものなら高級感もあります。ただあまりに背の高い大きなテレビボードは圧迫感を感じてしまうため、収納力にこだわらない方はロータイプのテレビボードやデザイン性を重視したものを選ぶと無難です。

テレビまわり用に間接照明を設置して雰囲気に変化を

テレビ周りに間接照明を設置して楽しむ方が増えています。最近は100均でもLEDライトが販売されているので、気軽にDIY感覚でテレビ周りを間接照明を設置できます。電球色の温かみのある色合いならリビングがあっという間に癒しの空間に。間接照明はテレビ台の下部やテレビ台の裏に設置することもできますが、天井に設置することもでき、おしゃれでスタイリッシュな印象になります。

観葉植物や小物を置いて機器周辺に自然なアクセントをプラス

テレビボードの上や棚部分、また床の上などに観葉植物やおしゃれなグラスなどを置くとナチュラルな雰囲気が楽しめます。テレビは無機質な家電なので植物があると雰囲気も優しくなります。とくにナチュラル系インテリアのリビングにはぴったりです。ただ、葉付きが良すぎると視界に入り邪魔に感じるのでできるだけ小ぶりの観葉植物を選ぶ、大きな観葉植物はひとつだけに絞るなど工夫が必要です。

壁掛けテレビを採用するメリット・デメリット

昨今ではより薄く、コンパクトな薄型テレビが人気となっている。大きな液晶を採用するなら部屋をすっきりと見せられる壁掛け設置を検討したい
昨今ではより薄く、コンパクトな薄型テレビが人気となっている。大きな液晶を採用するなら部屋をすっきりと見せられる壁掛け設置を検討したい

2011年地上波デジタル化に伴い、ブラウン管型テレビは一気に薄型テレビへ移行しました。どんどん薄くなっているテレビの利点を利用して、テレビを壁に掛けると部屋もすっきりして広々と感じられます。一般にはまだ馴染みの薄いテレビの壁掛けですが、ここではそのメリットとデメリットについて解説します。

メリット

テレビを壁掛けタイプにすると、部屋がすっきり見えて広く感じられるだけではなくさまざまなメリットがあります。日本は地震の多いエリアですが、やはり心配なのがテレビが落下する可能性。壁掛けテレビにすれば地震で転倒するリスクはほとんどなくなります。ほかにもメリットがありますので、ぜひチェックしてください。

地震に強く、子どもの手が届きにくい

壁に直接テレビを設置しているので、壁が崩れない限りは落下することはありません。大地震では台から落下して表面が割れるなどの被害が想定され大変危険です。また、小さなお子さんがテレビ台につかまって画面を叩く、倒すといったようないたずらのリスクもなく、ペットが無理にテレビに乗ることもありません。壁掛けテレビは地震はもちろん、お子さんやペットのいたずらを防ぐ安全な方法です。

壁面を設置することで、空きスペースを作れる

テレビを直接壁面に設置することで、床の上に空きスペースを作ることができます。一般的にテレビ台は奥行きが30~40cm程度はあるため、このテレビ台を取り除くだけでもスペース効率は大きくアップします。部屋の奥行が広がる分、大きめのテレビを設置できるのも嬉しいメリットです。

部屋がすっきりと見え、おしゃれな印象に

壁掛けテレビを設置したリビングはシンプルなインテリアになります。テレビは大型家電であるうえに、人の目線が集中するアイテムです。そのテレビが壁に収まっているとそれだけでコンパクト、おしゃれに見えてとても開放的です。

好きな高さに調節することが可能

本体を壁に固定する金具によっては、テレビの角度や方向が自由に変えられるものがあります。テレビ自体が動いてくれるので(首振りや上下方向)、見やすい場所にいちいち移動する必要はなくソファやベッドの上、椅子に座るなどさまざまなシチュエーションで視聴が可能です。しかし、重量が60㎏を超える、画面の大きさが55インチを超えるなど大型テレビの場合は固定式になる可能性があり、この場合は好きな高さに移動させることはできません。

DIYで設置することが可能

壁掛けテレビの金具はメーカー純正品と汎用品があり、テレビに合えばどちらを使っても構いません。汎用品は高額なものから安価なものまで幅広く揃っています。壁掛け金具の取り付け手順書が同封されており、それに従って壁に取り付ければすぐにテレビ視聴ができます。工具の扱いに慣れた方ならさほど時間はかからないはず。もちろん作業に自信のない方は業者にお願いすることもでき、超大型の重いテレビはできるだけ業者にお願いする方が無難です。

デメリット

リビングがすっきりと広く見え、スタイリッシュな壁掛けテレビですが、スマートな壁掛けテレビにもデメリットがあります。

賃貸の場合は壁に穴を開けることができない可能性がある

壁掛けテレビ用の金具は壁に取り付ける必要があり、原状復帰が基本の賃貸住宅の場合は設置できない可能性が高くなります。ただし金具のなかには普通のホチキスで止められるものもあり、この場合は原状復帰できる可能性もあります。もし、ホチキスで設置可能な金具があれば事前に業者の方と話をして施工方法を確認し、物件の管理会社に了解をもらえば施工できるかもしれません。

壁に穴を開けることで壁への負担、経年変化への対処

壁に穴を開けることで壁への負担は発生してしまいますが、エアコンを取り付けるのと同じでテレビを設置したからと言ってすぐにテレビが落下することはありません。もし専門業者に依頼すれば壁の強度を考えながら施工するため、壁が早く痛む、壁が弱くなるなどの心配は不要です。問題は個人がDIYで設置する場合。柱のない壁に金具を取り付ける、何度も失敗して壁に穴をたくさんあける、石膏ボードに施工するなどすると通常より早く強度が下がる可能性があります。

テレビ配線が丸見えになってしまう

壁付けテレビの悩みは配線が丸見えになることです。その対策としては以下があげられます。

・配線を壁の裏に隠す
・電源をテレビの近くに持ってくる
・配線をモールなどで隠す

見た目を第一に考えるなら配線を壁の外に配置するのがベストですが、この場合は電気工事や壁の工事が必要になり費用も時間もかかります。できるだけ安価に仕上げるなら配線をまとめてモールの中に入れ、壁に沿わせて隠すことです。モールは壁の色と同色にすれば目立たずスッキリ見えます。

プレーヤーやディスクなどの収納場所が別で必要になる

テレビを壁掛けにしてしまうとDVDプレーヤーや録画機器、ゲーム機の置き場がなくなってしまうのもデメリットです。この場合、これら周辺機器を新設した壁掛けシェルフの上に置けば床はすっきりします。

また、今まで使っていたテレビ台に周辺機器を収める方法も有効です。テレビ台の上にも空間ができるため、観葉植物や小物を置いてディスプレイ用としても楽しめますし、収納用のカゴなども設置できます。

一度設置してしまったら簡単に位置を替えられない

ビスを使用する壁付けテレビは一度設置すると簡単に位置を変えることができず、模様替えがしにくいのがデメリットです。そのため頻繁に模様替えしたい方は最初から壁付けテレビを選択しない、またはテレビを前後左右に動かせるアーム型金具を選ぶのが最適です。

現在、ホチキスで設置できる金具もありますので、この場合は壁をあまり傷つけることなくほかの場所に金具を設置できます。将来的に大きな模様替えをする、しないなども含めて検討してみてください。

◆こちらもおすすめ◆

✔︎ソファダイニングとは? 選び方、レイアウトのコツまで詳しく解説
✔︎一人暮らしの狭い部屋でもホームシアターは作れる!? 機材の選び方や注意点を紹介
✔︎おしゃれな部屋作りとは。必要な準備と大事な5つのポイント

公開日 2020年9月29日
更新日 2020年11月7日

#リビング

この記事をシェアする

Share on Twitter リビングはテレビとソファの配置場所が大事。おすすめのレイアウトを紹介 リビングはテレビとソファの配置場所が大事。おすすめのレイアウトを紹介

LogRenoveをフォローする

関連記事