理想叶える造作キッチン。オーダーメイドキッチンとの違いも解説

理想叶える造作キッチン。オーダーメイドキッチンとの違いも解説

健康的で豊かな生活を送るために、しっかりとした食事づくりは欠かせません。それだけに、キッチンにはこだわりたいという方も多いはず。新築やリフォームの際のキッチン選びにはさまざまな選択肢があります。とくに、好みや間取りに合わせて理想的な形に仕上げられる「造作キッチン」は高い人気を集めています。

今回は、造作キッチン・オーダーメイドキッチン・システムキッチンの違いや、造作キッチンのメリット・デメリットなどについて紹介します。

造作キッチン、システムキッチン、オーダーメイドキッチンの違い

キッチンの選択肢のなかでも代表的なのが造作キッチン、システムキッチン、オーダーメイドキッチンの3種類です。それぞれの違いを知り、最適なものを選びましょう。

工務店が設計する造作キッチン

造作キッチンは、一般的に工務店製作のキッチンを指します。間取りや好みに合わせて大工や建具屋、家具職人などに製作してもらいます。好みに合ったデザインにしたり、コンロなどの加熱機器や設備なども間取りに合わせて自由に選んだりすることができます。キッチンに対するこだわりが強い方におすすめです。

メーカーの既製品を選ぶシステムキッチン

工務店などに依頼して製作する造作キッチンに対して、既製品を選んで設置するのがシステムキッチンです。大手ハウスメーカーや工務店などでも広く採用されており、現在ではもっとも身近なキッチンのひとつです。

システムキッチンは基本的なレイアウトが決まっているため、設備について考える手間がかかりません。造作キッチンやオーダーメイドキッチンと比較すると工事が簡単で、コストを抑えられるメリットもあります。

また、システムキッチンにもさまざまな種類のものがあります。レイアウトを変更したり、オプションを追加したりして、好みのキッチンに仕上げることもできます。興味のある方は、システムキッチンメーカーのカタログを見てみましょう。

専門の業者に依頼するオーダーメイドキッチン

既存の部材を選び、組み合わせて作るオーダーメイドキッチン

よく造作キッチンと混同されてしまうのがオーダーメイドキッチンです。造作キッチンは工務店などに依頼してパーツからすべてを製造してもらいます。対して、オーダーメイドキッチンは、専門メーカーで用意されている部材を組み合わせて仕上げるのが特徴です。専門メーカーでは非常に豊富な部材が用意されているため、組み合わせのパターンは無数にあります。造作キッチンと同様に、工夫次第で理想的なキッチンが構築できます。

また、メーカーによって部材の規格が決まっているケースも多く、施工後のプラン変更や部材変更も簡単です。海外では昔から一般的でしたが、近年、日本でも人気が高まっており、専門のメーカーも増えています。

収納やカウンター…造作キッチンでこだわりの空間を実現

システムキッチンやオーダーメイドキッチンとは異なるメリットを持つ、造作キッチン。とくに料理好きの方にはおすすめです。ここからは、造作キッチンの魅力を詳しくお伝えします。

間取りの寸法にぴったり合わせられる

造作キッチンは、広々としたスペースがなければ設置できないとイメージされている方も多いかもしれません。確かに大きなサイズのキッチンを作ることもできますが、反対にスモールサイズのキッチンを構築できます。部屋の間取りの寸法にぴったりと合わせられるため、限られたスペースを無駄なく活用できます。

システムキッチンにもさまざまなサイズのものが用意されていますが、ある程度、規格が決まっています。間取りに対してジャストサイズで合わせられないケースも。オーダーメイドキッチンも自由度が高いとはいえ、部材のサイズが決まっているため、確実に間取りの寸法に合わせられるとは限りません。

造作キッチンの場合、それぞれの部材から製作することになります。そのため少々変則的な間取りであっても、ぴったりとサイズを合わせることが可能になるのです。間取りにあったサイズで作れるのでデッドスペースも生まれず、キッチンのスペースを最大限に活用できます。天板の高さやシンクの大きさも自由で、食洗機の置き場所などにも困りません。引き出しの中にゴミ箱を収納するスペースを作ることもできます。

デザインに統一感を持たせられる

造作キッチンは、リビングの造作家具と合うデザインに施工し、空間全体に統一感を持たせることも可能

サイズだけでなく、デザインの自由度の高さも魅力です。システムキッチンの場合、どうしてもデザインは限定的になってしまいます。オーダーメイドキッチンの場合は、デザインの自由度は高いものの、部屋の雰囲気にぴったりとマッチする部材を見つけられないケースも少なくありません。

造作キッチンであれば、素材や色など、好きなものを採用できます。たとえば、キッチンの雰囲気をリビングの造作家具と合わせて、空間全体のインテリアに統一感を持たせることもできます。機能性のみでなく、デザインにこだわりたいという方にも造作キッチンはおすすめです。

希望の面材を選ぶことも可能

システムキッチンやオーダーメイドキッチンの場合、選択できる素材が限られています。色を統一したとしても、材質が異なっていると雰囲気が違い、違和感があるというケースも少なくありません。造作キッチンであれば面材をはじめとした素材を自由に選択できます。たとえば、「本来水に弱い木材に、防水コーティングを施し使用したい」というオーダーも叶えられる可能性もあるのです。

要望に合わせた設備を設置できる

キッチンに求める設備は人によって異なります。レンジフードは安全に使用できるIHが増えていますが、従来のガスコンロの方が使いやすいという方も多いはず。魚焼きグリルや備え付けオーブン、食洗機、丈夫な天板なども、人によってキッチンに求める設備には違いがあります。

システムキッチンの場合、あらかじめ設置できる設備が決まっています。ワークトップの素材やコンロの種類なども限定的です。造作キッチンであれば、必要な設備を設置する前提での設計ができます。スペースが許せば必要な設備をすべて導入できます。キッチンの機能性を考えるうえで、設備はとても重要な要素です。より機能的なキッチンを求めるのであれば、造作キッチンはとてもメリットが大きいといえます。

造作キッチンのデメリット

続いては、造作キッチンのデメリットを紹介します。キッチンの種類を検討する際は、以下のようなポイントも考慮しましょう。

ショールームで現物を確認することができない

造作キッチンの最大のデメリットは、完成するまで現物を確認することができない点です。システムキッチンの場合、ショールームなどで実際に現物を確認できます。オーダーメイドキッチンの場合もサンプルが用意されているため、しっかりと完成像をイメージできるようになっています。

それに対して、造作キッチンの場合はあくまで図面での確認のみになります。最近ではコンピュータを使って、よりわかりやすく完成像を確認できるようにはなってきたものの、実際に完成してみると雰囲気やサイズ感が想像と違ったというケースも。造作キッチンの場合、一度完成してしまうと修正は難しく、費用も高額になる傾向にあります。設計段階でしっかりとデザインや使い勝手を確認しておくことが大切です。

工務店によっては対応できない可能性がある

近年ではシステムキッチンが主流なため、工務店やハウスメーカーでは造作キッチンに対応できないというケースも少なくありません。造作キッチンの取り付けそのものは可能であっても、デザインや形状などが制限されるケースもあります。これでは造作キッチンならではの自由度の高さが制限されてしまいます。

キッチンの製作や取り付けのみ、別の専門業者などに委託もできます。ただし手続きや打ち合わせが面倒で、余計にコストがかかってしまうことが多くあります。その場合、施工にあたる大工も変わるので、施工のクオリティにバラつきがでる可能性も。造作キッチンの製作に精通した工務店を探し、しっかりとヒアリングを受けることをおすすめします。

完成まで長い時間が必要

一から製作するため設置するまでの工程が複雑化し、施工が完了するまでの時間が長期化する

システムキッチンの場合、半完成品を組み立てて設置するだけなので、短時間で設置できます。電気や給排水の設備ができていればDIYでの設置も可能なほどです。専門業者に依頼すれば最短半日程度でも設置できます。

対して、造作キッチンは基本的に一から製作することになります。設計から製作、取り付けなどいくつもの段階を踏む分だけ、長い時間が必要となります。そのため、リフォームの場合、長期間にわたってキッチンが使えない状況になる点は注意が必要です。

価格が高くなりがち

最後のデメリットとして頭に入れておくべきなのが、価格が高くなる傾向にあることです。造作キッチンは、すべての部材を製作することになる分、コストがかかるのが基本です。

できるだけ安く済ませたい場合は、まずは比較的コストを抑えやすいシステムキッチンなどから検討してみましょう。なかなか理想的なものを見つけられないときは、造作キッチンの見積もりを依頼してみるのがおすすめです。

施工費用の目安

前述の通り、造作キッチンは比較的コストが高くなりがち。ただし、どんなキッチンにするのかによって予算は大きく変わります。ここでは造作キッチンの施工費用の目安を紹介します。

安く収められれば80万~150万円前後で可能

リフォームによって造作キッチンを取り付ける場合、最低価格は約50万円前後です。しかし、造作キッチンを選択する以上、使い勝手やデザインなどにもこだわりたいという方が多いはず。天板やシンク、設備や収納など、基本的な部分のグレードにこだわればそれだけ価格も高くなるため、最終的には80万~150万円かかると考えましょう。ただし、こだわりたい部分にはしっかりと予算を割いて、妥協できる部分は最低限のグレードに下げるといった方法で、ある程度費用をコントロールできます。

もし予算に余裕があるのであれば、使う頻度の高い天板やシンク、そしてキッチン用品や食器などをしっかりと収納できるキャビネットなどにこだわると、長く使い続けられるキッチンに仕上がります。また、最初の段階でしっかりとコストをかけておくと、メンテナンスも楽になります。長い目で考えると、かえって割安になるかもしれません。設置コストだけでなく、使う年数を考慮して、メンテナンスコストも視野に入れることが大切です。

◆こちらもおすすめ◆

システムキッチンとは?種類や収納スペースの特徴、リフォーム時の価格とその選び方を紹介

台所・キッチンのリフォーム、リノベーションの費用相場、注意点を紹介

公開日 2020年9月6日
更新日 2020年9月6日

#キッチン

この記事をシェアする

Share on Twitter 理想叶える造作キッチン。オーダーメイドキッチンとの違いも解説 理想叶える造作キッチン。オーダーメイドキッチンとの違いも解説

LogRenoveをフォローする

関連記事

アイランドキッチンとは?メリット・デメリット、よくあるQ&Aを紹介

対面キッチンのメリットとデメリット、インテリアレイアウトを紹介

ディスポーザーとは?後付けできる?仕組みやメリット、修理・交換方法まで徹底解説

値段が高いから憧れる? イメージ先行型のアイランドキッチンの実情

ホームシアターの費用相場はいくら?自宅で映像や音楽を楽しむための準備や注意点を解説

リビングに畳コーナーを作る。スペースを活用しておしゃれな間取りに大変身