玄関の顔「門扉(もんぴ)」とは?素材やタイプ、選び方を解説

玄関の顔「門扉(もんぴ)」とは?素材やタイプ、選び方を解説

門扉(もんぴ)とは住宅の正面出入口として設けられた扉であり、セキュリティやプライバシーを守る重要な役割を果たすだけではなく、訪問者に住宅の第一印象を与える点で「住宅の顔」「住まいの顔」とも言われています。門扉を設置する効果と合わせて、その豊富なデザインと素材、設置する際に注意すべきポイントなどを紹介します。

「門扉」とは?設置の効果とメリット

門扉の選び方ひとつで家の印象やセキュリティ面だけではなく、自分自身が帰宅した際に感じる雰囲気や気持ちの切り替えにも大きく影響する
門扉の選び方ひとつで家の印象は大きく変わる。自分自身が帰宅した際に感じる雰囲気や気持ちをイメージしながら選んでみたい

門扉とは、建物の出入り口として門に設けられた扉のことで「もんぴ」と読みます。道路と住宅との境界線に設けられる門の扉は建物の外観イメージを左右するいわば「住宅の顔」であり、建物を見たとき最も目につきやすい部分で、訪問者に住まいの第一印象を与える場所です。

どんな印象の家に見せたいか、門扉の選び方ひとつで大きく変わる重要なエクステリアのひとつ。そしてテイストはもちろん、開き方や機能、細かいデザインまでさまざまなタイプの門扉があります。門扉を設置する目的やメリット、特徴などについて紹介していきます。

防犯を目的とした設置

門扉を設置する目的のひとつが防犯です。簡単に乗り越えられる門扉に防犯の効果がどれほどあるか、と疑問に思う人も多いかもしれませんが、門扉の有無は住宅の防犯性に大きく影響します。門扉は住宅の敷地と道路の境目に設置し、侵入者を拒む役割があり、たった1枚の扉でも不審者の侵入率に影響するといわれています。

最近では、暗証番号で解錠できる機能を備えているものや、室内から施錠や解錠ができる電子がついたタイプも登場していて、防犯機能は日々進化しています。しっかりと施錠できる門扉を選ぶことでより安心感が高まるでしょう。

プライバシーを守るための設置

人通りの多い立地にお住まいの場合、門扉によって住宅と道路の間に境界線を設けることで、家族のプライバシーを守る役割を果たします。門扉の高さやデザインにはさまざまなタイプがあり、オープンかクローズドかを目的やイメージで選ぶことができます。

たとえば道路や隣家からの視線を気にすることなく庭や室内で過ごせる安心感を得るには、視線を遮るのに十分な高さと目隠し効果のあるデザインが最適。逆に、庭や建物を道行く人に見せるスタイルなら、低めの門扉で風や光を通すようなデザインがいいかもしれません。

注意したいのは、目隠し効果がデメリットになるケース。プライバシーを重視で敷地内が完全に見えなくなるデザインの門扉を設置すると、万が一門扉を乗り越えて侵入されたときに、不審者が外からの目線から隠れやすいのが難点です。

安全性を高めるための設置

小さい子どもやペットの飛び出しを防ぐことができるのも門扉のメリットのひとつです。門扉があれば、いったん立ち止まることができるので、子どもが勢いよく道路に飛び出して車と接触したり、ペットが勝手に敷地外に出て行ってしまうトラブルを防げます。特に交通量が多い道路に面している住宅の場合は、飛び出しによる事故の危険性が高いので安全性を考慮して門扉を設置すると安心です。

気持ちのオンとオフを切り替えるための設置

最近は、あえて門扉を設置しない家も増えてきていますが、住宅の敷地と外との境界線として門扉の役割は意外に大きいものです。門扉を入ればそこはプライベートな空間。敷地内でリラックスして過ごすためにも、内と外の空間を区別する門扉の設置がおすすめです。

門扉の「開き方」の種類

門扉の開き方には主に3種類のタイプがあります。玄関周りのスペースの広さや奥行き、使い勝手を考えて、ライフスタイルに合ったタイプを選びましょう。3タイプそれぞれの開き方の構造とその特徴について紹介します。

内開きタイプ

道路側から住宅側に向かって開くのが内開きタイプです。基本的に門扉は、内側、つまり住宅側に開くよう設置するのが一般的。多くの住宅で取り入れられているスタンダードな開き方で、広く普及しているのはこのタイプです。扉が開く分だけ、住宅側に奥行きを確保する必要があります。

外開きタイプ

内開きタイプとは逆で、道路側に向かって開くのが外開きタイプ。門扉を開いたときに敷地の外に出てしまう位置は、道路を歩く人や自転車などにぶつかる可能性があり危険です。内開きタイプに変更するか、門扉の取り付け位置を道路から住宅側に移動させるなど工夫が必要です。

引き戸タイプ

左右どちらか横方向にスライドさせて開閉するのが引き戸タイプです。内開き・外開きタイプのように住宅側や道路側のスペースを気にすることなく、玄関周りに奥行がない場合でも設置できるのが特徴。間口が広く開けられるので、ベビーカーや車いす、自転車などを頻繁に出入りさせたい家庭にもおすすめです。

門扉の主な仕様

門扉の開き方に加え、形状やデザイン、仕様によってさらにこまかく分類される。それぞれにメリットとデメリットがあるので門扉選びにおいては重要なポイントとなる
門扉は、開き方に加え、形状やデザイン、仕様によって細かく分類される。それぞれにメリットとデメリットがあるので門扉選びにおいては重要なポイントとなる

門扉は3種類の開き方に加えて、形状やデザイン、仕様によってさらにこまかく分類することができます。主な6種類の特徴とそれぞれのメリット・デメリットについて紹介します。

片開き

1枚の扉を片方にのみ開閉するのが片開きタイプ。間口が門扉1枚分しかないので、物を持っての出入りや大きな荷物や家具などを搬入する際に不便を感じることがあるかもしれません。

ほかのタイプと比べて比較的安価に設置できるので、予算が少ない場合はおすすめ。家の正面玄関の門扉よりも、勝手口など間口の狭い場所に採用されることが多いかもしれません。

両開き

2つの同じ幅の門が左右対称に開くのが両開きタイプ。多くの住宅で取り入れられている、よく見かけるタイプの門扉です。左右両方が動く仕様なので、開く側のスペースにゆとりがないと設置できません。片開きタイプよりも費用がかかりますが、門扉としてはスタンダードで、各メーカーの豊富なラインアップのなかから選べるというメリットもあります。

親子開き

両開きの門扉と似ていますが、片方の扉がもう一方より大きい形になっているものを親子開きといいます。普段は片方の扉は閉じたまま固定しておき、大きい方の扉のみ使うのが一般的。よく使う側の扉の幅を広くすれば出入りの際も余裕があります。大きな荷物を搬入したいときは両方の扉を開ければ両開きのように十分にスペースが確保できること、左右非対称であるデザインの美しさもあり、人気があるタイプです。

折り戸

門を開いたときに折り畳めるようになっているのが折り戸タイプ。全開したときに間口部が広くなるので、敷地内に車を入れるなどの場合は便利です。折れ方によって3枚折り戸、4枚折り戸といった呼び方をします。敷地の内側と外側、それぞれにあまりスペースがなくても設置することが可能です。

跳ね上げ門扉

跳ね上げ門扉は、上下に開閉するタイプで、簡易的な車庫によく使われる門扉です。扉を手で持ち上げる手動タイプと、リモコンやボタンを操作して開閉する電動タイプがあります。門が上下に移動するので、門扉の収納スペースが不要なのが特徴。開けたときに前後左右がすっきりしているので、出入りがスムーズにできます。

アコーディオン門扉

折り戸と似ているアコーディオン門扉は、伸縮式でアコーディオンのように折りたためるデザイン。伸縮門扉とも呼ばれます。車庫の入り口に設置されることが多く、前後に開閉するスペースがない場所で重宝します。

門扉の素材とデザインの特徴

素材や色など豊富なデザインが選択できる門扉。住まいの雰囲気にも大きく影響するので住宅の外壁やフェンスと合わせたコーディネートが必要
素材や色など豊富なデザインが選択できる門扉。住まいの雰囲気にも大きく影響するので住宅の外壁やフェンスと合わせたコーディネートが必要

さまざまな素材や色の種類がある門扉。選ぶときには、建物の外観とマッチするデザインをチョイスしたいところ。住宅の顔であり、住まいの雰囲気に大きく影響するので、フェンスや外壁ともうまくコーディネートする必要があります。

門扉の素材としては、耐久性に優れて軽量なアルミ形材やアルミ鋳物、ほかにも木製や鉄製のものなどがあります。見た目や機能性など、どのような門扉を選ぶべきなのか、主に門扉に採用される素材やデザインの特徴について紹介します。

アルミ形材

門扉にもっともよく使われる素材がアルミです。錆や腐食に強く、軽量であることから、扱いやすいことがメリット。飽きのこないシンプルさも魅力で、素材を生かしたスタイリッシュでシャープなデザインが豊富です。アルミ形材は、どんなスタイルの家も合わせやすいオールマイティな素材で、安価であるうえに長持ちするのも人気の理由です。

アルミ鋳物

アルミ形材と並んで人気なのがアルミ鋳物。アルミ形材と比べると価格は高めになりますが、デザイン性が高く、洋風の建築にも合う重厚感が特徴的。曲線や凹凸などを組み合わせた凝ったデザインも多く、高級感を演出できる素材です。エレガントでおしゃれなイメージもあり、レンガの壁などにもよく合います。

鉄製素材

ヨーロッパの古い邸宅をイメージさせるようなアイアンゲート。鉄製の門扉は輸入住宅などとコーディネートされるのをよく見かけます。重厚な印象の鉄製素材は、アンティーク調の住宅と相性ぴったり。海外の物件でもよく見かける鉄の門扉は、まるで映画のワンシーンのような情緒あふれる深みのある雰囲気を作り出してくれます。鉄なので、定期的にメンテナンスするなど、サビのケアが必要になります。

樹脂素材

ポリエチレンなどの樹脂系素材を利用したのが樹脂系の門扉。メンテナンスに手間がかからない扱いやすい素材です。木目調で天然の木に見えるものや、樹脂とアルミを組み合わせて強度を高めたものも。比較的どのようなタイプの住宅にも合わせやすく、ナチュラルでモダンなイメージのものが多く見られます。

木製素材

天然木ならではの優しい手触りや質感の木製門扉も人気。木製には、おもに針葉樹を使用した「ソフトウッド」と広葉樹を使用した「ハードウッド」の2種類があります。柔らかくさまざまなデザインに加工されるソフトウッド、硬くて丈夫なハードウッドそれぞれにメリットがあります。和風住宅はもちろん輸入住宅と合わせても存在感ある門扉が際立ちます。腐食しやすいなど弱点がありますが、最近では耐久性のあるタイプも増えています。

スチールメッシュ

カジュアルな印象のスチールメッシュ。日当たりや目線を妨げることのない開放感あふれるイメージの門扉にぴったりです。耐候性の低さがデメリットですが、格子やスリットなどデザイン性にも優れ、価格が安いことや、強度に優れていて加工がしやすいことなどがメリットです。

門扉に取り付ける「錠」の種類

セキュリティ面でも大きな効果を持つ門扉に取り付ける鍵は、複数ある種類から操作性や利便性などを考慮して選ぶことが大事
門扉に取り付ける鍵は、複数ある種類から操作性や利便性などを考慮して選ぶことが大事

門扉を選ぶ際は、見た目だけでなく実用性も大切。せっかく設置するのであれば、しっかりと鍵がかかるものでないといけません。門扉の鍵にもいくつか種類があるので、それぞれの特徴を紹介します。

スタンダードで安価な打掛け錠

門扉の鍵といえばこの打掛け錠をイメージする人が多いかもしれません。昔からよくあるタイプの鍵で、外側から開けるときはレバーを押し下げます。棒を回転させ、金具に引っ掛けることで施錠するタイプの鍵になります。比較的安価に導入でき、門扉としてはスタンダードなスタイルです。

操作が簡単なラッチ錠

操作のしやすさでいえば抜群にいいのがラッチ錠。外側からはレバーを押すだけで開き、内側からはレバーを引くだけで開くタイプです。ドアノブやバーハンドル、プレートハンドルなどがついています。

安全性の高い電気錠(電池錠)

セキュリティと利便性で選ぶなら電気錠(電池錠)がおすすめ。最近では、オートロックやタッチキー、暗証番号などの鍵を使わない方法で施解錠ができる鍵が増えてきました。リモコンをカバンの中に入れたまま近づくだけで解錠できたり、室内から施錠できたりなど、防犯性も抜群。鍵のかけ忘れもなくなるので便利です。

門扉を設置する際に注意すべきポイントとは

門扉を設置する目的やさまざまな素材や開閉の使用、鍵の種類について紹介してきましたが、リフォームで門扉を新たに設置する際、どのようなことに注意すればよいのでしょうか。自宅に合った門扉を見極めるコツを紹介します。

生活スタイルに合わせた実用性の高い門扉を選ぶ

門扉を設置したときの自分の行動を想像してみましょう。門扉をあけ、玄関まで移動するとき、逆に玄関から門扉までのアプローチや門扉をあけて出かけるとき……。道路から玄関までスムーズに移動できるでしょうか。

門扉の開きは基本的に内側ですが、敷地側に十分なスペースがあるか、スムーズに出入りできる間口が確保できるかなど、門扉の開閉の方向は慎重に検討しましょう。小さい子供や高齢者がいる場合はバリアフリーがいいかもしれません。家族構成やライフスタイルに合った住まいになるよう、無理のない門扉を選ぶ必要があります。

家全体のイメージに合ったデザインにする

実用性の高さは重要ですが、住まいの顔ともいえる門扉はデザイン選びもポイント。好みのデザインであることは大切ですが、建物のテイストと合うものを選ばないと、門扉だけが浮いてしまい不自然です。和風、洋風、シンプルから凝ったデザインまで、さまざまなデザインの中から、フェンスや建物の統一感、調和を考えながら選んでください。

門扉のお手入れ方法

おしゃれなデザインでも、汚れやサビなどがあると台なしです。門扉は雨や風にさらされるので、耐久性の高い素材が使われていることが多いのですが、やはり定期的にメンテナンスが必要。素材によって異なるお手入れ方法やタイミングを紹介します。

年に数回水洗いと拭き掃除をする(木製以外)

アルミ、鋳物、スチールメッシュ、樹脂など、木製以外の素材は、年に数回水洗いし、その後に拭き掃除をするのがおすすめ。中には中性洗剤を薄めた液体で拭くなどの方法を推奨しているタイプもあります。素材は日々進化しています。組み合わせ素材などの場合はお手入れ方法がそれぞれ異なるので、必ず説明書の指示に従うようにしてください。

木製の門扉は年に1度、再塗装する

木製の門扉は、腐食しやすいという弱点があります。経年劣化は味わい深さでもあるのですが、腐食を防ぐためには木材用の塗料を使用し、年に1回程度のペースで再塗装することをおすすめします。

紹介してきたように門扉には多種多様なタイプがあります。デザインや機能、お手入れのしやすさ、安全性やセキュリティなど、さまざまな面から考慮して、ライフスタイルに合った門扉を見つけてください。

◆こちらもおすすめ◆

✔︎外構・エクステリアリフォームの相場費用は?施工事例も併せて紹介
✔︎庭を駐車場にリフォームする方法。種類と費用相場、注意点とは

✔︎玄関のリフォーム・リノベーションの費用相場は?事例も紹介
✔︎土間のある家にリノベーション!玄関をおしゃれで機能的な空間に

公開日 2020年8月21日
更新日 2020年10月22日

#玄関

この記事をシェアする

Share on Twitter 玄関の顔「門扉(もんぴ)」とは?素材やタイプ、選び方を解説 玄関の顔「門扉(もんぴ)」とは?素材やタイプ、選び方を解説

LogRenoveをフォローする

関連記事