シェードとは?日差しをやわらげ快適空間に。種類や選び方、おしゃれな活用例を紹介

シェードとは?日差しをやわらげ快適空間に。種類や選び方、おしゃれな活用例を紹介

夏の日差しはとてもまぶしく、紫外線も強烈。室内に直射日光が入ると、室温も上がってしまいます。そこで活用したいのがシェードです。

シェードとは日除け用の大きな布のことで、日差しを遮り柔らかな快適空間を生み出すことができます。使い方次第ではおしゃれな雰囲気も演出できるため、夏場はぜひ活用したいアイテムです。今回はシェードの種類や選び方、おしゃれで実用的な活用例を紹介していきます。

シェードとは

シェードは本来、太陽光を遮ることでつくられる影そのもののことを指します。現在は、光を遮り、人工的に日陰を作るための布製の日除けをシェードと呼ぶのが一般的です。シェードには遮光性の高いシェードカーテンや、適度なそよ風を感じられるすだれなどさまざまな種類があります。機能性とデザイン性を両立したおしゃれなアイテムも豊富です。

シェードは日よけとしての効果が高く、真夏の日光にさらされたテラスと比べると温度差は20度近く違いが出ます。布1枚とはいえ、シェードがあるとないとではかなり差があるといえます。

シェードの機能

日除けとして利用されるシェードは布製ではあるものの、1枚あるだけで涼しさ、心地よさに大きな違いが出ます。実際にシェードはどのような特徴を持つのでしょうか。ここでは4つの機能についてご紹介していきます。

熱が室内に伝わりにくい

シェードに使われる布は断熱性が高く、太陽光に含まれる赤外線をやわらげる効果があります。たとえばオーニングタイプのシェードをテラスに取り付け、シェードカーテンを窓に取り付ければ日差しの熱を大幅にカットすることができます。

夏場はベランダやテラスが熱くなるとともに太陽光の照り返しで部屋の中も暑くなることがあります。シェードを取り付ければ適度な日陰ができて、快適な空間を作り出せます。室内が無駄に暑くならないため冷房の効きも良くなり、省エネにつながるのもメリットです。

紫外線をカットできる

紫外線は日焼けだけでなく、シワやたるみの原因になったり肌の老化や皮膚がんの引き金になったりもするといわれています。シェードは直射日光を防ぐとともに、紫外線をカットする効果が期待できます。UVカット効果で夏場も安心して過ごすことができるでしょう。

遮光性が高い

シェードは比較的厚手の布で遮光性も高く、夏場のまぶしい日差しがカットされます。適度に柔らかな光を通し、まぶしく強い光は遮断されるため、強い日差しにお悩みの方におすすめです。

また、近隣からの視線を遮断してプライバシーを保護するといった、目隠し効果も期待できます。

防水機能がある

シェードは、アイテムによっては布に防水加工がされており、雨除けとしても機能します。ベランダにシェードを設置しておけば、突然の雨でも洗濯物がずぶ濡れになるリスクが軽減されるでしょう。おしゃれな海沿いのカフェなどでは、日除けや遮光機能だけでなく防水機能を期待してシェードを設置している店舗も多いようです。

シェードの種類と選び方

シェードの一種であるすだれは、通気性が良く適度な明るさを保ってくれる
シェードの一種であるすだれは、通気性が良く適度な明るさを保ってくれる

シェードにはカーテンやテラス用のひさし、屋外用の日除けなどさまざまな種類があります。それぞれ特徴があるため、利用シーンごとに使い分けるといいでしょう。こちらでは、シェードの種類と選び方について説明します。

オーニング

オーニングタイプはベランダの壁などに設置するシェード。ベランダの日除けや雨除け、室内の目隠しなどの用途で利用されます。

オーニングには壁に直接取り付けるタイプと支柱を使う独立式の2種類があります。壁付けタイプは壁に太く強い柱が通ってないと固定できないものもあります。独立タイプにもいろいろな商品がありますが、簡単に設置したいときは支柱がつっぱり式になっており、軒下に固定できるものがおすすめです。

タープ

タープは元々、キャンパーたちの間で愛用されていた日除け・雨除け用の一枚生地です。テントよりも簡単に設置でき、広い面積をカバーできるため、食事をするテーブルの上などに設置されていました。もちろん今でもキャンプ用品として愛されていますが、最近では自宅用として使う方も増えています。

ウッドデッキに設置しておしゃれなくつろぎスペースを作ったり、自宅の外壁に引っ掛けたりして、テラスの日除けなどに活用してみましょう。

すだれ

強い日差しを遮断して日陰を作るという意味では、すだれもシェードの一種といえます。日本で伝統的に使用されてきた日除けアイテムで、軽く柔らかい光を通して、適度な明るさを保ってくれるメリットがあります。

隙間があるため防水性の面ではやや劣るものの、通気性が良く爽やかな風を感じることができます。また、軽いので持ち運びしやすく出し入れしやすいというメリットもあります。布製シェードとは違った魅力と味わいを感じられるでしょう。

室内用シェードカーテン

シェードカーテンはロマンシェードなどとも呼ばれています。一般的なカーテンとは違い、左右に開くのではなく生地を巻いて上下に昇降させるロールスクリーン方式を採用しています。

カーテン生地はさまざまなものを利用できるほか、お気に入りのデザインも選べます。シェードとしての機能性はもちろん、普通のカーテンとは一味違う見た目で、おしゃれなインテリアとしても活躍することでしょう。

オリジナルシェードを手作りする方法も

お好みのデザインや大きさのシェードカーテンがない場合は、自作してみるのもおすすめです。販売されているDIY用のキットセットを購入し、ミシンを使えば簡単にできあがります。

こういったキットセットにはカーテン生地やロール用の昇降コード、アジャスターフックなどが付属しています。もちろん、生地は自分で用意して好みの柄や材質のものを使うこともできます。

シェードの取り付け方

日差しを防ぎ、快適な夏を過ごすためには、シェードをしっかりと取り付けることが大切。正しく設置できれば、断熱性・UVカット・遮光性・目隠しといった、シェードならではの機能を感じることができるでしょう。ここでは、シェードを取り付ける際の注意点や方法について紹介していきます。

取り付け位置を決める

まずはシェードを取り付ける位置を決めましょう。例えば、オーニングであればベランダやテラスなどを見て設置可能なシェードのサイズを確認します。カーテンならば窓のサイズをチェックしておきましょう。

また、屋外用のタープやオーニングは設置部分の強度も重要になります。地面はしっかりしているか、壁の強度はあるかなども取り付け位置確認時に調べておいてください。

金具を取り付ける

シェード設置に必要な金具を取り付けていきます。金具にはいくつか種類があり、代表的なのが吸盤と釘で固定する吸盤フック、ジェルで固定し壁などを傷つけにくいジェルフック、強力な接着剤で固定する接着金具、定番の釘で固定する金具などです。これらは通販やホームセンターなどで購入できます。

それぞれの金具には接着に適した材質があるため、設置場所に合わせて選ぶようにしてください。

シェードを取り付ける

最後にシェードを取り付けていきます。シェードカーテンであれば面ファスナーで簡単に取り付けられる商品があるため、手軽に使いたい場合は活用しましょう。屋外用シェードであれば専用のクリップやフックで布を取り付けて風で飛ばされないようにします。

シェードのおしゃれな活用例

シェードは取り付けがそれほど難しくなく、日除けとしての効果も高いアイテムです。使い方によってはおしゃれな空間を演出することもできます。最後に、シェードのおしゃれな活用例を紹介していきます。

夏のテラスでのバーベキューに

__kmt.fam__さんのインスタグラムより

夏は野外でのバーベキューを楽しむのにぴったりの季節です。しかし日差しが強いと食材も腐りやすく、せっかくのドリンクも温くなってしまいます。日焼けの心配もあります。

そこで活躍するのが屋外用のシェードです。キャンパー御用達のタープを広げればテラスがちょっとしたキャンプ場に早変わりします。強い日差しを遮ることができるうえ、ご近所からの目隠しもできます。バーベキューを心ゆくまで堪能できるでしょう。

庭でのガーデニングも快適に

kobami_styleさんのインスタグラムより

暑い季節の庭いじりは、熱中症などのリスクを伴うことがあります。日中のガーデニング作業を快適に進めたいときは、屋外用の大きめのシェードを庭に広げてみましょう。適度な日陰ができるため、庭仕事もしやすくなるはずです。

テーブルと椅子に合わせたガーデンパラソル

mugi_tanさんのインスタグラムより

一風変わったシェードとしてガーデンパラソルもおすすめです。テラスに置いたテーブルや椅子とともにパラソルを設置すれば、南国チックな雰囲気や優雅なサマーバケーションを演出できるでしょう。テーブルや椅子、お庭の雰囲気に合わせたガーデンパラソルを選ぶのがポイントです。

小窓にシェードカーテンがぴったり

nu__.houseさんのインスタグラムより

シェードカーテンを小窓に設置すると雰囲気の良いインテリアになります。ロールスクリーンなら少しだけ開けて日差しを入れるといったように光量を調節できます。お部屋に光の演出や陰影をつけられるため、おしゃれな室内をつくりたい方にとくにおすすめです。

カーテンとお揃いの柄に

テラスやベランダに設置するオーニングは室内のカーテンとお揃いの柄にすると統一感が出ておしゃれ度が増します。同じ柄がなければ、色味を合わせる、生地の質感を同じものにするなどもおすすめです。オーニングとカーテンをお揃いにして、室内はもちろん、外観も含めたご自宅のトータルコーディネートを目指しましょう。

◆こちらもおすすめ◆

窓・サッシのリフォーム費用はいくら?内窓、二重窓や天窓など内容別に解説

庭のリフォーム費用相場はいくら?コンクリート工事や雑草対策の施工例を紹介

公開日 2020年8月22日
更新日 2020年10月22日

#バルコニー, #インテリア

この記事をシェアする

Share on Twitter シェードとは?日差しをやわらげ快適空間に。種類や選び方、おしゃれな活用例を紹介 シェードとは?日差しをやわらげ快適空間に。種類や選び方、おしゃれな活用例を紹介

LogRenoveをフォローする

関連記事