人感センサーは便利?機能や仕組み、ライトやヒーターなどの家電に後付けする方法を解説

人感センサーは便利?機能や仕組み、ライトやヒーターなどの家電に後付けする方法を解説

人感センサーは、照明などの電気機器を自動でオンオフできる便利な機能です。照明の消し忘れ防止にも役立ち、節電効果があるとして、導入する家庭も増えてきています。今回は人感センサーの仕組みや種類をご紹介するとともに、節電を始めとしたメリットとデメリット、後付け方法や注意点などを説明していきます。

そもそも人感センサーとは?

人感センサーとは人が発する熱などを検知して電気機器を作動させるためのセンサーです。たとえば自動ドアやトイレの水栓、照明などに使われています。人感センサーの多くは赤外線センサーが使われており、人が近づくとその熱(=赤外線)を検知して機器を作動させます。

この記事は会員限定です。

会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

新規登録の方はこちら

今すぐ登録

会員の方はこちら

ログイン

公開日 2020年8月13日
更新日 2021年1月18日

#費用, #照明

LogRenoveをフォローする

関連記事