ガスコンロの交換の目安は? 失敗しないために知っておきたい種類と選び方

ガスコンロの交換の目安は? 失敗しないために知っておきたい種類と選び方

ガスコンロは日常生活に必要不可欠です。ところが大事なガスコンロも10年以上使用すると「火がつきにくい」「火力が安定しない」「ガス臭さを感じる」など、異常を感じることが増えてきます。異常を感じながらも古いガスコンロを使っていると、不完全燃焼による一酸化炭素中毒や火事の原因になり大変危険です。

ガスコンロの異常を見つけたら、まずは使用年数や状況をチェックしてガス会社の担当者に相談してみましょう。このページでは、ガスコンロのタイプやガスの種類、修理すべきか取り替えるべきかの判断基準、取り換えにかかる時間などガスコンロに関する情報をまとめています。

ガスコンロのタイプ

ガスコンロにはいくつか種類があり、キッチンの形状に合わせたタイプを設置する必要があります。ガスコンロのタイプについてチェックしてみましょう。

据え置き型

据え置き型はテーブルコンロ台の上に直接置いて使うタイプです。ホームセンターや通販などでも多数販売されており、テーブルコンロの長さに合ったガスコンロを選んで購入すればOK。価格2万5000円前後の製品が多いようですが、なかには5万円を超えるものもあります。

コンロ本体とガスの元栓とをガスチューブで接続すればすぐに使えて便利。ガスチューブの接続は誰でもできますが、しっかり接続しないとガス漏れの原因になってしまうので注意してください。

ビルトイン型

ビルトイン型はシステムキッチンに組みこむタイプのガスコンロで、ビルトインコンロとも呼ばれています。据え置き型とは違い、キッチンとガス台との高さが同じになり隙間もないため見た目も美しく、掃除もしやすいタイプ。ビルトインタイプは据え置き型のように、商品を買ってきてキッチンのガス台にポンと置けばOKとはいきません。

コンロをキッチンから取り外す作業やガス管接続工事などもあり、有資格者が取り換え工事をおこないます。費用も据え置き型と比較しても高く、約5万円から30万円を超える製品までさまざまです。

ガスコンロ、IHヒーター

ガスコンロとIHヒーターはどちらがいいか?という話を耳にしますが、どのような調理を行うかによって答えは変わります。ガスコンロは強い火力であおりながら調理できる点やさまざまな調理器具が使える、停電しても使える、時間帯に縛られず使える(電気は時間帯により使用料が変化)などメリットもあります。IHも火を使わないため安全、天板がフラットなので掃除が楽、火力は液晶画面でチェックできるなどのメリットがあります。

高火力で中華料理を作りたい方、いろんな調理器具で料理を楽しみたい方はガスコンロ、高齢になり青いガスの炎が見えにくくなった、火を使うのが怖い方はIHと使い分けするのがベストです。

コンロ選びの際にチェックすること

ガスコンロが古くなり交換するとなれば、まずはキッチンのコンロ台サイズに合うガスコンロを選ばなければなりません。ここではコンロ選びの際にチェックすることをまとめています。

ガスコンロのサイズ

据え置き型のガスコンロの場合、基本サイズ、コンパクトサイズ、一口コンロと3種類あり、コンロ台の大きさに合う製品を購入しなければなりません。基本的なガスコンロのサイズは60cmですが、コンパクトサイズは56cm、一口サイズは30cm前後となっています。

まずはガスコンロを置くスペースを計測しましょう。

・ガス台のスペースが60cm以上あれば一般的なガスコンロを購入
・ガス台のスペースが60cm未満で56cm以上あればコンパクトサイズ
・ガス台のスペースがさらに小さい場合は30cmの一口コンロ

などキッチンのコンロ台の大きさを基準に、購入する製品を決めましょう。

ガスの種類

ガスは都市ガスとプロパンガスの2種類があります。都市部にお住いの方は地中に専用ガス管が通っている可能性が高く、そうでない方はプロパンガス(LPガス)が供給されている可能性が高くなります。ガスコンロを取り換える前に、契約しているガス会社が都市ガスなのかLPガスなのかを確認しましょう。都市ガスの主成分はメタン、LPガスの主成分はプロパン、ブタンです。

LPガスの方が火力が強いという特徴もあり、ガスコンロはそれぞれのガスに対応した機種を購入しなければなりません。ガステーブルやガスコンロに「12A」「13A」の記載があれば都市ガス用、「LP」とあればプロパンガス用のコンロになります。対応するガスを間違えてコンロを使うと、事故が起きる危険性もあるためコンロ購入時にはしっかりチェックしましょう。

ガスコンロのメーカー

ガスコンロのメーカーは、現在ノーリツ・リンナイ・パロマの3社があり、製品を供給しています。グリル機能の充実した製品、Siセンサーを搭載したもの、天板の掃除がしやすいなどさまざまな特徴があり、好みの製品を自由に選ぶことができます。

ただ都市ガス用とLPガス用で使える製品が違うこと、ビルトインタイプのガスコンロには60cmサイズと75cmサイズがあり、施工前にどの大きさのガスコンロをセットしてもらうか決めておく必要があります。

ガスオーブンの有無

自宅でガスオーブンを利用している方もガスコンロ同様、使い方や利用年数によってはガス漏れや不完全燃焼、ガス臭さ、異常音(振動音)、全面ガラスの割れなどトラブルが起きることがあります。なにか異常に気がついたらすぐにガス会社に連絡し、修理や交換などの対応をしましょう。異常サインが出ているのに無理に使い続けると、ガスコンロ同様、一酸化炭素中毒や火事などの危険性があります。

ガスコンロ交換工事の費用相場

据え置きタイプとビルトインタイプでは費用が異なる
ビルトインタイプは専門業者に取り換え工事を依頼する必要がある

リフォームなどでガスコンロを交換する工事費用はどの程度かかるのでしょうか?据え置き型の場合は、購入した後コンロ台に設置して終わるため、購入価格がそのままガスコンロ交換工事費になります。

ビルトインタイプの場合取り換え工事にかかる費用は約2万円で、これに新しいガスコンロの価格を加えれば合計金額が算出可能です。ビルトインオーブンの取り換えも同時におこなうと約5万円、ビルトインコンロとレンジフードを同時に取り替える場合は約6万円の取り換え費用がかかります。

人気メーカーの特徴とこだわり

国内ではリンナイ・ノーリツ・パロマの3社がガスコンロを製造しており、それぞれに特徴とこだわりがあります。各メーカーの特徴をチェックしてみましょう。

Rinnai(リンナイ)

リンナイはグリル機能を充実させており、水なし両面焼グリル・遠赤外線セラミックバーナー・オートグリル機能・連続オートグリル機能など多機能でさまざまな料理を作りたい方向きです。リンナイ独自のヒートオフ機能で従来品よりバーナー周りの温度が約66%低下。

煮こぼしが起きても焦げつきにくく、スモークオフ機能で魚を焼いても従来品より81%も煙をカットしています。さらにドイツ・ショット社製のエコガラスをトッププレートに採用しお掃除も楽々。

Noritsu(ノーリツ)

すべてのガスコンロにSiセンサーを搭載し、火事が起きそうなほど鍋が高温になるとコンロが自動消火。揚げもの温度調節機能やコンロ火力微調整など微妙な火力コントロールも可能で、お料理がちょっと苦手な方も失敗なく揚げ物が作れます。

機能性に加えてグッドデザイン賞を受賞した高級感あるデザイン性は、インテリアにも自然になじみ、キッチンの雰囲気をアップ。トッププレート部分に親水アクアコートを採用し、食材が焦げつきにくく水滴がふき取りやすいお手入れしやすいのも嬉しいです。

Paloma(パロマ)

パロマはガスコンロ表面にハイパーガラスコートトップを採用し、見て目にも美しいうえに汚れをサッと拭きとるだけでお手入れ終了。Siセンサーやコンロ・グリル消し忘れ消火機能、立消え安全装置、天ぷら油過熱防止装置など安全性能を向上させています。

もちろん水なし両面焼きグリルやグリルオート機能など、グリル機能も充実。バーナー部分はエコフラットバーナー、ツインシールドバーナーの2種類から選べます。

取り替える前に知っておくべきこと

ガスコンロの修理と交換の目安を知ろう
ガスコンロの修理と交換の目安を知ろう

ガスコンロの調子が悪いとき、頭をよぎるのはガスコンロの取り換え時期やその前兆です。ガスコンロの取り換えをおこなう前に、まずは以下のチェック項目をみながら取り換え時期を見極めましょう。

ガスコンロの取り換え時期

ガスコンロの取り換え時期について、以下の項目に複数当てはまるようなら要検討です。

・使用開始して10年以上経過している
・火力調整ができない
・いつの間にか火が消えている
・炎が安定しない
・炎の色が青ではなく、オレンジ色や黄色になっている(一酸化炭素が発生している可能性あり)
・バーナーが錆びて汚れがひどい
・ときどきガス臭い
・2008年以前のガスコンロを使っている(Siセンサーが搭載されていない可能性が高いため)

修理と交換、どちらがいいのか

修理と交換、どちらを選ぶのがいいのかはケースバイケースですが、すでに10年以上ガスコンロを使用している場合は要注意。一般的にガスコンロは10年が点検・取り換えの目安と言われています。もし修理しても再び別の部品が故障する可能性もあることから、新品への取り換えがベストです。

購入してまだ比較的日が浅く、部品の取り換えでまだ使える場合は修理する方がお得。修理と交換、どちらがいいかはガス会社の担当者やリフォーム業者と相談するのがすすめです。

取り換えにかかる時間

ビルトインタイプのガスコンロを取り換える場合、約2~3時間あればすべて完了します。事前にコンロのサイズを測定しなければなりませんが、工事自体は短時間で終了するので安心してください。もしガスオーブンや換気扇も一緒に取り替えとなるともう少し時間がかかりますので、個別施工会社に相談するのがおすすめです。

業者に依頼するときのポイント

ガスコンロの取り換えをリフォーム会社やガス会社に依頼するときは、以下のようなポイントに注意しましょう。

1.インターネットで探した業者は遠方からやって来るため出張費がかかる
2.地元で評判のよい業者を見つける
3.すぐに設置してほしいときは、同一業者でガスコンロを購入し設置してもらうと早い
4.トラブルが起きてもすぐ駆けつけてくれる業者を探す

できるだけ地元にある信頼できる業者を選ぶのがコツです。

業者に交換だけを依頼する

少しでも費用をカットしたいなら、通販や大手家電製品店で直接ビルトインガスコンロを購入し業者に依頼して取り付けてもらう方法もあります(このような方法を施主支給といいます)。この方法、業者にとっては商品の販売利益がゼロになるため喜ばれません。なかには露骨に「設置できません」と拒否されることもあります。

自分でガスコンロを購入し、施主支給で費用カットを狙うなら…

1.施主支給で施工してもらえる業者を探すこと
2.購入した商品が自宅のキッチンに間違いなく設置できること

この2点が重要になります。

アフターフォローがある業者にする

ガスコンロを新しく設置してもらったはいいのもの、異音がする、炎が安定しない、ガス臭い、炎が消えているなどトラブルが発生することもあります。そんなときすぐにガスコンロを調べ、必要な修理をおこなってくれる業者、アフターフォローのしっかりした業者を選びましょう。

すぐに対応してもらうためにも、地元の施工業者がベスト。もし友人や知人のなかにガスコンロの入れ替えをした方がいれば「どこの業者を使ったのか?近隣での業者の評判は?」などの質問をして情報収集しておくと安心です。

◆こちらもおすすめ◆

台所・キッチンのリフォーム、リノベーションの費用相場、注意点を紹介

公開日 2020年7月31日
更新日 2020年10月22日

#キッチン

この記事をシェアする

Share on Twitter ガスコンロの交換の目安は? 失敗しないために知っておきたい種類と選び方 ガスコンロの交換の目安は? 失敗しないために知っておきたい種類と選び方

LogRenoveをフォローする

関連記事