アイランドキッチンとは?メリット・デメリット、よくあるQ&Aを紹介

アイランドキッチンとは?メリット・デメリット、よくあるQ&Aを紹介

キッチンには様々なタイプがありますが、最近ではアイランドキッチン型が人気です。アイランドキッチンとは、どのようなキッチンなのか? この記事では、アイランドキッチンのメリットとデメリット、またカウンターテーブルや収納についても紹介します。

アイランドキッチンとはどんなキッチン?

アイランドキッチンのアイランドは英語で「島」という意味。つまりアイランドキッチンとは、部屋のなかで島のように独立した状態で設置されたキッチンです。シンクとコンロが一体化されたキッチンが島のように配置されているため、前後左右に一定のスペースが開いているのがポイント。できあがった食事を運ぶとき、最短距離でテーブルまで移動できて、食事の準備や片付けがしやすいメリットがあります。

料理を作っている間は、家族との会話がしづらく孤立しがちです。アイランドキッチンなら調理する家族の動きがわかりやすいため声を掛けやすく、孤立しにくいのも嬉しいポイント。家族や友達もキッチンの周りを自由に移動でき、一緒に食事を作ったり洗い物をすることもできます。リビングやダイニングの方に向けてキッチンを設置すれば、家族の動きや会話もしやすい。楽しみながら料理できることがアイランドキッチンが人気である理由のひとつです。

ペニンシュラキッチンとのちがい

左右のどちらかが壁に面したペニンシュラキッチンは、アイランドキッチンよりも省スペース
左右のどちらかが壁に面したペニンシュラキッチンは、アイランドキッチンよりも省スペース

アイランドキッチンとよく似た形のタイプで、ペニンシュラキッチンというものがあります。ペニンシュラキッチンのペニンシュラは英語で「半島」という意味。左右のどちらかが壁に面したキッチンを指し、アイランドキッチンを壁にピッタリ寄せたような作りになっているのが特徴です。アイランドキッチンほどの広いスペースを必要とせず、狭い部屋でも設置できるのが魅力です。

費用相場は、オプションなどにもよりますが、ペニンシュラキッチンがだいたい300万~420万円くらいなのに対し、アイランドキッチンがだいたい350万~550万円くらいと、一般的にはアイランドキッチンの方がやや割高になります。ただ費用の差だけでなく部屋の広さや予算、必要なオプションなどをよく考えて選ぶのが一番です。メリット・デメリットを比較し、慎重に検討しましょう。

ペニンシュラキッチンについて以下の記事で詳しく紹介しているので参考にしてみてください。
ペニンシュラキッチンのメリット・デメリットとは。別タイプの対面キッチンと比較

アイランドキッチンのメリット

アイランドキッチンには多くのメリットがあり、人気があります。それぞれチェックしていきましょう。

圧倒的な開放感

アイランドキッチンの大きなメリットのひとつが「周囲に壁や仕切りがない圧倒的な開放感」です。一般的な壁付けキッチンは、キッチンに立つと背後にいる家族と会話することができず、どうしても家事をおこなう人が孤立する傾向にありました。アイランドキッチンは対面式なのでリビングやダイニングで遊ぶお子さんの姿を見ながら、会話をしながら料理が楽しめます。またリビングの窓の外を眺めたり、テレビを観ながら調理をしたりと、気分転換をしながら楽しく過ごすことができます。

自由にレイアウトできる

アイランドキッチンは、壁に付ける必要がないためレイアウトの自由度が高く、スペースさえ確保できれば好みの場所にキッチンを配置できるのも大きなメリットです。アイランドキッチンを設置した背面の壁に食器や炊飯器、ポット、電子レンジなどの収納スペースを作ることもできます。また、アイランドキッチンにカウンターを設置してダイニングテーブルとして使用したり、一直線ではなくL字型など、形状も自由にできます。

部屋の空間、その広さや形状に合わせてキッチンをオーダーメイドすれば、我が家だけに特化した素敵なキッチン空間が実現します。オーダーメイドのアイランドキッチンは価格がアップしてしまいますが、キッチンは長い時間を過ごすことになる空間です。使い勝手と価格のバランスを考えて選びましょう。

間取りに対して対面キッチンを活かせる配置を考えよう

アイランドキッチンは設置の自由度が高いため、対面キッチンのメリットを最大限に生かせる配置を考えましょう。まず大事なのはDKやLDKの広さです。アイランドキッチンはある程度の広さがなければ回遊性のメリットが活かせません。そのためアイランドキッチンを設置したいなら、最低でもLDKの面積がだいたい8~10畳分は必要です。

狭い部屋にアイランドキッチンを導入したいなら、大きな家具(ソファーやリビングテーブル)を置かずにダイニングテーブルとキッチンをメインにする方法があります。どうしてもソファーとリビングテーブルが欲しい場合は、ダイニングテーブルを置かずに簡単なカウンターテーブル程度にして、食事はリビングテーブルでとるなど、間取りに対してアイランドキッチンがきちんと収まり、さらに生活しやすい配置を考える必要があります。

良い配置がわからないときは、リフォームを担当する施工会社に相談すると解決法を提示してくれることもあるので、相談することをおすすめします。

テーブルの置き場所を考えるのもアイランドキッチンの楽しみのひとつ

アイランドキッチンはキッチンの周囲をグルグルと周回できるため、家族の動線がぶつからずスムーズに動けるメリットがありますが、それを活かせる配置を考えなければなりません。アイランドキッチンとダイニングテーブルをどう設置するかで使い勝手が変わってきます。

回遊性を十分に発揮させるには、最低でもテーブルとキッチンとの間に90cm程度のスペースを開けましょう。自由な動線が確保でき、家族とのコミュニケーションが取りやすくなります。ただダイニングテーブルとの間に距離ができるため、できあがった食事を運ぶ、下膳するなどの家事動線が長くなる傾向にあります。

あえてダイニングテーブルとキッチンとの距離を離したり、アイランドキッチンにカウンターテーブルを置いたり、ダイニングテーブルをどこに置くか自由に考えられるのもアイランドキッチンの大きな魅力です。

コンロ・シンクに加えて作業台の配置も選べる

有名メーカーのアイランドキッチンはコンロやシンクの位置、作業台の幅などがあらかじめ決まっています。メーカーごとに使いやすいようにレイアウトされており、とくにこだわりがなければメーカーの販売するアイランドキッチンで十分でしょう。既製品であれば比較的低価格で購入できるのも大きな魅力です。

オーダーメイドのアイランドキッチンなら、コンロやシンクの位置や作業台の配置などを自由に設計でき、「自分だけ」のカスタマイズができます。作業台スペースを広めにしたい、シンクを大きめにしたい、キッチンにカウンター部分を作りたい、など自由度が高く、満足度も高くなります。その分価格もアップしてしまうので、予算内に収まるかどうか、事前に見積もりをとって検討してみましょう。

移動や作業を効率よくできる

島のように部屋の中に独立して存在するアイランドキッチンは、前後左右に遮る壁や仕切りがなく、周囲に周回するためのスペースがあるため、優れた家事動線が実現します。自由に食事や食器をダイニングに運ぶことができ、家事動線を短縮させることができます。

例えば家族がふたりで作業する場合も、片側が壁にくっ付いているペニンシュラキッチンでは動線が重なりふたりの動きがぶつかってしまいますが、アイランドキッチンなら動線が2通りあるのでそれぞれの動きに合わせて自由に移動できます。

キッチンの周囲に遮る壁や仕切りがないため、キッチンの前後左右から調理や配膳のための動きが可能で、従来のキッチンとは比べ物にならないくらいスムーズに動けるのが大きなメリット。複数人でキッチンを囲んで調理をしたり片づけをするときにも作業効率がよくなります。

複数人で一緒にキッチンに立てる

島のように室内に配置できるキッチンは、その周囲を家族や友人がグルグルと回遊できるため、誰でも気軽に料理作りや片付けに参加できる点は大きな魅力。友人や知人を招いてのホームパーティーや料理教室にも最適です。どの角度からでもキッチンスペースを覗いて作業の手伝いができ、複数人で作業を分担できるのはメリットになります。友人や知人を大勢招いてパーティーを開く機会が多い方はアイランドキッチンが最適です。

一度に多くの食材を調理しなけれならない状況でも複数人で作業できれば効率も断然アップ。料理教室を開催している方にもアイランドキッチンは最適です。周囲に仕切りがないため講師の手元や作業内容をきちんとチェックできます。生活スタイルだけではなく、家族構成や調理作業に関わる人数なども考慮して選びましょう。

おしゃれに見える

インテリアと融合したキッチンは美しく、日々の家事が楽しい時間に
インテリアと融合したキッチンは美しく、日々の家事が楽しい時間に

おしゃれな外見もアイランドキッチンの大きな魅力です。リビングダイニングに足を踏みいれたとき、独立したアイランドキッチンがあるとかなり存在感があり、来客者の目にも留まります。キッチンがどの角度からチェックしてもしっかり見えるので、素材に高級感がある、インテリアと同系色でまとめられていると室内に美しく調和します。使い勝手の良さに加えて、インテリアと融合したキッチンは愛着がもてるのも嬉しい点。日々の家事にもやる気が出ます。

アイランドキッチンは年々人気が高まっており、メーカー側も人造大理石シンクやハンズフリー水栓、キッチンコンセント、収納力のあるポケットなどの工夫でさらなる使いやすさを実現しています。使いやすいおしゃれなキッチンとしてアイランドキッチンが注目されています。

アイランドキッチンのデメリット

使いやすく存在感のあるおしゃれなアイランドキッチンですが、やはりデメリットもあります。これからリフォームでアイランドキッチンを導入しようと考えている方は、メリットとデメリットをしっかり比較してください。

設置するために広いスペースがいる

狭いLDKに無理やりアイランドキッチンを設置するとソファとキッチンとの距離が近くなり、キッチンの圧迫感でリラックスできない、ダイニングテーブルを置くスペースがなくなるなど思わぬトラブルも。使いやすいキッチンにするつもりが逆に使いにくく、さらに生活しにくくなってしまうとマイナスです。リフォームの前にアイランドキッチンを置いて動線が確保できるかどうか、確認してしましょう。

調理に集中したい人には不向き

アイランドキッチンは周りに手元を隠すカウンターが一切ありません。そのため調理時や作業中になにをしているのか、全部外から丸見えになってしまいます。プライベートな空間である自宅だからこそ「作業する姿を見られたくない」という方も。料理の上手い下手に関わらず、プライバシーを守りたい方にとってアイランドキッチンは不向きです。

調理中の手元を見られたくない方はアイランドキッチンを避けて、目隠し用のカウンター付きI型キッチンや独立型キッチンも検討してみましょう。とくにリビングダイニングと壁によって隔てられた独立型キッチンは、家族や来客の視線を完全に遮るため、調理や作業だけに集中できます。

窓や高性能な換気扇などにおい対策が必要

アイランドキッチンは周囲に壁がないため、調理中は十分な換気をしないと食材を焼いた匂いがリビングやダイニングに充満してしまいます。煙も部屋に流れやすく高機能換気扇を設置しないと部屋全体が匂うことに。とくにIHクッキングヒーターはガスに比べて上昇気流が弱く、湯気や匂いが部屋の中に広がってしまいます。部屋が匂うだけではなく、ソファーやカーテンに匂いがついてしまうリスクもあり調理中の換気はとても重要です。

アイランドキッチンを部屋に設置するなら、高性能換気扇は必須です。換気扇には「スタンダードタイプ」「センターフードタイプ」「サイドマントルタイプ」など種類がありますが、アイランドキッチンで使用できるのはセンターフードタイプ(天井取付けタイプ)になります。グリルのすぐ上の部分に換気扇が設置されたタイプが一番効率的に排気できるのでおすすめ。センターフードタイプに加えて吸い込み力の強くメンテナンスしやすい換気扇であれば申し分ありません。

システムキッチンの場合、レンジフードも選べるようになっており、色も統一され高機能商品も用意されています。加熱調理の状況をセンサーでキャッチして自動で風量を調整したり、ガスコンロが点灯すると同時にレンジフードが自動で運転を始めたりなどの便利な機能も。アイランドキッチンを購入するならレンジフードもしっかり選びたいものです。

散らかっていると目立つ

アイランドキッチンはすべての方向から丸見えなので、調味料やキッチン小物などを作業台に置いているとかなり目立ちます。せっかく見た目の美しいアイランドキッチンなのに、フライパンやフライ返しなどの調理器具、それに調味料などがゴチャゴチャしているのは避けたいところ。そのため日頃のマメな掃除はもちろん、収納スペースを確保することが重要です。

キッチンカウンターには収納のための引き出しが内蔵されており、取っ手をサッと引くだけで鍋やフライパン、ザルやお玉、調味料など必要な物が取りだせるようになっています。キッチンの反対側に食器を置くための収納棚を作る、飾り棚を作ってカップやティーカップをおしゃれに収納する、よく使う食材や買い置き食品はパントリーに収納するなどして、スペースを効率よく使いましょう。

汚れも目につきやすくなる

アイランドキッチンは周囲に仕切りや壁がないため、調理中の油はねが部屋に飛びちる、油煙が部屋に充満する可能性が高くなります。油煙は煙のなかに油分が含まれているので、煙に乗ってソファやカーテン、家具に油がつくことに。床や部屋の壁にこびりついた油は取りにくく、放置しているとベタベタ汚れの原因にもなります。シンク周りも洗い物をするすれば水はねで床が濡れる可能性もあり、水垢が心配です。

ワークトップはとくに汚れやすいため、人工(人造)大理石やセラミック、エンボス加工をほどこしたステンレスなどメンテナンスしやすい素材がおすすめです。コンロの前に油はね防止のパネル(オイルガード)の設置も検討しましょう。オイルパネルを設置すると油はね防止のほかにも、手元を適度に隠してくれる効果もあります。オイルガードを透明なもの、表面がすりガラス状になっているものなど、好みで選べるのが嬉しい点です。

壁付けキッチンより価格が高い場合がある

昔からある壁付けキッチンは安価でスペースをとらないことから今も比較的人気があり、新築やリフォーム時に導入されています。大量生産されるものほど価格が安くなるため、アイランドキッチンと壁付けキッチンの価格を比較するとアイランドキッチンの方が高い場合が多いので、予算をサイズやオプションを抑えるなど検討が必要です。ケースによってはオーダーメイドでアイランドキッチンを設置される方もいるため、価格がさらに上がる可能性も。見積もりをしっかり確認しましょう。

子どもがいる家庭は注意が必要

対面型キッチンは子どもの動きをキッチンから目で確認できるのがメリットですが、一方でキッチン周りをグルグル回遊できるため、簡単にキッチンスペースに入りこめるというデメリットがあります。もしグリルで調理中に足元にじゃれてきたら、包丁にいたづらしたら、と考えるだけでゾッとします。

対策として、調理中は子ども用の柵のなかにいれておく、2カ所にベビーゲートを設置してキッチンに子どもを入れない、引き出しにドアストッパーをつけて包丁など危険物を勝手に悪戯されないようにする、コンロのチャイルドロックはオンにするなどの方法があります。言葉が分かる年齢であれば「今お湯を沸かしてるから来ないでね」など、直接の声掛けもとても重要です。

アイランドキッチンのよくあるQ&A

リフォームの際は施工会社にしっかり相談することが、理想のキッチンを作る上で重要
リフォームの際は施工会社にしっかり相談することが、理想のキッチンを作る上で重要

リノベーションを機に憧れのアイランドキッチンを導入する方も増えています。アイランドキッチンを導入する際は、部屋の広さ・予算・臭いや油汚れ、水垢対策・子ども対策・収納スペース確保など、クリアしなければならない課題はありますが、その存在感や見栄え、使い勝手、コミュニケーションのしやすさ、動線の自由度など、かなりの魅力もあります。

アイランドキッチンのある賃貸物件はある?

人気のアイランドキッチンをそなえた賃貸物件は新築物件を中心に増えており、またアイランドキッチン仕様を理由に家賃が一気に上がるようなこともないでしょう。1LDKや2LDKの間取りにアイランドキッチンの物件が多く、この間取りの場合ひとり暮らしやカップルで住むには十分な広さがあります。新築賃貸物件の場合は、換気扇やパントリーなど、アイランドキッチンに必要な設備が揃っていることも多いので便利です。

リノベーション済みの賃貸物件で、アイランドキッチンをそなえているケースもあります。ただ当初施行されたキッチンが壁付けであった場合、リノベーションで後からアイランドキッチンに入れ替えていると収納スペースがない、または少ないなど暮らしてみると不自由する可能性があります。リノベーション物件は実際に内見してみて、収納スペースの確認や、冷蔵庫や食器棚を置く場所などを事前に検討しましょう。

アイランドキッチンをDIYすることはできる?

DIYが得意な人でも、キッチンのDIYは水道工事や電気工事を伴うためおすすめできない
DIYが得意な人でも、キッチンのDIYは水道工事や電気工事を伴うためおすすめできない

施工会社に依頼してアイランドキッチンにリフォームすると、どのようなグレードのキッチンにするかなどにもよりますが、約150万~300万円前後の費用がかかるようです。

DIYが得意な人なら、少しでも出費を減らすために、アイランドキッチンを自作できないかと考えるかもしれなせんが、おすすめできません。本体を作るのもかなり難儀ですが、給排水工事や排気工事など専門の施工会社に依頼しないとできない部分もあります。実際に自作したという例もネット上にはありますが、必要な部材をあらかじめ注文し専門会社のフォローを受けながら自宅で組み立てたケースが多く、ゼロから全部自分で作りあげるのは現実的ではありませんし、この場合も換気扇は専門業者に依頼しないと設置できません。

「どうしても自力でアイランドキッチンを作りたい」と考えるなら、フォローしてくれる会社に相談して、材料をあらかじめ用意してもらう方法が無難です。ある程度DIY慣れした方であれば自分で設計図を作り自作できるかもしれませんが、時間がかかるためリフォームが進まなかったとなると本末転倒です。

自分の手でつくったキッチンであれば、多少不便で不格好でも愛着が湧くと考える人もいるかもしれませんが、毎日キッチンに立つことを考えるとストレスになるでしょう。無理にDIYをするよりは、信頼できるリフォーム会社を探して、見積もりをしっかりとって、自分に合ったオプションや設備を精査することをおすすめします。

◆こちらもおすすめ◆

✔︎値段が高いから憧れる? イメージ先行型のアイランドキッチンの実情

✔︎キッチン・台所のリフォーム費用相場、高くなるケースと安く抑えるコツは?

✔︎対面キッチンのメリットとデメリット、インテリアレイアウトを紹介

✔︎「オープンキッチン」のレイアウトや特徴、メリット・デメリットを解説

✔︎オープンキッチンを目隠しするには? 手軽な目隠し方法やリフォームのアイデア

公開日 2020年10月5日
更新日 2020年10月22日

#リノベーション, #リフォーム, #キッチン

この記事をシェアする

Share on Twitter アイランドキッチンとは?メリット・デメリット、よくあるQ&Aを紹介 アイランドキッチンとは?メリット・デメリット、よくあるQ&Aを紹介

LogRenoveをフォローする

関連記事

対面キッチンのメリットとデメリット、インテリアレイアウトを紹介

ディスポーザーとは?後付けできる?仕組みやメリット、修理・交換方法まで徹底解説

値段が高いから憧れる? イメージ先行型のアイランドキッチンの実情

ホームシアターの費用相場はいくら?自宅で映像や音楽を楽しむための準備や注意点を解説

リビングに畳コーナーを作る。スペースを活用しておしゃれな間取りに大変身

理想叶える造作キッチン。オーダーメイドキッチンとの違いも解説