サブウェイタイルでキッチンや洗面所をリノベーション。費用や事例を紹介

サブウェイタイルでキッチンや洗面所をリノベーション。費用や事例を紹介

キッチンや洗面所のリノベーションをお考えなら、「サブウェイタイル」を活用するのはいかがでしょうか。アメリカ・ニューヨーク発祥のサブウェイタイルは、昨今人気のインダストリアルインテリア。カフェ風リビングには欠かせないタイル建材の一種です。今回は、サブウェイタイルの基礎知識やリノベーション時の費用相場、おしゃれな施工事例についてご紹介します。

サブウェイタイルとは?

サブウェイタイル(別名:メトロタイル)とは、アメリカ・ニューヨークの地下鉄で、1990年頃から使われ始めたタイルの一種です。同国の「サブウェイ・セラミック社」が製造・販売したことから、サブウェイタイルという名が付けられました。定番のモザイクタイル同様、インダストリアルインテリアの実現や、カフェ風キッチンのリノベーションに欠かせない建材です。

サブウェイタイルの標準サイズは、「横幅15cm×縦75cm」の長方形です。ホワイト系のベースカラーに黒色目地を合わせたタイルが多く、表面には美しい光沢が見られます。

また、サブウェイタイルのデザインバリエーションは非常に豊富です。くすみがかったブラウン系ならヴィンテージ風に、シンプルなホワイト系なら爽やかな空間になるでしょう。

目地色の組み合わせで印象が変わる

サブウェイタイルは、目地色の組み合わせでさまざまな印象を与えます。例えば、黒系の目地ならスタイリッシュで引き締まった印象に、赤・ピンク系なら華やかな印象になります。

また、ベースカラーに近い目地を合わせ、統一感を生み出すパターンもおすすめです。いずれもモノトーンカラーか、同系色の目地にすると綺麗にまとまるでしょう。

耐水性があり、水回りでの使用がおすすめ

キッチンや洗面所などの水回りには、耐水性・撥水性に優れるサブウェイタイルがおすすめです。スポンジで軽く擦れば油汚れや水アカが落ちるため、お手入れも楽になります。おしゃれな見た目に加え、機能性にも優れる壁材といえるでしょう。

サブウェイタイルでリノベするのにかかる費用

質感がリアルで、耐久性も高いため長期的に考えるとパネルよりもタイルがおすすめ
質感がリアルで、耐久性も高いため長期的に考えるとパネルよりもタイルがおすすめ

ここでは、サブウェイタイルのリノベーション費用をご紹介します。工事費用と本体価格にわけて解説するため、ぜひ参考にしてください。

タイルの工事費用は1㎡あたり約5000〜1万円前後が相場

キッチンリノベーションを例にすると、タイルの工事費用は1㎡あたり約5000〜1万円前後が相場です。これにサブウェイタイルの本体価格が加算されます。また、キッチンの壁材はタイルに加え、メラミン化粧板などのパネルも使用されます。それぞれのメリット・デメリットと費用感は以下の通りです。

タイルパネル
工事費用(本体価格除く) 約5000〜1万円前後/1㎡ 約 1万〜1万3000円前後/1㎡
メリット・意匠性の高いデザイン
・耐水性が高い
・防火性が高い
・豊富なデザイン
・清掃が簡単
・本体価格が安い
デメリット ・本体価格が高い
・ヒビ割れの恐れがある
・傷付きやすい素材もある
・質感はタイルに劣る

これまで、タイルの圧着には(※1)モルタルを使うのが一般的でした。しかし近年は、弾性接着材を用いる「接着工法(はるかべ工法)」も主流となりつつあります。最終的な仕上がりに差は生じませんが、どの工法で施工するのかも、知っておくと良いでしょう。

※1.モルタル……砂・水・セメントを混ぜた建築材料のこと。コンクリートとは異なり砂利が入らない。

サブウェイタイルの価格は1㎡あたり約4000〜1万5000円前後

サブウェイタイルの本体価格は、1㎡あたり約4000〜1万5000円前後です。これに施工費を加算すると、1㎡あたり約9000〜2万5000円前後でリノベーションできます。

例えば、一般的な対面キッチンの床面積は4.5帖(幅3.3m×奥行き2.1m)、天井を除く壁の面積は25㎡前後となります。したがって、この場合のリノベーション費用は、約22万5000〜62万5000円前後となる計算です。

リフォーム業者は複数社で見積もりを出して比較

リフォーム・リノベーション費用を抑えるコツは、複数の業者に相見積もりを取ることです。これは壁リノベーションに限らず、すべての住宅リフォーム・リノベーションに共通します。

リフォーム費用には定価が存在しません。たとえ同じ施工内容・施工宴席・材料・人員数であっても、業者によって見積もり金額が異なります。複数の業者に相見積もりを取れば、リフォームの相場感を把握できるとともに、各業者の良し悪しも見分けられるでしょう。

また、「リフォーム費用が安い業者=ベスト」とは限りません。工期やサービス内容、担当者の対応・レスポンスなどから比較し、もっとも信頼できる業者に依頼するのが理想です。

◆こちらもおすすめ◆

台所・キッチンのリフォーム、リノベーションの費用相場、注意点を紹介

 

洗面台・洗面所のリフォーム、リノベーションの費用相場は?

 

<<「リノベの費用」について解説!>>

✔︎【リノベにかかる費用】新築マンションを買うより、中古マンションをリノベしたほうがお得ってホント?

 

✔︎リノベーションの費用と内訳。中古マンションをフルリフォームするといくらかかる?

 

✔︎【リノベのローン】リノベーション代も住宅ローンにコミコミでOK?

公開日 2020年6月20日
更新日 2020年10月22日

#リノベーション, #キッチン, #洗面所

この記事をシェアする

Share on Twitter サブウェイタイルでキッチンや洗面所をリノベーション。費用や事例を紹介 サブウェイタイルでキッチンや洗面所をリノベーション。費用や事例を紹介

LogRenoveをフォローする

関連記事