リノベーションの見積もりの取り方とは?見積書の見方やポイント、相見積もりを取る際の注意を解説

リノベーションの見積もりの取り方とは?見積書の見方やポイント、相見積もりを取る際の注意を解説

自宅をリノベーションする際、欠かせないのが見積もり。とくに見積書は安心して依頼できる業者を選ぶための判断基準となります。

リノベーションの見積もりには、「概算用見積もり」と「最終用見積もり」の二種類があり、それぞれの役割が違います。

今回は、二種類の見積もりの注意点、見るべきポイントなどを紹介します。

概算見積もりと最終見積もりの違い

リノベーションは実現する間取りやデザイン、設備のグレードに応じて工事内容が変化するため、依頼前に詳細な見積もりを作成するのは現実的ではありません。

実際には、会社を選定した後に最終用見積もりを提示するのが一般的です。

概算用見積もりの段階では依頼者側も具体的なイメージを持っていないことも多く、詳細な見積もりを出すのが難しいという一面もあります。

この記事は会員限定です。

会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

新規登録の方はこちら

今すぐ登録

会員の方はこちら

ログイン

公開日 2020年11月10日
更新日 2020年12月28日

この記事をシェアする

Share on Twitter リノベーションの見積もりの取り方とは?見積書の見方やポイント、相見積もりを取る際の注意を解説 リノベーションの見積もりの取り方とは?見積書の見方やポイント、相見積もりを取る際の注意を解説

LogRenoveをフォローする

関連記事