平屋リノベーションの費用相場とおしゃれなアイデア|注意点やDIYのコツも

平屋リノベーションの費用相場とおしゃれなアイデア|注意点やDIYのコツも

「平屋住宅」は、近年住まいにこだわる人々から注目され、人気を集めています。こちらの記事では、平屋のリノベーションについて紹介します。壁紙や床の張り替え程度の簡単なリフォームであれば、賃貸住宅でも実現可能です。おしゃれな平屋で憧れのスローライフを叶えましょう。

平屋リノベーションの費用相場

平屋をフルリノベーションする場合、費用相場は500万~2000万円が目安です。施工内容により価格が大きく変わるため、建物の状態に合わせて必要な工事を検討しましょう。

次に、施工内容ごとのリノベーション費用相場を紹介します。

戸建て物件をすでにお持ちの方向け無料相談会|住みやすい自宅へリノベーション

内装リフォーム(壁紙張り替え)

平屋の内装リフォームでは、壁紙や床の張り替えなどを行います。内装のみのリフォームであればそれほど大きな費用は発生しません。老朽化した壁紙や床材を交換すると、清潔感がアップするだけでなく、空間のデザイン性アップにつながります。リノベーションでインテリアコーディネートを楽しむなら、内装リフォームを是非検討しましょう。

水回りリフォーム(キッチン・トイレ・浴室・洗面所)

水回りリフォーム(キッチン・トイレ・浴室・洗面所)

水回りは、住まいのなかでも水濡れによる腐食や劣化が起こりやすい部分です。リフォームにかかる費用は全体から見ても多くを占めますが、万が一水回りのトラブルが発生すると、修理費用もかさみます。腐食や劣化は、目に見えない部分で進行している恐れがあります。

とくに築年数の長い平屋のリノベーションでは、水回りを万全にリフォームしておくと安心です。さらに、水回りに最先端の設備を導入すると、節水や省エネの効果が期待でき、長い目で見て水道光熱費の節約につながるのもメリットです。

外観(外壁・屋根)リフォーム

建物の外壁や屋根は、厳しい自然環境から建物を守る大切な役割を担っている部分です。外壁や屋根に劣化や亀裂などの問題があると、雨水が侵入して構造の劣化につながるリスクがあります。工事にはまとまった費用が必要ですが、築年数の長い平屋をリノベーションするなら、外壁と屋根のリフォームを行うことをおすすめします。

外壁リフォームについては、こちらの記事も参考にしてください。

外壁のリフォーム費用相場は? 工事の種類別に解説

増築・減築リフォーム

平屋の建物の床面積をより広くする増築や、もともと2階建ての建物を平屋にする減築を行います。増築と減築は同時に行う選択肢もあります。掃除や管理の手間を減らすために、あえて減築を行って床面積を狭くするのもひとつの手です。現状の平屋の床面積をライフスタイルに合わせて変えたいときに検討しましょう。

耐震補強・断熱リフォーム

耐震補強・断熱リフォーム

平屋の建物が老朽化している場合は、耐震や断熱のリフォームも必要です。日本は世界的にも大地震のリスクが高いため、対策を済ませておきましょう。

また、断熱リフォームは冷暖房効率を高め、快適な空間づくりに役立ちます。省エネ効果が期待でき、光熱費の節約につながるのもメリットです。料金は施工内容により異なりますが、高額な費用が発生する可能性があるため、予算に合わせて検討しましょう。

間取りの変更リフォーム

現状の平屋の間取りがライフスタイルに合わない場合には、間取り変更のリフォームが可能です。ただし、建物を構造部分まで解体するスケルトンリフォームは、工事が大規模で費用も高額になります。

一方で、水回りの位置を変えるなど、自由度の高い設計ができるのがメリットです。フルリノベーションの機会には配線や配管の見直しを行い、古くなった設備を交換することができます。

平屋リノベーションの費用については、こちらの記事も参考にしてください。
平屋リフォーム、リノベーションの費用相場は?事例を紹介

平屋リノベーションのおしゃれなアイデア

こちらでは、平屋リノベーションのおしゃれな実例を紹介します。

曲線を描いたデザインと収納力を兼ね備えた玄関

日本の伝統的な民家である平屋を、リノベーションによってモダンに仕上げることが可能です。現代的な曲線の要素を採り入れると、デザイン性の高さが光る唯一無二の住空間に。リノベーションのメリットを生かした家づくりをしましょう。

天井の梁と柱にタイルがマッチしたリビング

平屋のリノベーションでは、幅広い素材を自由に取り入れられます。元の住居の良い部分を生かしつつ、自分好みのアレンジを加えてみましょう。あたたかみを感じる木材の梁と柱はそのままに、クールなタイルを採用すれば、カフェのようにおしゃれな空間の完成です。

ヴィンテージファブリックのソファを置いて、西洋モダンな雰囲気に

リノベーションをした平屋にヴィンテージやアンティークの家具を合わせると、タイムレスな魅力を放つ空間に仕上がります。とくにリビングの主役となるソファは、住まいの雰囲気を作るための大切なポイントです。自分好みのファブリックでコーディネートしましょう。

白い壁紙とナチュラルウッドのテーブルが主役の明るいダイニング

家族の団らんの時間を楽しめる平屋には、ナチュラルスタイルのインテリアがよく似合います。壁紙や天井はホワイトを基調とすると、空間が広々として見えるためおすすめです。ダイニングにはナチュラルウッドのテーブルを置いて、生き生きとした雰囲気を作りましょう。

平屋のメリット・デメリット

平屋とは、1階建ての建物を指します。かつて日本の民家の多くは平屋でした。昨今では限られた土地を有効活用する目的から、2階建てや3階建ての住宅を建てるのが一般的となっています。

その一方で、平屋ならではのメリットを求めて、住まいにこだわる方はあえて1階建てを選ぶケースもあります。平屋がの良さが改めて注目され、人気を集めています。

平屋に住むメリット

1階建ての平屋に住むと、以下のようなメリットがあります。

階段がなく、移動がしやすい

階段がなく、移動がしやすい

1階建ての平屋には階段がなく、建物内で上階と下階を行き来する必要がありません。一般的な住宅では、リビング・ダイニング・キッチン・寝室・トイレ・洗面所・風呂といった各部屋が、上階と下階に分かれて配置されていることが多く、移動の手間がかかります。それに対して平屋は、スムーズに各部屋へ移動しやすいのがメリットです。

階段のない間取りで、転落・転倒の危険性がない

平屋の建物は、高齢者の住まいにも適しています。階段がない間取りのため、段差の踏み外しによる転落や転倒といった、大きなケガをする心配がありません。高齢の家族がいる場合や、長い目で見て住まいを選ぶ場合、安心して暮らしやすいという魅力があります。

地震の揺れに強い

地震の揺れに強い

平屋は階数の高い建物と比べると、地震の揺れに強いのが特徴です。構造がシンプルで、高さが低いことから、揺れによる建物への負担が少なくなります。ただし、築年数の長い建物の場合には、構造や素材が劣化している恐れがあります。その場合は、地震に強い傾向にある平屋でも、耐震補強の工事が必要です。

家族間のコミュニケーションがスムーズ

平屋には上階がないため、家族全員が常に同じフロアにいる状態です。同居している家族とコミュニケーションを取りやすく、どこにいても人の気配を感じられるのがメリットです。

昨今では、平屋のリビングをLDKにして開放感を確保しながら、家族の団らんを楽しめる間取りに人気があります。ライフスタイルに合わせて検討しましょう。

平屋のメンテナンス費用は抑えられる

戸建住宅を購入すると、築年数が長くなるにつれてメンテナンス費用が発生します。このとき、平屋なら2階建てや3階建てと比べて安い費用で修繕が可能です。外壁塗装では、面積が少ない分だけ塗料や外壁材の費用が下がり、さらに足場の設置も不要です。長い目で見てメンテナンスの予算を抑えられるのが大きな魅力です。

「賃貸の平屋」でスローライフが実現

「賃貸の平屋」でスローライフが実現

かつては国内にも多く見られた平屋。郊外にはまだ多くの平屋物件が残されています。なかにはリーズナブルな賃料で貸し出されている物件もあるため、憧れの土地で理想に合う物件を探してみましょう。比較的人の少ない地域で、マイペースにのんびりとスローライフを実現したい方に最適です。

平屋に住むデメリット

平屋は建物が低いことから、以下のようなデメリットもあります。

目隠し・防犯対策が必要

建物の1階部分は、不審者が容易に侵入できます。平屋では1階の窓や扉が多くなるのに備えて、防犯対策を行う必要があります。センサーライトやセキュリティシステムを導入したり、防犯砂利を敷くといった対策をしましょう。また、目隠しの塀を設置する場合は、侵入者が身を隠しにくい設計に工夫することがポイントです。

床上浸水すると、逃げ場がなくなる

上階のない平屋は、水害が発生した場合、逃げ場がないのが欠点です。とくに、台風などによる豪雨で大規模な水害が起こると、建物の2階部分まで床上浸水するおそれがあるため、注意が必要です。平屋を建てる前に必ず地域のハザードマップを確認し、水害のリスクがあるエリアは避けましょう。

平屋はプライバシーの確保が難しい

平屋はプライバシーの確保が難しい

上階のない平屋では、すべての部屋が1階に存在するため、住まいのプライバシーを守るための目隠し対策が不可欠です。建物の1階部分は人通りが多く、屋外からの目線が届きやすくなります。

道路に面した位置にどの部屋を配置するか、敷地内のどこに、どの方向で住居を配置するか、プライバシー確保のための工夫が必要となります。

日当たりの確保が難しい場合もある

2階建てや3階建ての建物が多いエリアでは、周囲の建物に日差しを遮られ、高さのない平屋では日当たりの確保が難しい場合があります。その際は、建物に採光のための天窓を設置したり、中庭を作ったりすると日当たりを確保しやすくなります。すでに土地が決まっている場合には、建物の設計や間取りで工夫しましょう。

税金が高くなる可能性も

一般的な2階建てや3階建てと同じ延床面積の平屋を建てると、その分広い土地が必要となり、固定資産税が高くなる可能性があります。同様に、同じ延床面積の場合、平屋は2階建てや3階建てよりも屋根や基礎などに多くの材料が使われることから、建物の資産価値が高く評価されます。税金が高くなるケースがある点に留意しましょう。

リフォーム・リノベーションにかかる「お金」の基礎知識セミナーをオンラインで開催中!

中古の平屋をリノベーションする際のポイント

中古の平屋をリノベーションする際は、以下のポイントを押さえて施工しましょう。

「水回り」の間取りは1カ所にまとめると配管がスムーズ

キッチン・浴室・洗面所・トイレといった水回り設備は、住まいの一部分にまとめて配置すると配管がシンプルになります。これらの設備が集まっていると、配管工事やメンテナンスのコストを抑えることができます。水回りはできるだけ1カ所にまとめましょう。

平屋の「天井」はデザインと機能性に配慮を

平屋の「天井」はデザインと機能性に配慮を

天井はデザインの選び方次第で、目の錯覚によって部屋が広く見えます。部屋の圧迫感が気になる場合は、白や淡い色などの膨張色を採用して、開放感を演出しましょう。機能性を重視して素材を選ぶなら、調湿性能のある漆喰や、調湿・耐火・脱臭の機能に優れた珪藻土の天井がおすすめです。

「築年数」に応じて耐震補強工事が必要

中古住宅や古民家など、築年数が長い物件は耐震補強工事が必要です。建築基準法における耐震基準は、1981年6月1日に大きな改正があり、これ以前に確認申請が行われた建物は「旧耐震」と呼ばれています。

木造住宅に関する耐震基準は2000年6月にも大きな改正があり、これ以前に確認申請が行われた建物の8割は、震度6強の地震で倒壊するリスクがあります。十分な耐震性が確保された平屋物件を選ぶためにも、建物がいつ建築されたのかをチェックしましょう。

平屋をDIY(セルフリノベーション)する

セルフリノベーションとは、リノベーションの設計から施工までの作業を専門業者へ依頼せずに、すべて自分で行うことです。場合によっては、一部の工程のみを専門業者に依頼するケースもあります。次に、平屋を自分でDIYする際のポイントを紹介します。

平屋をセルフリノベーションする際の選び方

セルフリノベーションを前提として平屋物件を選ぶなら、施工自由度の高い建物が適しています。間取りを変えたい場合には、間取り変更に対応できる建物を選びましょう。

サイズの均一な角材を組み合わせた「2×4(ツーバイフォー)工法」や、柱や梁などが鉄筋とコンクリートで構成された「RC造」は、間取り変更ができません。希望するリノベーションの内容に合わせて平屋物件を選ぶのがポイントです。

無理のないセルフリノベーションを

無理のないセルフリノベーションを

セルフリノベーションは、DIYで工事に取り組むため、専門業者に依頼するよりも費用を抑えられるというメリットがあります。その反面で工事の負担が大きいのがデメリットです。セルフリノベーションでは、工事に関する知識と技術、そして施工に取り組む時間や体力が求められます。

プロにリノベーションを依頼すると、毎日もっとも効率のいい方法で、丸1日分の時間をかけて工事を行えます。それに対してセルフリノベーションでは、完成までに通常の倍以上もの膨大な時間がかかるケースもあります。また、連日の工事を根気よく続ける体力や、一緒に作業を行う協力者も必須です。

このような事情から、難度の高い工事や大規模な工事は専門業者に依頼して、無理なくDIYが可能な部分のみセルフリノベーションを行うことがポイントです。自分で対応できる範囲を見極めたうえで計画しましょう。

自分でできるリノベーションとは

一般的に、DIYでもリノベーションがしやすい部分として、床や壁紙の張り替えや、壁面塗装などが挙げられます。無理なくセルフリノベーションをするなら、以下の箇所のDIYを検討してみましょう。

床のDIY

床のDIY

床の張り替えDIYです。まずはノコギリ・電動ドライバー・ハンマーなどの必要な工具を揃えて、新たな床の下地や床材を買い揃えます。工事は、既存の床を剥がして清掃を行ったうえで、下地を敷き詰めて土台を作り、最後にぴったりと床材を敷き詰めるのが大まかな流れです。

あるいは、「フロアタイル」や「クッションフロア」というタイプの床材を使用すれば、既存の床の上から張るだけで比較的簡単に床の見た目を変えられます。初心者のDIYにも適した取り扱いやすい床材で、手軽さを重視したい方にもおすすめです。

フローリングの床材については、こちらの記事も参考にしてください。

フローリングの種類は? 各素材の特徴を解説

壁紙のDIY・壁面塗装

壁紙の張り替えDIYです。基本的な流れでは、既存の壁紙をすべて剥がして、下地の凹凸を補修してから新しい壁紙を張ります。あるいは、既存の壁紙に必要に応じて補修を行い、そのまま新しい壁紙を重ね張りする方法もあります。

近年では剥がしやすい糊が着いた、簡単に施工できる壁紙も販売されているため、初めてのDIYではぜひ活用しましょう。既存の壁紙に重ね張りするだけで、簡単に部屋の雰囲気を変えられるのが魅力です。建物の外壁をDIYで塗装するリノベーションもあります。

外壁塗装は、最初に外壁の洗浄を行い、養生と下地処理の準備を済ませたら、下塗り・中塗り・上塗りの塗装をする流れで進めます。必要な道具は、洗浄に使う高圧洗浄機のほか、バケツ・ブラシ・ローラー・ハケ、また必要な機能を備えた塗料を用意します。外壁塗装のDIYはやや難度が高く、危険な箇所の塗装や失敗のリスクが伴う点に留意しましょう。

間取り変更は設計士に相談を

セルフリノベーションの間取り変更は、自己判断をせずに必ず設計士への相談をおすすめします。間取り変更は、建物の状態によっては希望通りの施工を実現できない場合があります。建物に必要な強度を保ち、住まいの安全を確保しながら間取り変更を行うためには、専門知識が不可欠です。

大事な判断を誤らないよう、専門家の助言を得たほうが安心できます。また、間取りを変更した結果、動線や冷暖房効率が悪化したり、配線や配管の問題で不便が生じたりする例もあります。長く暮らし続けるのを前提に、プロの視点からチェックを受けましょう。

平屋のセルフリノベーションで注意すること

平屋のセルフリノベーションで注意すること

平屋物件を購入した場合は、マンションや賃貸住宅と比べてリノベーションの制約が少なく、施工の自由度が高くなります。その一方で、セルフリノベーションでは自分で施工可能な範囲を適切に見極めるのが重要です。自分の手で作業をすると充実感や達成感を得られますが、工事には危険がつきものです。

専門的な道具は使い方を誤ると大きなケガにつながります。また、高所での作業や、重たい物の運搬は、安全に対する配慮が欠かせません。危険性が高く、資格保有者でなければ着手できない作業もあります。普段からさまざまなDIYに慣れている方も、まず設計士に相談したり、大掛かりな工事は専門業者に依頼したり、プロのフォローを受けながら取り組みましょう。

セルフリノベーションについてさらに詳しく知りたい方はこちらも記事も参考にしてください。

セルフリノベーション|初心者でもできるDIY実例と費用・失敗しないための注意点を紹介

理想の住まいにリノベーション|リノベの基礎知識を学べる無料のオンライン相談会

◆こちらもおすすめ◆

日本家屋をリノベーション。メリット&注意点、費用を安く抑えるポイントを解説

古民家をリフォーム、リノベーションしてスローライフを実現。費用相場や注意点を紹介

リノベーション、リフォームが「コロナ離婚」を防ぐってホント!?

リフォーム、リノベーションで「建築確認」は必要? スケルトンでの注意点を解説

古い家、リフォームと建て替えならどっちがいい? 費用の違いや判断基準をご紹介

公開日 2020年12月14日
更新日 2020年12月21日

この記事をシェアする

Share on Twitter 平屋リノベーションの費用相場とおしゃれなアイデア|注意点やDIYのコツも 平屋リノベーションの費用相場とおしゃれなアイデア|注意点やDIYのコツも

LogRenoveをフォローする

関連記事