バスタブをおしゃれにリノベーション。海外のバスルームのような浴室コーディネートも紹介

バスタブをおしゃれにリノベーション。海外のバスルームのような浴室コーディネートも紹介

浴室・お風呂をリノベーションしたいなら、おしゃれなバスタブに替えるのがおすすめです。ユニットバスにもさまざまな素材やデザインがあります。また、憧れの置き型バスタブや海外風のバスルームにリノベーションするのもいいでしょう。

この記事では、バスタブの種類や選び方、おしゃれな浴室コーディネート実例を紹介します。

バスタブをリノベーションするときのポイント

1日の終わり、お風呂で過ごすリラックスタイムは大切な時間です。毎日のように使う場所なので、快適さや使い心地、清潔感も重要なバスタブ。

見た目のおしゃれさだけでなく、掃除やお手入れがしやすいことも必須。おしゃれなバスタブにリフォームするときのポイントについてご紹介します。

こだわるなら在来工法かオーダーメイドで

浴室をリノベーションする際には、在来工法とユニットバスの2種類の方法があります。

ユニットバスとは、床や壁、天井といったパーツを工場で生産し、現場でさっと組み合わせてつくるお風呂のこと。工期が短くコストが比較的安く抑えられることがメリットで、多くのメーカーのショールームでサンプルを見ることができます。

コスパの面では優秀なユニットバスですが、デザインやサイズに一定の規格があるのがデメリットといえるでしょう。

素材やデザインにこだわりたいという人には在来工法がおすすめです。在来工法とは昔ながらのお風呂の作り方で、床・壁・天井などの工事を職人さんが現場ですべて行う方法。

バスタブはもちろん、浴室すべてのパーツをオーダーメイドでつくることができるので特殊な希望にも対応でき選択肢の幅が広がります。

マンションではユニットバス以外許可されないことも

マンションの場合は、注意して防水処理を行う必要があるので要注意。マンションによっては、ユニットバス以外のリノベーションが許可されないケースもあるので、業者に発注する前に必ず管理組合などに確認することをおすすめします。

水栓やシャワーもスタイリッシュに

バスタブはもちろん、水栓やシャワーなどもおしゃれでスタイリッシュなものにリノベーションすることで、お風呂全体の印象が格段にアップします。

浴室の水栓には、洗い場用の水栓、浴槽用の水栓やシャワーなどがあります。洗い場用の水栓はシャワーとの切り替えができる「シャワーバス水栓」が一般的。ハンドルで温度調節ができる機能がついた「サーモスタット式水栓」が人気です。

注意すべきなのは水回りの移動を伴うリフォームです。排水管の工事が必要な場合はリフォーム規模が大きくなる可能性があります。

特にマンションの場合は、住人全員に所有権がある「共用部分」に要注意。共有部分とは外壁や廊下、排水管やガス管を通すスペースなどのことで、個人の判断でリノベーションを行うことができません。

マンションによっては共用部分でなくても可能なリフォームが限定されている場合も。配管の交換などの際は事前に確認が必要です。

マンションの共用部分と専有部分とは?

毎日使う空間だからこそ、理想のバスルームを専門家と一緒に考えませんか?リノベーションにかかる費用や計画の立て方など、オンラインで相談することができます。

「素材」の種類と選び方

「素材」の種類と選び方

バスタブの素材にはいくつか種類があり、質感や肌触り、お手入れのしやすさなどが異なります。耐久性やコストなど、それぞれの特徴を比較し、浴槽の素材選びをすることをおすすめします。

FRP素材

バスタブの素材として最も普及している「FRP」は、ガラス繊維強化プラスチック(Fiber Glass Reinforced Plastic)の略称。軽量で丈夫な樹脂素材からできています。流通量の多さからカラーバリエーションも豊富なので、たくさんの種類から選べることや価格が手ごろであることが魅力。汚れがつきやすいのがデメリットといわれていますが、最近はその点も改良されつつあり、こまめに手入れをすることで長持ちします。

人口大理石素材

FRPの次にユニットバスに採用されることの多い人気の素材が人口大理石素材です。天然大理石のような見た目で高級感ある色合いや雰囲気が印象的。樹脂素材ならではの実用性も兼ね備えた優秀な素材です。アクリル系とポリエステル系の2種類があり、ポリエステル系の方が安価。アクリル系のほうが肌触りが滑らかで光沢があります。FRPと比較すると価格帯が上がりますが、汚れが落ちやすく手入れがしやすいのが特徴です。

ホーロー素材

肌触りのよさや見た目の高級感という点では抜群のホーロー素材。ホーローは表面にガラス質の釉薬を焼き付けた素材のことで、「鋳物」や「鋼板」の2種類があります。とくに鋳物ホーローは厚みや重量があり丈夫ですが、周囲の強度対策が必須。ガラス質が持つ独特の美しい風合いやおしゃれさが人気ですが、傷ついた部分からサビが進行してしまうこともがあるので、取扱には注意が必要です。

ステンレス素材

傷やサビに強く、清潔をキープしやすいステンレス素材。金属の独特な肌触りは好みが分かれますが、最近は金属の肌触りを軽減した加工がされている商品も登場しています。スタイリッシュな見た目から根強い人気があるステンレス素材。耐久性があり、保温性が高いのが特徴で、価格も比較的安価なのがメリットです。

「形」の種類と選び方

「形」の種類と選び方

バスタブの形状にもいくつか種類があります。一般的なストレート浴槽だけでなく、さまざまなデザインやサイズがあるのでライフスタイルに合った形を選びましょう。

見た目のおしゃれさだけでなく、機能的な部分でも、家族構成や好みの入浴スタイルによってどのタイプが向いているか見極め検討する必要があります。

スタンダードな「ストレート浴槽」

最も一般的なお風呂の形といえば「ストレート浴槽」。最初にまず想像するスタンダードな形です。水深が深くとれるように設計された浴槽で、たっぷりのお湯が入るのが特徴。

肩まで浸かった全身浴がしたいならこのタイプがおすすめです。豊富なカラーバリエーションの中からデザイン性の高いものを選ぶことで好みのバスタブに仕上げられるでしょう。

浴室を広く見せる「コーナー浴槽」「ななめ浴槽」

バスルームの角をうまく使うことで洗い場のスペースを広く確保することができる「コーナー浴槽」は、浴室内を広々とみせる効果もあります。ゆとりを持った空間にしたい場合や、長方形の浴室などに向いています。

同じく広さを実感できるバスタブが「ななめ浴槽」で、洗い場に面した長方形の一辺が斜めにカットされたデザインなので、そのぶん洗い場スペースに余裕ができるのがメリット。

足を伸ばして入浴することができ、バスタブ自体も広々と感じられます。

丸みがありゆったりできる「たまご型浴槽」

その名のとおり、たまごのような丸みのあるフォルムが特徴の「たまご型浴槽」。柔らかなやさしい形状の湯船にゆっくりつかれば心地よいリラックスタイムになります。

子どもやお年寄りの方が入りやすい「アーチ型浴槽」

バスタブの縁がアーチ状にカーブしているのが「アーチ型浴槽」。

とくに浴槽のアーチ部分が薄くなっているデザインの場合は、縁がつかみやすいのが特徴。高齢者や小さい子どもがいる家庭でも出入りがしやすく安心できるというメリットがあります。

広々とした「ワイド浴槽」

バスタイムをリラックスしてのびのびと過ごしたいという人には「ワイド浴槽」がおすすめ。

手足を存分に伸ばした状態で入浴できる広々サイズが魅力的です。親子など複数人で入浴する際にも便利。ベンチ付きタイプなら子どもを座らせておくことができ使い勝手も抜群です。

節水効果に優れた「Sライン浴槽」

浴槽内がS字型にデザインされているのが「Sライン浴槽」。

バスタブの中にS字型の段差があるので、節水効果に優れているのが特徴です。段差部分は、足をのせたり、腰かけて半身浴をしたりと使い方もいろいろ。節水効果がありながらもゆったりと入れる余裕があるのがポイントです。

見た目重視「置き型バスタブ」

海外風のバスルームに憧れている方には、置き型バスタブがおすすめです。

デザイン性が高く、サイズや形状が比較的自由に選ぶことができます。設置する場合には、排水方法をよく検討する必要があります。また、別にシャワールームをつくるか、浴槽のなかでシャワーをする必要があります。

置き型バスタブにリフォーム。ホテルのような贅沢バスタイム
憧れの猫足バスタブを設置するには?

おしゃれな浴室コーディネート事例

機能や使い勝手はもちろん、日々の疲れを癒してくれる浴室はおしゃれであることも重要なポイント。素敵なバスタブを取り入れたおしゃれなバスルームのコーディネート例を紹介します。

形が可愛らしい置き型バスタブ

形が可愛らしい置き型バスタブ

映画のワンシーンや高級ホテルなどでもよく見かける置き型タイプのバスタブ。おしゃれで洗練された佇まいで、シンプルなホワイトインテリアによく似合います。

設置方法や取り扱いには注意が必要なので、自宅に設置できるかどうかは事前に業者に確認してみることをおすすめします。

憧れの猫足バスタブ

憧れの猫足バスタブ

置き型バスタブのなかでも、猫足タイプは誰もが一度は憧れるバスタブではないでしょうか。猫の足のようなデザインで、床との間に空間ができます。

エレガントで可愛らしい雰囲気になるので、ガーリーなインテリアによく合います。海外のバスルームを思わせるタイルでコーディネートすると、シンプルな猫足バスタブが引き立ちます。

まるでホテル。憧れの猫足バスタブを設置するには?参考にしたいインテリアを紹介

ホテルのような丸型バスタブ

ホテルのような丸型バスタブ
k.maria_homeさんのインスタグラムより

広々とした丸型バスタブがあると、まるで高級リゾートホテルのような空間に。設置するにはスペースに余裕が必要ですが、開放的なバスルームでリラックスタイムを味わえるでしょう。

シンプルなタイルでデザインされた空間は、清潔感があり、落ち着いた北欧テイストが好きな方にはおすすめです。

スタイリッシュなリゾート風バスルーム

スタイリッシュなリゾート風バスルーム
yukiko.khさんのインスタグラムより

バスタブの色やデザイン、壁や床の色などを自由に組み合わせることで個性的な空間を作ることができるのも浴室インテリアの魅力。

ブラックのバスタブにすることで高級感のあるスタイリッシュな雰囲気になるでしょう。照明を落としてゆったりとした夜の時間を楽しむなら、落ち着いた色合いや雰囲気がおすすめです。

「リノベーションに興味はあるけど、何から始めたらいいのかわからない…」
そんな方におすすめのリノベーション基礎講座を開催しています。リフォームとの違いや中古住宅購入のメリットなど、専門家が丁寧に解説します。

◆こちらもおすすめ◆

ユニットバスのサイズの見方から選び方、施工条件まで徹底解説

お風呂、浴室、ユニットバスのリフォーム費用相場と値段を安く抑えるコツ、注意点を解説

追い炊き機能付きの風呂にリフォーム。後付けするには?

公開日 2021年1月12日
更新日 2021年1月12日

販売中のおすすめリノベ物件