リノベーション会社の失敗しない選び方と、今人気のワンストップリノベーションを紹介

リノベーション会社の失敗しない選び方と、今人気のワンストップリノベーションを紹介

「おしゃれなマイホームにリノベーションをしたい」という願いを叶えるために、リノベーション会社選びは重要です。一戸建てや古民家、マンションのリノベーションは大きな出費を伴うため、業者選びで失敗するのは避けたいところです。今回は失敗しないために役立つ、リノベーション会社の選び方と、今人気のワンストップリノベーションについて紹介します。

どんなリノベーションをするのか?

住宅は購入する?

住宅は購入する?

リノベーション済みの物件を販売する会社は、不動産会社が中古戸建や中古マンションを購入し、自社でデザインしたリノベーションを施工・販売しています。

住宅購入+リノベーション

すでに完成された状態で提供されるため、費用や設計の手間を省けるメリットがあります。中古物件の購入費用をを抑えつつ、新築と同じくらいきれいな内装に、また自分でいろいろ考えて間取りを考えたりするのは面倒、という人に適したタイプです。住宅ローンを組む場合も、物件購入とリノベーションを2本立てで組む必要がないので、手続きが簡単になります。

所有物件+リノベーション

リノベーションのみを行う会社は、依頼者がすでに所有している物件や、すでに購入済みの物件に対してデザインを一緒に考え、設計及び施工を行います。

所有物件+リノベーション
依頼者が所有する物件をリノベーション

リノベーション会社の選び方

リノベーション会社は世の中にたくさんあります。会社を選ぶときの重要ポイントを事前に把握しておくと、会社選びが楽になるだけでなく、失敗も少なくなります。リノベーション会社はそれぞれ特徴が異なるので、複数の視点から多角的に見ることが大事。ネットのランキングや各会社の特徴を比較して、信頼できるパートナーを選びましょう。

会社の業態を知る

会社の業態を知る
リノベーションで何を重視しているかで業者を選ぶ

不動産会社、工務店、設計事務所、ワンストップリノベーション専門会社など、リノベーション会社にはさまざまな業態があります。業態によって得意とする業務やサービスが異なるので、自分がリノベーションで何を重視するかを考えて選びましょう。

物件探しから始めるのであれば、不動産会社やワンストップサービスを提供しているリノベーション専門会社が適しています。物件探しから施工までトータルでサポートしてもらえるため、忙しい方も安心です。

デザイン性を重視する方には設計事務所がおすすめ。施工は工務店に依頼しますが、デザイン面は設計事務所が担当するため、好みのリノベーションを実現しやすくなります。ただし、設計事務所に支払う設計料が余分にかかります。建築家に依頼しても高いデザイン性を期待できます。ただし、建築家好みのデザインになる傾向もあるので、打ち合わせを念入りに行いましょう。

木造一戸建てのリノベーションには工務店が最適です。工務店は木造一戸建てに強みを持つ場合が多く、多くの工務店では地域密着型の手厚いサポートが期待できます。それぞれの会社の業務を知り、リノベーション会社の得意分野と自分が思い描いている改修内容が一致すれば、希望通りの住まいが実現できます。

リノベーション施工事例を確認

リノベーション施工事例を確認
デザインコンテスト受賞など、第三者の評価も信頼度につながる

ホームページやパンフレットに掲載されている施工事例も、会社選びの参考になります。自分の理想像に近い施工事例が掲載されていれば、その会社が得意としているリノベーションイメージと一致している可能性が高いからです。施工事例を確認するときはデザイン面だけではなく、築年数や工事費用、期間も確認しましょう。

リノベーション期間中は対象物件で暮らすことができないケースが多く、工事期間によってもトータル費用が変動します。理想は実現できたとしても、予算が大幅にオーバーしてしまっては大変です。ホームページやパンフレットに施工事例や実績が掲載されていることは、信頼の証でもあります。デザインコンテスト受賞や口コミなど第三者の評価もその会社の信頼度につながります。

アフターサービスを確認

アフターサービスを確認
アフターサービスの充実度が快適な暮らしに影響する

家は「完成したら終わり」ではありません。これから何十年と長く暮らすことになるため、リノベーション後のアフターサービスが充実した会社を選ぶ必要があります。施工完了後のアフターサービスはあるか、あればどの程度までフォローしてもらえるか、という点を見ることが大切です。アフターサービスの良し悪しが快適な暮らしに影響します。

問題が起きた時にどこまで保証してもらえるのか、いつまでアフターサービスを受けられるかなど、保証内容と保証期間は会社によって異なります。引き渡し後に不具合が分かったときに相談できる窓口が用意されていたり、アフターサービスが充実している会社だと、今後のトラブルが起きたときも安心です。

リノベーションの専門家にまずは無料相談

リノベーション会社の種類

ひと口にリノベーション会社と言っても、特徴はさまざまです。自分合った会社を探すには、会社の種類とそれぞれの特徴や強みをきちんと知ることが大事。リノベーション会社には主に3つの種類がありますが、目的や予算によって選ぶ会社は異なります。それぞれの特徴を比較して、自分に合った会社を選びましょう。

リノベーション済物件を販売する会社

リノベーション済物件を販売する会社
手間をかけず新築レベルの物件を購入したい人は、リノベ済み物件の販売会社を

中古の戸建物件やマンションを自社で購入し、デザイン・リノベーションしてから販売している会社です。ローンを家の購入とリノベーションの2本立てで組む必要がなく、ローンの手続きが手軽です。

リノベーション済物件を販売する会社が向いている人

  • 費用を抑えたいが、中古物件にそのまま住むには抵抗がある
  • 間取りやデザインを考える手間を省きたい

リノベーションのみを行う会社

既に所有している人や、自身で選んで購入した物件に対して、リノベーションのデザインを一緒に考え、設計及び施工を行う会社です。

※物件選びにプロの目利きを必要としないという人でも、建物管理状態の調査は難しいので注意しましょう。

リノベーションのみを行う会社が向いている人

  • すでに物件を所有している
  • 自分でプランを考えるのは楽しく、プロと相談しながら考えたい

ワンストップリノベーションの会社

ワンストップリノベーションとは、物件探しからリノベーション計画、ローン含めた資金計画にいたるまでトータルに行うシステムです。通常、中古物件を購入してリノベーションする場合、物件を探しから住宅ローン、リノベーションまで施主がそれぞれの依頼先とやり取りする必要があります。

これらの一連の手続きをまとめて対応してくれるのがワンストップサービスです。リノベーションに必要な手続きをひとつの窓口で相談できるため、通常のやり方と比べて手間がかかりません。最初から最後まで一貫して対応してくれるので、それぞれの予算も明確という特徴もあります。

「ワンストップリノベーション」が人気
物件探しから施工まで、すべてを請け負うワンストップリノベーション

ワンストップリノベーションの会社は、中古住宅の物件選びから設計・施工までの一連を請け負います。住宅ローンの相談にいたるまで、幅広い手続きを丸ごと依頼できるのが特徴。依頼者と一緒に中古戸建や中古マンションを探し、好きなデザインを一緒に考えながら設計・施工を行います。

リノベーションを行う専門家と一緒に物件の現場を確認することも可能です。専門家が物件購入前にチェックし、アドバイスをしてくれるため、理想を実現できるか判断できます。不動産会社が物件を紹介する場合、物件を現状維持した状態で引き渡さなくてはならないため、リノベーション前提の相談は受けてもらえないケースが大半です。

その点、ワンストップサービスはリノベーションを見越した内見ができるため、水回りの配管、マンションの管理規約といったことを物件購入前にチェックできます。耐震診断や劣化状態の確認も行ってくれるため、事前にリスクを回避できます。

ワンストップリノベーションの会社が向いている人

ワンストップリノベーションは物件探しの段階から専門家の助言をもらえるのがメリットのひとつ。自分で中古物件を探すことに不安のある人、自分の希望を実現できる物件なのか相談して判断したい人に適しています。

ワンストップリノベーションの場合、「物件費用+リノベーション費用」の一体型の住宅ローンを組むことが可能です。一般的に、物件費用に関する住宅ローン金利は0.5~1%程度、リノベーションのローン金利は2~4%程度とされており、リノベーションのローン金利のほうが高めです。

中古物件の購入費用とリノベーション費用のローンをそれぞれ別々に組むと、月々の支払いの負担が重くなるだけでなく、書類の提出や金融機関に出向く手間も二重になります。ワンストップリノベーションによって物件購入費とリノベーション費用を合算すれば、物件購入と同じ金利で住宅ローンが組むことができ、月々の支払いを軽減できます。

リノベーションは大きな金額だけに、金利を抑えたローンが組めることはメリットです。ローンの全体像が見えやすくなるため、資金計画や返済計画を明確に練ることができ、予算オーバーも避けられます。

リノベーション費用についてさらに詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてください。

リノベーションの費用と内訳。相場はいくら?戸建て、マンション別の金額目安

 

中古物件×リノベーションの基礎知識について、お仕事終わりに学んでみませんか?

ワンストップリノベーション会社は2種類

ワンストップリノベーションには、大きく分けて2種類の会社があります。それぞれにメリットやデメリット、注意点があるので、依頼する前によく比較して、自分にとって納得のできる会社を選択をしましょう。

オールワンストップリノベーション

リノベ物件探しと予算の計画を同時進行
ワンストップリノベーション会社は、費用も考慮して物件探しを行える

オールワンストップリノベーションは、物件探しから設計、施工のすべてを自社で対応します。物件仲介契約、設計契約、施工契約において同じ会社で行うので、責任の所在がはっきりしており、連携を取りやすいのが特徴です。全体の見積もりなども煩雑化せず、コミュニケーションのロスを防いでスピーディーな対応が取りやすいメリットがあります。また、他社と連携せず、すべてを自社で行っているため、コストも抑えられます。

パーシャルワンストップリノベーション

「パーシャル」は「部分的な」という意味です。パーシャルワンストップリノベーションは、仕事を「部分的に外部へと依頼する」ワンストップリノベーションです。ひとつのリノベーション会社が窓口となり、不動産仲介、設計、施工などを他社に外注する形態が一般的です。

窓口となるのは一社ですが、契約は関連する会社とそれぞれ結ぶ必要があります。窓口の会社は、代理店のような役割を果たします。サービス全体を包括的に提供している会社が少ないため、このパーシャルワンストップリノベーションを提供している会社が主流です。

一社が窓口になるという点ではオールワンストップリノベーションと共通ですが、連携している会社が多いためやり取りに時間がかかるケースがあります。中間マージンの発生により、オールワンストップリノベーションと比較すると割高になる可能性があります。

リノベ会社選びは「時間をかけて慎重に」

リノベ会社選びは「時間をかけて慎重に」
理想のリノベーションの実現は、信頼できる業者との出会いにかかっている

理想の家づくりにおいて、良いパートナーとの出会いはとても大切。自分に合ったリノベーション会社を探し出せれば、家づくりの満足度も高くなります。リノベーション会社はそれぞれ特徴が異なるので、どの会社が自分に合うのかよく比較検討する必要があります。

今人気のワンストップリノベーションも会社によって仕組みが異なるため、必ず物件の契約前に相談をしておきましょう。大きな買い物だからこそ、安易な判断は禁物です。会社の業態や施行事例、評判、アフターサービスなど多方面から検討して、自身に一番合うリノベーション会社を選びましょう。

リノベーションに関するあらゆるお悩みを無料で相談してみませんか?

◆こちらもおすすめ◆

リノベーションとは?リフォームとの違い、意味を解説。おしゃれな施工事例を紹介

中古マンションのフルリノベーションの費用相場はいくら?予算内で理想を叶えるポイントとは

【リノベの節約】予算が少ない…何をやって、何をあきらめたら賢くリノベできるのか?

【リノベの失敗談】こんなリノベーションは失敗する?成功する人との違いとは

 

公開日 2020年11月11日
更新日 2020年11月27日

この記事をシェアする

Share on Twitter リノベーション会社の失敗しない選び方と、今人気のワンストップリノベーションを紹介 リノベーション会社の失敗しない選び方と、今人気のワンストップリノベーションを紹介

LogRenoveをフォローする

関連記事