無垢材フローリングの種類と選び方のポイントとは?

無垢材フローリングの種類と選び方のポイントとは?

リフォームで床材を張り替える場合、フローリングやクッションフロア、カーペット、畳などさまざまな選択肢があります。定番であるフローリングを選ぶ場合でも、無垢材にするか複合材にするか、あるいはウォールナットやオーク、メープルなどの種類をどうするか迷うケースも珍しくありません。

今回は無垢材と合板フローリングの違いや無垢材を使用するメリット、よく使用される種類などを紹介します。

無垢材とは

フローリングを選ぶ際に耳にすることの多い無垢材。そもそも無垢材とは、特定の木材を指す言葉ではありません。無垢材とは、丸太から切り出した自然な状態のままの木材を指します。丸太を切り出しただけの天然素材のため、品質にはばらつきがあるものの、木がもつ本来の温かみや表情を感じ取れるのが特徴です。

この記事は会員限定です。

会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

新規登録の方はこちら

今すぐ登録

会員の方はこちら

ログイン

公開日 2020年10月31日
更新日 2020年12月18日

販売中のおすすめリノベ物件