玄関を機能性抜群にリノベーション!施工事例や施工別の費用相場を解説

玄関を機能性抜群にリノベーション!施工事例や施工別の費用相場を解説

玄関が靴で散らかっていたり、自転車などの道具を出したままにしたり、とスペースを窮屈に使っていませんか。

そんな時は、リノベーションをして『収納スペースの増設』や『玄関スペースの拡大』を検討してみましょう。

玄関収納の量を拡大することで、窮屈だった空間が自然と広く感じるようになるだけでなく、家全体の収納に余裕を持たせることも可能になります。

ぜひ、当記事の『リノベーション事例』を通して、機能面・デザイン面の両方を追求した理想の玄関を作り上げることを検討してみてください。

玄関リノベーションの種類

玄関のリノベーションといっても、『広さの変更』や『ドアの変更』等と複数の種類が存在します。

各種工事の費用は内容次第で、10万円未満で済むものもあれば100万円以上かかってしまうこともあります。

では、玄関のリノベーションを検討している場合、どの程度の費用を想定して資金面の準備をすればいいのでしょうか。

工事の種類別に確認してみましょう。

工事内容費用
玄関を広くする約40~100万円
シューズクロークの増設約40~60万円
玄関収納の増設15~40万(収納タイプで大きく変化)
玄関の位置を変える150~300万円

『玄関の位置変更』は、工事の規模が大きすぎるので費用が高くなるのはやむを得ないです。

ですが、基本的に40〜60万円ほど準備をしておけばデザイン性・機能性の充実した理想の玄関へリノベーションをすることができます。

マンションの場合はリノベーションできる範囲が限られているので戸建に比べると安く済みます。

しかし、『玄関の配置変更』や『共用スペース(ポーチ・アルコーブ)の変更』はできないので注意が必要です。

玄関を広くする

玄関を広くすることで家全体の動線がスムーズになるだけでなく、スペースの有効活用によって収納性能が高くなります。

以下のメリットをチェックして、自身がリノベーションする際に機能的な部分で求めるものが何なのか確認してください。

【玄関を広くしたときのメリット】

  • 開放感がある玄関になる
  • 身支度がしやすい
  • ベビーカーや自転車などを置くスペースに余裕ができる
  • 将来的にバリアフリーに改造しやすくなる

玄関を広くすることで空間的な余裕が生まれ、外出や帰宅時にスペースを活用しやすいといった特徴があります。

しかし、玄関を広くすることで面積に応じて工事費用が高くなったり、他の居住スペースを狭くしたりといった問題点も出てくるので、バランスをみて工事内容を検討することをおすすめします。

特に費用面を少しでも抑えたいと考える方は、リノベーションに求めるものが『機能』なのか、それとも『デザイン』なのか決めておき内容を検討してください。

【工事費用を抑えるためのコツ】

  • 床タイルなどは既存のものを活用
  • 玄関のデザイン性は変更しない
  • 隣接の部屋を活用せず、奥行き方向で広くすることを検討する
  • 下駄箱の上にスペースがある場合は、その上に新しいのを増設する

シューズクロークを増設する

シューズクロークを増設することで靴の収納量が増えるだけでなく、自転車・ベビーカーのような大きくて邪魔になりやすいものも収納できる可能性が高まります。

また、外出時の準備や帰宅後の片付けも玄関先で済ませやすくなるため、家の中の動線を短くすることができるのでおすすめです。

【シューズインクローク増設のメリット】

  • 玄関をスッキリ見せやすい
  • 家の動線が短くなる
  • 靴以外の収納もできる

玄関の面積が狭くてシューズクロークを増設するスペースが確保できない場合は、隣接する部屋の一部を利用して増設することを検討しなくてはなりません。

また、シューズクロークの増設は既存の玄関のスペースに増設するのと、隣接する部屋を利用するのとでは費用に大きく差が生まれます。

そのため、費用を抑えたい方は既存のスペース内で収めたり、シューズクローク内への扉をつけなかったりすることで、費用を抑えることが可能です。

玄関収納を増設する

玄関収納は大きく分けて2つあります。

  • 小型の玄関収納
  • 大型の玄関収納

小型のものだと下駄箱や傘立てがセットされた収納スペース、大型のものだとシューズクロークのような自転車やベビーカーを収納できる大きめのスペースのことをいいます。

玄関の広さに余裕がない、かつ隣接する部屋が無くて小型の玄関収納を検討している場合は、追加で玄関内に収納スペースを増設するよりも、下駄箱など既に設置されている収納箇所に追加で新しく収納スペースを増設するのも一つの方法です。

特に費用を抑えたい場合には、既存の収納スペースを生かすように業者に相談すると安く抑えることができます。

大型の玄関収納の場合は先述したように、既存のスペース内に収納を作るのか、それとも隣接する部屋を利用して作るのかを費用面と合わせて検討してみてください。

どちらも、収納スペースの使い方次第で収納性能を大きく向上させることができるので、玄関の広さを問わずご自身の家に合わせてリノベーションすることが重要です。

玄関の位置を変える

玄関の位置を変更することで、自身のニーズに合わせた動線を作りだすことができます。

例えば、部活帰りのお子様を帰宅後すぐにお風呂に入れたかったり、ペットの散歩後すぐに足を洗いたかったりした場合は、玄関をなるべくお風呂の近くにすることで動線が短く済んで利便性が増します。

また、日当たりが悪くて暗い玄関に悩んでいる場合は、玄関位置を変更することで日当たりのいい方へ位置を変更して明るくすることも可能です。

玄関の位置を変更することで家全体の移動効率が上がったり、明るい玄関にすることで外出前から気分よく1日をスタートできたりするので、現在の家の中での移動に不便さを感じる方にはおすすめのリノベーションとなっています。

費用面については、玄関そのものを移動するので間取りも大幅な変更が必要になり値段が高くなってしまいます。

さらに、廊下の延長上で位置の変更をする場合は玄関の増設だけで済みますが、部屋の取り壊しや階段位置の変更といった追加工事が増えてくるとどんどん費用が増えていくので、変更する位置も費用と合わせて検討する必要があります。玄関位置変更にかかる費用は以下のとおりです。

工事内容費用
玄関の位置を変更約150~300万
玄関・トイレの位置を変更約230~420万円
玄関・階段・それに伴う大幅な間取り変更約300~1000万円

おしゃれな玄関づくりのコツ

家の顔である玄関は誰が来てもいいようにスッキリ&綺麗にしておきたいのはもちろんのこと、可能な限りおしゃれなデザインでありたいですよね。

以下は、これからリノベーションを検討する人向けの『おしゃれな玄関を作るためのコツ』です。

  • 白や木目調を意識することでシンプルな玄関にする

シンプルな玄関は多くの方にウケやすく、来客時にも評価が比較的高いです。検討時にデザインもイメージしやすく、リフォーム後もちょっとしたインテリアを買う際にデザインを合わせやすいメリットがあります。

  • 収納スペースはあえて玄関から見えない位置に置く

玄関口から見えない位置に収納スペースを設置することで、入ってすぐに広く感じることができます。

不要なものが見えていると、生活感が溢れてしまい第一印象が悪くなる可能性が出てきます。

  • 壁を活用することで暗くなりがちな玄関を明るくする

玄関に入ったときに最初に目につくのは、床よりも目線の高さにあるものです。そのため床以上に、壁際に気を配ることでよりお客さんの評価が上がります。

玄関リノベーションの事例

玄関のリノベーション事例をもとに工事内容を検討する方が、より自身の理想へのイメージが具体的になります。

複数の事例を通して各リノベーション内容ではどんなデザインがあり、どこの機能面を意識しているのかを知ることで、取り組むリノベーション内容を吟味してみてください。

こだわり抜いた高級感あふれる玄関

暗くなりがちな玄関を明るく見せるための工夫を施して開放感あふれる玄関にすることに成功しました。

開放感あふれる玄関を作り出すことで、お客さんに対しても明るい印象を与え快適な空間へと導きます。

物件面積175.00㎡
間取り3LDK+S→2LDK+S
所在地福岡市
築年数22年
工期5ヶ月

【こだわりポイント】

マンションでは珍しい2階もあるタイプの物件となっており、あえて階段を活用することで開放感ある玄関を実現しました。

スケルトン階段にすることで光の遮断部分を減らし、玄関から入って瞬間に明るさを感じることのできる仕様となっています。

無垢材とコンクリートのアクセントでスッキリ空間

無垢材を使用することで、柔らかみのあるデザインを表現しており、落ち着きの持てる空間を実現しました。

さらに、天井の高さまで作り上げたシューズクロークのおかげで靴の出しっぱなしを防ぎ、玄関から入った瞬間にスッキリ感を味わえる作りとなっています。

物件面積49.6㎡
間取り1LDK+ワークスペース
所在地福岡市
築年数36年

【こだわりポイント】

無垢材の温かみとコンクリートの無機質感という二つの対照的なデザインを混ぜることでスタイリッシュなデザイン性を表現。

さらに、無垢材を使うことで癒しを生む空間を実現できて、部屋でゆったりと過ごす人向けに作成されています。

珍しい外観に合わせた高級デザイン

外観が珍しいヴィンテージマンションの一室で、高級感あふれるデザイン性を表現しました。

落ち着きのある色合いを全体的に使うことで、より高級感に深みを増すような印象を持たせる工夫をしています。

物件面積103㎡
間取り3LDK→3LDK+S
所在地東京都渋谷区
築年数51年数
工期約3ヶ月

【こだわりポイント】

高級感のある色味を使って落ち着きのある空間を表現しつつも、たまにパステルカラーやおしゃれな模様を取り入れることで遊び心も織り交ぜた空間を作成しました。

高級マンションの一室にも関わらず遊び心を入れることで、内装のギャップがよりお客さんの心をグッと掴み取ります。

大容量のシューズボックスで広々空間

シューズボックスを設置することで玄関に靴が散らばっていない状態をキープできます。

そうすることで、玄関全体がスッキリして広さを感じやすい作りとなっているのが特徴です。

面積63.25㎡
間取り3LDK→3LDK+WIC
所在地埼玉県
築年数32年
工期3ヶ月

【こだわりポイント】

大容量シューズボックスを設置するだけでなく框(かまち)を斜めに設置することでより奥行きを感じやすいデザインとなっています。

さらにニッチを追加で設置して、さりげないアクセントクロスを使用しています。

ウォークインクローゼットで新たな収納プラン

ウォークインクローゼットを作ることで、使い勝手のいい収納場所を実現。

お子様のスポーツ用品なども収納できて、出し入れも玄関近くで完結するため有意義に使いやすい空間となっています。

面積85.28㎡
間取り3LDK→2LDK+DEN+WIC
所在地東京都目黒区
築年数52年
工期約3ヶ月

【こだわりポイント】

玄関の収納箇所とはいえ、その他の部屋の荷物も収納できる作りにしてあるため家全体の収納色を上げる効率の良いウォークインクローゼットとなっています。

また、棚は造り付けの棚を計画しており、棚を使う人が自身の使いやすさに合わせて高さや配置をいじれるのが最大の特徴です。

まとめ

玄関は家の顔とも表現できるくらいに家全体の印象を決める重要な部分です。そこをリノベーションするということは、家の第一印象そのものを変更するのとほとんど変わりないことを意味します。

だからこそ、玄関のリノベーションはこだわりをもって『広さ』『明るさ』『利便性』を追求していく必要があります。

もし少しでも理想とする玄関のイメージが湧いたようであれば、すぐにでもログリノベに相談をしてリノベーション内容の詳細なイメージを固めることをおすすめします。

◆こちらもおすすめ◆

【リノベの失敗談】こんなリノベーションは失敗する?成功する人との違いとは

【リノベのローン】リノベーション代も住宅ローンにコミコミでOK?

中古戸建てのリノベーション費用相場はいくら?

団地リノベーションの費用相場は?賃貸でもできる?

無垢材フローリングの床にリノベーション。費用・価格の相場を解説

公開日 2020年10月31日
更新日 2021年4月15日

関連記事