お風呂・浴室のリフォーム費用相場| ケース別の費用とリフォーム事例を紹介

お風呂・浴室のリフォーム費用相場| ケース別の費用とリフォーム事例を紹介

お風呂のリフォームは『ユニットバス』にしたり『ヒノキ風呂』にしたりと様々な種類が存在します。

お風呂をはじめとする水回りのリフォームは、配管の増設や移動で費用が高額になってしまうため、事前にそれなりの金額を準備しなくてはなりません。

とはいえ、高額な費用をかけてでもお風呂リフォームする価値は十分にあるので、ユニットバスやヒノキ風呂にするなどのリフォームを検討する方が多いです。

では、高額な費用をかけてまで「リフォームしたい!」と思える価値とはどういったものなのか、お風呂をリフォームするメリットや実際のリフォーム事例をご紹介します。

お風呂(浴室)のリフォームでできること

ユニットバス

お風呂(浴室)のリフォームを検討する理由として多いのが、給湯器やシャワーの故障です。

故障した部品の『修理』をきっかけに、お風呂全体のリフォームを検討することが多いためです。

では、お風呂のリフォームといっても、どういった内容のリフォームをすることができるのでしょうか。

【お風呂(浴室)のリフォームでできること】

  • ユニットバスに変更
  • 在来浴室に変更

お風呂のリフォームでは、日本の浴室で一番ポピュラーなユニットバスや、オーダーメイドで素材や広さの変更の自由度が高い在来浴室に変更することが可能です。

ユニットバス

3点ユニットバス

ユニットバスとは、あらかじめ浴室の部品が全てセットで製造されており、それらを施工現場で組み立てる浴室の仕様のことをいいます。

在来浴室と比較してデザイン性の自由度は低いですが、費用面では在来浴室より抑えやすく、短い工期で完成するといったメリットがあります。

【ユニットバスのメリット・デメリット】

メリットデメリット
・掃除がしやすい
・気密性が優れている
・バリアフリーデザインが多い
・在来浴室より工期が短い
・オーダーメイド要素が少ないの費用の予測が立てやすい
・檜風呂などの特殊な依頼には対応できない
・窓がない設計が多いのでカビが生えやすい
・浴室の規格がユニットバスの規格から外れていたら設置できない

また、ユニットバスは大きく分けて3種類あり、リフォームの際はそれぞれ好きなタイプのユニットバスを選択することが可能です。

種類特徴
1点ユニットバス・浴室だけが独立しているタイプ
・浴槽と洗い場のみで構成されている
2点ユニットバス・浴槽と洗面台が浴室内にある
3点ユニットバス・浴槽、洗面台、トイレがまとまっているタイプ

現在の住宅の間取りから、どの種類のユニットバスにするのがベストか検討してみてください。

在来浴室

在来浴室とは、ユニットバスとは対照的に『部品』『素材』『広さ』を自由に選択しながらデザインをしていく、いわゆるオーダーメイドで作られた浴室のことをいいます。

オーダーメイドなので、『全面ガラス張りの浴室』『ヒノキで統一した自然味あふれる浴室』といった住む人のニーズにとことん応えることができます。

しかし、理想を追求し続けることができる分、費用面が高くなりがちなので注意が必要です。

【在来浴室のメリット・デメリット】

メリットデメリット
・デザインの自由度が高い・費用が高くなる
・工期がかかる
・ユニットバスと比べて気密性が低い

一見するとデメリットの方が多くて「ユニットバスの方が良いのでは?」と思えてしまいます。

しかし、デメリット以上に『デザイン性の自由度』を追求できるメリットは大きく、費用や工期をかけてでもやる価値が十分にあります。

お風呂(浴室)リフォームの費用相場

お風呂

ユニットバスと在来浴室の施工費用を比較すると、ゼロからデザインをしていく在来浴室の方が費用が掛かります。

もちろん、デザイン内容によっては(既存の形状をベースにするなど)在来浴室も費用を抑えた工事にすることは可能です。

では浴室全体の工事を検討した場合、どの程度の費用を想定しておくべきなのでしょうか。

【浴室全体の工事費用相場】

施工内容費用相場
在来浴室⇒ユニットバス65~150万円程度
ユニットバスを交換50~150万円程度
在来浴室⇒在来浴室50~200万円程度

浴室全体をリフォームしたときに費用が高いと感じる場合は、既存の浴室のデザインに合わせてドアや床のみといった工事箇所を絞ってリフォームをすれば費用を抑えることができます。

【浴室の部分別工事費用相場】

施工内容費用相場
ドアの交換(ドアのみ)3~10万円程度
ドアの交換(外枠も同時に交換)7~16万円程度
浴槽の交換(タイルの埋め込みタイプ)23~49万円程度
浴槽の交換(タイルの上に置くタイプ)12~14万円程度
床のみリフォーム4~40万円程度

浴室全体をリフォームせずとも、『床だけ』『浴槽だけ』と箇所を絞ってリフォームをするだけでもお風呂のイメージは変わりますので、費用面を気にしている方は現在使用中のお風呂の状況と相談して決めてみてください。

在来浴室→ユニットバス

在来浴室からユニットバスに変更する場合の費用相場は65〜150万円です。

浴室の広さや工事規模によって大きく差が出るので、予算がある場合は事前に施工会社に見積もりをしてもらうことをおすすめします。

基本的に、物件の築年数が古いほど費用が高くなります。

なぜなら、基礎の部分(床下のコンクリート部分など)の劣化がひどい場合はそれらを工事する費用が別途かかってしまうからです。

基礎部分の劣化は直すことをおすすめしますが、費用を抑えるためになるべく劣化部分の工事を最小限に抑えたい場合はユニットバスへの変更ではなく在来浴室のままの工事を検討してください。

ユニットバスへの工事は既存のものを一度全て取り除いてから工事をするため、劣化箇所全てを直す必要があるのですが、在来浴室のままであればリフォームしたい箇所を決めてその箇所だけを工事することができるからです。

ユニットバスを交換

ユニットバス全体を交換する場合の費用相場は50〜150万円です。ユニットバスには三種類のグレードがあり、どれを選択するかで費用は大きく変わります。

さらに、オプションとして複数の機能から選択して追加もできるのですが、オプションの追加度合いでも費用は変わります。

【グレード別ユニットバス交換費用】

グレード詳細費用
ローグレード・シャワーは簡易的なもの
・浴槽と床の断熱材は無い
61~76万円程度
ミドルグレード・浴槽と床に断熱材が入る70~87万円程度
ハイグレード・高級感あるデザイン
・シャワーの使い勝手がいい
・浴槽と床に断熱材が入る
94~112万円程度

【オプション別追加費用】

オプション内容費用
追い焚き機能3~4万円程度
浴室の喚起、暖房、乾燥機7~9万円程度
手すり追加(1本)1万円程度
浴室TV12~14万円程度
ジェットバス12~14万円程度

浴室のグレードに関しては費用を抑えることを意識しすぎてグレードを下げると、断熱材がないせいで冬場が寒くなるなどの不便さも出てくるので注意が必要です。

オプション機能の場合は『お風呂の快適性を高める』ためのものがほとんどなので、お湯に浸かる時間が長い人などが活用します。

そのため、お風呂にそこまで時間を費やさない人が「TVあったら便利かも?」という感覚で追加してしまうと「全然風呂場でTV見ることない…」なんてことにもなりかねないので、よく検討してから追加した方が後から後悔することが少なくて済みます。

在来浴室→在来浴室

在来浴室のままリフォームをする場合の費用相場は50〜200万円です。

在来浴室の場合、ユニットバスと違ってユーザーの意向を追求するほど費用が高くなってしまうため相場の幅が広くなってしまいます。

しかし、逆をいえばデザイン性を追求しすぎなければユニットバスと同等、もしくはそれ以下に費用を抑えることが可能です。

具体的な例として、『ユニットバス風の在来浴室』にリフォームをすることが挙げられます。

ユニットバス風の浴室であれば浴槽交換なしで『30〜40万円』、浴槽交換ありで『50〜70万円』程度の費用で工事をすることができます。

そのため、ユニットバスの工事費用相場『50〜150万円』に比べたら十分に費用を抑えることができます。

在来浴室のリフォームはユニットバスと違って、部分的に工事をすることも可能ですし、全体を個性的なデザインにすることも可能です。

自由にデザインできるからこそ、ユーザーのニーズに合わせやすいメリットがあるので、そのメリットを活かして費用面・デザイン面のバランスをみながらリフォーム内容の検討をしてみてください。

拡張・増築・移動

「お風呂が狭いから広くしたい」と悩みをお持ちの方におすすめなのが、『浴室の拡張・増築』と『浴槽の移動』です。以下がそれぞれの工事内容と費用相場です。

工事名工事内容費用相場
浴室の拡張脱衣所のスペースなどを使って浴室のスペースを広げる15~30万円程度
浴室の増築隣接する部屋などを利用して浴室のスペースを広げる70~250万円程度
浴槽の移動スペースを既存の状態よりも有効活用できるようにする150~250万円程度

浴室を広くすることは、既存の間取りに気を配りながらデザインする必要があります。

しかし、脱衣所を活用することができれば比較的安く浴室を広くすることができるので、まずは既存の間取りを活かしてリフォームができないかを施工会社に相談してみるのがおすすめです。

浴室機能のオプション追加の費用相場

浴室をリフォームする際に、より快適な空間を目指してオプション機能をつけることができます。

安いものであれば1万円〜とリーズナブルにオプション機能の追加を検討できるので、今よりもっとお風呂の時間を楽しみたい方は追加する価値が十分にあります。

種類費用相場
追い焚き機能3~4万円程度
浴室換気・暖房乾燥機7~9万円程度
手すり(1本あたり)1万円~
三枚引き戸7~9万円程度
浴室スピーカー5~6万円程度
浴室TV12~14万円程度
ジェットバス12~14万円程度

あくまでもこれらの費用は浴室全体を工事した際の『オプション』としての相場です。ですので、単体でこれらの工事をした場合は作業費など別途費用がかかります。

部品交換の費用相場

水漏れのトラブルなどがあった場合は修理または交換が必要です。

部品が古くなって水漏れが発生するケースだと、パッキンだけでなく接地する本体側も不具合が発生している可能性が高く、その場合は交換をするしかありません。

では部品を交換する場合、どのくらいの費用を想定しておけばいいのでしょうか。

種類費用相場
蛇口・水栓交換7千円~4万円程度
給湯器の交換10~39万円程度
換気扇の交換3~15万円程度
シャワー交換1~3万円程度

基本的に交換の際の費用はほとんど部品代が占めています。そのため部品交換を依頼する時は、事前に既存のものに部品が入るか確認しましょう。

古いお風呂をリフォームするときの注意点

ユニットバス

古いお風呂をリフォームする際は、老朽化による基礎部分の劣化や柱の腐食などに注意が必要です。

ユニットバスを取り付ける時は一度浴室全体を解体するので、もし劣化が見られた場合は修理を余儀無くされるため、さらに補修費用が上乗せされてしまいます。

劣化の度合いは工事前の解体した時でないと状態を完璧に把握ができないので事前に詳細を知ることは難しいです。

そのため、劣化部分の大まかな修理費用の相場を確認しておき、想定以上に劣化の度合いがひどい事態であっても対応できるように修理費用を予算に組み込んでおくことをおすすめします。

【老朽化によって発生する主な修理内容】

  • 床のひび割れの修理

床のひび割れのほとんどは経年劣化が原因で、修理の際は基本的にはコーキング剤で補修します。

タイルの場合は3〜10万円、ユニットバスであれば10〜20万円ほどの費用を準備しておきましょう。

  • 柱部分の腐食の修理

柱部分の腐食は主に水漏れが原因であることが多いです。そのため柱の交換or補強はもちろんのこと、根本的な原因であれ水漏れも修理しなくてはなりません。

費用相場は5〜20万円ほど準備しておきましょう。

  • 配管の劣化による修理

配管の劣化の原因は経年劣化がほとんどで、そのまま放置しておくと水漏れの原因になるので早急に対応が必要です。

配管の交換をすることで修理可能ですが、箇所によっては壁の取り壊しなどが必要になり、修理代が高額になる場合があります。

工事の規模で価格は大きく変わりますが、5〜50万円ほどは用意しておきたいところです。

お風呂(浴室)リフォームの施工事例

以下では実際にログリノベで施工されたお風呂(浴室)のリフォーム事例を取り上げていますので、自身が求める理想のデザインに近いものがないか探しながらリフォームを検討してください。

高級感を重視したお風呂

おうち全体が白色をベースに作られており、清潔感あふれるデザインとなっています。

そして、白色ベースのおうちに木目調の壁をお風呂に取り入れることで、より高級感があふれるデザインを再現しました。

お風呂場はゆっくり休む場なので、明るい空間を作るよりかは木目調のような暗めの色味で落ち着ける空間を作り出せます。

【物件の基本情報】

また、各メーカーから登場しているユニットバスの製品には、メンテナンスのしやすさが目玉になっているものがたくさんあります。シャワーで流すだけで汚れが落ちる浴槽や排水性の高い床パネルなど、さまざまな製品が多数登場しています。

面積60.48㎡
間取り3LDK⇒2LDK
所在地東京都中野区
築年数築32年

無機質さに潜む心地良いお風呂

黒色をベースにシンプルなデザインで無機質な空間を再現。風呂は無機質なデザインですが、それ以外の部屋は逆に家族団欒を重視したデザインとしており、快適な住み心地の良さを再現しました。

あえて、他の部屋と違う雰囲気でデザインすることもまたオシャレな空間を作るための一つの手法です。

【物件の基本情報】

面積65.19㎡
間取り2LDK
所在地神奈川県厚木市
築年数築10年

美しい形の浴槽&機能重視で満足度の高いお風呂

デザイン面・機能面をとことんこだわった在来浴室です。美しい形の浴槽&黒の壁面で高級感を再現しており、さらには全身を包み込む泡を作り出す機能も兼ね備えていて、全てにおいて満足のいくお風呂を作り上げました。

【物件の基本情報】

面積175.50㎡
間取り3LDK+S⇒2LDK+S
所在地福岡県福岡市
築年数築22年

ここまでご紹介した事例3つは、数あるログリノベの施工事例の中のほんの一部です。

自身の理想のリフォーム内容が少しでも想像できるのであれば、それを元にリノベコーディネーターが最適なアイデアを提示してくれます。

まずは相談してみることで、より快適で満足のいく理想のお風呂(浴室)をイメージすることができるようになります。

まとめ

お風呂のリフォームはユニットバスと在来浴室で工事内容と、それにかかる費用が大きく変わります。

そのため、事前にリフォーム前の浴室はどんなタイプなのかを調べ、それを元に工事内容ごとの相場を知り、どんな機能やデザインを組み込んでいくのかを検討をしてください。

また、リフォームをする際には築年数の古い物件だと補修などで追加費用がかかる場合があるので、築10年以上の物件の場合は当記事の補修相場を確認して、予算の底上げをしておくことをおすすめします。

一番人気!リノベーション初心者の方向け・オンライン講座はこちら

◆こちらもおすすめ◆

<<「水回り」について解説!>>

✔︎水回りのリフォーム、リノベーションの注意点、費用相場は?

✔︎洗面台・洗面所のリフォーム、リノベーションの費用相場は?

✔︎トイレリフォーム費用の相場は?事例と併せて補助金や注意点を解説

 

<<「リノベの費用」について解説!>>

✔︎【リノベにかかる費用】新築マンションを買うより、中古マンションをリノベしたほうがお得ってホント?

✔︎リノベーションの費用と内訳。一体、何にどれくらいかかるの?

✔︎【リノベのローン】リノベーション代も住宅ローンにコミコミでOK?

 

<<リノベーションの事例が知りたい!>>

✔︎無垢材リノベーションの先輩にインタビュー

公開日 2020年5月10日
更新日 2021年4月27日

リノベ済みおすすめ物件