縁側のある家で、家族の憩いの空間を演出。縁側の魅力、増設リフォームの費用や注意点とは

縁側のある家で、家族の憩いの空間を演出。縁側の魅力、増設リフォームの費用や注意点とは

かつて日本家屋の象徴であった縁側。夏場は縁側で涼んだり、冬場は“陽だまり”で温まったりと、家族の憩いの場として機能していました。住宅の洋風化が進む昨今、縁側を目にする機会は減りましたが、最近はその魅力が注目され始めています。今回は、縁側の基礎知識や魅力、メリット・デメリット、縁側の増設リフォームの費用相場と注意点などを紹介します。

縁側とはどんなもの?

縁側の基礎知識をおさらいしていきます。これから自宅に縁側を設置する場合、以下の内容をしっかりと把握しておきましょう。

日本の伝統「縁側」には大きく分けて2種類

伝統的な和風建築物のほとんどに設けられ、どこか懐かしい雰囲気も漂う縁側。一般的に縁側は、部屋と庭の間にある板張りの空間・スペースを指します。そんな縁側には、「濡れ縁」と「くれ縁」の2種類があります。

「濡れ縁」

「濡れ縁」は、湿気に強い木材の使用・床の間に隙間を作るなど、設計の工夫が必要
「濡れ縁」は、湿気に強い木材の使用・床の間に隙間を作るなど、設計の工夫が必要

濡れ縁は、縁側部分を雨戸の外側に設置するタイプで、「外縁」ともいいます。突き出ている縁側部分が雨で濡れることから、濡れ縁と呼ばれます。常時、雨風にさらされる縁側の一種で、防水性に長けた床材を使用したり、板の間に隙間を作って水はけをよくしたりと、さまざまな工夫が施されます。

「くれ縁」

「くれ縁」は屋根下なので、家具を配置してリビングとして寛ぎスペースにすることも
「くれ縁」は屋根下なので、家具を配置してリビングとして寛ぎスペースにすることも

くれ縁は、縁側部分を雨戸の内側に設置するタイプです。濡れ縁とは異なり、雨戸を閉めすれば雨風を防げるため、床が雨に打たれる心配がありません。天候に左右されず、美しい庭の風景を眺めるなど、贅沢な楽しみ方ができるほか、サンルームのような省エネ効果も期待できます。なお、くれ縁は雨戸の内側に設置することから「内縁」とも呼ばれます。

縁側の役割

古くから日本人に親しまれてきた縁側は、室内と外をつなぐ多機能空間として、さまざまな役割を担ってきました。縁側でお茶を飲みながら庭園を眺めたり、風通しのよさを活かして洗濯物を干したりと、その用途は多岐にわたります。

今ではあまり見られませんが、かつては縁側からご近所さんが訪ねてくることも。ここでは、そんな縁側がある住宅の魅力やメリット・デメリットを掘り下げていきます。

縁側のある家のメリット・魅力

縁側を設けるメリットのひとつは、省エネ効果です。例えば、リビングに面して縁側を設置した場合、夏場は直射日光の侵入を防ぎ、室内温度が下がりやすくなります。

冬場においては、サンルームのように冷気を遮断しつつ“日だまり”をつくります。暖かい日差しのみがリビングに差し込むため、室内温度が上がりやすくなり、自然と部屋が暖まります。結果的に冷暖房の効率が向上し、光熱費の節約が期待できます。

近年は縁側を外部に設け、ウッドデッキのような使い方をしている住宅も増えています。ウッドデッキに比べると、縁側には奥行きがありません。庭でガーデニングを楽しんだり、子ども用の遊具を設置したりする場合、コンパクトな縁側なら余計なスペースを取らず、庭を広々と使えます。

例えば、家事をしながらお子さん達が遊んでいる様子を見守ったり、家族団らんの時間を過ごしたりと、さまざまな過ごし方が考えられます。一方、縁側は半屋外空間のため、夏場の虫対策は必須。夏に庭の草木を愛でる場合、蚊取り線香などは必ず用意したいところです。

リフォームが難しい場合でも縁側の設置ができます。もっとも手軽なのは、市販されている縁台の設置です。縁台とは、大人1~2人サイズの腰掛けのこと。かつて縁側がない住宅では、縁台が腰掛け代わりとなっていました。その種類はさまざまですが、おすすめは収納付きの縁台です。庭具などを閉まっておけるため、収納場所に困った際は検討してみましょう。

縁側のある家のデメリット

縁側を設置するデメリットは、大きくわけて2つあります。ひとつは、縁側の建築面積に制限がかかる可能性があること。新しく縁側を設置する場合、自宅の外側に幅1m程度のスペースが必要です。それが建築基準法に定められた建ぺい率・容積率を超えると、希望サイズの縁側を設置できなかったり、設置自体が認められなかったりすることがあります。

そもそも縁側を設置できる住宅・土地なのかどうか、リフォーム会社にあらかじめ確認しておきましょう。もうひとつは、定期的な庭のお手入れが必要になることです。縁側から庭を眺めた際、草木が荒れ放題だと、せっかくの景観も台無しに。庭のお手入れには、手間・コストがかかるものです。しかし、縁側を心地よい空間にするためにも、美しい景観の維持は欠かせません。

現代の住宅に昔ながらの縁側を取り入れる方法

近年、洋風化が進む現代の住宅に合う、多彩なデザインの縁側が登場しています。「縁側=和」というイメージは一昔前の話で、最近は北欧スタイルやアジアンスタイル、和モダンなど和室の無い住宅においても、縁側が取り入れられています。縁側の「見せ方」を工夫すれば、現代の住宅にもマッチする縁側を設置できます。

例えば、縁側に面する部屋(リビングやキッチンなど)と同じ色・材質の床材を使うと、空間に一体感が生まれ、より広く感じられます。また部屋と縁側の仕切りも、雨戸・障子ではなくガラス1枚に変更すれば、スタイリッシュでモダンな雰囲気になります。

一方で、住宅によっては縁側の増設が困難なケースもあります。その場合、インナーテラスやウッドデッキを設置し、縁側として使うのもひとつの手です。それぞれの特徴や設置するメリットは、以下で詳しくお話します。

下記の記事では、北欧インテリアや和モダンインテリアのコーディネート方法を紹介しています。

北欧インテリアに囲まれて温かみのある住まいを実現。おすすめのコーディネート術を紹介

和モダンインテリアで部屋をスタイリッシュなくつろぎ空間に――家具・雑貨選びのコツやコーディネート方法を解説

インナーテラスを作る

インナーテラスとは、壁・屋根・窓・ガラス戸などで覆われた「屋内にあるテラス」のことです。一般的なテラスは、屋外に設けたウッドデッキなどの地面から少し高い屋外空間で、あくまでも屋外の扱いです。一方のインナーテラスは、屋内でありながら風通しや日当たりをよくした半屋外空間です。天候や外気に左右されず、縁側同様の機能を備えることから“現代の縁側”と呼ばれます。

昔ながらの縁側が、現代の住宅に合うように進化した空間といえます。インナーテラスには、縁側とは異なる活用法があります。例えば、テーブルや椅子を設置してカフェ風スペースにしたり、本棚とソファを置いて読書部屋にしたりと、おしゃれに使えるのが魅力です。「縁側を設置したいけど、自宅の雰囲気と合わせない…」とお悩みなら、同様の機能を持ち、現代風なインナーテラスのリフォーム・リノベーションを検討してみてください。

ウッドデッキを作る

軒下に収まるサイズ感のウッドデッキは縁側代わりに。洗濯物干し、リラックスタイムにと、用途は様々
軒下に収まるサイズ感のウッドデッキは縁側代わりに。洗濯物干し、リラックスタイムにと、用途は様々

さまざまな理由から縁側を設置できない場合、ウッドデッキを設置するのもおすすめです。ポイントは、本体の奥行きをできるだけ減らすこと。軒(屋根の下部)下に収まるサイズ感にすれば、縁側代わりのスペースになります。従来の縁側に比べておしゃれなデザインになるため、洋風の住宅との相性も抜群です。また、ウッドデッキを作る際は室内との段差に気を配りましょう。

段差が少ない設計にすると出入りしやすく、子どもや高齢者の転倒リスクも軽減されます。バリアフリーの観点からいっても、出入り口付近の段差は可能な限りなくしましょう。広いウッドデッキを設置すれば、家族でバーベキューを楽しんだり、カフェ風スペースとして使えたりします。縁側とは異なる使い方ができるため、家族構成などによっては、ウッドデッキが最適なケースもあります。

なお、住宅の構造上、軒下にウッドデッキを設置できないケースも考えられます。その場合、ウッドテラスを設置してみましょう。ウッドデッキとウッドテラスの違いは、屋根があるか否かです。ウッドテラスには屋根があるため、雨の日には洗濯物干しスペースとして利用できます。

下記の記事では、ウッドデッキのリフォームについてかかる費用などを紹介しています。

ウッドデッキのリフォーム費用は?施工事例を別にコストを比較

縁側を増設リフォームする費用はどのくらいかかる?

縁側を増設する場合、リフォーム費用は「縁側の種類」と「床面積」によって変わります。実際は工事内容・住宅構造・敷地状況なども影響しますが、床のみの増設なら1㎡あたり約1万2000円前後が目安です。さらに壁・窓・屋根を設置するなら、1㎡あたり約10万円前後の費用がかかります。より詳しく掘り下げていきましょう。

縁側の増築費用は、くれ縁or濡れ縁、床面積によって変動する

 

増設する縁側の床面積
濡れ縁(約1万2000円/㎡) くれ縁(約10万円/㎡)
4畳半(約2.5坪) 約9万9000円前後 約82万5000円前後
6畳(約3.3坪) 約13万680円前後 約108万9000円前後
8畳(約4.4坪) 約17万4240円前後 約145万2000円前後
10畳(5.5坪) 約21万7800円前後 約181万5000円前後

上記の表は、濡れ縁の増設費用を1㎡あたり約1万2000円、くれ縁は1㎡あたり約10万円で算出した際の費用目安です。仮に6畳の縁側を増設する場合、濡れ縁は約13万680円前後、くれ縁は約108万9000円前後の費用がかかります。住宅の外部に設置する濡れ縁は、床のみの増設工事で済むことがあります。そのため、くれ縁の増設に比べると、リフォーム価格・費用は安くなります。

一方、くれ縁は住宅の内部に設置するため、大がかりな工事を伴うのが一般的です。肝心のリフォーム費用は、濡れ縁の4~5倍程度になると予想されます。ただ、縁側の増設費用は、床材の素材によっても変動します。

比較的高価な無垢材を使う場合、6畳の濡れ縁であっても、20万円前後かかるケースが考えられます。いずれも住宅環境に応じ5倍程度になると予想されます。

住宅に縁側を増築する上で注意する点

縁側の増設リフォームには、いくつかの前提条件や注意点が存在します。一つひとつ見ていきましょう。

プライバシー・防犯面を考慮する

縁側の設置で最も注意したいのが防犯・プライバシー対策。外壁などで外からの視線を気にせず使用できるよう工夫して
縁側の設置で最も注意したいのが防犯・プライバシー対策。外壁などで外からの視線を気にせず使用できるよう工夫して

縁側は、内と外をつなぐ半屋外空間であるため、道路や隣地からのプライバシー確保や、防犯に注意が必要です。縁側の配置を工夫して外からの視線を遮ったり、防犯ガラスなどを使った窓・扉を設置したりと、プライバシー・防犯面を考慮した対策が求められます。

私有地と公有地を曖昧にするのが縁側の魅力ですが、現代においては、それがデメリットになることが多いかもしれません。いずれにしても、縁側の増築リフォームを検討する際は、リフォーム会社の設計者とよく相談する必要があるでしょう。過去のリフォーム事例や、さまざまな住宅の間取り図を参考に検討するのがおすすめです。

十分なスペースがあるどうかを確認する

縁側のリフォームでは、屋根の延長工事と縁側の増設工事を行うのが一般的です。そのため、既存住宅に縁側を増設するための十分なスペースが必要となります。リフォームの場合、住宅の居住空間の外部に濡れ縁を設置するのが一般的です。比較的シンプルな工事となるほか、庭側のスペースも圧迫しません。

一方、くれ縁を増設したり、建ぺい率などの関係から屋根を延長できなかったりする場合、既存の居住空間を縁側にリフォームする方法があります。この場合、生活空間が狭くなるため、圧迫感が生じる可能性があるため注意しましょう。リフォーム前に十分なスペースがあるかどうか、しっかりと確認することが大切です。

床面積が増えることによって、固定資産税も高くなる

縁側に限った話ではありませんが、住宅の増設リフォームによって固定資産税が高くなる可能性があります。縁側を増設すると住宅の床面積が増えるためです。判断基準は地域によって異なるため、あらかじめリフォーム会社や役所に確認しておきましょう。

マンションに縁側を作ることは可能?

これまで縁側の増設リフォームの魅力・メリットをお伝えしてきましたが、「マンションには増設できないの?」と思った方もいるのでは。マンションでも、工夫次第で縁側風のスペースが作れます。ここでは、マンションに縁側を作る方法をご紹介します。

マンションの廊下を縁側「風」にリフォームすることが可能。ただしメーカーとよく相談を

マンションの場合、屋外部分が共用部となるため、個人でのリフォームは認められていません。そのため、従来の縁側を増設することはできないものの、“縁側風”の廊下なら設置可能です。

部屋の間取りを変えた後、外壁に面する部分を囲う形で、その内側に“縁側風”の廊下を設置します。このプランで施工する場合、既存の生活空間が狭くなるデメリットがあるものの、間取りを工夫すればスペースには困りません。

ただ、ある程度は部屋の広さが必要だったり、フルリフォーム・フルリノベーション前提での工事となったりするため、相応の費用がかかります。工事自体は可能ですが、一軒家での増設リフォームに比べるとハードルが高くなるでしょう。

これから中古マンションを購入して“縁側風”の廊下を設置する場合、「最適な間取りはどれか?」「生活動線に問題はないか?」などをしっかりと考え、使いやすい構造になるようメーカーとよく相談していきましょう。

 

◆こちらもおすすめ◆

庭のリフォーム費用相場はいくら?コンクリート工事や雑草対策の施工例を紹介

外構・エクステリアリフォームの相場費用は?施工事例も併せて紹介

ベランダリフォームの費用相場は?マンションでもできる? 目隠しやサンルームなど事例もご紹介

古民家をリフォーム、リノベーションしてスローライフを実現。費用相場や注意点を紹介

公開日 2020年8月8日
更新日 2020年10月22日

#リフォーム, #外壁

この記事をシェアする

Share on Twitter 縁側のある家で、家族の憩いの空間を演出。縁側の魅力、増設リフォームの費用や注意点とは 縁側のある家で、家族の憩いの空間を演出。縁側の魅力、増設リフォームの費用や注意点とは

LogRenoveをフォローする

関連記事