オープンキッチンを目隠しするには? 手軽な目隠し方法やリフォームのアイデア

オープンキッチンを目隠しするには? 手軽な目隠し方法やリフォームのアイデア

開放感が魅力のオープンキッチンですが、「来客時など限定的なタイミングでは隠したい」「背面収納や手元だけでも隠しておきたい」「料理が終わったらダイニングやリビングからは見えないようにしたい」といったニーズもあると思います。今回は、オープンキッチンを目隠しする方法やリフォームのアイデアなどを紹介します。オープンキッチンの目隠しでお悩みの方は、参考にしてみてください。

キッチンの条件によって目隠し方法はさまざま

一口にオープンキッチンといっても条件はさまざまです。代表的なオープンキッチンの種類としてカウンターキッチン(対面キッチン)、アイランドキッチン、壁付けキッチン、I型キッチンが挙げられますが、それぞれ露出している面の大きさや方向が異なります。当然ながら、その形式によって目隠しの方法も変わってきます。

開放されている面をすべて隠すのは現実的ではないため、キッチンの条件によってどの面をどのように隠すのか考える必要があります。簡単な目隠しであれば、業者を利用しなくても個人で実施可能です。ただ、希望によっては業者を利用して大規模な工事を行う必要があります。

賃貸であればDIY、一戸建ての場合はリフォーム業者による工事も選択肢に入りますが、どちらの方法で行うとしても、どこを隠したいのか、どこから隠したいのかを慎重に考えておくようにしましょう。

ちょっとした目隠しならプチDIYやインテリアで手軽にできる

小さなポイントであれば、以下のようなDIYやインテリアによる方法で目隠しできます。本格的なリフォームができない賃貸でもおすすめの方法です。

正面を目隠しするなら突っ張り棒でのれんやカーテンを取り付ける

カウンターキッチンの正面を目隠ししたい場合は、DIYで簡易的なのれんをつくってみましょう。100均で手に入るカーテンや布、突っ張り棒などが利用できます。一人暮らし用ワンルームでカウンターキッチンが設置されている物件も増えていますが、この方法であれば簡単に生活スペースとキッチンを分割できます。

手元だけの目隠しならカウンタースクリーン

カウンタースクリーンは油はねによる汚れを防ぐだけでなく、手元隠しにもなる
カウンタースクリーンは油はねによる汚れを防ぐだけでなく、手元隠しにもなる

アイランドキッチンや対面キッチンの油はね対策として利用されているカウンタースクリーンは、手元の目隠しとしても利用できます。すりガラスタイプのものを選べば見た目もスタイリッシュです。そのまま食器棚として利用できるものもあります。

サイドを目隠しするならパーテーションを付ける

I型キッチン側面にパーテーションを付ければ、サイドの目隠しになります。折り畳み式のパーテーションがおすすめです。キッチンのデザインやインテリアと合うパーテーションを選びましょう。

背面や手元を目隠しするなら高めの棚を置いてカウンター風に

アイランドキッチンは四方が開放されています。背面など、いずれかの面を目隠ししたければキッチン台より少し高めの棚を置くといいでしょう。対面キッチンもこの方法で手元を隠すことができ、簡単にカウンターキッチン風にアレンジもできます。

上品な暮らしをつくる家具講座|長持ちする家具・しない家具を知れる無料オンラインセミナー

ディアウォールで壁を作る

ディアウォールとは、壁に穴を空けずに柱を立て、新しい壁を作れるパーツです。I型キッチンなどでは、ディアウォールで壁を作り、疑似的な個室やカウンターを作る方法があります。穴あけや工事が無いため、賃貸でも利用しやすい方法です。

施工業者にリフォームや設置を依頼してワンランク上の目隠し

業者に依頼すれば、DIYでは叶えることのできないワンランク上の目隠しを作ることができる
業者に依頼すれば、DIYでは叶えることのできないワンランク上の目隠しを作ることができる

一戸建てなどであれば、業者に依頼してリフォームや大きな家具を設置することもできます。工夫やアイデアがあればDIYで対応するのもおすすめですが、業者に依頼すればワンランク上の目隠しが可能です。業者に依頼する際のキッチンの目隠しアイデアをご紹介します。

ロールカーテンやブラインドなら来客の無いときは開けておける

ダイニングスペースや廊下との境界線にロールスクリーン、ロールカーテンやブラインドを設置できます。簡単に開け閉めできるため、来客の無いときは開けておき、お客さんが来たらすぐに閉めることができます。

扉を設置してキッチンを部屋とわける

扉を設置して、キッチンとそれ以外の部屋をわけるリフォーム方法もあります。天井と床にレールをひいて、引き戸タイプの扉を付けるのが一般的です。ブラインドや格子タイプの扉であれば、目隠しをしながら通気性も維持できます。

腰壁を手元より高めに付ける

腰壁とは、その名のとおり人の腰程度の高さの壁のことです。キッチンの側面に腰壁を取り付けると目隠しになります。実際に設置する場合には、手元より上の高さにしましょう。手元の目隠しになるほか、水はねなどを防ぐことができます。

カウンターキッチンのカウンターの上に窓を設置

カウンターキッチンの場合、カウンターの上に窓を設置する方法もあります。窓枠をDIYする方法もありますが、リフォーム業者に依頼すると本格的な窓に仕上がります。

理想の住まいにリノベーション|リノベの基礎知識を学べる無料のオンライン相談会

収納を工夫して目隠しするアイデア

キッチンの収納だけであれば、アイデア次第で簡単に目隠しできます。キッチンの実用的な目隠しアイデアや、整頓方法をご紹介します。

カウンターの上に棚を置くことで見せる収納×目隠し

カウンターの上に見せる収納として棚を置く方法があります。手元と背面の収納の目隠しにもなり、一石二鳥です。100均で手に入るすのこを利用して棚をつくると低コストで済み、アレンジ次第でおしゃれに仕上がるためおすすめです。

ゴミ箱を隠したいなら棚をDIYするのがおすすめ

キッチンのごみ箱を隠したいときは、専用のケースや棚をDIYするのもおすすめ
キッチンのごみ箱を隠したいときは、専用のケースや棚をDIYするのもおすすめ

ゴミ箱をそのまま置いておくと気になってしまうという方もいると思います。外側から見えないように隠しておきたいという場合は、ゴミ箱用のケース・棚を手作りしてみましょう。DIYで棚の内部にフックを付け、プラ、可燃、ペットなど、ゴミの種別に応じて複数の袋を吊り下げられることもできます。

100均の収納グッズを活用して棚の中をスッキリ整頓

100均では、キッチンの整頓にも使える収納グッズが数多く販売されています。上手く使えば、どうしても隠し切れない部分もスッキリと整頓できます。100均で手に入る代表的な便利アイテムのひとつが壁面に取り付けられるディッシュラックです。ラップやフリーザーバッグを収納できるため、他の収納スペースに余剰が生まれます。吊り下げラックや底上げのラックを使用してデッドスペースを活用する収納もおすすめです。

キッチンのおしゃれな目隠しアイデア

せっかくキッチンを目隠しするのであれば、おしゃれに仕上げたいところです。センスと工夫次第では、おしゃれさのほかに利便性、見た目の清潔感も兼ね備えた目隠しをつくることができます。

ディアウォールでカフェ風の壁

ディアウォールを使用した壁の目隠しは、壁面のデザインにこだわるとおしゃれ感が増します。壁面のスペースを利用して、カフェ風のデザインに仕上げてみましょう。有孔ボードを使用した見せる吊り下げ収納を設置する、仕切りを設けて植物の鉢植えを置く、可愛い時計を置くなど、アイデアは広がります。小規模なカフェであればキッチンが視界に入る間取りになっていることも多いため、実際に足を運んで参考にしてみるといいかもしれません。

カウンターキッチンに窓を取り付け開閉自由に

カウンターキッチンに取り付ける窓枠もデザイン次第ではとてもおしゃれになります。自由に開け閉めできるようにしておくと、そのときの気分や来客のタイミングなどでキッチンを隠すことができて便利です。特に、北欧風の木の窓枠などが人気を集めています。好きな木材とガラスを組み合わせて、窓をDIYするのもいいでしょう。

リフォームで引き戸を付けて使わないときは完全目隠し

引き戸を付けるとキッチンを完全に隠せるため、部屋のレイアウトを損なうことがありません。リフォームであれば、引き戸を取り付けるような大規模な目隠しも可能です。

キッチン全体を隠す引き戸を設置するリフォームのほか、背面収納を引き戸で隠すリフォームも一般的に行われています。オープンキッチンならではの開放感を維持しつつ、部分的に隠したい場合はこちらのリフォームがおすすめです。

コンクリートの腰壁がクールな印象

キッチンの側面に設置することで、スタイリッシュに目隠しができる腰壁。手元の目隠しとして設置する場合はある程度の高さが求められます。インテリアを気にする方であれば、腰壁の壁面デザインにもこだわりたいところです。

無骨でクールな印象を与えるデザインとして人気なのがコンクリートの腰壁です。柔和な印象がある木材のインテリアと組み合わせても、魅力的なアクセントになります。コンクリートブロックを積み上げたデザインが人気となっています。

その他、レンガのブロックや、様々な形状の空洞ブロックを積み上げて腰壁をつくる方法も。さまざまなアイデアを参考に、お好みの目隠しを取り入れましょう。

ファミリーのためのリノベーション講座|目指すのは家族全員が笑顔になる住まい

◆こちらもおすすめ◆

台所・キッチンのリフォーム、リノベーションの費用相場、注意点を紹介

【I型キッチン】の魅力|メリット・デメリットとおすすめリフォーム

内装リフォームにかかる費用の相場とは。よくある失敗例や注意ポイントも解説

公開日 2020年8月24日
更新日 2020年12月1日

販売中のおすすめリノベ物件