屋根裏をリフォームして、収納スペースや部屋にする方法。その費用とは?

屋根裏をリフォームして、収納スペースや部屋にする方法。その費用とは?

「収納スペースが足りない…」「子ども部屋が欲しい」など、住宅のスペースにお困りの方は「屋根裏リフォーム」を検討してみませんか?屋根裏という名のデッドスペースは、収納や部屋のリフォームに最適な空間のひとつです。今回は、屋根裏を収納スペースや部屋に拡張する方法や費用、工期の目安についてお話します。

屋根裏部屋を拡張してトクすること|魅力を紹介

一般的に、屋根と天井板の間にある空間を屋根裏といいます。古来、日本の住宅では、屋根裏を物置にしたり、「蚕(かいこ)」の飼育場に使ったりと、さまざまな形で有効活用してきました。しかし、現代の住宅における屋根裏は、デッドスペースと化しているのが実情です。せっかく広い空間があっても、有効活用できていない住宅がほとんどでしょう。

そこで近年注目されているのが、屋根裏を収納スペースや生活空間として活用する「屋根裏リフォーム」です。屋根裏リフォーム最大の魅力は、既存住宅の広さ・間取りを変更せずに、新しい空間を確保できることです。倉庫や物置などの「屋根裏収納」にする、夫婦の寝室にするなど、選択肢も豊富です。


屋根裏リフォーム・リノベーションについて疑問や不安があればLogRenoveの無料相談会でご相談ください!

屋根裏の有効活用方法とは?屋根裏の空間をいかに利用するか

ロフトより天井が高く床面積も広いため、ライフスタイルに合わせたリフォームをすることで快適な空間を作ることができる
ロフトより天井が高く床面積も広いため、ライフスタイルに合わせたリフォームで快適な空間を作ることができる

自宅の収納スペースが不足している場合、屋根裏を屋根裏収納にするのがおすすめです。またエアコンや照明を設置すれば、子ども部屋や趣味部屋に改装することもできます。ロフトよりも天井が高く、床面積も広いため、より快適な空間に仕上がるでしょう。ここでは、ライフスタイルに合わせた屋根裏の活用例をご紹介します。

お部屋としての活用|子どもの秘密基地や大人の趣味部屋、書斎にも

物置・倉庫のイメージが強い屋根裏ですが、リフォームで家族の居住空間に変わります。例えば、子ども部屋です。小さなお子さんがいる場合、屋根裏を秘密基地風の子ども部屋にリフォームすれば、きっと喜ばれるでしょう。梁(はり)にハンモックや縄はしごを吊るすだけでも、立派な子どもの遊び場になります。

ただ、子どもの成長につれ、新設した子ども部屋が不要になることも予想されます。この場合、空いた屋根裏は別の形で再利用するのがおすすめです。例えば、在宅勤務時に活用できる書斎にしたり、夫婦2人のベッドルームや趣味部屋にしたりと、家族のライフスタイルに合わせて用途を変えます。なお、屋根裏の床の一部を撤去し、ロフト化することも可能です。

LogRenoveはファミリー層向けのリノベーション講座を開催中。ベビーカーが置ける玄関にしたい。テレワーク用に書斎が欲しい。子供がワクワクするような子供部屋を作りたい。など、家族の「こうしたい」を詰め込めるのがリノベーションです。

収納スペースとしての活用

屋根裏を収納スペースとして活用する場合は、倉庫・物置・ウォークインクローゼットなどにリフォームします。もっともポピュラーなのが倉庫・物置化で、1年に一度しか使わない季節物の収納に最適です。例えば、五月人形やクリスマスツリーなど、かさばりやすい季節物は屋根裏に収納すると、下の階の収納スペースに余裕が生まれます。

ただ、屋根裏をウォークインクローゼット化する場合は、リフォーム費用が割高となります。湿気から衣類を守るためにも、さまざまなオプション工事が必要となるためです。屋根裏空間をどう利用するのかによって、工事内容や費用が大きく変わる点を考慮しましょう。

屋根裏リフォームに必要な工事とは?

屋根裏リフォームにおける「基礎工事」は必須。そこに利便性と快適性を向上させるための「オプション工事」を追加することでより理想的な空間に仕上げる
屋根裏リフォームにおける「基礎工事」は必須。そこに利便性と快適性を向上させるための「オプション工事」を追加することでより理想的な空間に仕上げる

屋根裏リフォームは、「基礎工事」と「オプション工事」にわかれます。基礎工事は、屋根裏収納あるいは屋根裏部屋、双方に必要な工事です。通常、どの業者に依頼しても工事内容はほとんど変わりません。一方のオプション工事は、空間の利便性・快適性を向上させるための工事で、業者によって対応範囲が異なります。ここでは、屋根裏リフォームの工事内容についてお話します。

屋根裏の基礎工事|換気扇、断熱、階段、はしごの設置

屋根裏リフォームにおける基本工事の内容は、次の通りです。

・空調設備(換気扇)の設置
・断熱工事
・天井開口の増設
・階段やはしごの設置

一般的な屋根裏には、空調設備がありません。空気の循環を生み出し、溜まりやすい湿気を逃がすためにも、換気扇を設置するのが一般的です。屋根裏部屋にリフォームする場合は、屋根の断熱工事も行います。太陽光にさらされる屋根の表面温度は、夏場だと70℃以上になることがあるためです。断熱工事を怠ると室内温度が過度に上昇し、いわゆる“サウナ状態”となります。

なお、屋根裏の断熱工事には、屋根の内側に断熱材を張りつける「天井断熱」と、屋根の表面を断熱塗装する「屋根断熱」の2種類があります。最適な方法については、工事を依頼するリフォーム会社とよく相談しましょう。さらに、既存の天井に開口部分を増設し、屋根裏への入口を作ります。はしごで登るタイプもありますが、安全面を考慮すると階段がおすすめです。

オプション工事:照明器具、コンセント、手すり、窓、床工事

オプション工事の代表例は、次の通りです。

・照明器具の設置
・コンセントの増設
・転落防止用の手すりの設置
・窓の増設
・内装工事(壁紙クロスの張り替えなど)
・ウインチの取りつけ
・床の補強工事

屋根裏部屋にするなら、照明器具の設置は必須です。収納スペースにする場合においても、照明があると細かいものをみつけやすくなります。なお、一般的な屋根裏にはコンセントがないため、同様に増設をおすすめします。屋根裏側の開口部分には、3方向を囲うように転落防止用の手すりを設置できます。屋根裏を子ども部屋にする際には欠かせない工事といえます。

窓は湿気を逃がしたり、日光を取り入れたりするために増設します。リフォーム費用は割高となりますが、窓があるだけ空間の快適性は大きく向上します。床の強度が不足している場合、面積に応じてフローリングやボードで補強します。耐荷重を向上させて、床の底抜けを防止するためです。

「部屋」にするための工事

屋根裏部屋にリフォームする場合、人が快適に過ごすためのさまざまな工事を行います。過去の施工事例をもとに、一般的な工事内容をまとめたのでご覧ください。

・天井開口の増設
・床の造作
・床の補強工事
・階段やはしごの設置
・断熱工事
・空調設備(換気扇)の設置
・窓の増設
・壁紙クロスの張り替え
・照明器具の設置
・コンセントの増設
・エアコンの設置

屋根裏部屋のリフォームでは、基礎工事に加えて電気工事や窓の増設など、居住空間(お部屋)にするための工事が必要となります。特に重要なのが、エアコンの設置です。夏場をはじめ、屋根裏は高温多湿になりやすい空間のため、エアコンは設置したほうが良いでしょう。

「収納スペース」にするための工事

屋根裏収納にリフォームする際は、以下の工事を行うのが一般的です。

・天井開口の増設
・床の造作
・床の補強工事
・階段やはしごの設置
・空調設備(換気扇)の設置

屋根裏部屋リフォームに比べると、工事内容はシンプルです。基本的に内装工事や電気工事が不要となるため、リフォーム費用も安く抑えられます。ただ、床の強度が足りないと判断した場合、下地補強工事が必要です。

荷物の出し入れを頻繁に行うなら、運搬用の「ウインチ」を取りつけるのもひとつの手です。ウインチとは、ロープを使って荷物を上げ下げする巻き上げ機のこと。快適の運搬が楽になるため、必要なら検討してみましょう。

屋根裏リフォームにかかる費用相場と工期

屋根裏リフォームの費用は、工事内容によって変動します。ここでは、屋根裏リフォームにかかる費用相場および工期についてお話します。

部屋にするか収納にするかで費用が異なる

屋根裏リフォームは「屋根部屋にするか」、「屋根裏収納にするか」で費用が異なります。まずは、おおよその費用と工期をみていきましょう。

 リフォーム内容  費用相場(6畳)  工期
 屋根裏部屋  約70万〜120万円 約1日〜2日間
 屋根裏収納 約20万〜35万円 約3日〜7日間

屋根裏が6畳の場合、屋根裏部屋にするなら70万~120万円、屋根裏収納なら20万~35万円が相場です。屋根の断熱工事を行う分、屋根裏部屋リフォームは費用が高額になります。なお、実際の費用は「基礎工費費用+オプション工費費用」で見積もります。以下の表は基本工事とオプション工事、それぞれの費用相場をまとめたものです。

 基礎工事の内容  価格相場(6畳)
 天井開口の増設・はしごの設置
 約10万円
 床造作  約12万円(1畳あたり約2万円)
 断熱工事  約50万円
 (※)床の下地補強工事
 約10万円

※現場調査により、下地補強工事が必要と判断した場合のみ

 オプション工事の内容
 価格相場(6畳)
 照明器具やコンセントの設置・増設
 約2万円
 開口手すりの設置
 約3万円
 換気扇の設置  約3万円
 窓の増設  約4万円
 エアコンの設置  約10万円
 壁紙クロスの張り替え
 約5万円
 ウインチの取りつけ(手動タイプ)
 約10万円
 ウインチの取りつけ(電動タイプ)
 約30万円

リフォーム内容ごとの目安相場

上記表をもとに、リフォーム内容ごとの費用をシミュレーションしてみます。まずは、屋根裏部屋にリフォームするパターンです。

パターン1.屋根裏部屋にリフォーム(6畳)
 工事内容(費用詳細)
 価格相場
 天井開口の増設・はしごの設置
 約10万円
 床造作  約12万円
 断熱工事  約50万円
 床の下地補強工事
 約10万円
 照明器具やコンセントの設置・増設
 約2万円
 換気扇の設置  約3万円
 窓の増設  約4万円
 エアコンの設置  約10万円
 壁紙クロスの張り替え
 約5万円
 リフォーム費用の合計
 約106万円

最低限必要なオプション工事を行うと、リフォーム費用は約106万円かかる見込みです。そのため、100万~150万円の範囲で予算組みしておくと良いかもしれません。続いて、屋根裏収納にリフォームするパターンは以下の通りです。

パターン2.屋根裏収納にリフォーム(6畳)
 工事内容(費用詳細)
 価格相場
 天井開口の増設・はしごの設置
 約10万円
 床造作  約12万円
 床の下地補強工事
 約10万円
 照明器具やコンセントの設置・増設
 約2万円
 換気扇の設置  約3万円
 ウインチの取りつけ(手動タイプ)
 約10万円
 リフォーム費用の合計
 約47万円

ウインチを取りつけて利便性を高めた結果、リフォーム費用は約47万円となりました。これは必ずしも必要な設備ではないため、取りつけない場合は10万円ほど抑えられます。多めに見積もって、50万円前後を目処に予算組みしてみましょう。

屋根裏リフォームにおける注意事項

屋根裏のリフォームが可能なのか事前に調べることに加え、天井高・床面積が基準を超えると「3階」 とみなされ固定資産税が発生することもあるので、対象とならないよう「工事範囲」と「工事内容」は調整しよう
屋根裏の天井高・床面積が基準を超えると「3階」 とみなされ固定資産税が発生することもある。対象とならないよう「工事範囲」と「工事内容」は調整しよう

屋根裏リフォームには、いくつかの注意事項があります。そもそも収納や部屋を設置できないケースがあるため、各種要件をしっかりと確認しておきましょう。

設置が可能かを事前に調べる

屋根裏リフォームは、屋根と天井板の空間を有効活用するための工事です。肝心の屋根裏が狭すぎたり、人が出入り可能な天井高ではなかったりする場合、収納や部屋を設置できない可能性があります。事前にリフォーム会社などの施工業者に現地調査を依頼し、屋根裏リフォームの施工可否をあおぎましょう。

固定資産税の対象になってしまう場合も

建築基準法において、屋根裏は「小屋裏物置等」と呼ばれます。法律上は物置・倉庫という扱いで、「階」にはみなされません。ただ、リフォームで屋根裏部屋・屋根裏収納にした場合、天井高・床面積が基準を超えると「3階」とみなされます。住宅の延床面積が増えた結果、固定資産税が高くなる可能性があるため気をつけましょう。建築基準法に定められた小屋裏物置等の要件は、以下の通りです。

・対象空間の天井高が1.4m以下
・対象空間の合計床面積が、各階の合計床面積の1/2以内

上記いずれかを超えた場合、小屋裏物置等ではなく「部屋」とみなされます。また、自治体によっても小屋裏物置等の要件は変わります。「階段を設置してはならない」「配線を通してはならない」など、屋根裏の“部屋化”において、避けては通れない要件が散見されます。屋根裏リフォームを検討する際は、固定資産税の対象から外れるように工事範囲・工事内容を調整すると良いでしょう。

素材・内装・費用など、屋根裏のリノベーションについてのお問い合わせはこちら

◆こちらもおすすめ◆

天井リフォームの費用相場は? クロスや板張りなど施工事例別に解説
吹き抜けにリフォームするには?工事費用、メリット・デメリットを解説
︎✔︎ 断熱リフォームの費用相場は?気になる補助金や効果を紹介

公開日 2020年7月17日
更新日 2020年12月2日

販売中のおすすめリノベ物件