シロアリリフォームの費用相場|駆除と施工は同時がおすすめ

シロアリリフォームの費用相場|駆除と施工は同時がおすすめ

シロアリ駆除とリフォームは同時に施工するのがおすすめです。資材搬入や人員の手配がまとめてできることもあり、駆除とリフォームをセット割引している業者もあります。

シロアリ駆除の費用の相場、シロアリ被害にあいやすい水回りのリフォーム費用の相場をそれぞれ説明します。シロアリ被害にあっているかどうかのチェックリストや、助成金のかわりに確定申告する方法まで、徹底解説します。

シロアリ駆除の費用相場は㎡単価で2000~3000円が相場

シロアリ駆除の費用は被害の状況や業者の料金体系によって異なります。ピンポイントで言い当てるのは難しいのですが、目安としては㎡単価で2000~3000円が相場と考えておきましょう。坪単価で考えると6600~10000円です。

一般的な30坪くらいの住宅であれば、20~30万円の予算となります。シロアリ駆除の費用は施工範囲のほかに、どのような工法を選ぶかでも変わってきます。

シロアリ駆除で選ばれるのは主に「バリア工法」と「ベイト工法」のふたつです。

バリア工法とベイト工法

まずバリア工法ですが、これは床下に薬剤を散布して駆除する方法です。必要な範囲を消毒してシロアリの撲滅を目指します。

一方のベイト工法は、ベイトステーションと呼ばれる筒状のケースを家の周囲に設置し、中に毒餌を仕込むというものです。シロアリの巣ごと駆除する効果があります。

  • バリア工法
    1㎡あたり1900円程度、30坪で19万円程度
  • ベイト工法
    1mあたり6500円程度、外周40mで30万円程度

ベイト工法の場合、外周1mあたりで費用を計算します。バリア工法と比べて無害かつ環境への負荷が少ない工法ですが、即効性は期待できません。費用も割高になりやすいデメリットがあります。

現状では、効果があり金額も安いバリア工法のほうが選ばれる傾向です。

バリア工法の効果は駆除後約5年

バリア工法では消毒散布でシロアリを徹底駆除するため、比較的早く効果を実感できます。効果が続くのはおよそ5年で、しばらくの間シロアリと無縁の生活を送れます。

なお、多くの場合5年間の保証とアフターサービスが付いてくるため、保証の有無について業者に確認しましょう。

日本しろあり対策協会では、シロアリを駆除してから5年を目途に防除処理するようすすめています。強力な薬品といっても永遠の効果を約束するものではないため、再発防止対策などの相談をしておくと安心です。

再発・失敗を防ぐには同時リフォームがおすすめ

白蟻被害を受けた家屋は、床がゆがむなど見た目にもダメージが出ているはずです。駆除と同時にリフォームをしておけば、まとめて依頼できる分費用も安くなります。

同時リフォームは、単に合理的でコストパフォーマンスがいいだけではありません。再発・失敗を防ぐ意味でも駆除と同時にリフォームするのがおすすめです。

床下や柱など見えない箇所に被害が及んでいる可能性がある

非常に小さな生物であるシロアリは、家屋のどこに潜んでいるかわかりません。床下だけと思っていたら、柱や壁の内部に巣くっていた例もあります。家屋の構造に脅威を与えるような被害を見過ごさないためにも、細部にわたっての調査が望まれます。

細部の調査に最適なのがリフォームです。柱や壁を取り外すタイミングで、被害状況を確認し、必要に応じて消毒ができます。

この処置により安全圏を家屋の隅々にまで広げられるわけです。シロアリの存在を気にする必要はなくなり、綺麗になった家の中で心地よく暮らせます。

建て替えしなければいけなくなる前にリフォームで綺麗に

シロアリに食われた家は床も柱もボロボロの状態になっているかもしれません。被害が家を支える構造部分にまで及んでいれば、地震の揺れなどの大きな衝撃には耐えきれないでしょう。そのままでは脆くなる一方で、将来的に建て替えの可能性も出てきます。

建て替えをするくらいなら、悪い部分を修繕するリフォームのほうが生活への影響も小さく、コスト的にもお得です。どのみちリフォームは定期的に実施するもののため、シロアリ被害の再発防止も兼ねて綺麗な状態に戻すのが断然おすすめです。

シロアリ駆除とリフォームを別々でやるよりも安くなる

シロアリ駆除とリフォームを別々で実行するより、まとめて実施するほうが費用を安くできます。

出張費用や資材の運搬費用などが1回で済むほか、リフォームのセット割引が利用できる業者もあるため、これを活用しない手はありません。別々での実施と同時施工、それぞれの費用をシミュレーションして比べてみると、その違いがはっきりとわかるはずです。

シロアリが発生しやすい場所のリフォーム費用相場

洗面所や浴室、トイレ、キッチンなどの床下はシロアリが発生しやすい場所です。駆除と同時にリフォームしてもらう場合、費用はいくらになるのでしょうか。

こちらでは水回りのリフォーム費用相場について説明します。なお、同時リフォームの場合はお値段がお安くなるかもしれません。詳細については事前のお見積もりで確認してください。

洗面所|約10万~50万円

洗面化粧台の交換から壁紙・床材の張り替えまで全体リフォームを行おうと思えば、最低でも20万円はかかるでしょう。グレードや性能の高い高級製品を選ぶと、50万円くらいします。

ちなみに、洗面化粧台の交換費用は10万~25万円、壁紙と床材の交換費用は3~5万円です。給排水管の交換工事や配線改修工事の費用は7万円程度を見込むことになります。

洗面所リフォームについてくわしくはこちら
洗面所のリフォーム費用相場は?安く抑えるコツやタイミング、主なメーカーを紹介

お風呂場|約50万~150万円

浴室の全体リフォームにかかる費用の相場は、100万~150万円です。交換する浴槽の種類や大きさ、工法によって費用は異なります。

「在来工法の浴槽→ユニットバスへ交換」だと高額になりやすいため、シロアリ駆除費と合わせて予算内に収まるかの確認が大切です。

お風呂場のリフォームについてくわしくはこちら
お風呂、浴室、ユニットバスのリフォーム費用相場と値段を安く抑えるコツ、注意点を解説

トイレ|約15万~50万円

トイレ|約15万~50万円

便器の交換から模様替えまですべてリフォームする場合、費用相場は約15万~50万円です。全体のうち多くを占めるのが便器の購入費用で、一般的なクラスのものでも10万円以上はします。

トイレリフォームの場合も、「和式トイレ→洋式トイレ」「タンク付きトイレ→タンクレストイレ」というように、異なる構造のトイレ交換だと高額になりやすい点に留意しましょう。

トイレリフォームについてくわしくはこちら
トイレリフォームの事例ごとの費用相場――安く抑えるコツや補助金、失敗しないための注意点を解説

キッチン|約50万~150万円

キッチン設備の交換から内装まですべてリフォームするなら、費用は50万~150万円かかります。グレードの高い製品を選ぶと高額になりやすく、システムキッチンの設置だけで100万円するケースも。

さらにクロスの張り替えや間仕切りの撤去、水道の配管工事も加わる場合は、かなりのボリュームになると思ったほうがよさそうです。

キッチンのリフォームについてくわしくはこちら
キッチン・台所のリフォーム費用相場、高くなるケースと安く抑えるコツは?

基礎工事(床下)|約100万~300万円

床下のリフォームにかかる費用は、約100万~300万円です。シロアリ被害がどこまで広がっているか、どのような住宅構造になっているかで費用は大きく変わります。

さらに浴室や洗面所も浸食されている場合、上記で紹介した設備の交換費用がかかります。少しでも安く抑えるには、シロアリ駆除・リフォームを同時に行ってくれる業者に頼むのがおすすめです。セット割引のプランを案内してくれます。

リフォーム時に「点検口」を作るのがおすすめ|約2万~4万円

リフォーム時に「点検口」を作るのがおすすめ|約2万~4万円

床下点検口のない住宅であれば、この機会に設置をおすすめします。点検口とは、住宅の状態や補修の必要性を調べるためのもので、建物の維持管理や長期保存に欠かせない装置です。

費用は一基あたり2~4万円です。これがあれば、点検の際に床下に潜る必要がなくなるため、作業効率があがります。

シロアリ被害の特徴

シロアリが潜んでいる場合、どんな被害が見られるのでしょうか。特徴や具体的な例について見ていきましょう。

シロアリは水回りに発生しやすい

シロアリは光や風を通す場所を嫌います。反対に、湿度が高く水気のある場所が大好きです。そんな条件を満たす環境といえば、トイレや浴室、洗面所、キッチンといった水回りスペース。

換気や衛生管理はしっかりと徹底してください。放置してしまうと知らない間に基礎や束柱を食い荒らす被害に見舞われるかもしれません。

自宅は大丈夫?シロアリ被害の症状例

木造住宅の古い戸建てはシロアリの繁殖を許しやすく、最大限の警戒が求められます。また、コンクリート造りだといって被害に合わないわけではありません。どちらの場合も、下記に当てはまる場合はシロアリ被害にあっている可能性があります。

 ✔ チェックリスト
 □ 床や階段やドアなどに違和感がある
 □ 壁や柱にヒビがあったり、たたくと空洞音がしたりする
 □ 羽アリを見つけた
 □ 蟻道を見つけた
 □ 雨漏りや漏水がある
 □ 近所でシロアリ被害があった
 □ 庭の木がぐらついている

チェック項目について詳しく説明していきます。

床や階段やドアなどに違和感がある

床や階段やドアなどに違和感がある

シロアリのいる床下では基礎が浸食されているため、床を歩くとブカブカするような違和感があります。また、これまで開け閉めに不自由しなかったドアや雨戸などが開けづらくなったと感じたら、シロアリが木材に巣くっている可能性が考えられます。

壁や柱にヒビがあったり、たたくと空洞音がしたりする

シロアリは木材を餌にする生き物です。壁や柱は格好の食べ物となるため、大量繁殖を許すと内部からあっという間に食い荒らされてしまいます。壁や柱にヒビがあったり、たたくと空洞音がしたりする場合、シロアリ被害を疑ってください。

羽アリを見つけた

羽アリを見つけた

住宅周辺で羽アリを目にしたら、床下にシロアリが隠れている可能性があります。羽アリが飛び出してくるのは4~7月の温かいシーズンです。

蟻道を見つけた

シロアリが移動ルートとして作るのが、「蟻道(ぎどう)」です。床下に侵入したシロアリは、餌を求めて木材に侵入。その際、内部にトンネルを設けて餌を運ぶルートを確保します。

なお、シロアリにかかるとコンクリートの基礎も障害にはなりません。固いセメントや金属をも食い破って抜け道を作るほど活発です。基礎の表面に細い切れ目のような線が走っているのを確認できたら、蟻道と思って間違いありません。

雨漏りや漏水がある

シロアリは床下から侵入し、餌を求めて家中を徘徊します。柱や壁が浸食されると構造が弱くなり、雨漏りや漏水の原因となります。雨漏りするような心当たりがほかにない場合、シロアリの存在を疑いましょう。早期に業者を呼んで調査することが大切です。

近所でシロアリ被害があった

近所でシロアリ被害が出たという声を聞いた、あるいは駆除しているところを見ると、「シロアリが我が家に移ってくるかも」と心配になるかもしれません。種類によっては近隣の家へ移動することもあるようです。

イエシロアリの場合、巣を完全に駆除しきれないと移動することがあります。イエシロアリには巣を分ける習性があり、そうたやすく完全駆除とはいかないのです。

残党が移動してくる可能性も捨てきれないため、近所の駆除が気になったら一度調べてみるのもいいかもしれません。

庭の木がぐらついている

庭の木がぐらついている

シロアリが巣を作る場所は建物内だけとは限りません。実は、庭など屋外から浸食するケースもあります。

シロアリは木材を主食とするため、庭木が格好の巣のターゲットとなるのです。シロアリがとくに好むのは、腐った木や枯れ木などです。庭にこうした木がある場合、シロアリ被害に注意してください。

シロアリリフォームのDIYは難しい。施工業者に依頼を

シロアリ駆除のDIYにはメリットがなく、おすすめできません。数十万の規模で生息するシロアリを一網打尽にするのはプロでも難しく、知識のない方が試みようとしても失敗で終わる可能性が大きいです。

数匹残った状態からもシロアリは大量に繁殖し、再び家屋に危害を加えます。白アリ業者に頼んでしっかりと対策を講じてもらうのがベストです。

調査・診断は無料でできる業者も多い

費用が気になるのであれば、無料でシロアリの調査・診断をしてくれる業者を探してみましょう。無料調査に応じてくれる業者は多いため、気軽に申し込めます。まずは無料調査・診断を頼んで被害の有無を調べてもらうと安心です。

シロアリ駆除には補助金制度はない

シロアリ駆除を対象とする補助金・助成金は基本的にありません。ただし、火災保険が適用されるケースや、確定申告で税額控除を受けられる可能性があります。以下、シロアリ駆除と、火災保険ならびに確定申告との関係について見ていきます。

火災保険が適用される場合がある

シロアリの被害そのものは火災保険の対象とならないものの、雨漏りが原因でシロアリ被害に見舞われた場合、補修費用を火災保険でカバーできるかもしれません。ただし、適用の可能性は決して高くないと思っておきましょう。

まずは原因の調査が重要となります。シロアリ駆除業者に頼んで原因を調査してもらい、雨漏りによるシロアリ発生が証明されてはじめて、火災保険の申請へ向けてアクションを起こせます。

なお、これは自然災害を補償対象とする保険内容の場合の話です。補償内容についてはプランごとに異なるため、事前に確認してください。

確定申告で雑損控除として申告する

確定申告で雑損控除として申告する

確定申告でシロアリ駆除費用の税額控除を受ける場合、「雑損所得」として申告してください。認められれば駆除費用の一部が還付されます。税額控除の法的根拠は、所得税法施行例第9条の「害虫その他の生物による異常な災害」規定です。

害虫発生による建物被害も一種の災害であり、税額控除の対象とする考えとなっています。大切な資産の回復に多大な費用がかかったわけですから、きちんと申告して控除を認めてもらいましょう。

なお、確定申告ではシロアリ駆除費の領収書が必要となります。必要書類を確認のうえ、期日内の申請を心がけてください。

◆こちらもおすすめ◆

住宅をリフォームするときの「瑕疵保険」って何? 誰が払うの? 費用はいくら?

2020年(令和2年)リフォームで受けられる補助金、減税、優遇制度を紹介

屋根リフォームの費用相場は? 補助金や保険の申請方法も解説

リフォームローンの金利の種類や相場を比較。選び方や控除の条件を解説

床の張り替えリフォーム費用はいくら?床材の種類、張り方をまとめて解説

 

公開日 2020年12月11日
更新日 2021年8月27日

LogRenoveをフォローする

販売中のおすすめリノベ物件