クローゼットのリフォームとは? 費用相場とともにポイントを解説

クローゼットのリフォームとは? 費用相場とともにポイントを解説

普段の服の出し入れや着替えに不便はなくても、衣替えや大掃除の時、クローゼットに不便を感じる方も多いのでは?利便性が高く、結露やカビを気にしなくてもよいクローゼットにリフォームすれば、大切な衣類をカビから守れて不快感も軽減するはずです。

クローゼットリフォームの費用相場は?

クローゼットをリフォームする場合の費用の相場は、リフォーム方法により異なりますが、小規模なリフォームであれば約2万~3万円程度、大規模のリフォームであれば約20万~50万円程度と考えておきましょう。

ハンガーパイプや棚の追加は比較的簡単な施工で取り付けられる小規模なリフォーム、クローゼットの新設、増設、湿気対策は中~大規模なリフォームといえます。

クローゼットの種類と特徴

ここからは、一般的に使用されているクローゼットの種類と特徴について解説します。それぞれのメリット・デメリットも併せて解説するので、リフォームを検討する時の材料としてお考えください。

壁面クローゼット

壁面クローゼットとは、部屋や廊下の壁面に衣類を一列に並べて収納するタイプです。狭い空間にも新設しやすく、省スペースにできることが特徴であり、衣類の収納部分でスペースをたくさん取りたくない方におすすめです。

メリットとしては、クローゼットの内部で一列に洋服をかけられるため、洋服が選びやすいこと、見やすいことが挙げられます。空きスペースには、小物入れや収納ボックスも置けるので、洋服を含めスペースを無駄なく使用できることもポイントです。デメリットとしては、ウォークインクローゼットほどのスペースがないことから、床面積が狭く、スーツケースなどの大きなものの収納には不向きなことがあげられます。

ウォークインクローゼット

ウォークインクローゼットとは、その名のとおり歩いて入れるスペースがあるクローゼットを指します。小さな部屋のようなものであるため、衣類以外のちょっとした家具や家電の収納にも役立つでしょう。

メリットとしては、歩いて入れることから収納するものの出し入れがしやすいこと、かさばるものを床におけることです。デメリットとしては、クローゼット内を人が歩いて出入りする必要があり、移動する部分には物が置けないといったことが挙げられます。

部屋全体のリフォーム・リノベーションをする際に、ウォークインクローゼットを取り入れる方も多いようです。クローゼット単体ではなく、部屋全体の設計から考えるのも理想的なクローゼットを手に入れるひとつの方法かもしれません。

クローゼットリフォームの工事内容別の費用相場と工期の目安

ハンガーパイプの取り付け

ハンガーパイプの取り付けリフォーム費用は、1カ所約2万~3万円前後です。工事期間は半日程度と短く、クローゼットリフォームでは最も簡単なものといえるでしょう。

ハンガーパイプとはハンガーを吊すためのパイプ(棒)のことであり、クローゼットに元々ついていない場合にリフォームで取り付けをします。気軽に購入できる突っ張り棒などでは服の重量に耐えきれずに落ちてしまったり、壁を傷つけてしまったりと思うように取り付けができない時はリフォームがおすすめです。

棚の追加

棚の追加
クローゼットの中はハンガーパイプだけでなく、棚を設置するとバッグやベルトなどの小物の収納がしやすくなる

クローゼットに棚を追加する際のリフォーム費用は、1カ所1万~5万円前後です。工期は半日程度で、比較的簡単な工事となるでしょう。棚の追加のリフォームでは、クローゼットの側面や背面に収納棚を追加して、デッドスペースだった部分を収納できるようにしたり、バッグや小物を置く場所を作ったりと、さまざまなメリットがあります。収納棚と併せて仕切りを作れば、収納力アップとともに見た目の美しさが実現するでしょう。

扉の交換・撤去

既存の扉を交換または撤去するリフォームでは、扉の重量が気になったり、扉を開けるためのスペースを確保できなかったりする時に行います。

リフォームの費用は、扉の交換・取り付けが扉の本体価格が約3万~10万円前後に加え取り付ける費用が約3万~5万円前後、合計6万~15万円前後が相場です。扉の撤去の費用は5万円前後であり、撤去後はご自身でロールスクリーンやカーテンを取り付けるのであれば、その費用がプラスとなります。

いずれの場合も、工事期間は1日かかり、扉の出し入れなどがあるため、ハンガーパイプの取り付けや棚の追加よりも時間がかかるでしょう。

湿気対策

クローゼットの内部を湿気対策する際のリフォーム費用は、約3万~10万円前後です。工事期間は、クローゼットの広さによりますが1日もしくは2日程度で完了します。

クローゼット内部は、衣類や家具、家電などをたくさん収納することにより空気の流れが悪く湿度が高くなり、結果的に嫌な臭いがしたりカビが生えたりしてしまいます。これを防ぐためのリフォームとして、エコカラットを使用したリフォームがおすすめです。

エコカラットとは、LIXIL(リクシル)が開発したタイル上の壁材で、目に見えない小さな孔から湿気を吸ったり放出したりして、室内の湿度を適切に保つ役割を持ちます。湿気だけではなく、臭いや有害物質なども吸い込み、室内の環境を快適に保つことも可能です。デザインが豊富なため、クローゼット内をよりおしゃれにリフォームすることもできるでしょう。

押入れをクローゼットにリフォーム

和室の押入れをクローゼットにリフォームする際の費用は、壁面クローゼットで約10万~20万円前後、工事期間は2日~3日程度かかることが想定されます。クローゼット内の湿気対策や、ハンガーパイプの取り付けなども行い、押入れよりも使い勝手がよいものにしていきましょう。

ウォークインクローゼットにリフォーム

押入れをウォークインクローゼットにリフォームする時の費用は、約80万~100万円前後で、工事期間は2日~3日程度です。今ある押入れの範囲を拡張して、ウォークインクローゼットにすることもできるので、使い勝手のよいクローゼットへのリフォームを検討しましょう。壁面クローゼットであれば比較的金額を抑えてリフォームできますが、ウォークインクローゼットにリフォームする時は、壁材、床材、棚の設置、照明器具の費用がかかるため、大規模のリフォームとなることがあります。

クローゼット増設

クローゼットの増設とは、今あるクローゼットの範囲をさらに広くするリフォームです。この場合の費用は増設範囲により異なりますが、最低でも20万~30万円前後はかかると考えておきましょう。

壁の撤去、補強、照明の取り付けなどを含む工事であれば、30万円を大きく超える可能性もあり、どの程度増設するか、壁面クローゼットかウォークインクローゼットどちらにするかでも異なります。

場合によっては50万~100万円前後と金額が大きくなることもあるので、現在の収納方法を変えてみたり収納するものの数を減らしたりして、リフォーム費を少しでも抑える方法を考えるのもいいかもしれません。

クローゼット新設

クローゼットの新設とは、何もないスペースに新たにクローゼットを造作することを指します。この場合の費用は範囲や扉の種類にもよりますが、壁面クローゼットで約20万~50万円前後、ウォークインクローゼットで約20万~80万円前後です。工事期間は1日~3日程度と、費用同様に規模により大きく異なります。クローゼットの新設リフォームをする時の大前提として、クローゼットにするスペースを確保しておく必要があります。クローゼットの新設は施工内容によってコストも期間も大きく差が出るため、事前にしっかりと情報収集して慎重に業者選びをしたいところです。

扉の種類と価格相場

クローゼットに扉をつけるかどうかは、使い勝手やクローゼット前のスペースによって決めるのが一般的です。ここからは、扉の種類と相場について解説します。クローゼットを造作した際に、あえて扉を設置しないパターンも含めて紹介をしているので、扉の有無についても検討してみてくださいね。

折れ戸

折れ戸は、クローゼットの扉で最もスタンダードなタイプです。扉を開ければクローゼットを全開することができるので、全体を見渡しやすく物の出し入れがしやすいことがメリットです。

折れ戸は扉を開閉する際に、クローゼットの前を扉1枚分+厚みを空けておく必要があり、クローゼットの前にベッドなどが置いてある時は、これをデメリットと捉える方もいるかもしれません。扉の本体価格は、約3万~10万円前後です。

引き戸

引き戸は、横に扉をスライドさせて開閉する扉です。扉は比較的軽量で、基本的には子どもや高齢者でも使いやすいこと、クローゼット前のスペースを気にしなくてもいいことがメリットです。左右どちらかしか扉を開閉できないため、衣類以外の大きなものや重量があるものの出し入れには不便さを感じることが、デメリットといえるかもしれません。

扉の本体価格は、片引き戸で約4万~10万円前後、引き違い戸で約5万~15万円前後です。

開き戸

開き戸
開き戸(観音開き)は開閉しやすく、扉の裏側もアクセサリーなどの小物をかけたりと活用できる

開き戸は、扉のような感覚で開閉する扉で、壁面クローゼットとウォークインクローゼットどちらでも採用できます。扉が軽量であること、使い勝手のよさはメリットではありますが、内部の見えにくさがデメリットであるため、クローゼット前の広さを確保できるのであれば、開き戸にリフォームしたほうがよい時もあります。

扉の本体価格は、片開き戸が2万~5万円、両開き戸が3万~8万円前後です。

鏡張り

鏡張りの扉はミラー付きクローゼットとも呼ばれ、扉の全面もしくは一部にして姿見として利用できるようにしたものです。部屋に姿見を置くスペースが確保できない時に便利で、省スペースにもつながるでしょう。鏡は扉の表側・裏側どちらでも取り付けができるので、着替えをした時だけ鏡を使いたい方は内側取り付ければ、室内での生活で鏡の存在を気にせずに済むかもしれませんね。

扉の本体価格は、扉+鏡で20万円程度ですが鏡のサイズなどにより価格が若干前後します。

扉なし

壁面クローゼットでは、見せる収納としてあえて扉を設置しない方やカーテン、ロールスクリーンを設置するパターンもあります。普段はクローゼットを開けておいて、来客時のみ目隠しをしておくのもいいかもしれませんね。必ずしも扉を設置しないといけないわけではないので、使い勝手や状況に応じたリフォームをするといいでしょう。

カーテン、ロールスクリーンの設置は3000~1万円程度で、ホームセンターやインテリアショップで購入したものを使用すれば、業者に依頼せずDIYできるので、工賃がかからないことがポイントです。

クローゼットリフォームをするときの注意点

クローゼットリフォームをする際に気をつけたいのが、結露・カビなどの湿気対策と内部の奥行きです。特に結露対策は重要であり、クローゼットの内部にカビが発生してしまうと、カビ取りや壁材のリフォームも行わなければいけないので、リフォームの際にカビ対策も相談しておくとよいでしょう。リフォームする時の注意点について詳しく解説します。

結露やカビの対策

クローゼットも窓ガラス同様に結露が発生しますが、原因は室内と室外の気温差です。リフォームの際に、LIXILのエコカラットのような吸湿対策ができる高機能な壁材や珪藻土の使用、またはクローゼット内の壁に断熱処理をするのがベストな方法です。

リフォーム後に簡単にできる結露対策として、扉をあけておく時間を長くしたり、送風機でクローゼット内部の空気の入れ換えをしたりする方法があります。クローゼット内部は物を詰め込みすぎず、余裕を持って収納して、できるだけ湿度が上がらないように日頃から注意しましょう。

奥行きサイズは60cmがおすすめ

「クローゼットのなかにたくさん衣類を収納したい」と考えて、奥行きのスペースをたくさん確保したい方もいるかもしれませんが、奥行きがある=たくさん収納ができるわけではありません。

クローゼットの奥行きは60cmがおすすめであり、これ以上奥行きがあっても衣類の出し入れがしにくく、デッドスペースが生まれてしまうことがあります。結果的に収納できるものは変わらず、取り出しにくさにつながる可能性があるので、新設する際には60cmを目安にリフォームをしましょう。

公開日 2020年6月2日
更新日 2021年9月8日

販売中のおすすめリノベ物件