洗面所のリフォーム費用相場は?安く抑えるコツやタイミング、主なメーカーを紹介

洗面所のリフォーム費用相場は?安く抑えるコツやタイミング、主なメーカーを紹介

洗面台・洗面所のリフォームを検討する場合、まず気になるのが費用です。一般的な費用相場は、工事込みで20万円前後、洗面台のグレードによっては50万円を超えるケースもあります。洗面台・洗面所のリフォーム費用を安く抑えるコツや洗面所をリフォームするタイミング、人気のメーカーを紹介します。

洗面所をリフォームするタイミング

洗面台・洗面所をリフォームするタイミングは、新築時(リフォーム時)から10~15年後が目安となります。家族構成や使用頻度によるものの、10年以上経過すると配管部分に劣化が生じたり、排水口から異臭が漂ったりするものです。いずれにせよ、何らかの不具合が目立ち始めたらリフォームを検討すべきでしょう。

中には、浴室リフォームのタイミングで洗面台・洗面所をリフォームする方もいます。というのも、一般的な住宅は浴室の隣に洗面所がある場合が多く、浴室リフォーム時に洗面所のクロスを張り替えなければならないためです。浴室のみ新築同様の仕上がりでは、洗面所の汚れや劣化が際立ちます。したがって、浴室と洗面所を同時にリフォームするケースが多いようです。

洗面台の種類によってリフォーム費用が異なる

設置する洗面台の種類によって費用は大きく変わります。洗面台の種類と洗面台・洗面所リフォームの費用相場について見ていきましょう。

洗面台の種類

自分好みのパーツを選んでカスタムできる「システムタイプ」でおしゃれな洗面台に

洗面台には、手洗いボウルや収納棚が一体となった「ユニットタイプ」と、各パーツが独立する「システムタイプ」、「カウンタータイプ」の3種類があります。洗面台の取り替えを検討する場合、どれか1種類から選ぶことになります。

そもそも洗面台は、水栓金具・手洗いボウル・鏡・収納棚・カウンターの5パーツから構成されます。これをベースとして、照明や電源を追加したものを「洗面化粧台」といいます。ユニットタイプとシステムタイプ・カウンタータイプの明確な違いは、各パーツが独立するか、自由に組み合わせられるか否かです。

「洗面器一体タイプ」と呼ばれるユニットタイプは、各パーツが一体化した据え置き型の洗面台です。システムタイプに比べてリーズナブルな価格帯で、間口ごとにさまざまな製品が販売されています。製品サイズやグレードによりますが、本体価格は約3万~10万円程度です。

システムタイプでは、水栓金具や手洗いボウルなどを自由に組み合わせることで、オリジナルの洗面台が作れます。いわばシステムキッチンの洗面台バージョンであり、自分好みの機能やデザイン性を追求できるタイプです。その分、ユニットタイプに比べて高価ですが、予算に余裕がある方は検討してみましょう。本体価格は約5万~15万円程度です。

また、カウンタータイプは、壁に取り付けたカウンターに対し、手洗いボウルや水栓金具を自由に組み合わせる洗面台です。デザイン性が高くコンパクトである点から、近年人気のタイプとなります。ただし、収納量にやや難があるため、家族構成によっては使い勝手が低下するかもしれません。本体価格は約5万~10万円程度です。

費用の内訳

洗面台・洗面所のリフォーム費用は、「洗面台本体価格」と「工事費」の2つにわかれます。さらに工事費は「洗面台設置工事費」「内装工事費(クロス張り替え費用など)」「その他工事費(配管接続費用など)」に細分化されます。

それでは、各項目の内容を確認していきましょう。

・洗面台本体価格:新設する洗面台の本格価格(サイズやグレードにより金額差あり)
・工事前養生費:洗面台の搬入および工事の際、シートなどで保護するための費用
・洗面台搬入組立費用:新設する洗面台の見立て費用
・洗面台設置工事費用:既存の洗面台を撤去・処分し、新しい洗面台を設置する費用
・配管接続費用:給水管や給湯管を接続するための費用
・給排水移設・接続費用:給水管や配水管を移設・接続するための費用
・クロス張り替え費用(内装工事):壁のクロスを張り替える費用
・CF張り替え費用(内装工事):床のCF(クッションフロア)を張り替える費用

実際の施工内容によってかかる費用は変わります。例えば、洗面台の取り替え工事のみであれば、水道管移設工事や内装工事を必要としません。一方、洗面台の場所を変えたり、洗面所自体を移動させたりする場合は、上記すべての費用がかかります。

リフォーム・リノベーション費用についてオンライン相談会はこちら

リフォームを安くするコツと注意点。DIYもできる?

洗面台・洗面所のリフォーム費用を抑えるには、どういった方法があるのでしょうか。ここでは、洗面所リフォームを節約するコツや注意点についてお話します。

洗面所リフォームを安くするコツとは?

リフォーム費用を安くコツは、大きくわけて3つあります。

・メーカーにこだわらない
・クロスや床の張り替えと同時に行う
・地元の工務店やリフォーム会社を選ぶ

洗面台・洗面所のリフォーム費用は、20万~25万円が中心価格といわれます。これは洗面台の本体価格に加え、工事費を含めた金額です。工事費は「取り替え工事にかかる諸経費」であるため、基本的には節約できません。つまり、リフォーム費用を抑えるには、洗面台の本体価格をいかに抑えるかが鍵となります。

洗面台は、たとえサイズやグレードが同じであっても、メーカーによって本体価格が異なります。そのため、同サイズ・同グレードを条件に設定し、複数メーカーの見積もりを取ると、本体価格における費用差が良くわかります。なお、洗面台リフォームは、洗面所のクロスや床を張り替えるいいタイミングです。個別に施工すると割高になるため、せっかくなら内装工事も同時に行うといいでしょう。

そしてもう一つ、「業者選び」も重要。リフォーム費用を抑えたいなら、地元の工務店やリフォーム会社に依頼することをおすすめします。というのも、大手リフォーム会社は広告宣伝費をかけたり、他の工務店に下請けを出したりするのが一般的です。その間に発生するマージンの関係から、最終的な費用が割高になります。

地元の工務店は広告宣伝費をかけない分、住宅工事を安く提供できる体制が整っています。もし興味のある方は、大手リフォーム会社と中小のリフォーム会社に対し、相見積もりを取ってみましょう。

洗面所リフォーム時に気を付けたい注意点

洗面所リフォーム時に気を付けたい注意点
毎日使用する洗面台は「使いやすい高さ」も選び方のポイント

洗面台リフォームにおいては、「身長と手洗いボウルの高さが合わない」という失敗談がたびたび聞かれます。厳密な定義こそないものの、「使用者の身長÷2=適切な高さ」といわれますので、洗面台選びの参考にしてください。

また可能であれば、洗面台の現物に触れたいところです。リフォーム会社やメーカーのショールームに足を運び、サイズ感や収納力、使い勝手を確かめましょう。身近な場所でいえば、家電量販店の「ヤマダ電機」、家具量販店の「IKEA」や「ニトリ」などにショールームがあります。

このほか、「リフォーム前に家族としっかり相談する」「洗面台・洗面所の用途を明確にする」「見積もりを必ず取る」などのポイントがあります。家族みんなで使う場所だからこそ、リフォームは慎重に行いたいところです。

洗面台・洗面所はDIYできる?

洗面台・洗面所のおしゃれなDIYリフォームが人気を博しています。結論からいうと、洗面台の大がかりなDIYは原則禁止されています。厳密には、水道管の移設工事や給水装置の新設など、水道工事がともなうDIYを個人で行うことは認められていません。

一方で、蛇口を交換したり、分岐水栓を取り付けたりする“軽微な変更”は法律上問題ないとされています。洗面台・洗面所のDIYリフォームを検討する方は、どこまでが個人で取り組める範疇なのか、しっかりと把握しましょう。

一番人気!リノベーション初心者向けオンライン基礎講座はこちら

洗面台の人気メーカーの特徴と価格相場

ここでは、洗面台の主要メーカー4社を紹介します。各社の特徴と価格相場を把握し、最適な洗面台を選びましょう。

LIXIL

リクシル
出典:LIXIL HPより

ベーシックモデルからハイグレードモデルまで、多彩な製品ラインナップが魅力の業界最大手企業です。そのおしゃれなデザインから女性人気が高く、お手入れもしやすい製品がそろっています。ハンドルを捻った瞬間にお湯が出る「即湯水栓」など、同社ならではの機能も豊富です。

TOTO

TOTO
出典:TOTO HPより

トイレをはじめとする衛生陶器メーカーの最大手企業です。同社の洗面台は、独自特許技術の「セフィオンテクト陶器」を採用しており、水回りの快適さや汚れの付きにくさが高く評価されています。いずれも衛生陶器メーカーらしく、手洗いボウルにこだわった製品が中心です。もっとも安価なシリーズは9万円程度、ハイグレードシリーズは30万円程度で販売されています。

タカラスタンダード

タカラスタンダード
出典:タカラスタンダード HPより

ホーロー製の洗面台をラインナップするメーカーです。キャビネット自体がホーロー製のシリーズもあり、熱に強く、汚れが付きにくい特徴があります。近年リリースされている製品は素材やカラーバリエーションが豊富です。なお、ベーシックモデルで5万円程度、ハイグレードモデルは20万円程度で販売されています。

パナソニック

パナソニック
出典:パナソニック HPより

大手家電メーカーの「パナソニック」では、スタイリッシュかつ美しいデザインの洗面台をラインアップしています。特筆すべきは、タッチセンサーで水を出したり止めたりできる「タッチレス水栓」や「ツインラインLED照明」などのハイテク機能です。ベーシックモデルで5万円程度、ハイグレードモデルは20万円程度で販売されており、コストパフォーマンスが抜群です。

「お金と住まい」のオンライン基礎講座実施中!

◆こちらもおすすめ◆

<<「水回り」について解説!>>

✔︎水回りのリフォーム、リノベーションの注意点、費用相場は?

✔︎お風呂・ユニットバスのリフォーム、リノベーション。いくらかかる? どこまでできる?

✔︎トイレリフォーム費用の相場は?事例と併せて補助金や注意点を解説

 

<<「リノベの費用」について解説!>>

✔︎【リノベにかかる費用】新築マンションを買うより、中古マンションをリノベしたほうがお得ってホント?

✔︎リノベーションの費用と内訳。一体、何にどれくらいかかるの?

✔︎【リノベのローン】リノベーション代も住宅ローンにコミコミでOK?

 

<<リノベーションの事例が知りたい!>>

✔︎無垢材リノベーションの先輩にインタビュー

公開日 2020年6月3日
更新日 2020年11月27日

#リノベーション, #リフォーム, #洗面所, #水回り

この記事をシェアする

Share on Twitter 洗面所のリフォーム費用相場は?安く抑えるコツやタイミング、主なメーカーを紹介 洗面所のリフォーム費用相場は?安く抑えるコツやタイミング、主なメーカーを紹介

LogRenoveをフォローする

関連記事