階段リフォームの基礎知識。費用や注意点もあわせて解説

階段リフォームの基礎知識。費用や注意点もあわせて解説

壁や床、天井のリフォームも大切ですが、忘れてはならないのが階段のリフォームです。階段だけではなく、階段周りもリフォームをすれば、室内が一気に垢抜けた印象になり、よりおしゃれな部屋が実現するでしょう。デザイン面だけではなく、高齢者や子どもにも安心して昇降するための機能面でのリフォームも大切です。

SEOライター募集

階段をリフォームする際に知っておきたい基礎知識

階段をリフォームする前に、階段の種類や基準の知識を身につけておくと、よりスムーズにリフォームができるかもしれません。ここでは、建築基準法から見る階段のサイズ、手すり、階段の種類について解説します。

建築基準法で決められているサイズ

階段の寸法は建築基準法により定められており、

・階段および踊り場の横幅
・蹴上げ(けあげ):階段の高さ
・踏み面(ふみづら):足を乗せる面の奥行き幅
・踊り場

以上の位置の4つの要素の基準を設けています。

一般的な住宅では、以下が基準の数値とです。

【階段および踊り場の幅】75cm以上
【蹴上げ】23cm以下
【踏面】15cm以上

建築基準法の数値は最低基準であり、実際に昇降しやすい階段となると上記で紹介した数値とまったく同じではないことがほとんどです。リフォームする際には、目的に応じて業者が適切な数値などを提案してくれるので、基準についてはあまり気にしなくてもよいでしょう。

手すりの設置について

手すりの設置において重要なのは、取り付け位置です。階段の手すりの位置は、踏面の真ん中から75cm~80cmがベストの高さといわれています。これ以上高さを上げてしまうと、体の重心が後ろになり転落の危険があるので、DIYなどで手すりを設置する方は覚えておきましょう。バリアフリー化を目的として手すりを設置する時は、高齢者や介護が必要な方の高さに合わせるのがベストです。

階段の種類と特徴

階段の種類と特徴
かね折れのスケルトン階段とネットの手すりで光が遮られず明るい空間に

階段の種類には、直階段、かね折れ階段、折り返し階段、らせん階段の4種類があります。

直階段とは、下から上に真っ直ぐに伸びて折り返しがない階段で、最もスタンダードな種類です。シンプルなこともあり4種類のなかでは比較的リーズナブルであることが特徴ですが、できるだけ小さな範囲で高さを出すとなると、階段は急勾配になります。ご自宅に高齢者が住んでいる場合や、自分たちが高齢になった時のことを考えると、急勾配の階段は危険が伴う可能性もあるので、リフォームの際には勾配に注意しましょう。

かね折れ階段とは、階段の途中でL字型に曲がっていて、踊り場があるタイプです。万が一階段を踏み外した時でも、一番下まで落下しないといったメリットがある一方、曲がっているぶん、階段の設置面積が必要となります。

折り返し階段とは、階段がU字に折り返しているタイプです。直階段よりも勾配がゆるやかであり踏み面の横幅がとれること、踊り場があるといったメリットがあります。しかし、かね折れ階段よりも面積が必要となることはデメリットといえるかもしれません。

らせん階段とは、その名のとおり踏み面がらせん状になっているタイプです。省スペースとおしゃれさを兼ね備えているらせん階段ですが、費用面では他の階段よりも高くなること、階段の中央になるほど踏み面が狭くなるといったデメリットがあります。

階段のリフォームにおける理想と、小さな子どもでも安全であるか、将来高齢になった時のことのなどもよく考えて設置しましょう。

階段リフォームのポイント

ここからは、階段をリフォームする時に押さえておきたいポイントを見ていきましょう。後悔なく、今よりも利便性・安全性の高い階段にするためには、以下の3つのポイントが重要です。

安全性を高めるために滑りにくい階段に

階段のリフォームでは、安全性をアップさせるためにリフォームする方も多いのではないでしょうか?滑りにくい階段にする方法としては、

・階段の傾斜を45度以下にする

・踏面の先端に目立つ色の滑り止めをつける

・手すりを使いやすい高さにする

このようなリフォーム方法があります。特に高齢者が自宅にいる時は、バリアフリーを意識したリフォームが重要となるでしょう。

足元が暗くて見えにくくないか

階段をリフォームする時に、壁を格子状にしたり明るい照明に変えたりして、足下をより明るく照らすことも考えるといいでしょう。壁を格子状にすると、足元が明るくなることに加え、居住スペースの開放感アップにもつながります。

天井の照明は高い位置にあることから、どうしても足元が暗くなりがちのため、明るさを求める時はフットライトを取り付けるのもおすすめです。

階段をリフォームするタイミングは?

階段のリフォームをするタイミングとしては、ライフスタイルの変化によって考えるのがよいでしょう。

たとえば妊娠・出産を計画に入れているのであれば、お腹が大きくなってきた時、子どもを抱えて階段を昇降する時よりも前にリフォームが完了していたほうがいいですよね。また、親が高齢になり膝や腰への負担がかかりそうな時は、転倒事故を防ぐためにも早めにリフォームをしたほうがよいでしょう。

このように、不便に感じてからリフォームをするのではなく、少しだけ先のことを考えて、あらかじめリフォームをしておくのがいいかもしれません。

工事内容別のリフォーム費用と工期目安

ここからは、工事内容別にリフォームにかかるお金と工事期間について解説します。施工例にもとづく数字であるため、参考としてみてください。

バリアフリー化のリフォーム内容は、自治体から補助金が出たり減税の適用となったりすることがあるので、リフォーム前に各市区町村の役場で相談してみるのがおすすめです。

階段をゆるやかにする

階段の勾配をゆるやかにする工事は、最低でも50万円は必要であり、工期は3日~5日程度です。

特に昔ながらの住宅は、急勾配で踏み面も狭い階段が多いため、バリアフリー化や安全性の確保のために、事故が起こる前にリフォームをしておきたいですね。

階段の床材を変える

階段の床材を変える
階段に面した廊下の床材と合わせることで、統一感のある雰囲気に

階段の床材を取り替える工事は、使用する素材により異なりますが約10万~25万円前後、工期は1日~3日程度です。床材選びのポイントとしては、滑りにくさ、昇降時の音の大きさを重視しましょう。

騒音をできるだけ押さえたいのであれば、カーペットやコルク素材を使用したものに張り替えるのがおすすめです。

すべて張り替えるのではなく、足を乗せる範囲だけにカーペット、コルク素材を重ね張りするのであれば、比較的リーズナブルにできるので、機能性と金額を照らし合わせながら検討してみましょう。材料本体の金額は、カーペットよりもコルクのほうが高額になるのが一般的です。

きしみを解消するための補修

昇降時のきしみを解消するための補修では、約3万~5万円前後、おおよその工事は1日で完了します。階段のきしみの原因は、階段を構成する木が乾燥してしまい、木同士に隙間ができていることが考えられます。踏み板(踏み面の板)、蹴込板(蹴上げ部分の板)を支えている側桁の溝にくさびを差し込むことにより、きしみの改善ができるでしょう。

原因が白アリによるものや隙間だけではない場合は、補修だけでは解消できないことがあり、これらが原因でリフォームをするとなると、費用・工期がさらに大きくなります。きしみは放置せずに、できるだけ早く確認をして、原因を探っておくのがいいかもしれません。

階段に照明をつける

階段に照明を設置する工事では、1か所につき2万~5万円程度かかり、工期は1日で完了することがほとんどです。費用・工期は、天井・フットライトどちらでもあまり変わりません。ライトを取り付けたあとは、自分で電球を取り替える必要があるため、取り替えのしやすさと安全性にも注目しましょう。

階段回りのリフォーム

階段周りのリフォームでは、蹴込み板を取り付けない「スケルトン階段」にする方法があります。スケルトン階段は、オープン階段、シースルー階段といった呼ばれ方もしており、開放的で部屋や階段が明るくなることがポイントです。この工事の費用は、40万~100万円前後、工期は1週間~10日程度かかるでしょう。

他のリフォームと比べると若干値段が張りますが、安全性と開放感が向上するといったメリットがあります。バリアフリー化を検討しているのであれば、手すりや滑り止めの設置もあわせてリフォームするのがいいかもしれませんね。

階段下に収納スペースを作る

階段下に収納スペースを作る工事では、範囲や扉の有無、湿気対策を行うかなどにより費用が大きく変わります。一般的な相場としては、約7万~12万円前後で、工期は約2日です。

この収納スペースは寒い時期は結露しやすく、内部に湿気がこもり、カビが発生する可能性があります。予算に余裕があるのであれば、湿気対策ができる壁材や下地を利用するのがおすすめです。

階段を架け替える

今回紹介する階段のリフォームのなかで最も大規模なのが、階段の架け替え工事です。費用は100万円以上が相場で、工期も2週間程度かかることがあります。

大規模なリフォームではありますが、既存の階段が古くなっていたり、急勾配で危険であったりする時は、思い切って階段を架け替えることにより、さまざまな問題が解決するでしょう。

階段をバリアフリー化する時は、自治体の補助金制度に適用する場合があるので、階段を架け替えする前に役場で相談するのがおすすめです。

階段の位置を変更する

既存の階段を解体し、別の場所に新しい階段を取り付ける工事の費用は、約50万~80万円前後、工期は1週間~2週間程度です。どの場所に階段を移動するかは非常に重要であり、今後の家の住みやすさを左右します。

どこに、どのような階段を取り付けるかにより工事費用・工期が前後するので、業者とよく相談して、希望に合ったものかを入念に確認しましょう。

手すりを設置する

手すりの設置費用は10万円未満のケースが多く、比較的簡単な工事です。工期は1日で完了する場合がほとんどで、階段そのもののリフォームよりも簡単にできます。

バリアフリー目的で手すりを設置するのであれば、踏み面の滑り止め設置も同時に行うのがいいかもしれません。設置以外にも、位置調整、取り替えなどをしても安全性アップにつながるので、手すり周りのリフォームも検討してみてくださいね。

DIYでできる階段のリフォーム

リフォーム業者に依頼をして、快適な階段に進化させることもできますが、ちょっとした対策であれば、ホームセンターなどで購入できるかもしれません。以下では、あまりお金をかけず簡単にできる階段のDIYについて解説します!

滑り止めをDIYで取り付ける

転倒防止の滑り止め、昇降時の足音軽減はDIYでできる可能性があります。滑り止めテープ・マットは100円ショップやホームセンターで購入できるため、数百円~1000円程度で、転倒対策ができるでしょう。

階段用のカーペット・コルクのマットもホームセンターやインテリアショップで購入でき、1万円程度で簡単にDIYできるかもしれません。

DIYしない方がいい部分も

簡単でリーズナブルに対策できるDIYはとても魅力的ですが、床材を傷つけてしまったりあまり効果がなかったりと、「やらないほうがよかった…」といったことも考えられます。

特に注意したいのが手すりの設置で、使用時には体重がかかるため、うまく設置ができていないと壁の破損や、転倒事故などの危険があります。高齢者は手すりにつかまりながら階段を一歩ずつ昇降するため、より一層注意が必要です。

公開日 2020年6月3日
更新日 2020年10月22日

販売中のおすすめリノベ物件