水回りリフォームの費用相場と注意点――セットでリフォームすると安い?

水回りリフォームの費用相場と注意点――セットでリフォームすると安い?

水回りは使用頻度が高く劣化しやすいため、定期的にメンテナンスするのがおすすめです。キッチン、トイレ、お風呂、洗面所のリフォームにかかるそれぞれの費用や安くするためのポイント、セットでリノベーションする際に知っておきたい情報を紹介します。リフォームで新しい水回り設備を取り入れ、快適な住まいを手に入れましょう。

水回りのフルリフォームの費用相場と事例

最初に、水回り4点(キッチン・バス・トイレ・洗面所)すべての場所をフルリフォームする際の料金の相場と事例を見ていきましょう。

水回りのフルリフォームの費用相場

それぞれの施設のリフォームの相場は以下のようになっています。

・キッチンの全体交換:50~150万円
・浴室全体の交換:50~150万円
・トイレの全体交換:15~50万円
・洗面台・洗面所の全体交換:10~50万円

設備のグレードによって幅があるため、一概に「これくらいの価格」ということは難しいですが、最大で400万円必要になるということは頭に入れておきましょう。

水回りのフルリフォームの施工事例

洗面所のほかにも浴室・キッチン・トイレの水回り全体を無垢材の温もりが溢れる内装に全面リフォームしています。

キッチンリフォームの費用相場と施工事例

ここからは各場所別の費用相場をより詳しく見ていきましょう。

キッチンリフォームの費用相場

システムキッチンの設置 50万~150万円 程度
解体・撤去費用 10万円程度
電気・ガス・給排水管・換気ダクトの接続 3000~5000円程度
クロスの張り替え 800円程度 /平方メートルあたり
床材の交換 3000円程度 /平方メートルあたり
間仕切りの撤去 5万円程度 /平方メートルあたり

キッチン全体のリフォーム費用の相場は50万~150万円程度です。壁付けのキッチンを対面式のペニンシュラ型やアイランド型にするなら100万円はかかると思っておいたほうが良いでしょう。グレードの高いシステムキッチンを選べば、その分高額になります。

グレードの高いシステムキッチン
スライドオープンタイプのビルトイン食器洗い乾燥機で家事の手間を軽減

さらに、ガスや水道などの配管工事を伴う場合はさらに追加費用がかかります。キッチンを移動させる場合はより高い費用が発生すると考えておきましょう。

おすすめ・人気のオプションの費用

キッチンリフォームでは、使い勝手の良さを向上させるオプションが人気です。例えば吊戸棚を可動式にして、上にあるものを取りやすくする「ダウンウォール」があります。手動であれば10万円ほど、電動なら30万円ほどで取り付け可能です。

キッチンのリフォーム施工事例

リフォームでキッチンの設備はもちろん、素材を全面的に見直しました。木の温もりが溢れるナチュラルな 雰囲気に仕上がっています。

トイレのリフォームの費用相場と施工事例

次にトイレの費用相場と施工事例を紹介します。

トイレリフォームの費用相場

便器交換 30万円程度
ウォシュレットの設置 10万~15万円程度
便座の交換 5万円程度
手すりの設置 3万~10万円程度
壁紙・床材の交換 2万~6万円程度
手洗い場の設置 15万円程度

トイレ全体のリフォーム相場は20万~50万円程度です。とくに高額になりやすいのが便器の交換で、工事費用約10万円に加えて便器の購入代金がかかります。

トイレの増設や移動などを行う場合、配管工事や電気配線工事、内装工事などが必要になります。費用は40万~50万円はかかるとみておいたほうが良いでしょう。

おすすめ・人気のオプションの費用

おすすめ・人気のオプションの費用 |ウォシュレットの設置
手洗いできるタンク付きトイレは手洗い場を別途設置しなくて済む

人気の高いオプションは、ウォシュレットの設置です。ただ、古いタイプのトイレだと電源を取るためのコンセントがなく、追加で電気工事が必要になります。費用の目安は2万円程度です。

トイレのリフォーム施工事例

空間の広さを最大限に活かしてシンプルに仕上げました。誰にとっても居心地の良い空間になるようにデザインされています。

お風呂(浴室)のリフォームの費用相場と施工事例

お家の一番の癒しの空間であるバスルームの費用相場と施工事例です。

お風呂リフォームの費用相場

ユニットバスの設置 50万~150万円程度
解体・撤去 4万円程度
クロスの張り替え 3万円程度
給排水管工事 5万円程度
電気配線工事 4万円程度

お風呂の全体的なリフォーム相場は100万~150万円程度です。もっとも高額になりやすいのは、在来工法でつくられた浴室をユニットバスに変える工事です。

浴室を別の場所へ移動する場合は、配管工事や壁・扉などの大工工事が発生します。上記の表にある費用に加えて、30万~50万円程度かかると考えておきましょう。

高くなるオプション

浴槽の素材のグレードアップや、折れ戸から引き戸への変更などのオプションは費用が高くなりがちです。床や壁のタイル張りも工数がかかるため高額になります。

お風呂のリフォームの施工事例

壁を全面木目調に変更したことで高級感が溢れる浴室に仕上がっています。

お風呂リフォームについてさらに詳しく

お風呂のリフォームについて詳しく知りたい方は以下の記事もチェックしてみてください。

お風呂ユニットバスのリフォーム、リノベーション。いくらかかる?どこまでできる?

洗面所リフォームの費用相場と施工事例

最後に洗面所のリフォームの費用相場と施工事例を紹介します。

洗面リフォームの費用相場

洗面化粧台の交換 10万~25万円程度
壁紙や床の張り替え 3万~5万円程度
給排水管工事 4万円程度~
電気改修工事 3万円程度~

洗面スペース全体の工事は20万~50万円かかります。洗面台の交換に加え、内装工事や収納棚の増設などを行うと費用がアップします。

高くなるオプション

高くなるオプション|デザイン性の高い洗面台
可愛らしいフォルムの洗面ボウルで、洗面台をおしゃれな印象に

洗面台にはスタンダードなグレードのほか、ミドルグレード、ハイグレードと、さまざまな商品があります。ハイグレードなものほど高額になりますが、デザイン性が高く使い勝手も良いのが魅力です。

洗面所リフォームの施工事例

洗面台を2つ設置すれば忙しい朝もみんなで準備ができます。

水回りのリフォーム費用(工事費)を格安にする方法

水回りのリフォームにかかる費用感について紹介してきました。グレードによって料金が大きく変わるのはもちろんのことですが、料金を安くするためのポイントもいくつかあります。ここからはリフォーム代を安くするために押さえておきたいポイントを紹介します。

まとめてリフォームするセット(パック)リフォームがお得

一部の設備だけではなく、水回り全体のフルリフォームを検討している方はセット/パックリフォームを利用すると費用を安く抑えられます。水回り4点セットリフォームは

・商品をまとめて仕入れるため卸値が安い
・工事を一度に行うため人件費が削減できる
・工事内容が変わらないためリフォーム会社の手間が少ない

といった理由で低価格を実現しています。ただし、4点セットの内容はリフォーム会社によって決められています。自分の思い通りに内装をデザインしたい、使いたい設備のメーカーが決まっているなどの場合は、セットプランのみでの工事は難しいかもしれません。

メーカーにはこだわらない

リフォーム費用を抑えるためのポイントとして、設備のメーカーにはこだわらないことも重要です。リフォームをする際は定価よりも安めの価格で商品が提供されますが、実は割引率はメーカーによって異なります。一つのメーカーに縛られず、複数メーカーで見積もりを取られることをお勧めします。

キッチンのリフォーム費用を安く抑えるコツ

キッチンの向きや形を変えず、配管の移動を伴う大幅な位置変更を避けると、費用が抑えられます。ガスコンロや水栓のみなど、必要な部分だけの工事にとどめるのも良いでしょう。

トイレのリフォーム費用を安く抑えるコツ

便器はタンクレストイレや自動お掃除機能付きのようにお手入れしやすい高機能製品が人気です。便利で掃除しやすいものほど高額になるため、予算を抑えたいときはスタンダードな機能の製品を選びましょう。トイレの場所を移動させる場合は、少しの移動で済むように設計すると工事費負担が軽減されることがあります。

お風呂のリフォーム費用を安く抑えるコツ

安く抑えるコツ|ユニットバス
一体型のユニットバスのほうが費用を抑えられる

パーツごとにリフォームするよりも、すべてがセットになったユニットバスを施工するほうが安く済みます。全体的なリフォームを考えているならユニットバスを購入し、浴室をまとめて更新するのがおすすめです。

また、型落ちの製品を購入することでも費用を抑えられます。使用できる設備は業者によって異なるため、気になる方は相談してみましょう。

洗面所のリフォーム費用を安くするコツ

スタンダードな洗面化粧台は10万円以下でも購入できます。最低限の用途でしか使わない方は、グレードの低い洗面化粧台を選びましょう。

水回りの設備の寿命の目安|リフォームをするべきタイミングは何年目?

水回りの設備の寿命は一般的に10~20年だと言われています。寿命については一戸建てもマンションも同様です。「20年以上経過しても、問題なく使えているから大丈夫だろう」と使い続けていると思わぬトラブルに見舞われてしまう恐れがあります。例えば、普段は目にすることがない部分の劣化が進んでしまっていると修繕費が通常より高額になってしまいます。

ほかにも、バリアフリー対応や出産といったライフステージの変化でリフォームする必要が出てくる可能性もあります。できれば定期的に設備に不具合がないか確認をされるのがおすすめです。住宅設備は年を経るごとに改良が進んでおり、節電、節水性が高くなっています。リフォームをすることで光熱費や水道代の節約に繋がることがあるので、そういった側面で検討してみてもいいでしょう。

水回りのリフォームをする際の注意点

最後に、水回りのリフォームをする際の注意点について解説します。思わぬトラブルにつながらないように気をつけましょう。

4点セットがいいとは限らない?気を付けるべき注意点

現在は、「キッチン」「トイレ」「お風呂」「洗面」の水回り4点セットをまとめてリフォームできるプランが多数登場しています。安価で手軽にフォームできるのが魅力ですが、場合によっては4点セットの利用が向かないこともあります。

見た目はきれいでもリフォームが必要なケースがある

見た目はきれいでもリフォームが必要なケースがある
リフォームする際の設備点検で、補修工事の追加費用がかかることも

毎日のように使う水回りは、定期的に設備の更新を行うのがおすすめです。見た目には問題なくても、リフォームが必要になるケースはいくつもあります。

とくに気をつけたいのは配管の劣化です。配管は普段は見えない場所にあることが多く、異常が起こっても気づきにくいのが問題です。配管部分の劣化を放置していると、水漏れや詰まりのほか、異臭や腐敗などの問題につながることもあります。

また、水回りは湿気が高いため、周辺の床や柱、壁などが腐ってしまうことがあります。建物の構造部分にまで腐食が及んでしまうと、修繕費も高額になっていきます。

安全で快適な住まいを維持するためには、15~20年でリフォームするのが目安です。劣化が大幅に進む前に、水回りの設備をメンテナンスしましょう。

費用やデザイン以外にも考えるべきことがある

リフォーム時は、費用やデザインだけでなく、使いやすさにもこだわるのが大切です。とくに水回りは料理や洗濯、入浴など、生活と密接にかかわっています。家事動線や家族構成なども考慮して、それぞれのご家庭に合った工事を行いましょう。

例えば、キッチンとランドリースペースを近づけると、料理の合間に洗濯がしやすくなります。また、ご高齢の家族がいらっしゃる場合は脱衣所やトイレ、浴室などに手すりをつけることで使い勝手が良くなるでしょう。

もし水回りを離れた場所へ移動する場合は、間取りの変化はもちろん、騒音にも注意します。水の音は意外と漏れ聞こえてしまうため、隣合う部屋や別の階などへ影響しないかも確認しましょう。

カタログだけで決めずに実際に確認を

リフォームは高額な出費を伴います。カタログだけでリフォームプランや会社を決めず、実際に見積もりを取るのが大切です。ご自宅に合った会社を選べるよう、複数のところから相見積もりを取りましょう。

相見積もりとは、複数の業者に見積もりを出してもらい、比較することを指します。地元の工務店や大手リフォーム会社など、幅広い業者に相談して見積もりを出しましょう。

ちなみに水回りリフォームの見積もりには、以下のような用語が出てきます。

解体工事費…既存の部材を解体する費用
設備機器費…浴槽や給湯器などの製品の値段
施工費…工事にかかる人件費や手数料
廃材撤去費…工事で出た廃材の撤去費用
給排水工事費…配管工事の費用
諸経費…交通費や運搬費などの雑費

各項目の単語はリフォーム会社によって異なる場合がありますが、意味は同じです。わからない項目があれば、その場で確認しましょう。見積もりを出す際は、実際にご自宅へ業者を呼び、現場調査を行うのがポイントです。現状を確認しなければ、どんな工事が必要か判断できません。

リフォーム会社の選択肢は、主に以下のものがあります。

・リフォーム専門業者
・住宅メーカー
・設計事務所
・工務店
・住宅設備メーカー(TOTOやリクシルなど)
・ホームセンター
・インフラ系会社(電気・ガス・水道)

リフォームの規模や内容などによって最適な会社は異なります。ご家族でリフォームの方向性をしっかりと決めたうえで、いくつかの会社をリストアップしましょう。

◆こちらもおすすめ◆

<<「水回り」について解説!>>

✔︎お風呂・ユニットバスのリフォーム、リノベーション。いくらかかる? どこまでできる?

✔︎洗面台・洗面所のリフォーム、リノベーションの費用相場は?

✔︎トイレリフォーム費用の相場は?事例と併せて補助金や注意点を解説

 

<<「リノベの費用」について解説!>>

✔︎【リノベにかかる費用】新築マンションを買うより、中古マンションをリノベしたほうがお得ってホント?

✔︎リノベーションの費用と内訳。一体、何にどれくらいかかるの?

✔︎【リノベのローン】リノベーション代も住宅ローンにコミコミでOK?

公開日 2020年5月19日
更新日 2020年10月22日

販売中のおすすめリノベ物件