檜風呂のリフォーム|導入時のメリットや費用、お手入れ方法などを解説

檜風呂のリフォーム|導入時のメリットや費用、お手入れ方法などを解説

お風呂は単に体の汚れを落とすだけでなく、リラックスできる癒やしの空間でもあります。とくに日本には浴槽の中でゆっくりとした時間を過ごす習慣があるため、バスタイムを大切にしている方も多いでしょう。

近年ではユニットバスが増えているものの、昔ながらの檜風呂に憧れを抱いている方も決して少なくありません。こちらでは、檜風呂へのリフォームする際の費用相場や導入時のメリット、そしてお手入れの方法なども解説します。

檜(ひのき)風呂の魅力・メリットとは?

檜風呂は日本で古くから愛されてきました。一般家庭ではそれほど多くは見られなくなりましたが、温泉旅館などへ行けば今でも入ることができます。まずは、檜風呂の魅力やメリットなどについてご紹介します。

ヒノキの香り成分にはストレス解消効果がある

檜風呂の魅力といえば、天然木ならではの「香り」です。ゆっくりとお湯につかっているだけで森林浴をしている雰囲気になれて、心身ともにリラックスできます。事実、檜の香りにはストレス解消効果があるとされているほか、脳の活性や、自律神経を落ち着かせて体調を整えるといった効果も期待できます。もちろん、感じ方には個人差がありますが、檜風呂で入浴すると快眠できるようになったという声も聞かれます。

殺菌、脱臭、消臭効果がある

木のお風呂というと、汚れやすく、カビが発生しやすいイメージを抱いている方も多いかもしれません。しかし、檜には殺菌や脱臭、消臭効果もあります。そのため、お風呂場をいつも衛生的に保ちやすいというメリットがあります。

デザイン性にこだわったお風呂を設置できる

檜風呂には近年主流になっているユニットバスや、タイル張りの在来工法の浴室ともまた違った独特の雰囲気が魅力的です。檜素材には温かみがあり、落ち着いた印象を出せるため、和風建築にも違和感なくマッチします。もちろん、洋風の住宅にも似合うため、活用の際にはモダンな空間を意識するとよりなじみやすいインテリアになります。

自宅の浴槽を檜風呂にリフォームする|費用や工期

自宅の浴槽を檜風呂にリフォームする|費用や工期

檜風呂はユニットバスで安価に導入することもできますが、木材の産地や床・壁・天井など、全体のグレードをアップさせると、高額なリフォーム費用が発生することも。浴槽の交換や設置の際は、どの程度まで予算を組めるか考慮しましょう。

檜風呂の価格と費用

檜風呂にもさまざまな種類がありますが、一般的な1200×750×600mmの長方形サイズのものであれば、相場は約50万円です。より小さいサイズなら30万円から購入できます。設置費用については工事の内容や施工箇所によって異なります。浴室全体を檜風呂に合うようにリフォームするのであれば200~300万円ほどかかることがあります。

ただ、一般的なユニットバスの場合も全体をリフォームするとなれば同じくらいの費用がかかるケースもあります。檜風呂へのリフォームだからといって、極端にお金がかかるというわけではありません。ただし、大きさや形、木材の品質などにこだわる場合は一気に予算は跳ね上がります。

檜素材のユニットバスを導入することも可能

ユニットバスというと、一般的には洋風のものをイメージする方が多いかもしれません。事実、樹脂製の洋風仕様が中心ですが、なかには檜素材のものもあります。表面だけ檜素材を使用している安価なものもあれば、本格的な檜風呂を採用したユニットバスもあります。ユニットバスであれば、コスト・工期を抑えることができ、マンションへの導入も可能です。

檜風呂の工期

檜風呂を設置するだけの場合、工期は1~2日です。ユニットバスの交換に加えて浴槽を檜風呂にするリフォームの場合、ユニットバス工事(1日程度)にプラスして1~2日かかります。ただ、もともと檜素材が使われたユニットバスを選んでおけば、1日で設置することも可能です。浴槽のみでなく、浴室全体のリフォームをするとなれば希望に応じてある程度の日数がかかる可能性があります。導入の際に施工会社へ確認しましょう。

檜風呂のお手入れ方法は?

檜風呂のお手入れ方法は?

檜は天然素材のため、お手入れの方法が気になるという方も多いかもしれません。一般的な浴室用洗剤は樹脂やタイル素材のお風呂に使用することが前提となっているものが多いです。檜素材のお風呂のお手入れ方法は難しい作業ではありません。以下では普段から行うべきお手入れ方法を解説します。

浴槽のお湯を排水する

まず、浴槽のお湯をすべて排水します。檜風呂の最大の敵はカビです。使用後は、しっかりとお湯を抜いておくことが大切です。

抗菌作用のある柔らかいスポンジやブラシで汚れを落とす

お湯を抜いたら、スポンジやブラシを使って汚れを落とします。注意すべき点は、檜素材はとてもデリケートで、固いもので擦ると傷ついてしまうリスクがあります。傷に汚れがたまってしまうこともあるため、使用するスポンジやブラシはできるだけ「柔らかい」素材のものを使用しましょう。洗剤は檜風呂のような木製の浴槽にも使えるものを使います。

シャワーで洗い流し、乾いたタオルで水気を拭き取る

汚れを落としたらシャワーで全体を洗い流します。汚れが残っているとそこから雑菌などが繁殖したり、カビが発生することにつながります。劣化や腐敗の原因になるため注意が必要です。しっかりと洗い流した後、浴槽の表面を乾いたタオルで拭き取ります。水分が残っているとカビが発生することがあるため、必ず拭き上げるようにしてください。

浴室を換気して、直射日光は避ける

最後に浴室を換気して自然乾燥させます。浴槽をしっかりと拭いても浴室にはまだ湿気がこもった状態となり、そのままにしているとカビの発生原因となります。ただし、直射日光に当てるのは避けましょう。

乾燥のしすぎに注意

檜風呂を乾燥させすぎてしまうと内部の水分が完全に抜けきってしまって、木材が割れる原因になります。そうなると浴槽が水漏れすることもあるため注意が必要です。長期間お風呂を使わない場合は、ある程度の湿気を保てるよう、浴槽内に水を張ったバケツや洗面器などを置いておきましょう。

檜風呂を選ぶときの注意点

この記事は会員限定です。

会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

新規登録の方はこちら

今すぐ登録

会員の方はこちら

ログイン

公開日 2020年12月5日
更新日 2021年8月27日

販売中のおすすめリノベ物件