キッチン・台所のリフォーム費用の相場はどのくらい?工事費の内訳や安く抑えるコツも紹介

キッチン・台所のリフォーム費用の相場はどのくらい?工事費の内訳や安く抑えるコツも紹介

汚れや傷、収納部分の引っかかりなど、キッチンの使い勝手が悪くなってきたら思い浮かぶのがリフォームではないでしょうか。

しかしキッチンほど大きな物になるとかなり費用がかかるのでは?と心配になる人もいるでしょう。

キッチンのリフォーム費用はケースバイケースなので一概には言えませんが、安ければ50万円以内に収まることもあります。

ただしキッチンまるごと取り替えるのであれば100万円程度は見ておいた方が良いかもしれません。

またキッチンの型やグレード、オプションなどでも費用感は異なります。

そこで本記事ではキッチンのリフォームに関する費用について詳しく解説していきます。

 キッチンリフォーム費用の相場

一般的にキッチンのリフォームにかかる費用は80~200万円と言われています。

キッチンにはさまざまな設備やグレード、型があります。また希望のリフォームによって工事の内容も異なるため、相場の金額も幅広くなっています。

例えば、コンロや食洗器など付属設備の交換や設置程度であれば、50万円以内に収まるでしょう。しかし移動を伴う大規模工事の場合は100万円を超えることもざらにあります。

あなたに合ったリノベーションが見つかる!個別相談会はこちら

キッチンリフォーム費用の内訳

キッチンのリフォームにかかる費用には、キッチン本体だけでなく、下記のような工事費や材料費がかかることも留意しておきましょう。

  • キッチン本体の価格
  • 既存のシステムキッチンの解体・処分工事費
  • 新しいシステムキッチンの設置工事費
  • システムキッチン周辺工事の材料費

キッチンをまるごと交換する場合は、まず既存のキッチンを撤去する必要があります。

また既存のキッチンから型を変えたり、場所を変えたりすることも多いため、裸の床や壁が露出する部分が出てきます。それらを補修するための材料費も忘れてはならない費用です。

キッチン本体の価格

キッチンのリフォームに欠かせないのは、キッチン本体の価格です。キッチン本体とは、調理機器やシンク、収納がワークトップの天板で一体となった下段の部分を指します。

上段にある吊戸棚やレンジフードはキッチン本体には含まれません。本体の型や取っ手、扉などの部材のグレードをどうするかによって金額が変わってきます。

既存のキッチンの解体・処分工事費

キッチンを置き換えるためには、古いキッチンは取り外す必要があり、工事費が発生します。また取り外したキッチンの処分にも費用がかかります。

処分費は解体工事費に含まれる場合と別途請求される場合があるので、事前に見積りを確認しておきましょう。

新しいキッチンの設置工事費

古いキッチンを取り外した後、新しいキッチンを設置するために発生する費用です。

既存のキッチンと大きさや場所が異なる場合は、配管や排気ダクトの移設工事も行う必要があるため、その分費用は高くなります。

キッチン周辺工事の材料費

キッチンを移動したり型を変えたりする場合は、キッチン周辺の床や壁紙の張替え・補修が必要になることがほとんどです。そのため壁紙や床材などの材料費もかかってきます。

また同じ大きさ、場所だとしても若干の誤差が生じる場合もあるので、仕上げに想定外の費用が発生するかもしれないことを留意しておくと良いでしょう。

キッチン本体の種類によっても費用が異なる

ペニンシュラ型キッチン

キッチン本体は、種類・グレードによって価格が異なります。またオプションをつける場合は、その分の費用も上乗せされるため高額になっていきます。

キッチン本体の種類

キッチン本体には、大きく下記の2種類に分類されます。

  • 対面キッチン
  • 壁付けキッチン

対面キッチンとは、壁向きに設置されているキッチンと異なり、リビング向きに設置されたキッチンのことを指します。

そして対面キッチンとは反対に、壁向きに設置されたキッチンのことを壁付けキッチンと言います。

対面キッチンでは、さらに種類が細分化していくので下記の表でそれぞれの特徴やリフォーム費用の目安を確認していきましょう。

【対面キッチン】

キッチンの種類特徴リフォーム費用の目安
I型キッチン・コンロとシンクが横並びになる
・作業効率が良い
・省スペース
・比較的安価
50~100万円程度
L型キッチン・カウンターがL型になっている
・I型よりも作業スペースが広い
・作業時の移動がスムーズ
50~200万円程度
アイランドキッチン・壁に設置する面がなく独立している
・開放感がある
・リフォーム費用が高額になりがち
150~350万円程度
ペニンシュラキッチン・左右どちらかが壁に付いている
・アイランドより省スペース
150~250万円程度
セパレート型キッチン・コンロ、作業台などが分かれて設置
・レイアウトの自由がききやすい
70~300万円程度

安価にリフォームができるのは、オーソドックスなタイプであるI型です。

化粧板が必要になるアイランドや、キッチン本体の面積が大きいL型やセパレート型は高額になる傾向があります。

キッチンのグレード

キッチンは型だけでなく、ワークトップや扉の材質などの部材を選ぶことができます。

部材は使用している材料や加工方法などによってグレード分けされています。

キッチンのグレード特徴費用の目安
シンプル扉:メラミン素材が多く、特殊加工なし
単色で仕上げたシンプルなデザイン
50~90万円程度
スタンダード扉:鏡面仕上げや木目、ヴィンテージ家具風など
ワークトップ:人工大理石など
60~120万円程
ハイグレード扉:特殊コート仕上げ
木目やヴィンテージ家具風など選択肢が増える
カラー展開も豊富
ワークトップ:セラミックや透明素材など加工素材
70~130万円程

グレードが上がれば上がるほど、掃除がしやすかったり、熱に強かったりする特殊加工が施されていきます。

また見た目も洗練されていくため、予算に余裕がある場合はグレードの高い商品を選択するとキッチンの主役としてふさわしい風格を楽しめるでしょう。

キッチンリフォームで費用が高くなるのはどんなケース?

キッチンのオプションには以下のような項目があります。

  • コンロやレンジフードの種類
  • オーブンや食洗機の追加
  • 収納部分の拡張

コンロやレンジフードにも種類があります。キッチンの仕様に合わせたグレードの設備が設定されていますが、安価なモデルのキッチンでもオプションでハイグレードのコンロやレンジフードを選択することができます。

ただしキッチンの種類によっては規格が異なるなどの理由で選択の幅が狭まる可能性があるので注意しておきましょう。

オーブンや食洗機に関しては、リフォーム会社によって取り扱えるメーカーが異なります。

例えば食洗機で有名なドイツのミーレを入れたい場合は、ミーレの取り扱いがあるリフォーム会社を探す必要があります。

提携していない会社でも対応してくれることはありますが、提携している会社よりも費用がかさむ場合があることを留意しておきましょう。

またメーカーによっては、収納部分の形を選ぶこともできます。例えばシンク側の収納を狭くして、コンロ側の収納を広くするといった具合です。

自分のスタイルに合わせて選択することができるので、リフォーム後の生活を想像しながら配置を考えると良いでしょう。

キッチンリフォームの注意点

キッチンリノベ

キッチンのリフォームをするときは主に下記に注意しましょう。

  • リフォーム会社による費用の違い
  • 追加工事が発生する可能性がある
  • リフォーム会社との食い違い

リフォーム会社によっては、設備の卸値や工事費用の料金が異なります。

またキッチンのリフォームは、取り外してみてはじめて修繕が必要な箇所が発覚することもあります。

もし追加工事が必要な場合は、それに応じて追加料金が発生することを留意しておきましょう。

あまり良くないケースですが、依頼主の要望が現場に上手く伝わらないことも往々にしてあります。

リフォームを失敗しないためには、現場との間にあまり人数を挟まないリフォーム会社の選定が重要です。

リフォーム会社による費用の違い

工事を依頼するリフォーム会社によって、卸値や工事費が異なる場合があります。

そのためキッチンの型やグレード、オプションがある程度決まった段階で、複数社に見積もりの依頼をしてみると良いでしょう。

商品は同じであるため、元の値段は変わりません。そのため金額の違いは、「キッチンメーカーと取引があるかどうか」や「工賃をいくらに設定しているか」の違いになります。

その上で金額だけを重視するのではなく、口コミなどの評判も確認しておきましょう。

「安かろう、悪かろう」なリフォーム会社にあたってしまうと、これから数十年という長い期間付き合っていくキッチンに不満を抱き続ける可能性が出てきます。

1日の中でも滞在時間が長いキッチンのリフォームで後悔しないためにも、評判が良く、適正な価格でリフォームをしてくれる会社を見極めるようにしましょう。

追加工事が発生する可能性がある

リフォームを開始してから、見積もり段階では分からなかった想定外の補修が発生することもあります。

例えば、何十年と古いキッチンを支えてきた床板。期間的にも湿気が多いという環境的にも傷んでいない方が珍しいでしょう。

しかし、床板は古いキッチンを取り外してみないことには状態の確認ができません。そのため見積もりには記載がないことがほとんどです。

そしていざ、工事が始まってフタを開けてみると床板が傷んでいたため、修繕費用が追加されたということは良くある話です。

また、ガスや配管、電気関係などでリフォーム会社が対応できない部分の工事は、専門の業者に別途依頼することになります。

当然のことながら、別途依頼した業者への費用は依頼主が負担します。

このような急な出費に慌てないためにも、打ち合わせの段階で追加料金が発生する可能性があるかどうかをリフォーム会社に確認しておくと良いでしょう。

リフォーム会社との食い違い

リフォームが進み、想像が形になってくると出てくる可能性の高い問題が「思っていたのと違う」です。

これは依頼主と営業担当、現場監督の認識のズレによるもので、依頼主と作業者の間に挟む人の数が多ければ多いほど起こりうるアクシデントです。

思っていたのと違うけど納得できるのであれば、そのままでも大丈夫でしょう。

反対に気に入らない場合は工事の途中でも変更してもらうことはできます。ただし費用は依頼主持ちとなることが多いので、注意が必要です。

工事規模の大きいリフォームでは、やり直しに発生する金額も安いものではありません。

見積もり当初から倍以上の工事費用を請求されることもあるため、しっかりと意思疎通のできるリフォーム会社を選ぶようにしましょう。

そこでおすすめなのがログリノベです。ログリノベでは、設計から施工、アフターサービスまでを一貫して自社で行います。

下請けを挟まないので依頼主と現場の距離が近く、認識のズレが起きにくいので、理想の住まいを実現しやすくなります。

また、余計な人件費も発生しないため、リーズナブルにリフォームができます。

無料相談を随時受け付けているので、もしリフォーム会社の選定に迷っているのであれば、ぜひ相談してみてくださいね。

キッチンリフォーム費用を安く抑えるには

キッチン

高額になりやすいキッチンのリフォーム費用を少しでも安く抑えるためには下記のポイントを意識すると良いでしょう。

  • キッチン本体の費用を抑える
  • 補助金・減税制度を活用

手っ取り早いのはキッチン本体をグレードダウンさせることです。一緒にオプションの有無も確認するとさらに安くなるでしょう。

また国や自治体で制定している補助金や減税制度を利用するのも一つの手です。

キッチン本体の費用を抑える

最も効果が高いのは、キッチン本体の費用を抑えることです。少し選び方を変えるだけでも費用は大幅に減額します。

例えばアイランド型からペニシュラ型に変更したり、グレードを一段落としたりするだけでもかなり安くなるでしょう。

またキッチンを移動させようと考えていたのであれば、既存の位置のままにすることでも工事費を抑えることができます。

ただし費用を気にしすぎて、妥協を重ねるとリフォーム後に後悔することになるため、あまりおすすめできません。

そのため数ある希望の中でも優先順位を決めておくと良いでしょう。優先順位を付けておくことで予算オーバーになった時に削るべき項目やダウングレードする箇所で悩むことがなくなりますよ。

補助金・減税制度を活用

国が制定している制度で対象となりうるのは、長期優良住宅化リフォーム推進事業です。

長期優良住宅化リフォーム推進事業では下記のように定められており、キッチンのリフォームでも三世代同居対応改修工事が目的のリフォームが対象となります。

この制度を利用すれば、対象のリフォーム費用の3分の1が補助額として助成されます。ただし上限は300万円です。

キッチン・浴室・トイレ・⽞関の増設⼯事が対象となります。ただし、リフォーム後にキッチン・浴室・トイレ・⽞関のうちいずれか2つ以上が複数箇所あることが要件となります。

引用元:長期優良住宅化リフォーム推進事業【29年度】概要チラシ

また住宅ローン減税では下記のようにリフォームも対象としているため、要件を満たせば減税制度が適用されます。適用されるかどうかはリフォーム会社に確認してみると良いでしょう。

家屋のうち居室、調理室、浴室、便所、洗面所、納戸、玄関又は廊下の一室の床又は壁の全部について行う修繕・模様替えの工事

引用元:すまい給付金

さらに多世代同居やバリアフリー化の促進などを目的に、リフォームに補助金を出している自治体もあります。

もしかしたらお住まいの自治体も補助金制度を制定しているかもしれないので、リフォーム前に確認しておくと良いでしょう。

まとめ

キッチンリフォームの相場は、80~200万円と幅広く、設備やグレード、オプションの有無によって上下します。

またリフォームを依頼する業者によっても工事費や、メーカーと取引があるかどうかなどでリフォーム費用は変わります。

ただしリフォーム費用は安いにこしたことはありませんが、理想の形を実現できなければ意味がありません。そのためリフォーム会社選びは慎重に行いましょう。

ログリノベであれば、自社一貫請負のため、無駄な人件費がかかりません。その上、各分野のエキスパートが的確なアドバイスをくれるので、理想以上のリフォームを実現できます。

「高額なリフォームを失敗したくない、でも業者選びで困っている」人はぜひ一度、ログリノベに相談してみてください。

◆こちらもおすすめ◆

<<「リノベの費用」について解説!>>

✔︎【リノベにかかる費用】新築マンションを買うより、中古マンションをリノベしたほうがお得ってホント?

✔︎リノベーションの費用と内訳。一体、何にどれくらいかかるの?

✔︎【リノベのローン】リノベーション代も住宅ローンにコミコミでOK?

 

<<マンションリノベの注意点とは?>>

✔︎【リノベと耐震】中古マンションって大地震で崩れたりしませんか?

✔︎【リノベ物件の売却】エッジが利きすぎたリノベーションマンションは売れない?

✔︎ 中古マンションの寿命は何年?その後どうなる?修繕や建て替え・取り壊しの費用もご紹介

 

<<リノベーションの事例が知りたい!>>

✔︎無垢材リノベーションの先輩にインタビュー

公開日 2020年5月11日
更新日 2021年4月27日

関連記事