住宅ローン破綻のよくあるパターンやその理由。競売を回避する方法、対策について解説

住宅ローン破綻のよくあるパターンやその理由。競売を回避する方法、対策について解説

住宅ローン破綻はどうして起きるのか。それを探っていくと、一定のパターンや理由が見えてきます。また、住宅ローン破綻したときに怖いのが自宅の競売です。

競売にかかって落札されれば、その住宅は他の人の手に渡ってしまいます。今回は、もし住宅ローン破綻に陥ったときに競売を回避する方法・対策をピックアップしました。

「いろんな条件が変わってしまって、住宅ローンが破綻しそう」
「もしかすると、住宅ローンを滞納してしまうことになるかも」
「子どもの生活環境を変えないために、なんとしてでも家を守りたい」

――そんな方々に向けた、前もって知っておきたい知識を解説します。

さらにオンラインセミナーでも「住宅ローン破綻する人の傾向と対策」をまとめています。記事と一緒にチェックしてください。

SEOライター募集

住宅ローン破綻率と、要因とは?

住宅ローンの返済が滞り、家計が破綻してしまうことを「住宅ローン破綻」といいます。

通常、住宅ローンを借り入れる際には返済計画を作成し、その計画をもとにローンを返済するものです。

しかし、住宅ローン破綻が起きるということは、返済計画がそもそも無理なものだったのか、返済期間中に大きな暮らしの変化があったということです。

ここからは、住宅ローンの破綻率や破綻する要因、実話に基づいたケースについてご紹介します。

この記事は会員限定です。

会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

新規登録の方はこちら

今すぐ登録

会員の方はこちら

ログイン

公開日 2020年7月19日
更新日 2021年3月14日

#ローン

LogRenoveをフォローする